OPPO A55 オッポA55 スペック レビュー 価格 口コミ 評価 評判

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

OPPO A55が発表されておりますので、スペックを紹介したいと思います。
OPPOシリーズというのは、ここ最近日本でかなり力を入れていると思います。
日本市場でもOPPOの名前を聞くことがかなり多くなってきているのではないかと思います。

 


OPPOが発売されるのはauか楽天

楽天モバイル
楽天モバイル公式。料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」はおトクなワンプラン!どれだけ使っても月々2,980円(税込3,278円)使わない月はドンドン安くなる!エントリー不要で楽天市場でのお買い物がポイント最大16倍や、Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料など、特典も盛りだくさん!最新のiP...

OPPOが発売されるのであれば、楽天モバイルau Online Shopになると思います。

オンラインからの購入は楽で便利です。

楽天モバイルも店舗はあるものの、店舗の数が非常に少ないので、楽天モバイルのオンラインショップから申し込む人がかなり多いと思います。
楽で便利なほうが間違いなくメリットがありますからね。
ぜひ検討してもらいたいと思います。

OPPO A54のスペックをおさらい

OPPO A54
寸法測定中
重さ測定中
OSColorOS 11 Android™ 11.0
プロセッサSnapDragon480G
RAM4GB
内蔵ストレージ64GB
画面サイズ6.5インチ
解像度FHD+ (2,400×1,080ドット)
前面カメラ約1300万画素(F値2.2)
背面カメラ標準約4,800万画素/約800万画素/約200万画素/約200万画素
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
バッテリー5,000mAh(内蔵電池)
防水防塵未対応
カラーバリエーションファンタスティックパープル
シルバーブラック
おさいふケータイX

こちらがスペックのおさらいとなっています。それではどのあたりがよくなるのでしょうか?

OPPO A54 5G OPG02 スペック 価格 レビュー 口コミ 評価 予約 特典 評判は?
OPPO A54というモデルがauから発表されました。 OPPOの中でもミドルレンジモデルとなっていますので、価格なども非常に安価に設定されることは間違いありません。 2021年2月時点では価格はまだ出ておりませんが、おそら...

こちらに現行のOPPO A54のスペックに関して触れておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

それではOPPO A55のスペックを紹介したいと思います。

OPPO A55
寸法163.9 x 75.7 x 8.4 mm
重さ186g
OSColorOS 11 Android™ 11.0
プロセッサMediaTek MT6833 Dimensity 700 5G
RAM6GB
内蔵ストレージ128GB
画面サイズ6.5インチ
解像度FHD+ (2,400×1,080ドット)
前面カメラ約1300万画素(F値2.2)
背面カメラ標準1300万画素f/2.2、200万画素f/2.4、200万画素f/2.4
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
バッテリー5,000mAh(内蔵電池)
防水防塵未対応
カラーバリエーション未定
おさいふケータイ未定

発売はいつ頃を想定?

au Online ShopでOPPO A54は2021年5月下旬となります。
そのためOPPO A55はそれから1年後くらいを想定しています。

OPPOは色々なモデルを多数販売しているので、発売日は1年に1度というわけではありません。
それでも1年に1度の発売ということであれば、2021年の10月ごろということになります。

それを想定した形で紹介したいと思います。

CPUはどうなる?

まずはCPUからですが、CPUというのは、そのスマホの能力を左右するものとなります。

SnapDragon480をOPPO A54では採用しております。
2021年の間にSnapDragon490の発売が行われると予想されますので、そちらが採用されるでしょう。
4シリーズであったとしても能力的にはSnapDragon730とほぼ同じくらいの性能となりますので、基本的には大きな問題になることはないかと思っています。

✔SnapDragon4シリーズが継承
✔2021年に発表されると思われる、SnapDragon4シリーズが継続的に利用されると想定

4シリーズのCPUが継続され、485、490とこのあたりになると思います。
CPUというのは、基本的にはそのスマホの能力を左右するものとなります。
スペックが高いほうが間違いなくいいわけですが、CPUの能力が高いとそれだけ価格に反映されてしまいます。
価格に反映されるということは、それだけ価格が高くなるということです。メーカーもそれを避けたいですが、使えるレベルのスマホとして販売したいですからね。

いわゆるコスパのいいスマホというのは、スペックがそれなりに高いモデルですが、価格を抑えたモデルということが一般的です。OPPOはそのあたりができているメーカーであるという認識はかなりの人が持っているのではないかと思います。

次のモデルではデスティニー700を採用しています。

カメラは4つ

写真引用元:engadget

こちらの写真はOPPO A54の写真となっていますが、かなりかっこいいことがこちらからもわかるかと思います。
カメラは継続的に4つになるかと思います。なぜカメラが4つなのか?ということですが、5つや6つにしたところで、やはり部材コストが上がるということが最大の理由だと思います。

本当に一番いい形というのは以下の通りかと思います。

✔超広角
✔広角
✔望遠
✔超望遠
✔マクロ
✔超マクロ
✔深度もしくはToF

このあたりは搭載してもらいたいと思いますが、ここまですべてを搭載するとかなり豪華スペックになってしまいます。OPPOなどのメーカーはこのあたりのものを吟味して採用しているわけですね。

価格を抑えるという意味では、OPPOに継続的に採用されるカメラは以下のカメラかと思います。

✔超広角
✔広角
✔マクロ
✔深度

この4つが継続され搭載されると思われますが、おそらく個々のレベルはあげてくるのではないかと思います。
個々のレベルは2020年モデルでも結構高いと思いますので、期待したいところですね。

おさいふケータイは必須

日本市場ではおさいふケータイは必須だと思います。

OPPOA54ではおさいふケータイは付与されておりません。おさいふケータイがないことで、購入しないという人もいるかも知れません。
私はおさいふケータイというのは、本当に必須アイテムとなっていますので、絶対ないと購入しません。

ただスイカカードなどを手にもっているから問題ないという人はいいと思いますね。

✔おさいふケータイは日本利用なら必須

それだけではなく、コンビニなどで購入しようと思っても、結構辛いですからね。コンビニ利用をする時というのは、おさいふケータイを利用しないとかなり辛いのではないかと思っています。

これは絶対に対応してきてもらいたいと思いますね。

5Gは当たり前に

もう書かなくても大丈夫かと思いますが、5Gも当たり前になってきていると思います。5Gというのは、2021年からかなり増えてきています。
エリアの拡充も図られているので、OPPOは今後発売してくるスマホは全てに5G対応モデルとして販売してくるのではないかと思います。

ただ5Gでもミリ波に対応しているかどうかということは、見ていくポイントだと思います。

✔ミリ波に対応しているかどうかがポイント

ミリ波に対応しているとさらに高速通信を行うことが可能となっていますので、5Gは当たり前になってきています。
5G対応のスマホというのは、これからさらに増えてくるでしょうね。逆に4Gにしか対応していないスマホというのは、これから先販売されないのではないかと思っています。

よほど安価なモデルかもしくは海外のSIMフリーモデルくらいだけが、4Gのみの対応となっており、キャリアモデルとして発売してくるなら、そのようなモデルの販売は行われないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック