Xperia Pro2 ProⅡ Pro-Iエクスペリアプロ2 スペック 価格 SIMフリーモデルで販売

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

Xperia Pro2に関して予想してみたいと思います。XperiaシリーズでProシリーズというものが発表されました。
Xperiaは日本国内では1シリーズ、10シリーズなどが販売されておりますが、XperiaProシリーズというものが初めて販売をされました。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

他のXperiaの購入ならオンラインショップ

Xperia Proシリーズというのは、キャリアモデルからの販売はありません。

キャリアモデルからの販売はありませんが、ソニーの直販サイトからの購入は可能となっています。

Xperia Pro – Iはauからの発売はあります。

こちらがauのホームページとなっています。

こちらも合わせてご確認いただければと思います。

auは本当に最近は先進的なモデルを多数販売している会社となっており、非常に人気の高い会社です。

個人的にもauの機種は優れたモデルが多いのではないかと思います。

今回もXperia Pro – Iを発売するにあたり、まさにプロ用のモデルとなっています。

【ドコモとソフトバンク、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する

キャリアモデルのXperiaシリーズの購入をしたい人は、こちらを一度確認いただければと思います。

Xperiaシリーズは、本当に人気のあるモデルとなっています。そのため購入は発売日以降も継続的に行われます。

ドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップは事務手数料が無料なので、非常に購入しやすいです。

ぜひ一度検討いただければと思います。

Xperia Pro-Iとして発売

Xperia PRO-I スペック レビュー 価格 ドコモ auでの発売はあるの?
Xperia PRO-Iという新しいモデルが登場しました。 Xperia PRO-IはXperia PROの後継モデルという位置づけになるのではないかと思います。 auからは正式発表 auから正式発表される...

こちらがXperia PRO-Iとなっています。

メーカー ソニー
大きさ 166 x 72 x 8.9mm
重さ 211g
OS Android11.0
CPU Snapdragon888
RAM 12GB
ROM 512GB
画面サイズ 6.5インチ
解像度 3,840 × 1,644
メインカメラ 1200万画素 x 3 + 3D iToFセンサー
インカメラ 800万画素
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
ネットワーク 5G n3, n28, n77, n78, n79
4G(LTE) Band 1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 21, 26, 28, 38, 39, 40, 41, 42
3G Band 1, 5, 6, 8, 19
GSM 850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz
カラー フロントブラック
その他 4,5000mAhバッテリー、おサイフケータイに対応

こちらがスペックです。

XperiaPro2のスペックを予想

XperiaProシリーズは、2021年に初めて世の中に登場しました。登場するとは言われていたものの、実際に登場まではかなりの期間がかかったと思います。

まずはXperiaProのスペックを見てみたいと思います。

モデル XPERIAPro
大きさ 約75 × 約171 × 約10.4mm
重さ 225g
OS Android10.0
CPU SnapDragon865
RAM 12GB
ROM 512GB
画面サイズ 6.5インチ
解像度 4K
アウトカメラ 16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2
70mm(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.4
24mm(標準):有効画素数約1220万画素/F値1.7
3D iToFセンサー
インカメラ 有効画素数約800万画素/F値2.0
無線 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
カラー ブラック
バッテリー 4000mAh
その他 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

こちらがXperiaProのスペックとなっています。

発売される年度により、XperiaPro2のスペックが変わると思われますが、発売タームは2年に1度くらいのペースになるのではないかと思っています。

XperiaPro2が発売されるのは2023年?

発売タームが2年ということになれば、XperiaPro2が発売されるのは、2023年頃ということになります。

とはいうものの、2022年に発売されているXperia 1シリーズをベースに製造されると思われますので、Xperia 1 Ⅳあたりのスペックと同等になると予想されます。

✔Xperia 1 Ⅳのスペックとさほど変わらないのでは?

今回もXperia 1 Ⅱのスペックとさほど変わらないので、やはりターゲットとしては、そのあたりになるのではないかと思っています。

こちらがXperia 1 Ⅱのスペックとなっています。比較してみるとある程度わかるかと思いますが、CPUやカメラは基本的にXperia 1 Ⅱと同じものを採用しています。

XperiaProシリーズはRAMとROMの容量が大きい

XperiaProシリーズというのは、RAMとROMの容量が非常に大きいです。

✔XperiaProのRAMは12GB
✔XperiaProのROMは512GB

この2つがかなり大きいのです。相当大きいので、これは部材コストがかなりかかっているという印象ですね。

Xperia 1 ⅡはRAMの容量が8GBなので、1.5倍のRAMの容量となります。ROMに関しては512GBというかなり巨大なROMを搭載していますので、動画撮影を行った場合でも全く問題ないかと思っています。

XperiaPro2ではこのあたりがかなりスペックアップすると期待されております。

XperiaPro2で予想される、RAMの容量は20GB、ROMの容量は1TBあたりが採用されるのではないかと思っています。

昨今スマホでも機種によっては1TBのROMを搭載するモデルなども出てきております。

✔XperiaPro2のRAMの容量20GB
✔XperiaPro2のROMの容量1TB

相当このあたりはよくなると予想されます。

カメラもスペックアップが図られる

当然ながらベースグレードに合わせてXperiaPro2も製造されると思われます。
ベースグレードというのは、Xperia 1 Ⅳとなりますので、相当レベルが高いモデルになっていると思われます。

Xperia 1 Ⅱから見ると2世代後のモデルとなっています。
カメラもその頃になると、1220万画素ではなく、もっと高い画素数のカメラも搭載されていると思われます。

ひょっとするとクアッドカメラになっているのかも知れません。クアッドカメラになっているのであれば、撮影する時も面白いでしょうね。

✔カメラのスペックに期待
✔カメラはクアッドカメラになっているかも?
✔ペリスコープの搭載もあるかも?

基本的にカメラは年々進化していますので、Xperiaシリーズでも例外なくカメラのスペックは上がっていると思いますね。

ペリスコープに期待

ペリスコープというのは、本当にメリットがあるかと思っています。ペリスコープがあれば確実に望遠レンズがきれいに撮影することができます。
昨今ペリスコープを搭載する機種というのは、高額モデルが非常に多いです。

ペリスコープがあれば、本当にかなりいい感じで望遠撮影が可能となっています。
やはり望遠レンズというのは、あったに越したことはありません。
個人的には、望遠レンズというのは、ハイスペックモデルのみの特典でした。実際にはこれからもそうなるのではないかと思いますが・・・

Proシリーズであればなおさらという感じです。それでも搭載されているモデルのほうが間違いなくいいですよね。

カメラの外部モニタは魅力的

カメラの外部モニタになっているということは、かなり魅力的です。

外部モニタとして利用できることにより、写真撮影時なども画面を確認しながら撮影することが可能となります。
これはかなりありがたいですよね。

カメラ付属のモニタであれば、そこまで鮮明な画面ではありません。それがスマホを外部モニタ代わりとして利用するということができるということは、相当メリットがあることだと思います。

実はこれがこのProモデルの最大のメリットなのです。これがしたくて購入するという人もいるのではないかと思います。

昨今外部モニタとしてiPadを利用するという人も結構多いようですが、やはり外部モニタは直接カメラ本体について、そのままの状態で見れるほうが確実に便利です。
しかも6.5インチという大画面で見ることができるのです。

✔6.5インチのモニタで画像をチェックすることが可能

本当に大画面で見ることができるということが、かなりのメリットであることは間違いないかと思います。
しかもその画面は4Kの画面となっています。4Kで見ることができますので、かなりきれいな画質で写真映像を楽しむことができるということになります。
それだけでもかなりメリットがあるのではないかと思いますが・・・

今後間違いなくこのようなモデルが出るとは限りません。Pro2の発売は構想からもないかもしれません。

ベースはXperia 1 Ⅲになるのか

ベースモデルはXperia 1 Ⅲになる可能性は十分にありえるのではないかと思っています。
Xperia Proに関してもベースモデルはXperia 1 Ⅱでしたからね。

Proモデルのベースは一番ハイスペックモデルがベースになることは間違いありません。

基本的にはPro2というモデルは、発売されると思われますが、価格はかなり高額になると思われます。

Proモデルというのは、本当にごく一部の人にとっては、かなりおすすめできるモデルであるかと思います。またProモデルというだけあり、かなりの人が情報を取ろうとしています。
XperiaProシリーズというのは、他社にはないコンセプトモデルとなっていますので、興味を持つ人もかなり多いことは事実です。

✔他社にはないコンセプト
✔動画撮影や写真撮影に特化

4Kであるがゆえにスマホのいいところを確実に吸い上げて、他のカメラなどとの連携を用いることで、クリエイターにとっては、かなりありがたいスマホとなっています。

✔Xperia 1 ⅢにもPro版の存在?
✔Xperia 1 Ⅲは中国では16GBモデルの販売の可能性も
✔中国版では512GBのROMを搭載するモデルの発売の可能性も?

ベースがXperia 1 Ⅲになったとしても、別にいいと思います。世界初のカメラが搭載されているということなどを考えると、十分すぎるスペックです。

Xperiaシリーズは映像などの撮影現場で本当に役立つカメラとなっていますので、本当にメリットがあるスマホです。

中国版のXperia 1 Ⅲはハイスペックモデルとの情報

上記でもお伝えしておりますが、中国版のXperia 1 Ⅲはハイスペックモデルになる可能性があるといいます。
XperiaシリーズはXperia 1 ⅡをベースにXperia Proというモデルが発売され、2021年に発売開始されましたが、Xperia 1 Ⅲにはハイスペックモデルが存在するといわれております。

それがひょっとするとPro2になる可能性も十分にありえるわけです。

基本的にProシリーズというのは、ハイスペックモデルという位置づけとなっていますが、中国版のXperia 1 ⅢのRAMの容量が16GBということを考えれば、Proモデルとしても十分ではないかと思います。

Proモデルが初めて日本でSIMフリーモデルとして販売されましたが、その後継モデルというのは、期待している人もいるでしょう。実際に発売されるとSIMフリーモデルのみでキャリアモデルとしての販売はありませんでした。
Xperiaシリーズの1つとして注目を浴びるスマホになることは間違いありません。

中国でのみ販売されるモデルがPro2として発売されると本当に面白いですね。

Xperia新製品発表会が開催

2021年10月26日に新製品発表会が開催されます。

この時期に新製品発表会が開催されるということは、Xperia Pro2が発表されるのでは?と報じられております。

今まで販売されていたシリーズを見ると、Xperia 8などのモデルも販売されております。

Xperia 10 Ⅲはすでに発表されているので、本当に何が発表されるのでしょうか?

Xperia Pro2の発表が行われるのであれば、Pro用のビデオ撮影などをしている人にとっては、かなりメリットがあるのではないかと思います。

実機を触ってみた感想

実機を触る機会があったので、実際に触ってみました。

まずは動作速度に関してですが、Xperia系の画面は、私の手には正直馴染みません。

動作速度は速いと思いますが、画面を触ってもあまり反応がないのです。

書いて説明してもわかりにくいかもしれませんが、私の手が乾燥しているということもありますが、なめらかに動作させることが非常に難しく感じます。

おそらく乾燥しているからではないかと思います。

後ちゃんと動いたとしても、いまいち反応が鈍く感じます。

Xperia 1 Ⅲもそうなんですが、どうもいまいち感が拭えません。

なんでなんでしょうかね?

やはり気になるところは、カメラですが、専用アプリが入っています。

このカメラ専用アプリが、正直なところ私は使いこなせません。

カメラは、超広角、広角、望遠の3つのカメラがあるわけですが、この3つのカメラが単独して操作する必要があるのです。

たいていのスマホでは、ピンチインとピンチアウトで自動的にカメラが切り替わりますが、Xperia Pro – Iのカメラは残念ながら切り替わることがありません。

✔カメラがピンチイン、ピンチアウトで自動的に切り替わらない
✔広角だけで楽しむなら問題ないが、色々切り替えたいという場合は、切り替えがスムーズに行えない

これまた使って頂くとわかるかと思いますが、Xperiaのカメラは単体では定評があるものの、実際には使い勝手はあまりいいとは思いません。

使い勝手がいいのであれば、Xperia 10 Ⅲのほうが一般大衆が利用する上では上なのではないかと思います。

Xperiaシリーズ全体を見ていうなら、ハイスペックモデルというのは、カメラ単体では性能がいいわけですが、そのカメラの使い勝手はいまいちであるということは、否めません。

そこは以前から改善してもらいたいところではありますが、なぜ改善出来ないのでしょうか?

Xperia 10 Ⅲのほうがカメラ性能は若干劣るものの、正直なところそちらのほうが使い勝手は上だと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました