当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

2021年 MNP 一括0円で今後スマホは販売されるのか キャッシュバック付きなどはもう昔のことになってしまう

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

2021年に入って、スマホはMNP一括0円で販売されるようなことはありますでしょうか?
世の中にはMNP一括0円でスマホを購入していた人も多かったのではないかと思います。

いわゆるMNP乞食と呼ばれる人たちも数年前はかなり多かったと思います。それが今ではほとんど皆無です。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

ブラックにならないようにMNPを繰り返していた

ドコモ au ソフトバンク ブラックリスト 短期解約 比較 審査 条件が厳しいのは?
各社から過去の契約を鑑みて、今後契約させないようにするいわゆるブラックリストに入る条件というものをお伝えしたいと思います。 確実にブラックリストに入る条件は他社を含めて未納があるこれが一番の条件ですね。 この未納に関して...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、MNPを繰り返していた人が多かった時期というのは、こちらの記事もよく読まれていました。
それが今は非常に少なくなっており、あまり読まれなくなっています。ということは、そもそもブラックになる人が少なくなったのでは?ということが推測されます。
基本的にブラックになる人というのは、何度も契約を繰り返してブラックになっていくのです。

MNP一括0円のような美味しい案件があったら、短期解約をしてMNPをしていくわけです。
人によっては1人で10回線くらい持っていた人もいたと思います。複数の会社と契約していくわけですが、ドコモ、au、ソフトバンク全部合わせて10回線とかです。
今ではあまり考えられないことですよね。

2021年MNPはどうなる?

スマホのMNP一括0円 キャッシュバック復活してほしい 実際にありえるのか?

こちら動画で2021年以降のMNPに関して解説しています。
MNP一括0円というのは、本当に今後はもうなくなっていくでしょうね。

上限は22000円が限界か

割引の上限というのは、22000円というものが限界になっているようですね。割引額に上限を儲けられるということは、結構辛いことではないかと思います。
これも総務省がつけたことになりますが、割引額というのは、基本的にはメーカーなどが独自につけてもいいはずです。
それが、携帯電話に関しては所轄が総務省となり、総務省が割引幅を22000円までと位置づけているのです。

✔スマホの割引の上限を総務省が設定
✔スマホ販売会社はそれに従うだけ

他にはない構図が出来上がっていると思います。他の業界ではこのような構図というものはありません。
自動車に関してはあえて、国が補助金を出したりしているわけですが、スマホに関してはそのようなことはありません。
むしろ割引販売している業者に対して指導を入れるほどなのです。
あまりこのような業界は他にはないと思いませんか?

MNP一括0円がなくなり代理店、メーカーは困る

MNP一括0円がなくなりメーカーや代理店は本当に困ると思います。MNP一括0円でもスマホが売れたら代理店は儲かります。
メーカーも当然ながらスマホが出荷されるわけですから、ありがたい話なのです。
しかしながらこのような今の構図が変わってくるとなると、間違いなくMNP一括0円で購入しようと思っていた人にとってもそうですが、それを取り巻く経済環境も悪化するわけです。

メーカーは今まで以上にスマホに対する投資をやめていく必要があるわけです。
仮に今まで1年に2回販売していたフラッグシップモデルを1回にするとか、ラインナップを減らすとかそのようなことになっているわけです。

✔メーカーはスマホが売れないので開発コストの回収が厳しい
✔ラインナップも昔より減っている

このようにトータル的に減らしていく必要があるわけです。このような状況で、今後本当にどのように海外メーカーに対して太刀打ちしていくのでしょうか?
日本ではかなり厳しいと思います。

スマホ周辺のマネーが動かなくてもキャリアは儲かる

キャリアというのは、毎月の通信費というものが、いわゆるサブスクリプションとなり、毎月莫大な収入があります。
メーカーや代理店というのは、ものが売れないと儲からないわけですが、キャリアはものが売れなくても、サブスク収入が莫大なのです。
ここがビジネスモデルの違いです。

ある意味キャリアというのは、お金がある大手でないと出来ません。
日本で回線を提供している会社というのは、4社あります。
これらの会社というのは、基本的に回線を提供し続けることで、儲けが出るというビジネスモデルとなっていますが、今総務省のほうで、毎月の維持費を下げるように依頼を掛けていることは知っていると思います。
そこで出てきたものが、ahamoやSoftbank on LINEと呼ばれるものとなっています。

SIMフリー+ahamo Softbank on LINEで2021年日本のスマホ業界は大きく変わる

こちらの動画を参考に見てもらいたいと思います。

✔キャリアは安売りをしても比較的儲かる
✔代理店やメーカーとはキャリアはビジネスモデルが異なる

楽天の参入で各社厳しい

これから新しい回線が増えていくということは、人口減少の中でほとんどないかと思います。
そんな中での楽天の参入です。これはかなり厳しいのではないかと思っています。
どんどん狭くなるシェアを各社がしのぎを削っているのです。

しかも楽天は非常に安価でアンリミテッドと呼ばれる無制限のSIMを出しているのです。
本当にすごいことなのです。ahamoなど言ってられる場合ではないかと思います。

現在各社がかなりしのぎを削ってシェアの奪い合いをしたところで、結構価格は限界までやってきていると思います。
本当に今後MNP一括0円の道もかなり厳しくなってきていると痛感する次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました