Redmi Note 11 /11T スペック 価格 発売日 ソフトバンクからの発売に期待

Redmi Note11が今後発売されると思われますので、それに関してかなり期待したいと思います。
Redmi Note9Tというモデルがソフトバンクから発売されており、今後ソフトバンクからも同様のモデルの発売があるかもしれません。

ソフトバンクは低価格モデルの発売も行っており、特に都心部では通信速度もかなり早いです。

Redmi Noteシリーズというモデルも日本ではまだまだあまり知られていません。

それではRedmi Note 11のスペックを予想してみたいと思います。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

Redmi Note11のスペックは?

画像引用元:xiaomitoday

Redmi Note11というのは、どのようなスマホになるのでしょうか?

Xiaomi RedmiNote9T が1円で買える ソフトバンク スペック 価格 発売日 レビュー MNPならお得
Redmi Note 9Tというスマートフォンがソフトバンクから発売されています。 Redmi Note 9Tは非常に安価なスマホとなっており、なんと2万円ちょっとで購入できるという驚きの価格です。 ソフトバンクとしてもこの機種...

まずは2021年にRedmi Note9Tというモデルのスマホをソフトバンクから販売しています。
これを前提に2世代後に販売されるモデルということになります。

すでにRedmi Note10というモデルの販売も行われていることから、今後最新モデルとして販売されることはほぼ間違いないかと思います。

Redmi Note10 Proで搭載されているCPUはSnapdragon 732Gとなっています。

その後継モデルということもあり、それよりも高速のCPUが搭載されることは間違いないでしょう。2021年の時点でそれよりも高性能なCPUというのは、Snapdragon 765Gということになります。Snapdragon765Gというのは、TORQUEシリーズなどでも搭載されており、5Gにも対応しており、ゲームを行う上でも最適なCPUとなります。

現状でSnapdragon768Gなどという名称のCPUが販売されているということを考えると、それと同じCPUかそれ以上のCPUが搭載される可能性は間違いないかと思いますね。

基本的にRedmiというのは、低価格でありながらそれなりに使えるスマホとなっていますので、個人的には非常にオススメできるモデルになっていると予想されます。

カメラは4眼を継承

カメラは現状でもすでに4つのカメラを搭載しています。

4つのカメラでもすごいわけですが、このカメラをほぼ継承するでしょうね。

すでに1億画素を超えるカメラを搭載していることから、1億画素を超えるカメラに関しては継承されると思われます。

✔1億画素を超えるカメラは継承される予定
✔画素数1億というのは、Galaxy S21 ULTRAと同じ画素数
Galaxy S21 /S21+ /S21 ULTRA ギャラクシーS21 /+ /ウルトラ ahamo レビュー スペック 発売日 カメラ 価格 ドコモ au
Galaxy S21シリーズがドコモ、auで販売されております。 Galaxyシリーズを持っている人が多いのは、ドコモでしょう。こちらドコモオンラインショップからの情報は逐次チェックしておくことをオススメしたいですね。 ...

こちらGalaxy S21 ULTRAに関する情報を掲載しているページとなっていますが、画素数がかなり高いというだけで、かなりのポテンシャルです。

ここまでのポテンシャルのスマホがあるということ自体が正直なところ驚きです。

画素数が高いカメラが搭載されているだけではなく、他の機能のカメラも搭載されております。

次のモデルになったところで、おそらくこのあたりのスペックに関してはさほど変更はないかと思います。若干の画素数が増すくらいで、ほぼ変わりはないと思います。

おそらく現状でもすでに出来上がったカメラを持っているスマホになっていると思われます。

128GBのROMの容量はありがたい

ROMの容量が128GBもあるということはかなりありがたいことです。

✔128GBというとSSD搭載のノートPCと同じレベル

128GBというのは、iPhone12ではProシリーズ以上で採用されている容量となります。

実は結構容量としては大きめの容量となるのです。

そういうこともあり、容量が大容量あることは、メリットがかなりあるということです。

価格は4万円以下

価格が3万円〜4万円前後で販売されると思われます。

Androidは低価格なモデルから高額なモデルまでありますが、価格はかなり安価です。

低価格スマホというのは、毎年のように買い替えが出来ますので、本当に持ちやすいと思います。;

✔低価格モデルは購入しやすい
✔毎年新しいスマホの購入が可能

iPhoneなどではProシリーズでは10万円を超えてきますが、このモデルであれば、4万円以下という非常に低価格な価格設定となっているので、非常に購入しやすいです。

低価格モデルの中でもスペックもしっかりしているので、人気はかなり出ると思います。

日本で販売されるスマホの中でもXiaomiというのは、まだ知名度もさほど高くはありません。

Xiaomi Mi12 /Pro /Lite /ULTRA シャオミ MI12 au スペック 価格 発売日 日本での発売はあるのか?
Xiaomiというメーカーも日本で徐々に認知されるようになってきたと思います。 日本ではXiaomiというメーカーを聞いても何のメーカー?と思っている人もかなり多かったはずです。 それが日本市場ではXiaomiというと家電メーカー、...

日本ではMiシリーズのほうが人気があると思いますが、Miシリーズというのは、価格も高く庶民にはちょっと厳しいかもしれません。それでもこれくらいの価格設定のスマホであれば、購入しやすいと思いますね。

安価なスマホが今日本ではおすすめ

安価なスマホが今の日本ではかなり人気が高いです。

安価なスマホというのは、なぜ日本でそこまで人気があるのか?ということですが、その理由というのは日本市場は今デフレ経済となっており、ハイスペックモデルは、正直なところそこまで売れるというわけではありません。

✔安価なスマホは日本では人気が高い
✔ハイスペックモデルは日本ではそこまで売れない

今のところ日本ではハイスペックモデルは人気があるものの、売れるモデルなのか?と言われるとそこまで売れるモデルではありません。

安価なスマホの人気というのは、スマホだったらなんでもOKという人も世の中には多いということです。

ウェブ閲覧ができてユーチューブが見れたらとりあえずOKという人であれば、安価なスマホでいいわけです。

カメラがきれいなどということもありますが、写真撮影もそこまでしないという人なら、そこまでこだわる必要はないと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました