iPhone12s アイフォン12s /12sPro /ProMAX 予約 スペック 予想 発売日 価格

iPhone12の次のiPhoneはiPhone12sという名称になるかも知れません。

iPhone12の後継モデルということで、かなり期待している人も多いのではないかと思っています。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

iPhone12sはオンラインショップで購入できる

【ドコモとソフトバンク、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する

iPhone12sシリーズはオンラインショップでも購入することが可能かと思います。

その中でもドコモとソフトバンクは事務手数料が無料となっており、非常にメリットがあります。

ドコモオンラインショップ
人気の最新機種も、ネットでおトクにらくらく購入。最短5分でスマホが買える、チャットで気軽に相談できるから安心。待ち時間なしで、24時間ご購入可能。ドコモオンラインショップ限定カラーも発売中!
オンラインショップ | ソフトバンク
ソフトバンクの公式オンラインショップです。iPhone、SoftBankスマートフォン、さらにiTunesコードが24時間ご購入いただけます。ソフトバンクオンラインショップ限定商品も取り扱い中!

こちらがそれぞれのオンラインショップとなります。こちらから購入することで、非常にメリットがあります。

最近はオンラインショップから購入する人が非常に多いです。

さらにはドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップは事務手数料が無料となり、かなりメリットがあります。

かなりの人がオンライン契約を最近は行っています。それではiPhone12sに関してお伝えしたいと思います。

iPhone12sはiPhone12の後継モデル

だれもが知っていると思いますが、iPhone12sというのは、iPhone12の後継モデルということになります。

✔5Gは継続されるので、初めて5Gに対応したiPhone12でもいいのかも?

iPhone12の後継モデルはiPhone12sになるかもしれないということは、理由としてマイナーバージョンアップになるということです。
マイナーバージョンアップであれば、iPhone12の購入でも問題ないのかもしれません。

実はそれ以外にもiPhone13という13というものが、不吉な数字だからということも理由にあるようですね。

13日の金曜日ということもあり、西洋では13というのは不吉な数字と言われております。日本ではあまり気になることはありませんが、そういうこともあって13というものは今後発売されない可能性も十分にあるのです。

それならiPhone9というものも発売されませんでした。

iPhoneSE 2020 新型 iPhone9 Apple アイフォーンSE2 人気スペック 発売日 価格 ソフトバンク ドコモ au
iPhoneSEはまだまだ人気があります。iPhoneSE2としてキャリアではかなり上位をとっているのです。 なぜiPhoneSE 2020年モデルが人気があるのでしょうか? 学生に非常に人気が高い とにかく安価なので、学生にはかなり...

iPhoneSEがiPhone9になるのでは?という情報もありましたが、結果的にiPhoneXがありiPhone9はありませんでした。

iPhone12sが販売されるのであれば、2021年ということになります。

ワイモバイルのタイムセールがお得 iPhone12 iPhone12miniが割引で買える 最大21600円割引
ワイモバイルが現在オンラインストアにてタイムセールを実施しています。 ワイモバイルのタイムセールはかなりメリットがあり、非常に安価に買うことが出来ますので、メリットがあります。 ワイモバイルのタイムセールの内容 2021年6月のタ...

ワイモバイルが現在キャンペーン中です。

iPhone13にはならないの?

iPhone13にはならないの?と思う人もいるのではないかと思います。
2021年にはいってこのあたりの名称に関しては、実際に知ることは出来ません。

✔2021年モデルがiPhone13になるかiPhone12sになるかまだ微妙
✔iPhone12sになるのでは?という説が有力

iPhone12sという名称であったとしても、iPhone12の後継モデルであることは間違いありません。

それではiPhone12sはiPhone13の後継モデルとしてどのようなモデルになるのでしょうか?・

iPhone13 待つべきか iPhone12を買うべきか 予想 噂 よくある疑問 検討 理由
iPhone13が2021年に発売される予定になっています。 iPhone12sという名称でひょっとすると販売されるかもしれません。 2021年に発売されるというモデルです。 iPhoneを買うならオンラインショップが...

こちらiPhone12でもいいんじゃない?と思う人はこちらの記事もご確認ください。

iPhone12でも5Gに対応しており、すでに今の時点でオススメモデルにはなっています。そういうことをトータル的に考えた結果iPhone12でも問題ないという人も少なからずいるわけです。

A15というCPUが採用される見込み

通常の型番から推測するとA15というCPUになる予想です。

A15というCPUというのは、今まで通りプロセスルールは、5nmとなると予想されております。

A16 CPU A15は?Apple iPhone 14に搭載されるCPUを リスク生産 3nmという驚異のプロセスルール
A16と呼ばれる次のCPUの開発をTSMCが行っているようです。 A16というCPUというのは、2022年にもiPhoneに搭載されるCPUになっています。 リスク生産というものは何か? リスク生産というものはなんでしょう...

こちらにA16の情報を掲載しておりますが、A16というのは、2022年に発売されるiPhoneに搭載される予想となっています。
ただしA15も同じ流れを組むCPUとなります。TSMCというメーカーが2021年モデルも製造するものと思われます。
TSMCというメーカーはここ最近iPhoneのCPUを独占供給しているメーカーとなっています。
昔はiPhoneもSamsungがCPUを供給していたこともありましたが、ここ最近はSamsungはCPUの製造を行っていません。
Samsungはクアルコムの製造を行ったり、自社開発のCPUの製造を行ったりということをやっています。

✔TSMCがA15の製造を担当
✔TSMCはCPUを作らせたらピカイチ

AppleへのCPUの独占供給を行うメーカーとしての立ち位置としては、かなりすごいものを感じます。今後もA15、A16、A17とTSMCが製造していくことになるのではないかと思います。

iPhone12sが発売されるより前に、iPadPro 2021年モデルの販売が行われると予想されます。

そちらはA14Xと呼ばれるCPUを搭載し、A14よりも2倍程度性能が良いCPUと言われております。

新型 iPad Pro 5 M1 /miniPro 2021年モデル アイパッドプロ3 11インチ スペック 予想 価格 発売日は?


こちらも合わせてご確認いただければと思います。

RAMの容量

iPhone12sに搭載されるRAMの容量となりますが、RAMの容量はiPhone12の時点で4GB以上の搭載となりました。

iPhoneのモデル RAM容量
iPhone12mini 4GB
iPhone12 4GB
iPhone12Pro 6GB
iPhone12ProMAX 6GB

このような形になりましたが、iPhone12sでもこれは同じく継承されるのではないかと思っています。
RAMの容量がそこまで巨大でなくても、正直なところきっちり動作しますからね。
Proモデルと通常モデルで2GBのRAMの容量の違いはありますが、正直なところ私はあまり気にしていません。

✔4GB以上のRAMがあれば、iOS14は問題なく動く
✔2021年モデルではあまり変更がなさそう

このあたりの変更はおそらくないかと思います。基本的に大容量のRAMがあったほうがいいと思ったところで、そのRAMを活かすようなアプリを動かす人もそこまで多くはないと思いますし、RAMの容量が大きいということは、今後も見据えてということになると思っています。

RAMはAppleから公表されていません。そのため発売後にベンチマークアプリなどを利用して計測して判明していくわけですが、容量が多いからといっても処理速度が早くなるというわけではありません。
遅くなるというわけではありませんが、複数のアプリを大量に立ち上げた時に、大容量のほうがいいというレベルなのです。
定期的にアプリを落として、再起動をしっかりしていれば、さほど問題になることはありませんので、大丈夫かと思いますね。

ストレージ容量は1TBを搭載の可能性

最新の情報では1TBのストレージ容量を搭載する可能性が出てきたようですね。
1TBというのは、かなりの大容量となります。

✔1TBあればかなりのものが保存できる

当たり前ですが、1TB程度のものがあれば、かなりの容量を保存することが可能となります。
ただし1TBもの容量があるのであれば、かなり高額なiPhoneになることは容易に判断が付きます。
まさに20万近くする価格設定になるのではないかと思っています。それでも1TB程度あれば動画も取り放題ではないかと思います。

動画が取り放題となればクリエイターの人はかなり嬉しいでしょうね。最近はiPhoneを利用するクリエイターも非常に多いので、大容量のROMが搭載されているということは、かなり喜ばしいことではないかと思います。

これだけの容量があれば、かなりのものを入れることが可能となります。
ストレージ容量というのは、あればあるに越したことはありませんが、ここまでの容量のモデルが販売されると本当に価格は気になります。

✔ストレージ容量が1TBまであるのはProモデルだけ?
✔通常モデルでは1TBまでは出ないと想定

1TBまで上がればかなりの保存容量となります。ここまでの保存容量のモデルというのは、他社でもほとんどありません。

Androidスマホの場合は、MicroSDで容量アップをすることが出来ますが、iPhoneでは後からの容量追加は出来ません。

そういうことを考えると、どうしてもはじめから大容量が欲しいという人も少なからずいるわけです。

2021年6月時点の情報では、1TBのモデルは存在しない可能性が高いということがわかりました。

1TBというのは、本当に大容量となりますので、待っている人もかなり多いと思います。

1TBあれば、何でも保存することができるということで、メリットはかなりあるのではないかと思っています。

基本的に大容量のモデルというのは、高額なイメージとなりますが、実際に発売されたら20万円を超えてくることはほぼ間違いないかと思います。

20万円を超えるモデルが販売されるのであれば、本当に富裕層のレベルになってくると思いますが、それでも欲しい人は欲しいですからね。

カメラはどうなる?

カメラはスタンダードモデルと、プロモデルで分かれると思います。
スタンダードモデルは、カメラはデュアルカメラになると思われますが、プロモデルでは3つのカメラが搭載されると思われます。

最近は複数のカメラが搭載されているモデルが当たり前になってきています。
スタンダードモデルというのは、基本的にiPhone12sとiPhone12sminiと呼ばれるモデルとなります。

プロモデルは、iPhone12sProと、iPhone12sProMAXになると思われます。

✔iPhone12s、iPhone12sminiはデュアルカメラ
✔iPhone12sPro、iPhone12sProMAXはトリプルカメラ

カメラはiPhone12のカメラから継承されると思われますので、同じようなカメラが搭載されるのではないかと思います。
ただペリスコープカメラが搭載される可能性があるという噂もプロモデルではありますので、ペリスコープカメラが搭載されるとなると、Proモデルではひょっとすると4つのカメラが搭載される可能性もゼロではありません。
カメラというのは、かなりの頻度で利用するものと思われますので、相当期待できるのではないかと思います。

ペリスコープカメラというのは、潜望鏡カメラと呼ばれ、望遠の性能が格段に上がります。
望遠性能が20倍くらいになれば、iPhoneのカメラもかなり望遠が撮影できるようになったと喜ぶ人は多いのではないかと思います。

今まで販売されていたiPhone12ではProMAXで写真撮影時最大12倍までしか撮影することが出来ませんでした。それが飛躍的にアップするということで、期待してもいいのかもしれませんね。

5Gは継続搭載

5Gは継続的に搭載される見込みとなっています。5Gに関してはiPhone12から採用されておりますが、iPhone12sでも継続して搭載されるでしょう。
5Gでもミリ波の対応は先送りになると思われます。

最近でいえばXperia Proでミリ波に対応するなど、徐々にミリ波に対応するモデルも増えていると思われますが、ミリ波はまだ高いのではないかと思います。価格が高いと、残念ながら売れませんからね。

✔ミリ波の対応は先送りになると予想
✔ミリ波のスマホはまだ高額なモデルが多い
✔日本でミリ波対応のスマホはまだ数機種の販売のみ

本来の5Gの通信速度を体感するのであれば、ミリ波ですがそこまでいかないようであれば、今後はどのようになるのでしょうか?
ちょっと気になる部分はありますが、いずれ部材コストが下がればミリ波の対応も行ってくれるのではないかと思っています。

iPhone12s iPhone13 通信モデム 5Gは5nmのSnapdragonX60が採用の予定 ミリ波への対応に期待
iPhone12で初めて5Gに対応されたことは知っている人も多いと思います。 iPhone12で5Gにされたとはいえ、5Gには複数の電波があることは知っていますか? 5Gに複数の電波なんてあるの? 実は結構それを知...

こちらを見てもらいたいと思いますが、SnapdragonX60モデムが搭載される予定となっています。X60モデムというのは5nmという非常に細かいプロセスルールとなっているので、かなり高速になると予想されます。
通信速度は、ミリ波への対応が行われるとすれば、かなり高速通信が可能となります。
本当にそれは期待したいところですね。

TouchIDが画面埋め込みになる?

TouchID復活に関してはかなりの人が期待していると思いますが、TouchIDが画面埋め込みになる可能性が非常に高いことがわかりました。

✔TouchIDの復活にはかなり期待

TouchIDが完全になくなり、本当に不便に感じるiPhoneですが、TouchIDが復活するとなれば、相当メリットがあると思っています。

✔TouchIDの復活は相当便利でメリットがある
✔マスクをしているときにでもロック解除が可能
✔マスクを外さないとロック解除ができないなんて不便

正直なところ今パスコードでロック解除をするなんて本当にナンセンスです。
TouchIDが画面埋め込みになることで、かなり便利になると思います。

iPadAirなどでは電源部分にTouchIDが埋め込まれましたが、やはり前面ディスプレイの上でロック解除できるに越したことはありません。
そうなれば、相当便利になることは間違いないのです。

iPhone12sProでの外観はどうなる?

iPhone12s Pro (iPhone13)ゴールド 2021年モデルの外観がリークされる
iPhone12s Proの外観がリークされたようですね。 外観は今までのiPhoneとあまり変わらないような気もしますが、やっぱりiPhoneはかっこいいです。 iPhone12sの外観 こちら背面から見たところとなりますが...

iPhone12sの外観の画像が流出しております。外観はiPhone12にも似た感じになっています。

iPhone12sの外観の画像が流出したことにより、カメラの数などもわかります。
カメラの数は3つとなります。

正直なところ現行のiPhone12とさほど変わりませんので、iPhone12シリーズでいいかな?と思っている人も多いはずです。
そういう人はiPhone12の購入を行うほうがいいのかもしれません。

ワイモバイルからもiPhone12は販売されますので、ワイモバイルを狙うというのも手ではないかと思いますね。

iPhone13でパンチディスプレイ 穴あきスクリーン iPhone14で真のフルスクリーンに Ming-Chikuo氏による予想
iPhone13で穴あきスクリーンになり、iPhone14で真のフルスクリーンになるという情報が出ています。 iPhoneのノッチは本当に嫌だという人にとっては、かなりありがたいことではないかと思っています。 ノッチがあると本当に動...

こちらを見てもらいたいのですが、iPhone12sになるのかiPhone13になるのか名称はまだ確定とはされておりませんが、外観のディスプレイは現行どおりとなる可能性が非常に高いと思われます。
2022年モデルのiPhoneであれば、外観は変わるのかもしれませんが、それまでに発売されるiPhone12sの外観はiPhone12とさほど変わりません。

✔外観はiPhone12とさほど変わらないと予想
✔外観が変わるのは、iPhone2022年モデルから

外観が完全に変わっていくのは、iPhone2022年モデルからになると予想されます。

13はやっぱり海外では不吉?

13 は、西洋において最も忌避される忌み数である。「13恐怖症」を、ギリシャ語からtriskaidekaphobia(tris「3」kai「&」deka「10」phobia「恐怖症」)という。

こちらWikipediaからの情報となっていますが、やはり13は不吉の数字なので、ということでやめる可能性も十分に考えられます。

ここにきて・・・という感じですが、iPhone12sでも13を抜かして14にしてもいいと思いますし、個人的にはどちらの数字でも問題ないと思っています。
iPhone12sという名称にするのが、一番無難ではないかと思います。
iPhone12の次のモデルはさほど変化がないと思われます。
その理由はiPhone12で基本的には見た目が変わりました。
画面サイズが大きくなったことなど、性能に変化が生まれたのです。そのため次のモデルはそこまで変化はないと思います。

✔iPhoneは2年に1度の変化しかない

そのため次のモデルのiPhone12sであったとしても、基本的にはiPhone12と比較しても変化はさほどない機種になるのではないかと予想します。

数字を省くということは、普通に行われる可能性はあります。
ひょっとするとGalaxyシリーズなども今後13になることを控えて、20にしていったのかもしれません。
数字というのは、不吉な数字があるということで、iPhone12sにして、次はiPhone14というのは、自然な流れなのかもしれませんね。

過去には9もなかった

iPhone9という機種も過去にはありませんでした。iPhone9というモデルというのは、なぜなかったのかわかりませんが、これはWindowsでも9はありませんでした。
アメリカ製のモデルでは9という文字がないということが通説になっているのでしょうか?

このあたりは不思議な感じですが、iPhone9などの文言も過去にはなく、基本的には使われない数字というものは、あると思います。

そのためiPhone9がなかったことを考えると、iPhone13もないのかもしれませんね。

iPhone12sの次はiPhone14になるということが自然の流れなのかもしれません。

ひょっとするとiPhone20というところまで飛ぶかもしれません。まさにこれってGalaxyのパクリなのかな?と思うかもしれませんが、13がなくて次に14というのも変ですからです。
過去の実績からするとiPhone8とiPhoneXの2つのモデルが販売されました。このタイミングと同じような感じで、iPhone20という名称になって発売されるのかもしれません。

名称ルールが確定していないので、このような予想も非常に面白いですよね。

iPhone21という名称になるかも?

iPhone21 2021年モデルはiPhone13の見送りの可能性 iPhone12sでもなく? どういうこと?
iPhone21という名称になる可能性もゼロではない可能性が出てきました。 iPhone13という名称はグローバルではあまり好かれない数字になっているようですね。 13という数字自体が縁起の悪い数字ということになっています。 ...

iPhone21という名称も考えられるようです。iPhone12sではなくiPhone21という名称になれば、面白いですね。

結局のところ13という数字を嫌うことにより、このような名称になる可能性があるということになるわけです。

私は日本人なので、13という名称がどれだけ忌みの数字なのか?ということはわかりません。

海外ではどうしても13という名称は使うこと自体が嫌いなのでしょうね。

✔13はそこまで使いたくない数字なのか
✔iPhone13という名称だったとしても日本ではそこまで関係ない

価格は2020年モデルと同じ?

価格は2020年モデルいわゆるiPhone12と同じになる可能性が非常に高いことがわかりました。

iPhone13のスペックが出てきた 価格情報はやはりiPhone12と同じ
iPhone13のスペックなどの情報が出てきました。 本当に待っている人も多いのではないかと思います。 ツイッターによる情報 こちらがツイッターによる情報となりますが、スペック的にはある程度予想されている通...

こちらが2020年モデルのiPhone12の価格を日本円にしたものです。

日本円で同じ価格なのであれば、2021年モデルも同じ価格になる可能性が高いのですが、昨年より10%程度円が安くなっているので、日本円の価格は10%程度高くなる可能性は十分にありえると思います。

アメリカのドルベースの価格を基準に日本円の価格に反映させるということをするかと思いますので、ドルベースは同じでも為替の影響を受ける可能性が非常に高いですからね。

✔為替の影響で日本販売価格は高くなるかも
✔2020年でざっくり10%程度価格が高くなっている

2020年と比較しても10%程度ドルが高くなっており、ざっくり1ドル110円〜112円程度の間を推移している状況です。

この状況では、価格は高くなる可能性というのは十分ありえるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました