低価格スマホと 高価スマホ 違い 比較 スペック表はどう見る? 見てもわからない?

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

低価格スマホで大丈夫かな?どこのメーカーなんだろう?と思って不安に感じる人も非常に多いと思います。

低価格スマホというのは、通常であれば、2万円前後の価格帯のものだと思います。

方やキャリアから発売されているモデルに関しては7万円以上のものがほとんどです。

2万円と7万では価格差は5万円もありますが、本当に大丈夫なのか?と思うことが多いと思います。

スペック表を読んでもよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

まず比較すべき点は以下の通りです。

✔CPU
✔RAM
✔ROM
✔カメラ
✔画面解像度

このあたりです。注目すべきところをちゃんと注目することにより、どのようなスマホなのかということがわかるのではないかと思います。

 

そもそも英語3文字がわからない

そもそも3文字で書いてあるものがわからない人も結構多いと思います。

3文字で書いてあるものをご理解頂くために、少しだけお時間をください。

CPU

CPUというのは、コンピュータの頭脳にあたる部分となります。
CPUが賢いスマホは、処理速度が早くなります。
とはいうものの、どのCPUを搭載しているモデルを購入すればいいのか?というものはわからないかと思います。

日本ではSnapDragonシリーズと呼ばれるCPUを搭載しているケースが非常に多いです。

✔SnapDragon8シリーズ:能力が高い
✔SnapDragon7シリーズ:能力は比較的高い
✔SnapDragon6シリーズ:能力は真ん中くらい
✔SnapDragon4シリーズ:能力が低い

SnapDragonと呼ばれるCPUには型番というものがあり、8からスタートするものが、一番高いです。
その中でも番号が高いものほど処理能力が高くなります。

同じSnapDragon8シリーズでも2年ほど前のモデルであれば、SnapDragon7シリーズの最新モデルとほぼ変わらないレベルになります。
そのあたりを見ていただけると、そのスマホがどれくらいの能力があるのか?ということがわかるのではないかと思っています。

✔回転数とコア数を見極める

回転数というのは、GHzと書いているものも前の数字です。これが高いほうが処理能力は一般的に高いとされています。
またコア数ですが、スマホが出始めた頃はシングルコアいわゆる1つしかコアを持っていませんでした。
2021年での主流は8コアいわゆるオクタコアというものが一般的です。

コア数が大きければ大きいほど処理能力も早くなると思われがちですが、アプリによっては、コア数が多くても、アプリの設計側で複数アプリのいくつまで処理できるなどと記載があるので、コア数が大きいからといって、処理速度が上がるということもなさそうです。

他にはMediaTekなどというメーカーもCPUを製造しており、メーカーが異なると、処理能力も異なりますので、そのあたりもわかりにくいですよね。

プロセスルールって何?

CPUで選択しようとするとプロセスルールと呼ばれるものがあります。
このプロセスルールというのは、細かいほうが、処理能力が高く、省エネになると言われております。

2021年ではハイスペックモデルに搭載されるCPUのプロセスルールは5nm程度となっています。

✔一般的に5nm〜20nmレベル

後数年で、3nm程度のプロセスルールになるとも言われており、2025年くらいでは1nmくらいにはなっている可能性も十分にありえます。

同じタイミングで販売されているCPUであったとしても、モデルが異なれば、このプロセスルールというのは、

RAMとは?

RAMというのは、アプリを一時的に保存できる領域となります。

ゲームなどをする時には、RAMという器の中にゲームの動作アプリが一旦格納されます。それを画面に表示させたりということを行っています。
こちらも大きいほうが、複数のアプリを同時に立ち上げても、器が大きいと処理がフリーズすることは、少なくなりますので、多くあることに越したことはありません。

ただ大きすぎると、残念ながら価格が高くなってしまいます。

✔大きければ大きいほどいいけど、価格が高くなる
✔ハイスペックモデルに搭載されるRAMの容量は2021年時点では8GB以上がほとんど

ミドルレンジやローレンジモデルでは4GBのRAMを採用しているモデルもありますが、4Gであったとしても、ウェブ検索やユーチューブなどの動画を見るということだけ考えると、あまり気にすることはないかと思います。

大きいに越したことはないといいましたが、価格とCPUの処理能力と、RAMの容量というのは、何事もバランスが重要となります。

ROMとは?

いわゆる補助記憶装置となります。パソコンでいうところのハードディスク、最近はSSDと呼ばれるものとなります。

2021年時点では一番ミニマムだったとしても32GB以上はあるかと思います。
キャリアモデルであれば、64GBがスタンダードになってきています。

iPhoneが出た時などは16GBくらいがスタンダードでしたが、飛躍的に容量は増えています。

単純に容量が大きいとどのようなメリットがあるのでしょうか?

✔動画や写真をたくさん保存できる
✔アプリなどもたくさんインストールが可能

こちらも大きいに越したことはありませんが、自分の使い方によっては、256GBもの容量を食わないケースも多々あるかと思います。
そのため大きいからいいということではなく、価格とのバランスが必要となります。

カメラ

カメラは一般的に見られるものとして、画素数やF値などを気にする人が多いと思います。

ただカメラに関しては、画素数が高いからきれいに撮影できるとか、F値が低いから暗い場所で撮影がきれいにできるとかそんなことではありません。

実はカメラはスペックだけでは非常にわかりにくい部分が多くあるのです。

✔画素数が高いからといってきれいに撮影できるかどうかわからない
✔F値が低いから暗室での撮影がきれいになるとは限らない
✔複数レンズあることもきれいに撮影できる上では重要

カメラは複数あると、専用のカメラが導入されているということになります。
専用のカメラとはどういうことか?ということですが、複数のカメラはそれぞれカメラに役割があります。

その役割というのは、ざっくり以下の通りです。

✔超広角
✔広角
✔望遠
✔マクロ
✔深度

だいたいこれらのどれかが搭載されているということになります。

この中で自分が一番欲しいと思う機種を選択すればいいと思います。

最近のスマホに搭載されるカメラでは望遠性能が100倍にもなるものも存在します。
そこまでのものがあるということが、本当にすごいことだと思いますね。
なかなかそこまでのものはありません。

✔カメラ性能は実際に撮影しないとわからないことが多い
✔一般的にiPhone、Galaxy、Xperiaなどはカメラがきれい

一般的にこれらの機種を選択しておけば間違い無いということになります。

✔カメラの中には奥行きを検知するセンサーも含まれる

カメラ単体の機能だけではなく、奥行きを検知するカメラが搭載されていることもあります。
奥行きを検知するカメラというのはToFなどと呼ばれるセンサーです。これらのセンサーを搭載しているスマホというんは、ハイスペックモデルを中心にかなり増えているのです。
ハイスペックモデルでは、これらのセンサーを搭載し、奥行きを検知することで、かなりきれいに撮影することが可能となっています。

Androidって何?

スマホではAndroidとiPhoneに大きく分かれております。
現在キャリアから販売されているモデルがこの2つのモデルとなります。

そもそもAndroidというのは、グーグルが開発しているOSとなっており、iPhoneともまた異なります。
グーグルが開発しているOSは、色々なメーカーが採用しているOSとなっています。

いわゆるパソコンでいうところのWindowsに近いものと思われます。

✔Androidはさまざまなメーカーのスマホにインストールされている
✔iOSはiPhoneのみにしかインストールされていない

ただOSが違うからといっても、やれることが違うのか?と言われるとほぼ違いはありません。

Androidだろうが、iPhoneだろうが基本的にやれることは同じです。

なぜほぼやれることが同じなの?

AndroidもiOSにも対応しているアプリがたくさん出ているからです。
iPhoneにしか出ていないアプリや、Androidでしか利用できないアプリもあるにはありますが、基本的にはたいていのアプリで両方に対応しているため、ほぼやれることは同じということになります。

SNSでもツイッター、インスタなどは両方ともにアプリがありますし、ウェブを利用しても使うことが可能となります。

ウェブ閲覧アプリなども両方のモデルに入っており、特に問題なく利用することが可能です。

iPhoneであったとしてもグーグル・マップを利用することもできますので、あまり考える必要はないかと思いますね。

安いスマホも高いスマホもOSは同じ

AndroidとiOSが実は大きく違わないということは理解頂いたと思います。
それでは高いスマホと安いスマホでは何が違うのか?ということですが、実はOSが同じなので、大差はないのです。

✔高いスマホも安いスマホもやれることはほぼ変わらない
✔高いスマホのほうがスペックが高い
✔高いスマホのほうがカメラがいい

あくまでこの程度なのです。ウェブ閲覧や動画を見るそしてゲームをするということも、ハイスペックスマホでも、ミドルレンジスマホでもできるのです。

一部機能は高いからできるというものはあるかもしれませんが、安いからできないということはありません。
高額なスマホのほうがトータル的にみて、優れている部分は多くありますが、安いからといって、大きな問題になるのか?と言われると実はそんなことはありません。

高額スマホであったとしても、安価だったとしても、大きな差は生まれませんので、そこは気にすることはないと思いますね。

✔高くても安くても基本的にやれることが同じということは盲点
✔高いモデルのほうがなんでもできるというイメージ

高いモデルのほうがいいと思っている人が多いことは間違いありません。
ただしそんなことはありません。高いモデルであれば何でもできそうな印象があると思います。

安いスマホではなく安くスマホが買えることに注目

安いスマホというのは、能力もさほど高いというわけではないように感じます。

そうではなく、安く購入できるスマホということを考えてもらいたいのです。

【2021年 10月 11月】 MNP 一括 0円 キャッシュバック 22000円以上安くなる? キャンペーン 人気 機種 安く買えるスマホは?
2021年9月のMNPのキャンペーンで最もお得なものを紹介したいと思います。 2021年9月に入ってもお得な情報が色々あります。 MNPいわゆる番号そのまま乗り換えでお得に契約できれば、本当にいいと思います。スマホの購入はMNP...

こちらに安く買えるスマホを紹介しておきます。

安いスマホというのは、悪いわけではなく元々の定価が安いにしか過ぎません。

✔安くても品質は問題なし
✔能力は高いものは少ないが、自分の利用できる範囲では十分という場合も

結局のところ自分が利用する範囲では十分だという人も結構多いわけです。そういうことを考えると、安く買えるスマホというのは、見てみぬふりをするのではなく、一度見てもらいたいと思います。

キャリアモデルは高い機種から安い機種まで揃っている

【ドコモとソフトバンク、ワイモバイル、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する
ワイモバイルで購入する

キャリアモデルというのは、高額な機種から安価な機種まで基本的には揃っています。

基本的に価格相応と思っておけばいいと思いますね。

ソフトバンクオンラインショップドコモオンラインショップは事務手数料が無料ということで、かなりの人が契約しています。

かなり安価なモデルも多数ありますので、一度購入は検討いただいてもいいのではないかと思いますね。

現状ではキャリアモデルであれば、色々な価格帯のモデルが販売されています。実際には物の価値ということになりますので、高いものは基本的に価値が高いということになりますが、価値が高い機種だからといって、機能がその値段の高さ分充実しているのか?と言われるとそんなこともありません。そのあたりはきっちりと理解しておくことをオススメします。

✔キャリアから販売されるモデルを選択すれば問題なし
✔キャリアのモデルはいいスマホが勢揃い

キャリアというのは、かなりいいモデルを厳選して販売しています。
また自社回線との相性も問題ありません。
そういうことから、基本的にはキャリアモデルを購入する人が非常に多いです。

当然といえば当然のことなのです。自社回線を確実に利用することのできるスマホを選択することが懸命なことなのです。

最近は安いスマホが本当に売れている

最近は安いスマホが本当に売れています。

安いスマホが売れている理由ですが、基本的に安いスマホでも大丈夫なんじゃないの?と思う人も多くいるのです。

昨今10万円を超えるスマホが、当たり前になっているわけですが、そこまでの価格を払いたくないという人にとっては、やはり安いスマホでいいと思う人が多いわけです。

✔安いスマホでもAndroidは動く
✔安いスマホでもアプリは動く

安いスマホでもアプリはちゃんと動作します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました