世界ではiPhoneよりAndroidのほうが売れている 明確な理由

日本市場においては猫も杓子もiPhoneというくらいiPhoneが売れていますね・・・

日本ではiPhoneがかなり売れているのですが、世界的に見るとiPhoneはそれほd多くはありません。

日本ではiPhoneの人気が根強いですが、世界的に見るとそういうわけではないんですね。

それではその理由をお伝えしたいと思います。

なぜ日本ではiPhoneが売れるのか?

日本人がiPhoneを使いたくなる 10の理由

過去にこのような記事を書きました。日本ではやはり人気のある機種が人気を呼びさらにはiPhoneはMNPなら一括0円で購入可能など、購入環境が整っていることが原因です。

日本で購入するならAndroidよりもiPhoneのほうが安価に買えることが可能なのです。

iPhone6は現状ではまだ若干高価な買い物かもしれませんが、Androidよりも安価に購入することも可能なのです。

そういうことから日本ではiPhoneが売れるのです。

また日本ではiPhoneの優遇措置がありました。iPhoneだけ優遇措置というのがかなりあったので、そういう観点からするとiPhoneだけかなり売れるということはずっとiPhoneを利用する人が多いからですね。

一度iPhoneを利用するとなるとAndroidを知らなくてもiPhoneで出来ることがこれだけあるのでOKと感じる人が多いわけですね。

そういうことからiPhoneを利用する人というのは、非常に多いわけです。

世界ではなぜiPhoneは売れないの?

さて本題に入りますが、世界的にみてiPhoneは実は非常に高いのです。

日本でも定価は9万円程度しますよね。本来ならその9万円を払う必要があるのですが、MNPの場合なら一括0円などで購入可能です。

結局通信費から回収されているわけですが、通信費はある意味仕方ありませんよね・・・

世界ではその9万円程度もするものを基本的には一括で購入する必要があるのです。

そしてなんといってもAndroidは1万円程度で購入可能なのです。

最近でこそ1万円くらいで購入出来るスマホも販売するようになりましたが、今まで日本ではそのようなものはありませんでした。

gooスマホ g01が非常に安くてオススメ スペックは?価格は?

この機種ですが、1万円で購入可能なのです。そう考えると非常にこの機種は安価なことがわかります。

それでもこのg01というスマホですが、CMも特にしていないと思います。そう考えると1万円でもいいかな?と思う人はわからないので、結局高価なスマホを購入してしまうわけです。

ある程度知っている人なら安価なスマホでもいいわけですが、わからない人も結構いるということです。

それと未だに携帯電話を機種変更しても中に入っているSIMカードが契約部分ということを知らない人も結構います。

そういう環境がまだまだ日本では多くあり、いわゆるMVNOの世界をわからない人もかなりいるのです。

今後は日本でもAndroidがかなり売れると予想されます

SIMフリーが徐々に認知されはじめ、やはり日本でも安価なAndroidでいいかな?と思う人がかなり増えてくると思います。

今はまだかなりのiPhoneユーザーが多いですが、今後はかなり減ってくるのではないでしょうか。

やはり安くて同じことができれば、それに越したことはないと思う人も非常に多いと思います。

今後は徐々にAndroidがシェアを伸ばしてくるでしょう。

2017年に入り、Androidを所持している人もかなり増えたと思います。

それは格安スマホというものが世の中に出てきたからです。格安スマホの大半はiPhoneではなく、Androidです。

iPhoneはどちらかというと旧モデルがiPhoneとして発売されるに過ぎないからです。そういうことを考えるとやはりAndroidのほうが安く維持することが出来るという観点からiPhoneを所持するよりAndroidで大丈夫という人が増えているのです。

まだもう少しAndroidの販売台数が日本でも見込めるのではないかと思いますね。

初回投稿日:2015年5月10日