Apple Watch SE2 アップルウォッチSE2 2021年に登場 予想 スペック 新機能 価格

AppleWatchSEと呼ばれる新しい時計が販売されたことは知っている人も多いと思います。
今後AppleWatchSE2と呼ばれる新しい時計が販売される予定となっていますので、紹介したいと思います。

 
スマホを事務手数料無料で買う方法

AppleWatchを購入するにはiPhoneが必須

AppleWatchを購入するにあたりやはり必要なものはiPhoneとなります。
iPhoneがないとAppleWatchを利用しても意味がありません。

【ドコモとソフトバンク、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する

こちらが各社のオンラインショップとなっています。

ドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップは事務手数料が無料なので、かなりの人が契約しています。

それだけでも数千円安価に購入することが出来ますので、オンラインショップから購入するとメリットがあります。ぜひ検討いただきたいと思います。
それではAppleWatchSE2はどのようなモデルになるのでしょうか?

AppleWatchSE2はどんな時計に?

GPS/GNSS
コンパス
気圧高度計
耐水性能50メートル
第2世代の光学式心拍センサー
海外における緊急通報
緊急SOS
加速度センサー最大32G(転倒検出対応)
ジャイロスコープ
環境光センサー
スピーカー
マイクロフォン
Apple Pay
GymKit
容量32GB
セラミックとサファイアクリスタルの裏蓋

こちらが現行のAppleWatchSEとなっています。ここからバージョンアップするものと思われます。

ディスプレイ44mm 368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
ディスプレイ40mm 324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
チップ S5(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
ワイヤレスチップ W3 U1チップ
輝度 1,000ニト
ディスプレイ LTPO OLED Retinaディスプレイ

こちらがスペックとなります。基本的にはAppleWatch6と同じようなスペックとなっていますが、スペック的にはチップがS5となっていたり、ディスプレイが常時点灯というディスプレイがなかったりと若干スペック的には落ちる部分もありますが、AppleWatch6と比較してもそこまで変わると言われるとそういうわけではないかと思います。

こちら現状を踏まえてバージョンアップされる可能性のある内容をお伝えしたいと思います。

MicroLEDの搭載

AppleWatchSE2にはMicroLEDが搭載されるかも知れません。
MicroLEDというのは、どういうものか?というと細かい小さなLEDが配置されるようになります。
これが搭載されることで、バッテリーの消費を抑えることが可能となります。

バッテリーの消費を抑えることができるということは、それだけでもかなりのメリットがあるかと思います。

✔MicroLEDでバッテリーの消費を抑えることが可能
✔新しい技術なので、価格上昇の可能性もゼロではない

MicroLED搭載により、価格が上昇してしまうということが、結構辛い部分ではありますので、AppleWatch7だけに搭載されるかも知れません。

Apple Watch7 アップルウォッチ7 2021 予想 価格 スペック 進化 新機能はどうなる?
Apple Watchも持っている人がかなり増えてきました。正直なところ今のままでも十分では?と思う人もいるかも知れませんが、AppleWatchはまだまだ進化の過程だと思います。 AppleWatchを持っていて、iPhon...

こちらがAppleWatch7の情報となります。こちらも合わせてご確認いただければと思います。AppleWatch7基本的にはさほど変わらないと思います。廉価版という位置づけは否めませんが、廉価版だったとしても、基本的には能力的にはトータル的にみてさほど大差はないと思っています。

✔AppleWatch7と共通の部材を利用することで価格を抑えられる場合も
✔新しい技術を搭載しているモデルは比較的高額

血中酸素ウェルネスセンサーが搭載

血中酸素ウェルネスセンサーがAppleWatch6に搭載されておりますが、こちらがSEシリーズでも搭載されるかも知れません。

基本的に新しい技術も数年経過すると、価格もかなり抑えられてくるのです。
そのためAppleWatch6の技術がAppleWatchSE2として降りてくるということは、十分に考えられることです。

コロナの影響もあり、血中の酸素を調べたいというニーズはかなりあるかと思います。
この機能があるために、AppleWatchの購入をする人もいるかも知れません。
そういう人のために、血中酸素を継続できるものが搭載されているものを事前に購入しておくということはいいことかも知れませんね。

✔血中酸素は調べたい項目の一つ

血中酸素を調べようと思うくらいになってからでは、遅いですからね。事前に血中酸素を調べられるものを持っているということがかなりありがたい話なのです。

これは期待してもいいのかも知れません。

チップのバージョンアップ

現在AppleWatchSEに搭載されているチップはS5と呼ばれるチップとなっています。
AppleWatch5に搭載されているチップということになりますので、S6が搭載される可能性も非常に高いです。

✔S6はかなり高速なので期待

S5よりも20%程度高速処理が可能となります。
現状AppleWatch6にはS6というCPUが搭載されています。
S6のCPUが搭載されているということは、2020年モデルと同じ動作速度になるということです。

AppleWatchSE2はおそらくCPUは1つ世代が前のものと同じということになるのではないかと思っています。

SE用のチップをわざわざ製造するということはありません。
基本的に使いまわしでコストを削減するということは、どの企業でも行っていることですからね。

発売日にもよると思いますが、実質的に1世代前のチップを採用するモデルがSEシリーズだと認識すればいいのではないかと思っています。

チップセットというのは、基本的には、最新のものが高くなるわけですが、AppleWatchは1世代前のチップセットであったとしても、基本的には問題ありません。

チップセットが1世代前のモデルであったとしても、動作速度はすでにそれなりに早くなっているので、気になるレベルにはならないのです。

TouchIDはSE2にはつかない?

TouchIDはSE2にはつかないと予想します。
TouchIDは、最新モデルである、AppleWatch7には搭載されると思われますが、SE2にまでの搭載は見送られるのではないかと思っています。

iOS14.5でAppleWatchからiPhoneのロック解除などの機能が搭載され、iPhoneとの連携が更に蜜になり、相当メリットがあると思われていますが、基本的にはその機能は搭載されるものの、TouchIDまでの搭載はないかと思います。

✔SE2ではTouchIDの採用までは見送ると予想

これもおそらく部材コストの関係で見送られると思っています。

TouchIDがあれば、iPhoneのロック解除ができるので、マスクをしている状態でもロック解除が非常に簡単に行えます。
そのためこのTouchID機能というのは、本当に便利な機能です。

Apple Watch7 アップルウォッチ7 2021 予想 価格 スペック 進化 新機能はどうなる?
Apple Watchも持っている人がかなり増えてきました。正直なところ今のままでも十分では?と思う人もいるかも知れませんが、AppleWatchはまだまだ進化の過程だと思います。 AppleWatchを持っていて、iPhon...

最新のAppleWatch7はそのような機能なども搭載されるので、かなり人気のモデルになることは間違いないと思います。

✔TouchIDは部材コストが高くなるので、つかないと予想
✔AppleWatch7との差別化を図るためにも機能削減はあたりまえのこと

最新のiPhoneの特集

AppleWatchを利用する上で非常に重要なことは最新のiPhoneを利用するということではないかと思っています。

最新のiPhoneと最新のAppleWatchとの組合わせというのは、かなり使いやすいですよね。

どちらも最新のものを利用することで、メリットはかなりあるのではないかと思います。

iPhone12s アイフォン12s /12sPro /ProMAX 予約 スペック 予想 発売日 価格
iPhone12の次のiPhoneはiPhone12sという名称になるかも知れません。 iPhone12の後継モデルということで、かなり期待している人も多いのではないかと思っています。 iPhone12sはオンラインショップ...
iPhone13 まで待つべきなのか iPhone12を買うべきか なぜなのか?予想 よくある疑問 検討 理由
iPhone13が2021年に発売される予定となっていることは当たり前のことですが、知っている人も多いでしょう。iPhone12の後継モデルはiPhone12sになるとの情報もありますが、ここではiPhone13としてお伝えしたいと思います...
iPhone12 /12mini /12 Pro /12ProMAX アイフォン12 在庫 5G 対応 スペック ドコモ au ソフトバンク 学割
iPhone12の在庫も落ち着いてきました。iPhone12は非常に購入しやすい環境となっていると思います。ただどうしても在庫不足の時もあるかと思いますので、それは注意が必要となります。 在庫はリアルタイムに更新されるので、在庫のチェ...
iOS15 iPadOS15 新機能 リリース日 使えなくなる iPhoneやiPadはどんなモデルになるの?
iOS15がついに発表されました。 iPhoneやiPadに搭載されるiOSですが、どのようなOSになるのでしょうか。 iOS15を利用するならiPhone12でも問題なし こちらが各社のオンライン...
iPhoneSE Plus アイフォンSEプラス スペック 発売日 価格 A14を搭載
iPhoneSEPlusと呼ばれる新しいiPhoneが2021年にも発売されると予想されております。 iPhoneSEの2020年モデルが日本ではまだ発表されたばかりとなっており、非常に気になるところではあるかと思います。 ...
✔最新のiPhoneの情報は事前にチェック
✔2020-2021年はiPhone12が最新モデル

AppleWatchの人気はまだまだ続く

AppleWatch自体の人気は、まだまだ落ちることを知りません。

その理由ですが、現在数年前にAppleWatchを購入した人も買い替えを行うからです。
実際にハイブランドの時計をしている人も、AppleWatchにしたら、もう抜け出すことが出来なくなったと言っています。
それくらいAppleWatchというのは、使える時計なのです。

✔ハイブランドの時計からも乗り換える人が続出
✔バッテリー交換をせずに買い替え需要もある

AppleWatchは買い替え需要もありますので、買い換える人にとっては、まだまだ販売台数を伸ばしていくことは間違いないかと思います。

AppleWatchの買い替え需要は、やはり最新モデルの発売日です。そのタイミングでかなりの人が乗り換えることは間違いないかと思います。
人気のある機種は違いますね。
一度手にしたらおそらくずっと辞めることが出来ないでしょう。

iPhoneの買い替えタイミングと同じタイミングでAppleWatchの購入を行う人もかなり多いのではないかと思っています。

AppleWatch6と同じレベルになるのではないかと予想

AppleWatch6とほぼ同じレベルになるのではないかと予想します。

時計なので、画面サイズが飛躍的に大きくなったり、さらには小さくなるということは考えにくいです。
https://keitaijoho.com/archives/41302/

よってAppleWatch6とほぼ同じレベルになるのではないかと思っています。
AppleWatch6と同じレベルであれば、それはそれで十分だと思いませんか?

私はそれでも十分だと思っています。

基本的にAppleWatchというのは、時計です。時計なので、一番重要なことはバッテリーの持ちではないかと思っています。
バッテリーの持ちがいい時計というのは、使い勝手が本当にいいと思っています。
使い方によってはAppleWatchの充電が夕方には切れてしまったという人もいるほどですからね。

そういうことを考えるとバッテリーの持ちがいかに重要なのか?ということを考えさせられますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました