Apple Car アップル・カー 発売日 日本 自動運転 iPhoneの位置付けは

Apple Carって聞いたことある人も多いのではないかと思います。
Apple Carの発売日や見た目などはどうなるのでしょうか?

iPhoneとの連携なども気になるところではないかと思っています。

 
スマホを事務手数料無料で買う方法

Apple Carとは?

Appleから発売される予定の自動車のことです。

EV車としてかなり注目を浴びています。今までは自動車メーカーが自動車を販売するという当たり前の世の中でしたが、これからは、AppleのようなIT会社が自動車を開発するという新しい時代に入ってきております。
Googleも同様の動きを見せており、Apple Carと同様にEVの自動車を販売する方向で進めているようです。

日本でも完全EV化を2030年代に目指しており、今までのようなエンジンで走るという自動車はこれからなくなる可能性が非常に高くなります。
その時はプリウスのようなハイブリッド車も完全になくなると言われております。

完全EVに切り替わることで、排気ガスの削減されるようになります。
排気ガスが削減されることで、環境にもいい自動車ということになるわけです。

また自動運転技術も取り入れるということもあり、それこそ人がいなくても運転することができるという、非常に優れた自動車の製造を目指しているようですね。
これは本当に期待できると思っています。

✔Apple Carは脱炭素の自動車
✔EVで未来を変える自動車
✔自動運転技術の取り入れ

本当に将来的には日本国内を走る日もそう遠くはないと思っています。

テスラが製造する可能性

噂レベルとしてテスラの名前も上がっているようですね。
テスラといえば、自動運転技術を有するメーカーであるということは、知っている人も多いでしょう。

日本ではテスラを乗っている人は非常に少ないですが、アメリカではテスラの自動車も結構走っています。

後発メーカーでありながらも時価総額は、トヨタを超えているというニュースなどもあり、非常に有名なメーカーです。

テスラ(英: Tesla, Inc.、NASDAQ: TSLA)は、アメリカ合衆国のシリコンバレーを拠点に、二次電池式電気自動車と電気自動車関連商品、ソーラーパネルや蓄電池等を開発・製造・販売している自動車会社である。本社所在地はカリフォルニア州パロアルトであり、社名は電気技師であり物理学者であるニコラ・テスラにちなむ。

こちらWikiからの引用となりますが、Appleが製造するにはふさわしいメーカーのような気がしますが・・・

まだこれも噂レベルなので、不明ですね。ただ日本でもテスラの販売代理店はあり、日本でテスラの自動車を購入しようと思えば、購入できます。
ただ本当日本で走っているのを見ることってほとんどありませんからね。私も数回しか走っているところは見たことはありません。

自動運転はレベル3以上

自動運転というのは、レベル0からレベル5まであります。

Apple Carはレベル3以上になることは間違いないと思います。

引用元:jaf

こちらはJAFのページから引用したものとなりますが、レベル3以上になるとメインはシステムということになります。
すでにホンダが2020年度中に、レベル3以上のものを採用すると報じています。
レベル3以上のものというのは、基本的にはシステムが主体で操作するということになりますので、人間は普段は何もしなくてもいいということになります。

✔Apple Carもレベル3以上は間違いなし

2020年度というと、2021年の3月までありますので、ホンダはなにかそれまでに発表してくると思われます。

確実にそこがライバルになってくるのではないかと思います。レベル3以上になると、人間が基本的にはコントロールする必要はありません。
そのためかなりメリットがあります。本当にすごい世の中になってくるのではないかと思いますね。

日産と三菱がApple Carの製造を担う可能性

日産と三菱がApple Carの製造を担う可能性が出てきております。
日産と三菱というとルノーグループということになります。

韓国の自動車メーカーである、Hyundai傘下のKia Motorsというところが、現在生産の交渉を行っていると報じられておりますが、それ以外にも日産、ルノーにも声を掛けているようですね。

水面下では、ホンダやマツダなどにも声はかかっているものと見られております。

ただこのような交渉事は基本的に外部に漏らすことはないと思いますので、明言は避けられると思います。

Apple Carという名前で出てきたとしても、実際にそれを製造するメーカーというのは、OEMで提供するということになります。Apple自体は工場を持たないため、自動車に関しても技術提供を行い、自動車の中核を担う設計部分に関しては、車体メーカーが設計を行う可能性があるということです。

✔複数の会社に製造を打診

Hyundaiとは交渉決裂?

Hyundaiとは交渉が決裂しているようです。Hyundaiというのは韓国の自動車メーカーです。このメーカーと生産の交渉にも入っていたようですね。
Appleは自社では工場を持っていないので、工場はすべて外注です。
それは自動車であったとしても同じです。自社で自動車工場を持たないのです。そういうこともあり、他社で製造してもらうわけですが、Hyundaiとも交渉を行っていたようですが、Hyundai側の幹部で意見が分かれたということのようです。

✔まだ各社生産の交渉中でどこが作るかわからない

Hyundaiとも交渉を行っていて、その生産が決裂したという報道がありましたが、どこに向かっていくのでしょうか?
自動車を製造することは結構難しいのではないかと思います。

Appleはさすがに自動車自体の設計を行うことは難しく、電気系などの設計はできるかと思います。
自動車というと部品点数がかなり増えますし、安全性能などクリアしないといけない課題がかなりあるのではないかと思っています。
そのためHyundaiとの交渉も決裂したのではないでしょうか。

自動車は見た目で購入する人も多い

自動車というのは、EVになったところで、見た目で購入する人も非常に多いと思います。見た目で購入するということは、基本的にはAppleが製造していても、いわゆるダサい車は購入されないということです。

Appleが自動車を製造するということで、期待している人も多いと思いますが、あまりにもカッコ悪い車であれば、見向きもされません。
いわゆる自動車のデザインが重要になるということになります。

近未来的な自動車として販売されるような気もしますが、現行販売されている自動車と同じような形で販売されないと売れないと思いますね。

✔近未来的な自動車より現行の自動車に近いほうが売れるのでは?

Appleが自動車を販売するというだけで、購入したいと思う人は多いと思いますが、それだけでは自動車は売れない可能性があるということです。

かっこいい自動車が欲しいと思っているのであれば、普通に日本車を選択する人のほうが多いのかもしれませんね・・・

Apple Carの情報も徐々に

こちらが出てきている情報となりますが、普通のセダンタイプですね。おそらくこれからどんどん新しい車種が出てくるのではないかと思っています。

発売当初は普通のセダンタイプが主流で、ワゴンなども出てくるのではないかと思います。

ただ考え方がアメ車となる可能性もありますので、横幅が広い車種になる可能性もあります。

価格は?

価格は7万ドル程度になると言われております。

日本円で税込み800万円程度

かなりの高級車の出来上がりではないかと思います。
7万ドルといえば、クラウンクラスの車ということになります。車種によってはレクサスも購入できてしまうほどの価格設定となる可能性が高いです。

自動車の販売価格というのは、いくらが適正価格なのか?と言われてもわからない人も多いと思いますが、感覚的に800万の自動車と言われると高いと感じる人の方が多いのではないかと思います。

私もこの価格帯は相当高額な部類に該当すると思っています。
せめて400万台くらいでないと日本で販売することは、結構難しいと思います。

Apple Carの発売日は?

Apple Carの発売日は2024年頃になると報じられております。
この記事の初回アップは2021年なので、結構まだまだ先の話ではないかと思いますが、これが出てくるとなると、日本の車体メーカーは結構辛いのではないかと思っています。
車体メーカーというのは、まだ今のところ未定ですが、色々なメーカーへの打診は今行っていると思います。

✔実現まではまだまだ時間がかかると予想
✔自動車は簡単に製造できないか・・・

自動車の製造って結構難しいんですよね・・・
発売日が2024年ということは、1年や2年ではできないということは、すぐに推測することができるかと思いますね。

自動運転でなくなる職業

2025年頃までに徐々に置き換わる職業というのは、以下の2つです。

✔タクシードライバー
✔トラックドライバー

この2つが置き換わることは間違いありません。

基本的に自動運転になると、職業として奪われるわけです。ある意味仕方ないことかもしれませんが、人間の技術の進歩というのは本当にすごいです。

ただこれより先になくなるのは鉄道の運転手だとも言われております。

基本的に鉄道というのは、レールの上を走っていますので、操作は自動車と比較してもかなり簡単なのです。

アクセルとブレーキしかありませんからね。そういうことを考えると、やはり鉄道運転も自動運転技術に置き換わっていくのではないかと思います。

ただしAppleCarというのは、電車の運転は想定していませんので、残念ながらAppleCarとして置き換わるということはないかと思います。

ステランティスとフォックスコンが合併

ステランティスという会社は、フィアット・クライスラー・オートモービルズとプジョー・シトロエンが合併した自動車メーカーとなります。

フォックスコンというのは、iPhoneを製造しているメーカーとなります。

これら2社が連携するということで、アップルカーが出るのでは?ということになりましたが、まだ実際にはそのようなことはありません。

アップルカーに関する報道というのは、実はまだ具体的なものとしてはないのです。

✔IT業界と自動車業界の提携が始まる
✔IT業界と自動車業界はこれから切れなくなる

もともと自動車業界の中で、ITに関わる部分というのは、開発をしていたわけですが、これからはIT業界から自動車メーカーに依頼するようなことも増えており、今後は間違いなくこれらの業界というのは、結びつきが強くなることは間違いありません。

自動車というのは、日常には欠かせないものになっており、スマホも欠かせないものとなります。

このように日常にITはどんどん密着していっているわけです。

情報を仕入れることはネットがメインという人もかなり多いでしょう。自動車に乗りながらでも情報を仕入れたいという人も多いわけです。

そういうことを考えると、間違いなく今後も密接な関係が続いていくものと思われます。IT業界が自動車を作るということは、20年前では考えることも出来なかった時代がもうやってきているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました