当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

ARROWS NX9 F-52A スペック 5G対応 ドコモから発売中 泡で洗える トリプルカメラを搭載

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

ARROWS NX9と呼ばれるスマホがドコモから販売されておりますので、紹介したいと思います。
ドコモから販売されている名称というのはF-52Aと呼ばれるスマホとなっています。


※富士通のサイトより引用

ARROWSシリーズというのは、昨今ドコモから継続的に販売されているモデルとなっています。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

ドコモで購入可能

【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

ドコモオンラインショップで購入することが可能となっています。
ドコモオンラインショップは事務手数料が無料となっているので、非常に購入しやすいです。

最短で当日着で発送してくれるため、利用する人もかなり多くいます。
ネットからスマホを購入することが当たり前になってきたので、ドコモオンラインショップで購入するといっても別に驚くことはないかと思いますね。

ARROWS NX9のスペックを紹介

ARROWS NX9のスペック

メーカー富士通
大きさ約152×72×8.5mm
重さ162g
OSAndroid10.0
CPUSnapDragon 765G
RAM8GB
ROM128GB
画面サイズ6.3インチ
解像度フルHD+ 有機EL
カメラ約4850万画素+約800万画素+500万画素(深度)
インカメラ約1630万画素
カラーネイビー、ゴールド、ホワイト
その他3600mAhバッテリー、IPX5/8、IP6X、MIL規格に対応

スペック的にはミドルレンジのモデルとなっています。

5GはSub6のみに対応

5Gというのは、Sub6のみに対応しております。Sub6のみに対応しているといっても、普通の5Gを利用することが出来ますので、全く問題はありません。
ただF-51Aでミリ波に対応してきていることが若干気になる部分です。
あくまでこのモデルはミドルレンジなので、仕方ないことかも知れませんが・・・

一旦は5Gというのは、Sub6をメインに広げていくものと思われますので、仕方ないことですよね。

5G 電波 エリア 波長 Xperia Galaxy iPhone12などはSub6 ミリ波どれを利用するのか?

こちらに電波に関することに触れている動画がありますので、こちらも合わせてご確認ください。

✔5GはSub6のみの対応

カメラに深度カメラが付属

カメラには深度カメラが付属されています。深度カメラというのは、どのようなカメラなのか?というと、奥行きを計測することが可能なカメラとなっています。
奥行きを計測することができるということは、ボカシ撮影が可能ということになります。
ボカシ撮影ができることで、被写体を非常にきれいに撮影することが可能となります。

最近のスマホは本当にカメラ性能があがってきたと思います。
コンデジなど本当に不要ですからね。
深度カメラなんて、コンデジにも付いていませんからね。このような深度カメラが搭載されているミドルレンジモデルというのは、かなりありがたいのではないかと思います。

ハイスペックモデルであれば、ToFが搭載されておりますが、ToFというのはやはりセンサーの価格としてまだそれなりの価格がするのでしょうね。

✔深度カメラが搭載でボカシ撮影が可能

スマホが洗える

洗えるスマホということで、このモデルは販売されておりますが、洗えるということは、昨今コロナでスマホを洗いたいという人もかなり多いはずです。
そういう人にとってはかなりのメリットがあるモデルだと思います。

スマホを洗うという習慣がなかった人も、このモデルであれば、洗うことが可能なのです。
やはり外出した後にスマホって本当にきれいになっているの?と気になりますからね。

そういう時には、本当に洗えるスマホというのは、かなりメリットがあります。

洗えるということは、お風呂でも大活躍です。
お風呂でスマホを利用したいと思っている人はかなり多いと思います。
当然ながらこのモデルもお風呂で利用することが可能なのです。
MIL規格に対応しているモデルということで、かなり強固な作りになっているということです。

ゲーミングスマホ

実はこの富士通のモデルはゲーミングスマホとなっているのです。
ゲーミングスマホというのは、どういうスマホなのか?というと、esportsの人が監修した仕様となっています。

✔プロe-Sportsチーム「REJECT(リジェクト)」が監修

ゲーミングスマホというのは、まだあまり認知されておりませんが、ゲーミングスマホというだけで、高速に動作するというイメージありませんか?

eスポーツチーム「REJECT」のスポンサーに、富士通のスマートフォンブランド「arrows」が就任 | eSports World(eスポーツワールド)
eスポーツチーム「REJECT」のスポンサーに、富士通のスマートフォンブランド「arrows」が就任

こちらが紹介しているページとなっていますが、ARROWSのスマホがゲーム業界へ参戦したということは、相当な強みになるのではないかと思います。
esportsというのは、ここ最近注目されておりますが、まだまだ日本での知名度は低いです。
それでもゲーミングスマホとして出てきたのであれば、相当期待はできるモデルになっていることは間違いありません。

これは引き続き継承されていくものと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました