Xperia 2022年 どんなスペックのモデルが登場の予定? 最新機能などは出てくるのか?

Xperiaシリーズも年々進化を続けており、2020年にXperia生誕10周年を迎えました。

Xperia エクスペリア 生誕10周年 初代から 1 Mark2まで プレイなどの企画の機種も
Xperiaが生誕10周年になったようですね。 初代Xperiaが発売開始されたのが2010年ということになります。その頃からスマホというものは、徐々に日本でも認知されるようになるのです。 Xperiaシリーズというのは...

こちらが生誕10周年を迎えた記事となりますが、 初代Xperiaが発売され12年後の2022年にはXperiaはどのような進化をしてくるのでしょうか?

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

Xperiaの購入なら各社オンラインショップ

【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する

こちら各社オンラインショップとなっています。オンラインショップで購入する人は年々増えているので、非常にメリットがあります。ドコモオンラインショップは事務手数料が無料となっていますので、非常に購入しやすいでしょうね。

また各社オンラインショップ共通でのメリットも色々あります。

✔24時間営業
✔2750円以上の購入で送料無料
✔機種をじっくり選定できる
✔人と会話することなくスマホの購入することが可能

これらがメリットとなっています。

Xperia 2022年でどうなる?

Xperiaシリーズというのは、現在日本ではXperia 1シリーズ、5シリーズ、8シリーズ、10シリーズの販売が行われていると思います。

将来的にはこれらのモデルが集約されると言われております。集約されるということは、どういうことなのか?ということですが、日本ではこれらのシリーズを販売しておりますが、グローバルではLシリーズと呼ばれるモデルの販売も行っております。

今後ソニーはグローバルも含めてモデルをへらす動きにしているようですね。

✔Xperia1シリーズ
✔Xperia10シリーズ
✔XperiaLシリーズ

これらのモデルに集約する動きになっているようです。

XperiaL5 スペック予想 値段はどれくらい? 日本での発売は?ahamoで使ってみたい

こちらにXperia Lシリーズの2021年に発売されると予想されているモデルを紹介しておきます。
Xperia2022年でかなりシリーズとしては減るのではないかと思っています。

ハイスペックモデル、ミドルレンジ、ローレンジの3つに集約されていくことが予想されております。

✔3つのモデルに集約

2022年は3つのモデルに集約させる可能性が非常に高くなっており、Xperia5シリーズが今後なくなる可能性も十分にありえるかも知れません。
Xperia5シリーズというのは、ハイスペックモデルでありながら、若干価格を抑えたモデルとなっており、画面の解像度などもフルHD+を採用し、4Kの採用はXperia 1シリーズのみとなっています。

おそらくXperiaシリーズも複数のモデルを開発するには、開発コストがかなりかかるということも原因の一つかも知れませんね。
開発コストがかかるので、どうしても機種を減らしてくるということになると思います。
最新モデルの購入をしたい場合、ハイスペックモデルは1年に1度となると、後半に販売されるモデルというのは、どうなるのでしょうかね?

最近はスマホ自体があまり売れないので、どうしてもそういうことになるのですが、5シリーズの発売を望む声も大きいはずです。

Xperia 5 Ⅲの発表が2021年4月に行われましたが、その時点では日本国内の発表は行われておりません。

グローバルのみでの発売となる見込みです。しかしながら日本国内での2021年冬モデルでの発売は行われる可能性はゼロではないかと思います。

Xperia 5 Ⅲ エクスペリア5マーク3 スペック 5G 予約 発売日 価格 ドコモ au ソフトバンクから発売の予定


こちらにXperia 5 Ⅲのスペックなどを掲載しているページを載せておきます。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

気になるのはハイスペックモデル

とはいうものの、気になるのはXperia 1シリーズのハイスペックモデルではないかと思っています。ハイスペックモデルはやはり誰でも気になりますからね。

名称はXperia 1 Ⅳになる可能性が非常に高いモデルだと思います。

2021年の年末に登場するCPUを採用するものと思われます。名称のほうはまだよくわかりませんが、Snapdragon888の後継のCPUになる可能性が非常に高いですね。

Snapdragon898 スナドラ898が2021年モデルのCPUに? 名称ルールが変更になった
SnapDragon888が発表され、今までは855、865などと名称がきていましたが、2020年に発売されたモデルの名称はSnapDragon888となりました。 Snapdragon875という名称にはならなかったようです。 次...

こちらを合わせてご確認いただければと思います。Snapdragon855より2倍の性能を誇るCPUになると思われますので、Xperia 1から性能は2倍になる可能性が非常に高いです。

✔CPU能力値からするとXperia 1の2倍の性能になる

最近は3年で2倍くらいの性能の伸びになっているので、それくらいの伸びにはなる可能性が非常に高いですね。

3.5φジャックの継承

3.5φのジャックは継続的に継承されるのではないかと思っています。

まさにこのジャックのことです。このジャックをなくしている会社も非常に多くあります。
iPhoneがいい例です。iPhoneは7の時からこのジャックをなくしました。
これにより、AirPodsなどのガジェットを普及させたわけですが、無線より有線のほうがありがたいというユーザーはまだまだ非常に多いはずです。
有線のほうがなぜいいのか?ということですが、有線のほうが音質の劣化が少ないということも挙げられます。
ソニーは音へのこだわりもあるということです。

✔イヤフォンジャックは継続的に継承されると予想

DSEE Ultimateの搭載でハイレゾ並の音質

DSEE Ultimateという技術を知っていますか?すでに現時点でも搭載されている機能となっていますが、こちらの機能をONにすることで、ハイレゾ音源のように音を楽しむことが可能となっているのです。

CDやMP3、AACなどの圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源に変換できる「DSEE HX」が進化。圧縮により失われた高音域の表現や小さく細かい音を、ソニー独自のAI技術によって高精度に再現するため、よりハイレゾに近い高音質を楽しめます。ストリーミングサービス、ワイヤレスヘッドホンにも対応しています。

これはまさにソニーのこだわりかと思います。
高音質を楽しむためには、このような技術にも期待したいところではないかと思っています。
普通に考えると、ハイレゾ並の音源をmp3などから楽しむということは、結構難易度の高い技術だと思います。
それを可能にしているのが、ソニーなのです。

ただしハイレゾ対応のイヤフォンを購入する必要があります。

とはいうものの、ハイレゾ対応のイヤフォンもそこまで高額な価格設定ではありません。

個人的には、1万円前後のものの購入をオススメしますが、5000円くらいからでも十分購入できるので、それらのものは取り揃えときたいですね。

ミリ波への対応に期待

CPUに搭載されるモジュール次第ですが、ミリ波への対応は期待したいところです。
ミリ波に対応することで、かなり高速通信することが出来ますからね。

5Gのミリ波 Sub6 違い 比較 高速に通信ができるのはどっち?
ミリ波とSub6という通信規格が5Gにあることを知っている人は多いのではないかと思います。 ミリ波とSub6というのは、何が違うのでしょうか? 5Gの通信規格はSub6とミリ波の2つ 5Gの通信規格というのは、Sub6...

こちらの記事も確認いただければと思います。
ミリ波へ対応したXperiaであれば、かなりの人が購入を検討するのではないかと思っています。

✔スマホがミリ波へ対応することで、劇的に高速通信となる
✔5Gの醍醐味はミリ波通信できることといっても過言ではない

ミリ波というのは、今後間違いなく広がっていくと思います。Xperiaシリーズでもミリ波への対応はかなり期待してもいいのではないかと思います。

Xperia Proではミリ波へ対応していることを考えると、Xperiaシリーズでもミリ波への対応というのは、技術的にはクリアできているといえるかと思います。ただしProシリーズというのは、ごく一部のユーザーのみが利用するようなプロモデルとなっていますので、コンシューマ向けモデルにまで採用されるかどうか・・・と言われると微妙な感じもします。

ただし楽天ビックという楽天のモデルでは、すでにミリ波への対応が行われております。

Rakuten Big 楽天ビッグ スペック レビュー 維持費 価格 楽天モバイル カメラ性能 メーカーはどこなのか?
Rakuten Bigというモデルが発売されております。 ブランドとしてはRakuten○○という名称で販売されるようですね。 このRakuten BigのメーカーはZTEというメーカーです。 ZTEは日本でも色々スマホを...

このモデルもそこまで高額なモデルというわけではありませんので、このモデルに搭載されているということは、期待が持てると思っています。

2021年モデルでの価格が判明

2021年モデルでの価格が判明しました。価格はXperia 1 Ⅲで1,199ドルです。日本円で為替差損などを考えた時に税込みで14万円程度になると予想されます。

ひょっとしたら日本向けは若干スペックを落としてくるのかも知れませんが、それでも15万円に迫る勢いです。相当高額なスマホになっていっています。
今の日本人の平均年収からするとスマホを購入するだけで、かなり家計を逼迫するのではないかと予想されます。
相当高額なスマホになりますよね・・・

2021年モデルの後継モデルになると思われますので、価格もほぼ同じくらいの価格設定になるかと思います。
年々スマホの価格は上昇傾向にありますので、2022年モデルでは1,249ドルくらいになっているのかも知れません。
本当にスマホの価格は高くなっています。ここまで高額になってくるとパソコンなどを買うほうがメリットがあるのでは?と思ってしまいますが・・・

✔スマホの価格は年々上昇傾向
✔15万円に迫る勢い
スマホの価格は年々上昇 日本でもグローバル価格が適用 スマホの値引きはあっても定価が安くなることはないと予想
スマホの価格は年々上昇しています。 格安スマホというジャンルがありますが、普通のいわゆるフラッグシップモデルと呼ばれる機種は10万円近くするものもザラです。 そういう意味では端末の価格はかなり高価になってきているのです。その高価...

今後スマホの価格が安価になっていくということはないのでしょうかね。
XperiaシリーズもXperia 10シリーズの販売のほうが売れるのでは?と戦略を色々変更してくる可能性は十分にありえることだと思います。

Xperia 10 Ⅳの発売

Xperia 10 Ⅳの発売もあるかと思います。

Xperia 10 Ⅳ iiii マーク4 スペック 発売日 予想 噂 ドコモ au ワイモバイルから発売の可能性
Xperia 10 Ⅳが2022年にも発表されると思われますので、スペックなどに関して予想してみたいと思います。 Xperia 10シリーズというのは、ミドルレンジクラスのモデルとなっており、かなり人気の高いモデルになっています。 ...

Xperia 10 Ⅳも2022年に発売されるのではないかと思います。

Xperiaシリーズの中でも10シリーズは非常に人気が高いモデルとなっています。
まずは価格が安価であるということと、Xperiaということが人気の秘密です。

✔低価格モデルの人気が非常に高い
✔Xperia 10 ⅣもXperia 10 Ⅲの後継モデルとして発売される予定

日本では低価格モデルの人気がかなりありますので、今後日本で販売されるモデルというのは、どんどん低価格モデルに移行していっているような感じもしますね。

Xperia 5 Ⅳの発売の予定

Xperia 5 Ⅳ エクスペリア5マーク4 2022年 スペック 価格 日本での販売は?
2021年にXperia 5 Ⅲの発売が行われ、2022年にも同様にXperia 5 Ⅳいわゆる後継モデルとして発売されるということは間違いないかと思います。 Xperia 5シリーズというのは、冬モデルに登場するモデルということが今...

Xperia 5 Ⅳの発売の予定となっています。

Xperia 5 Ⅲの後継モデルということになります。スペック的にはXperia 1 Ⅳより若干落ちるものの、処理能力はほぼ差がありません。

CPUと呼ばれるものがXperia 1 Ⅳと同じものが採用されると思われます。

そういうこともあり、Xperia 5 Ⅳというのはかなり期待したいのではないかと思います。

✔Xperia 5 Ⅳの発売の予定
✔Xperia 5 Ⅳの処理能力は高い

ベースはXperia 1 Ⅳとなりますが、画面の解像度などを若干落としたりしている程度で、処理能力が変わらないということもあり、個人的にはXperia 5 Ⅳで十分なんじゃないの?と思うレベルです。

2022年冬モデルとして発表される見込みとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました