iPhone SE4 【アイフォーンSE4】 予想 予約 スペック 発売日 価格 ドコモ au ソフトバンク

 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

iPhoneSE4が今後販売されると思われますので、スペックを予想していきたいと思います。
iPhoneSEシリーズというのは、現在継続的に販売されているモデルということで、知っている人も多いかと思います。

iPhoneSE2が2020年3月に発売され、日本でもかなりの人が購入しているのではないかと思います。
そんなiPhoneSE系の次の世代が2021年4月にも発売されると言われており、iPhoneSE3となる見込みです。

新iPhoneSE第3世代 2022年モデル スペック 仕様 5G対応で256GBの容量も登場
AppleからiPhoneSEの2022年モデルが登場しました。 iPhoneSEシリーズというのは、2年前にモデルチェンジしてそれ以降のモデルチェンジとなります。 iPhoneSEシリーズを待っていた人も多かったのではないかと...

こちらがiPhoneSE3のスペックなどを記載しているページとなっています。

iPhoneSE3が2022年3月に発売され、iPhoneSE4も今後発売されるみたいですね。

現時点ではいつ発売されるか未定だけど、いつか必ず発売されるでしょうね。

iPhoneSE自体は毎年発売されるモデルではないけど、数年に1度は発表しているので、今後も発売されるでしょうね。


こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

最新のiPhoneの予約

最新のiPhoneの予約はオンラインショップがオススメです。
オンラインショップであれば、現行の最新のiPhoneの購入も当然ながら可能です。

在庫不足に悩まされるということもないかと思います。店舗で購入すると在庫確保までに時間がかかりますが、オンラインショップであれば、在庫は比較的潤沢にあることが多いです。
そのためかなりの人がオンラインショップを利用します。

ドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップは事務手数料が無料なので、さらに購入する人が多いのです。

店舗で買うより、オンラインショップで買うほうがメリットがあるなら、そちらを選択すると思いませんか?
私も最近はオンラインショップを利用することが多く、自宅にいながら購入できるので、メリットはかなりあります。

✔自宅にいながら購入可能
✔ドコモ、ソフトバンクは事務手数料が無料
✔在庫も潤沢

一応これらのことを考えると、やはり店舗での購入より、オンラインショップでの購入を検討してしまいますね。

iPhoneSE4のスペックを予想

iPhoneSE4というのは、2023年にも販売されると思われます。
iPhoneSEシリーズというのは、初代iPhoneSEが2016年に販売され、iPhoneSE2が2020年の販売となっており、その差は約4年空いていました。
iPhoneSEを持っていた人が買い換える先としてiPhoneSEを選択したかったと思われますが、iPhoneSE2というのは、iPhone11をベースに製造されております。

仮に2024年に発売されるのであれば、iPhone14をベースに製造されると思われます。

iPhoneの種類CPU
iPhone11A13
iPhoneSE2A13
iPhone12A14
iPhone13A15
iPhoneSE3A15
iPhone14A15
iPhoneSE4未定

このようになると予想されます。CPUに関しては、基本的に最新のモデルのCPUが採用されると思われますので、廉価版という形ではなく、ハイスペックモデルの若干画面サイズなどが小さいモデルという位置づけになると思われます。

✔毎年iPhoneSEシリーズが販売されると予想

iPhoneSEシリーズは、価格が安価なので、実は結構人気の高いモデルとなっています。ハイスペックモデルに依存しているAppleの販売形態が今後変わる可能性があり、iPhoneSEシリーズは主力製品となっていくと思われます。

そもそもなぜ2024年の発売になるのか?というところですが、

iPhoneSE3の発売が行われていないということは、2021年のうちにiPhoneSE3の発売が行われることはないと思われます。

iPhoneSE3の発売スケジュールがずれ込むと2022年にiPhoneSE3の発売、その次は?となると毎年発売されないことから2024年になるのではないかという予想になるわけです。

2021年8月時点の情報ではiPhoneSE3が2022年に発売され、iPhoneSE4は2024年頃の発売になると予想されております。

基本的にSEシリーズというのは、毎年のように発売されるわけではありません。

2年もしくは3年に1度のペースで販売されるわけです。

そういうことを考えると、iPhoneSEシリーズの販売タームはそれなりに長くなっています。

カメラはデュアルに期待

カメラはデュアルカメラに期待したいところではないかと思います。
昨今廉価版モデルであったとしてもカメラはトリプルカメラが付いているモデルが非常に多いです。

iPhoneSE2でもシングルカメラでした。そのためカメラが複数あるということに関しては期待したいと思います。
iPhone12、iPhone12miniで搭載したデュアルカメラの搭載くらいは期待したいと思いますね。

1200万画素X2くらいでも十分です。広角と超広角もしくは広角と望遠のこの2つのレンズはつけてもらいたいですね。
ただiPhone12などを考えると広角と超広角になりそうですけど・・・

✔複数のカメラはほしいところ

カメラの部材価格も、年々下がってきています。年々下がってきているのであれば、複数カメラの搭載はあり得るのではないかと思います。

その場合は超広角と広角の2つのカメラになると思います。
カメラというのは、基本的に生活の一部に入り込んでいる人も結構多いはずです。
特にインスタグラムなどを利用して行う人も多いと思いますので、カメラ性能に期待している人も多いと思います。

複数のカメラがあるほうが、異なる性能のカメラとなりますので、飛躍的にカメラがよくなる傾向にあります。

FaceIDだけではなくTouchIDも搭載

iPhone12シリーズはすべてFaceIDだけとなりました。実はこれがかなり不便です。
どれだけ不便なのか?というと、とにかく外出先でマスクの着用が義務ではないものの、当たり前になってきた昨今FaceIDのロック解除をしようとするとマスクが邪魔でロック解除することが出来ないという人が多発していることは知っている人も多いと思います。

iPhone13 iPhone12 マスクをつけた状態でロック解除 FaceIDで認証解除する方法
iPhoneを利用してFaceIDがロック解除をしている人もかなり多いのではないかと思います。 FaceIDは指紋認証機能に変わる、新しいロック解除の方法となります。今まで指紋認証に慣れていた人にとっては、なんでこんなものになったの?と思...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、一応ロック解除は可能になるようですが、登録の時からやはりこれは面倒であることは間違いありません。
そのため、今後TouchIDが復活するなんて声も聞かれております。

TouchIDが復活することにより、相当メリットが出てくることは間違いありません。
iPhone13では画面に指紋認証センサーが埋め込まれるようですが、iPhoneSEシリーズでは電源部分と共有になる見込みとなっています。
それでも私は十分だと思っています。
その理由として、電源共有部分であったとしてもロック解除を複数選択できるだけで、ユーザーに選択権を渡しているからです。
使う使わないはユーザーが選択できるのです。

✔TouchIDが復活
✔画面内蔵方式ではなく、電源にTouchセンサーを持ってくる

電源にTouchセンサーを持ってくるというのは、iPadAirと同じ方式となると思います。
画面埋め込みであれば、コストがそれなりにかかると予想されますので、どうしてもそのような方式になってしまうのではないかと思います。

基本的にコストをかけることなく、TouchIDを実現したいという思いは間違いなくあるかと思います。

iPadでも電源部分にTouchIDを搭載しているモデルもあり、TouchIDに関しては、復活する動きとなっているかと思います。

FaceIDとTouchIDの両方を利用することができれば、相当なメリットになると思っています。

今後はtouchIDが再度普及していくものと思われます。今までのようにFaceIDだけでは不便だという人が結構多くいるのです。

touchIDとFaceIDの両方の認証方式があることで、利便性が向上されます。

画面サイズは5インチ前後?

画面のサイズですが、5インチ前後になると思っています。
あえてSEはコンパクトサイズという立ち位置で出してくるのではないかと思っています。

画面サイズはiPhone12miniが5.4インチだったので、それよりは画面サイズは下げてくるでしょうね。
iPhoneSE2までが4.7インチとなっており、このあたり画面サイズがいくつかのモデルが登場しますが、これらは本来であれば、統合したいところではないかと思っています。
ただしSEにすると若干販売価格を落とすことができるので、Appleとしても販売しやすい形になるのではないかと思ってます。

✔画面サイズが4〜7インチのiPhoneがかなり多数販売
✔旧モデルも入れると本当に必要なの?と思うレベル

結構な数のiPhoneが販売されておりますが、Appleの収益モデルは最近はサブスクに変わってきているのです。そのため安価なiPhoneであったとしてもiPhoneを普及させることが目的になっている部分があります。サブスクをたくさんの人に利用してもらうほうが間違いなく収益アップに繋がりますからね。
売って終わりという時代は終わりました。今は売った後も収益モデルを確立するという時代に変わってきました。

iPhone12miniやiPhone13miniと同じ筐体になる可能性

女の子

iPhoneSEシリーズは、2世代、3世代とiPhone8の流れを組む同じ筐体を採用しています。

そのためiPhoneSE4が発売される頃には、4.7インチというのは、筐体が陳腐化しているのではないかと思います。

またiPhone14で、iPhone14Plusというモデルの発売が行われ、iPhone14Plusでは6.7インチという大画面になりました。

○iPhone14とiPhone14Proは6.1インチ
○iPhone14PlusとiPhone14ProMAXは6.7インチ

現状のラインナップを見ると、4.7インチの次が6.1インチとなっているので、5インチ台のモデルがゼロなのです。

iPhone12miniやiPhone13miniは5.4インチという画面サイズとなっていますので、画面サイズとしてはちょうどいい画面サイズとなっています。

大きさもiPhoneSE3とiPhone13miniなどはそこまで変わりませんので、5.4インチあたりをiPhoneSE4では出してくるのではないでしょうか。

5.4インチくらいの画面サイズは欲しいところだね。

安いからといって、4.7インチの筐体を年配の人が利用すると結構苦労するかも?

画面サイズが小さいのは、年配の人にとっては結構辛いですからね。

ただ年配の人に必要なiPhoneというのは、10万円を超えるiPhoneではないと思います。

iPhone14シリーズで一番安価なモデルが10万円を超える価格帯となったことから、年配の人が利用するためには、かなり厳しいと言わざるを得ません。

年配の人にとっては10万円を超える機種というのは、相当家計を逼迫することは間違いないでしょう。

特に最新のモデルではなくてもいいという人も多いわけですが、変化に弱い年配の人にとっては、iPhoneじゃなくても良いんじゃないの?と思っている人も多いです。

ただ今までiPhoneを利用し続けていたので、これからもiPhoneを利用したいと思っている人は多いはずです。

そういう観点からしても、やはり価格設定を決める上で、安価かつ大画面モデルというのは欲しいところですよね。

価格は5万円まで

価格はおそらく据え置きでいくと思います。iPhone12miniが今後iPhone13miniのようなモデルになると思われますが、そのminiモデルよりも安価な価格設定になると思います。

✔Appleの収益モデルはサブスクに移行
✔価格は安価なモデルのiPhoneでもサブスクで利益を上げるので、問題なし

価格はさほど高くはならないかと思います。できる限り安価な価格設定で販売してくれると思っています。

高額な価格設定をしたところで、結局のところ購入されなければ意味がありませんからね。結構安価な価格設定になると予想されます。

価格が据え置きになるというところは、ユーザーとしてもかなりありがたい話ではないかと思います。
ただしAppleが出しているサブスクは本当にいいものがたくさんあります。
サブスク収益に貢献することで、Appleは安価なiPhoneを販売しても問題ないのです。

サブスク収益が増大するためにiPhoneSEシリーズは仕掛けられていると思ってもいいのかもしれません。
とはいうものの別にサブスクに加入することは、必須ではありませんので、普通にウェブサイトの閲覧なども可能ですので、特に問題はないかと思いますね。

メーカーは売って終わりという時代は終わった

メーカーは売って終わりという時代は本当にもう終わったのではないかと思います。

そのためAppleもサブスクにかなり力を入れているのだと思います。サブスクに力を入れることにより、売上全体の底上げを行っていることと、極論でいえばiPhoneが売れなくても売上がカバーできるということになります。
売上がサブスク収益でカバーすることができれば、iPhoneはサブスクを売るための器になっていくのです。
そうすれば、Appleの収益モデルは間違いなく上向きになるでしょうね。

基本的に音楽を聞きたいとか、ゲームをしたいという欲求というのは皆さん持っているかと思います。

その欲求をiPhoneが叶えてくれるわけです。それが通信費とは別で発生するのが、ちょっと痛いですが、一度サービスに加入すれば、継続的にサービスを利用してくれるわけです。
それがAppleの狙いなのですね。

✔Apple Music
✔Appleアーケードなど

これらのサブスクリプションに申し込んでもらうことで、Appleは定期的な収益を獲得することが可能となっています。
そのためAppleは確実に定期的な収益を取得するための動きに入ってきているといっても過言ではありません。

iPhoneSE4は2025年頃?

iPhoneSE4の販売というのは、2025年頃になるかもしれません。

iPhoneSE3は2022年になるといわれております。

そのタイミングで、iPhone13と同じCPUが搭載される可能性が非常に高いわけです。

iPhoneSE4というのは、iPhoneSE3の後継モデルとなるわけですが、かなりいいモデルになると予想されます。

ベースのCPUは、その年の発売されるiPhoneと変わりません。

そういうことからも、SEで十分という人も結構多いと思います。

✔ベースのスペックは前年に発売されたiPhoneと同じCPU
✔性能が同じで画面が小さいだけなら、SEの選択肢もあり

また価格も安価になる可能性も非常に高いと思いますので、SEシリーズの人気というのは、そういうところにもあるかと思いますね。

数年起きに販売

数年起きに販売の予定となっています。数年経過することで、その時の最新技術に合わせて販売されるということで、非常にオススメできると思っています。

✔数年起きの販売で、コンパクトの中に最新技術を詰め込む
✔前年のiPhoneに搭載されているCPUを投入
✔価格は5万円前後と安定的

価格も日本円で5万円前後となっているので、かなり安定的な販売となっています。

価格は5万円前後ということになりますので、Proシリーズの約半額ということもあり、かなり購入しやすくなります。

Appleは現在サブスクなどで儲けるための施策をかなり持っており、ハードだけの売上ではなく、サブスク売上を作るため、安価なiPhoneを売ったところで、サブスク収益が発生するわけです。

そういうこともあり、確実にメリットがあると思っています。

iPhone12miniベースになる可能性も

iPhone12miniやiPhone13miniが発売されていますが、見た目はiPhone12miniベースになる可能性もあるようです。

iPhone14からminiというモデルがなくなりました。

今ホームボタンが付いているモデルというのは、iPhoneSE3だけとなってしまいました。

AppleとしてもTouchIDよりもFaceIDがメインのモデルとなっていますので、基本的にはFaceIDのほうがいいということになるのではないかと思います。

iPhone12miniベースになると5.4インチという画面サイズとなり、画面サイズとしては大きくなりますので、それだけでもメリットがあるのではないかと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック