Xperia 1 Ⅳ IVエクスペリア1 iiii 4世代 スペック 予約 価格 レビュー 評判 評価 予想 ドコモ au ソフトバンク

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

Xperia 1 Ⅳが2022年に発売される予定となっています。

Xperia 1 Ⅳのスペックがどのようなスペックになるのか予想してみたいと思います。

Xperia 1シリーズというのは、ソニーのフラッグシップモデルということもあり、非常に人気の高いモデルです。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

Xperia1Ⅳを買うならオンラインショップ

Xperia1Ⅳが販売されるとオンラインショップでの購入がオススメです。

基本的にドコモオンラインショップ及びau Online Shopから発売される予定となっています。

こちらがドコモオンラインショップとなりますが、ドコモオンラインショップでは、事務手数料無料で購入できるので、かなりメリットがあります。

スマホの購入を行うのであれば、ドコモオンラインショップを利用してもらいたいですね。

それではXperia 1 Ⅳがどのようなモデルになるのかスペックを予想してみたいと思います。

2021年4月14日にXperia 1 Ⅲの発表会が行われ、その時にはXperia 1 Ⅲ、Xperia 10 Ⅲ、Xperia 5 Ⅲの3つのモデルが出てきました。

2022年に関しても3つのモデルが継続して販売されるのではないかと思っています。

Xperia 1 Ⅳのスペックを予想

Xperia 1 Ⅳのスペックを予想してみたいと思います。

✔Xperia 1 Ⅲの後継モデル
✔Xperia 1 Ⅲで形状変更が少ないことから、フルモデルチェンジになると予想

このあたりでフルモデルチェンジになると予想したいですね。基本的にフルモデルチェンジというのは、みんなが望んでいることだと思います。
iPhoneに関してもフルモデルチェンジをするとかなりの数が売れますので、市場の期待もかなり大きくなることは間違いないでしょうね。

Xperiaシリーズの中でも1シリーズの4世代目ということになります。Xperia 1シリーズというのは、今後も次、その次ともマーク○○という世代を表す文字になっていきます。

前のXperiaはどうだった?

Xperia 1 Ⅲ エクスペリア1マーク3 5G mark3 スペック 価格 発売日 レビュー ドコモ au ソフトバンク
Xperia 1 Ⅲが発表され、今のところかなりの予約が入っているようですね。 ドコモ、au、ソフトバンクから発売されます。 au Online Shopは事前に予約特典が出てきました。5000円分のau Payへのキャッシュバ...
Xperia 5 Ⅲ エクスペリア5マーク3 スペック 5G 予約 発売日 価格 ドコモ au ソフトバンク


Xperia 10 Ⅲ /10 Ⅲ Lite /エクスペリア10マーク3 5G スペック レビュー 人気 発売日 ドコモ au ワイモバイル
Xperia 10 Ⅲの発表会が開催されました。Xperia 10 Ⅲを待っていた人も多いのではないかと思います。 ワイモバイルからもXperia 10 Ⅲが発表されました。 ドコ...

2021年モデルのXperiaです。

Xperiaは1及び10そして5の3つのモデルが発表されました。

この3つのモデルのうちやはりハイスペックを誇るXperia 1 Ⅲを欲しいと思う人が多いということは間違いないでしょう。

Xperiaシリーズというのは、1が最もスペックが高いモデルとなります。

XperiaACE2 Ⅱ エクスペリアエースマーク2 SO-41B ドコモ レビュー 一括 価格 動作 動きなどは?
ドコモからXperiaACEⅡが販売開始されました。 Xperiaシリーズの中でもACEというのは、コンパクトモデルとなっているモデルで前のXperia aceの後継モデルとなります。 ドコモオンラインショップなら事務手数料...

こちら廉価版モデルのXperia ace2も販売されます。

Xperiaシリーズはハイスペックモデルから廉価版モデルまで出揃ったという感じですね。

CPUは?

2021年に発表されるクアルコムの最新モデルのCPUが採用される予定です。
Xperiaシリーズは継続して最新のCPUを搭載しているモデルを採用していますので、2022年モデルであったとしても、そこは変わらないと予想されます。

SnapDragon898? 999 ? 885 8Gen1にスナップドラゴン885 動作速度 スペック CPU 5G搭載 登場は2021年の可能性
Snapdragon8 Gen1というモデルが登場しました。 Snapdragon888が2020年に登場し、Snapdragon888の後継モデルの名称に関してどのような名称になるのか期待していた人もいたかと思いますが、名称はSna...

こちらが2021年に発表される予定のCPUとなっています。こちらのモデルが採用される可能性が非常に高いと思います。

✔CPUは最新モデルを継続的に採用

2022年の時点ではまだ5nmというプロセスルールのCPUの採用になるのではないかと思います。2023年あたりになると3nmもしくは4nmというさらに細かいプロセスルールのモデルの販売が行われる可能性が非常に高いです。

CPUというのは、そのスマホの動きを左右する重要な役目があります。
最新のCPUを搭載することは間違いと思いますので、そこは期待しておいてもいいのではないかと思います。

ただ1つ気になることがあります。

Snapdragon870 クアルコムが発表 Snapdragon888との違いは? どこが変わった?
クアルコムがSnapdragon870と呼ばれるCPUを発表しました。 2020年12月にSnapdragon888と呼ばれるCPUを発表しましたが、そのモデルと同じモデルというわけではありません。 こちらがSnap...

Xperia 1シリーズというのは、より高い性能を求めた機種となっていますので、CPUに関しては妥協することはないかと思います。

基本的に妥協はないので、Snapdragon8 Gen1が採用されると予想されます。

RAMは?

2021年モデルでは8GBになると言われておりますので、おそらく12GBまで増えると予想されます。
8GBでも正直なところ十分だとは思いますが、12GB程度あると数年後も見据えた時に安心して利用することができるのではないかと思っています。

✔2021年モデルよりもRAMの容量は増えると予想

Galaxyシリーズはすでに12GBや16GBなどのRAMを搭載しているモデルが多数販売されています。
そのためXperiaシリーズでも大容量RAMを搭載しているモデルは販売してもらいたいですね。s

RAMの容量は年々増えていっていますが、Android OS側は、そこまで大容量のRAMを必要とはしていません。
Xperiaシリーズで、利用されるRAMの容量というのは、どのあたりまで必要となるのでしょうか?
RAMの容量が増えれば、価格に反映されることは、間違いありません。

あまりにも大きなRAMの容量にすると、コストになるので、利用者としてはあまりうれしくはありませんからね。
とはいうものの、ハイスペックモデルであれば、大容量RAMを期待している人もかなり多いはずです。
大容量RAMに期待している人は、一旦Xperia 1 Ⅳまで待ったほうがいいのかもしれませんね。

ROMの容量は?

ROMの容量は、128GBモデルと256GBの2つのモデルが発売されるのではないかと思っています。

ただ発売が2022年になりますので、512GBのモデルが発売されたとしても不思議ではありません。
XperiaProシリーズでは512GBのモデルの販売を行っています。

ただしキャリアモデルとしての512GBはないと思います。

ROMの容量に関してだけいうと、大容量モデルになればなるほど、価格はかなり高額になります。
そういうことを考えると、ROMの容量は若干抑えられているモデルでないと価格の情報が止まりません。

✔日本モデルは容量を落としてくると予想
✔グローバルモデルとしては、大容量モデルの発売もありえる

結局ROMの容量が上がれば、価格が高くなるという当たり前のことになりますので、そのあたりはキャリアモデルとグローバルモデルとのバランスを考えて発売してくるのではないかと思っています。

✔MicroSDにて1TBまで増やすことは可能
✔MicroSDの価格も下落しているので、非常に購入しやすい

これくらいの価格帯で購入が可能なので、ほぼ問題ないと思います。

カメラには5000万画素のカメラが採用

カメラには5000万画素カメラが採用される見込みとなっています。

Xperia 1 Ⅳのカメラの画素数は5000万画素にアップ きれいな写真撮影ができるようになる
Xperia 1 Ⅳが2022年にも発売される予定となっていますが、カメラ性能はもともと定評がありますので、Xperiaの2022年モデルには期待している人も多いのではないかと思います。 Xperia 1 Ⅳでカメラの画素数アップがあ...

こちらの記事を紹介したいのですが、Xperia 1 IVでは5000万画素+4800万画素 x 3のカメラが搭載される可能性があるということです。

Xperia 1 IIIでは、カメラの画素数が1200万画素 x 3でしたが、それが飛躍的に向上するということで、楽しみにしている人も多いと思います。

IMX766というカメラが採用され、OPPOのFind X3に採用されております。

OPPOもソニーのカメラを継続して採用していることから、ソニーの品質の高さが伺えます。

✔OPPOもIMX766を採用
✔Xperiaでも採用となるか

ソニーのカメラは当然ながら定評もかなり高いので、非常に期待できるのではないかと思います。

iToFも継続的に採用される予定となっていますので、当然ながらかなりいいと思います。それこそ背景のボケた写真を撮影するには、最適であることは間違いありません。

✔背景ボケの写真撮影には最適
✔iToFというのは、奥行きを計測するためのセンサー
✔奥行きを計測することにより、被写体と背景の距離を正確に計測する

ボケた写真を撮影できるということは、昨今当たり前になってきておりますが、色々なセンサーを用いて、背景をぼかしているのです。

Xperia 1 Ⅳではこのあたりも一切妥協はしないモデルの一つになっていると予想されます。

カメラの全容も明らかに

Xperia 1 IVのカメラのアップデートを実施 画素数などが大幅アップの予定
Xperia 1 IVでカメラの大幅アップデートが大幅にアップデートされるのではないかと報じられております。Xperia 1 IVというのは、ソニーのフラッグシップモデルということもあり、人気もかなりあるモデルであることは知っている人も多い

こちらの記事を見てもらいたいのですが、4つのカメラが搭載される見込みとなっています。

✔5000万画素
✔4800万画素
✔4800万画素
✔4800万画素

この4つのカメラで構成される見込みとなっています。

IMXシリーズと呼ばれるソニーのカメラが搭載される見込みとなっており、カメラが4つも搭載されるのであれば、相当期待してもいいのではないかと思います。

カメラの性能に関して言えば、ソニーは昔からいいものを搭載しています。またアルファシリーズというデジカメの技術も搭載されていますので、相当メリットがあると思っています。

前面カメラは埋め込み式 アンダーディスプレイカメラに

前面のカメラは埋め込み式になる可能性もゼロではありません。

2022年モデルのXperiaに関する記事を掲載しているページとなりますが、こちらの写真を見てもらいたいのですが、こちらの写真には前面カメラが存在しません。

となれば、前面カメラというのは、画面埋め込みカメラになる可能性がゼロではないと言うことになります。

Sony WF-1000XM4ヘッドフォンの少なくとも3つの広告では、スマートフォンユーザーがオーディオを利用するためにデバイスを接続していることが早い段階で見られます。ある人は音楽を聴きながら自分の携帯電話を見て、別の人は娘とのビデオ通話に彼を使用し、映画ファンは彼女のXperiaデバイスとWF-1000XM4ヘッドフォンを使用しているときに自分の世界で迷子になります。何らかの理由で、電話を正面から見ると、3つのクリップすべてにセルフィーカメラがないように見えます-Xperiaの旗艦が通常この特定のセンサーを隠している上部ベゼルでも。

こちら引用元の直訳の内容となります。

引用元:notebookcheck

昨今画面埋め込みのカメラを搭載しているモデルというものが、非常に増えてきております。

日本でも同様に画面埋め込みのカメラを搭載しているモデルというのは、どんどん発売されてくると予想されます。

ZTE Axon 20 Pro 5G スペック 価格 レビュー 評価 評判 大画面モデルでかなりいいモデル
ZTE Axon 20 Pro 5Gというモデルに関して紹介したいと思います。 Axon 10 Proというスマホはソフトバンクオンラインショップから発売されており、2020年モデルとなっています。 それの後継モデルとなりま...

このようなモデルも埋め込みとなっていますので、今後埋め込みのモデルもかなり増えてくるのではないでしょうか。

✔アンダーディスプレイカメラになれば画面が大きく使える
✔画面が大きく使え、本体サイズが若干小さくなる可能性も

最近のモデルというのは、このような機種が非常に流行っていることから、十分可能性としてはあるかと思います。

1インチセンサーの採用になるか

Xperia 1 Ⅳ カメラ 1インチセンサーが搭載されるのか PRO - Iに搭載されかなり期待
Xperia 1 Ⅳが2022年に発売される予定であるということは、知っている人も多いと思います。 ここ最近Xperiaシリーズというのは、Xperia 1シリーズというハイスペックモデルが毎年1度発表されており、日本でも非常に人気の...

Xperia PRO – Iに1インチセンサーが搭載されましたが、今後1インチセンサーがXperia 1 Ⅳにも搭載される可能性があるというのです。

1インチセンサーが搭載されると、明るい写真撮影なども可能となり、かなり期待できると思っています。

基本的には、センサーが大きくなるということで、より明るい写真撮影が可能になると予想されます。

PROモデルのセンサーが通常モデルにも搭載されると、ユーザーの目は間違いなくXperia 1 Ⅳにいくのではないかと思います。

✔1インチセンサーが搭載されるとかなり期待できる
✔ただし1/1.3インチしか利用していない

1/1.3インチしか使用していないということは、上記のURLにも掲載されているのですが、以下のような記載があります。

ソニーの担当者によると、センサーサイズ自体は「RX100 VII」と同等ですが、小型1インチコンデジ「RX0」と同様に、1インチセンサーをクロップして利用しているとのこと。RX100 VIIの画素数が2100万で、Xperia PRO-Iの画素数が1200万、ピクセルピッチが同じ2.4μmであることから、Xperia PRO-Iが実際に利用しているセンサー面積は1/1.3インチ相当となります。

このことから、残念ながら1インチセンサーの搭載はあるものの、すべてを利用できていないということになるわけです。

これはちょっと残念な限りですね。

兄弟モデルのXperia 5 Ⅳも楽しみ

Xperia 5 Ⅳ エクスペリア5マーク4 2022年 スペック 価格 日本での販売は?
2021年にXperia 5 Ⅲの発売が行われ、2022年にも同様にXperia 5 Ⅳいわゆる後継モデルとして発売されるということは間違いないかと思います。 Xperia 5シリーズというのは、冬モデルに登場するモデルということが今...

兄弟モデルにあたるXperia 5 Ⅳに関しても非常に楽しみです。

2021年の通りにいけばXperia 5 Ⅳというのは、2022年にXperia 1シリーズの兄弟モデルとして出てくることは間違いないかと思います。

Xperiaは日本ではかなり人気の高いフラッグシップスマホとして君臨していることは知っている人も多いでしょう。

✔2022年モデルのXperia 5 Ⅳの販売に期待
✔タイミングはXperia 1 Ⅳと同じタイミングか

結局のところこの発売されるタイミングというのは、個人的には非常に重要なことかと思います。

日本モデルとしては冬モデルとしてXperia 5シリーズとなりますので、おそらくそのままの流れになるのではないかと思っています。

マニアックになるモデルになると予想

Xperia 1 Ⅳというのは、マニアックな機種になると予想されます。

好きを極めたい人ということがXperiaのコンセプトとなっています。

またXperiaシリーズというのは、万人受けのモデルではないようです。

万人受けしないモデルということなので、いわゆるマニアックな人向けのモデルとなっているのです。

✔Xperia 1シリーズは万人受けしないモデル
✔Xperia 1シリーズはカメラや画質へのこだわりがすごい

マニアック向けといういことですが、Xperia 1シリーズというのは、当然ながら個人的には万人受けするモデルだと思っています。

それくらい結構人気の高いモデルではないかと思います。

コンセプトとして、好きを極めたい人とありますが、これは画質とカメラにこだわったソニーということになります。

Xperiaシリーズというのは、非常におすすめできるモデルだと思いますので、購入はしてもらいたいと思います。

カメラはクアッドカメラに?

カメラはクアッドカメラになる可能性があると言われております。

Xperia1Ⅳはカメラが4800万画素に クアッドカメラになる可能性も
Xperia 1 Ⅳが2022年にも発売される予定となっていますが、Xperia 1 Ⅳはクアッドカメラになる可能性が非常に高いと思われます。 クアッドカメラというのは、4つのカメラということになります。 さらにこの4つのカメラ...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、クアッドカメラかつ4800万画素以上のカメラになる可能性もあるというのです。

これはかなりテンションが上がりますよね。

✔4800万画素以上のカメラになる
✔カメラは4つ搭載

カメラが4つ搭載されることで、望遠性能もかなり上がると予想します。

現状Xperia 1 Ⅲのカメラは、残念ながら3つのカメラの切り替えが自動にはなりません。

手動でカメラの切り替えを行う必要があるのです。

せめてそれが自動になればいいのに・・・と思いますね。

eSIMへの対応

eSIMへの対応が行われると思われます。

Xperia 10 Ⅲ LiteでeSIMへの対応がすでに完了しております。

Xperia 10 ⅢとXperia 10 Ⅲ Lite 違い 比較 どちらがいいの? おすすめは?
Xperia 10 Ⅲ Liteというモデルの販売が現在行われております。 ドコモやauからはXperia 10 Ⅲというモデルの販売が行われておりますが、楽天モバイルとIIJmioからXperia 10 Ⅲ Liteというモデルの販...

こちらXperia 10 ⅢとLiteの比較ですが、こちらLiteでeSIMへ対応されております。

eSIMに対応するとSIMをわざわざ差し替えるということもありません。

そのためeSIMへの対応はかなり期待できるのではないかと思っています。

eSIMはこれからどんどん伸びていくと思います。

✔eSIMへ対応は今後かなり増えると予想
✔eSIM対応はスマホでは当たり前に

安価なモデルであったとしても、eSIMへの対応は行われているため、eSIMと通常のSIMとのデュアルになるのではないかと思います。

防水性能がカットに?

防水性能がカットになると報じられております。

記載されている文言が非常に気になります。

ああ、今年の旗艦はこのレベルですか?
IP68カット?写真を撮ることはあまり進歩しません。

この内容はXperiaに関しての記載だと言われており、防水性能がなくなるということは、非常に残念ですね。

ただ日本で販売されるモデルであれば、基本的に防水性能というのは、マスト性能だと思いますので、防水性能は付けてもらいたいと思いますね。

Xperia 1 IVではIP68カットで防水がなくなるかも?
ZACKBUKS氏がIP68がカットされるのではないかと報じています。IP68というのは、防水性能ということになり、これがカットされるということは、どういうことなのでしょうか?Xperiaとは明言されていないああ、今年の旗艦はこのレベルです

こちらにその内容が掲載されておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

引用元:ktjh

コメント

タイトルとURLをコピーしました