Galaxy S22 /ULTRA ギャラクシーS22 予約 キャンペーン スペック ドコモ au 発売日 日本での発売は?

 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

Galaxy S22シリーズが正式に発表されました。

日本時間の2022年2月10日午前0時からユーチューブにて正式に発表されました。

それではGalaxyシリーズがどのように進化しているのか?というところをお伝えしたいと思います。

GALAXY S22がついに発表されました。楽しみですね。

【比較】GALAXY S22 ULTRA /S22 /S22+ 違い 仕様 スペック どっちがオススメなのか?
GALAXY S22 ULTRAをはじめGALAXY S22及びGALAXY S22+が発表されました。 GALAXY Sシリーズは、日本のキャリアからも発売されるモデルとなっているので、非常に人気が高いモデルの一つです。 今回...

こちらにGALAXY S22 ULTRA及びGALAXY S22/S22+のスペックの違いに関して記載のあるページを紹介しておきます。

スペックはこちらの比較表を見てもらえれば一目瞭然です。

 

発売後のドコモ及びauのキャンペーン状況

こちらが各社オンラインサイトとなっていますので、こちらから予約を行うことが可能です。

ドコモ/au GALAXY S22 / S22 ULTRA 口コミ レビュー 特典 全員にGALAXY Buds2 WirelessChargerDuoを貰えるキャンペーン開催中
ドコモ及びauからGALAXY S22及びGALAXY S22ULTRAが発表されましたが、今回購入者全員に購入特典として、GALAXY Buds2及びWirelessChargerDuoを全員にプレゼントするというキャンペーンが開催されて...

発売直後ですが、プレゼントキャンペーンをこちらにまとめました。

ドコモオンラインショップから予約購入がメリットです。

auの人なら、au Online Shopからの予約購入がメリットとなります。

予約をして購入するだけで、このようなプレゼントを貰えるということが相当魅力的であと思います。

他のスマホではこのようなプレゼント企画というものは、あるもののここまで高額なプレゼントキャンペーンというものはありません。

本当にメリットがあるわけです。

Galaxy S22の購入でプレゼントキャンペーン

Galaxy S22の購入においてプレゼントキャンペーンが行われることは間違いないかと思います。

✔それだけで実質2万円割引と考えてもよい

ドコモとauから発売されるわけですが、プレゼントは間違いなく行われると思います。

2021年はGalaxy Budsなどのプレゼントが行われましたが、今後も継続的に行われる予定となっています。

ドコモ/au GALAXY S22 / S22 ULTRA 口コミ レビュー 特典 全員にGALAXY Buds2 WirelessChargerDuoを貰えるキャンペーン開催中
ドコモ及びauからGALAXY S22及びGALAXY S22ULTRAが発表されましたが、今回購入者全員に購入特典として、GALAXY Buds2及びWirelessChargerDuoを全員にプレゼントするというキャンペーンが開催されて...

2022年モデルでもGalaxy Budsなどのプレゼントが行われます。

✔Galaxy Buds プレゼント
✔ドコモとauで異なるGalaxy S22の販売が行われる

ドコモから購入

ドコモオンラインショップを利用して購入する人が増えました。

GALAXY S22がドコモから発表されると、予約を行うことが可能となっていますので、ドコモオンラインショップで予約購入をすることをおすすめしたいと思います。

ドコモオンラインショップは送料無料かつ機種変更の事務手数料が無料です。

ドコモ いつでもカエドキプログラム デメリット メリット 機種変更が安い 最新機種を安く買える
ドコモではいつでもカエドキプログラムというものがあり、機種変更などを非常に買いやすい方法で、販売しています。 毎年のようにiPhoneを購入したけど、価格がかなり高いという理由で毎年iPhoneの購入が出来ないことはナンセンスです。 ...

こちら新しいキャンペーンがドコモから出てきました。

このキャンペーンを利用して購入する人が非常に増えております。

かなりメリットのあるキャンペーンとなっていますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

ドコモ GALAXY S22 /S22 ULTRA 機種変更 口コミ 予約 買い替え SC-51C SC-52C プレゼントキャンペーンでオススメ
ドコモからGALAXY S22及びGALAXY S22ULTRAが発売されました。 発表されたのは、2022年4月7日ということで、楽しみに待っていた人も多かったのではないかと思います。 2021年は4月8日だったので、まさに1...

こちらを確認頂き、購入頂くといいかと思います。

ドコモオンラインショップは事務手数料が無料
ドコモオンラインショップは2750円以上の購入で送料無料
ドコモオンラインショップは待ち時間なし

このようにドコモオンラインショップを利用することはかなりのメリットなのです。

最近はネットを利用して予約や購入を行う人が非常に増えています。今後も同様のことになると予想されます。

auから購入

au Online Shopを利用して購入する人もかなり多くいるかと思います。

au Online Shopに関しても、頭金がゼロ円で送料無料ということで、かなりのメリットがあります。

au Online Shopで予約購入がオススメです。

スタートダッシュとして、かなり安価に購入できるキャンペーンもあります。

au GALAXYS22 /S22ULTRA 16500円割引 特典 プレゼント au Payへ還元 5G機種変更おトク割適用
GALAXY S22及びGALAXY S22 ULTRAがauから正式発表されましたが、5G機種変更おトク割適用で、16500円割引で購入することが可能となります。 これはかなりお得なのではないかと思います。 au Online S...

残価設定を利用することで、お安く購入することが可能となります。

au 半額購入 かえトクプログラム が終了 スマホトクするプログラムに
auが「かえトクプログラム」を利用してauのスマホを少しでも毎月の負担額を抑えながら購入したいという人が増えています。 auはこの施策を導入することにより、少しでも安価に購入できるようになっています。 昨今スマホの価格が...

こちらがそのプログラムとなっていますが、こちらを利用することで、安価な価格で購入することが可能となります。

au Online ShopでGALAXY S22 ULTRAが発売される予定となっていますので、相当期待できるのではないかと思います。

GALAXY S22 ULTRAというのは、かなりのハイスペックモデルとなりますので、相当期待できるでしょうね。

GALAXYS22ULTRA SCG14 【au】予約 キャンペーン 価格 スペック 発売日
auからGALAXY S22 ULTRAが発売されました。 SCG14というauのモデルナンバーで販売されることがすでに明らかになっています。 GALAXY S22 ULTRAのオンラインイベントはすでに終わっており、グ...

こちらにauの情報を掲載しておきます。

au Online Shopは頭金ゼロ
au Online Shopは2750円以上で送料無料
au Online Shopは待ち時間ゼロ

ドコモと同様にau Online Shopでも予約するメリットというのは、ありますので、それも合わせてご確認いただければと思います。

Galaxy S22のスペックはどうなる?

Galaxy S22はどのようなスペックになるのでしょうか?

Galaxy Sシリーズは、ここ最近3種類のモデルが継続して販売されておりますが、2022年も今までと同様に3つのモデルが発表されました。

ただ日本で取扱のあるモデルというのは、Galaxy S22及びGalaxy S22 ULTRAだけです。

✔Galaxy S22
✔Galaxy S22 Plus
✔Galaxy S22 ULTRA

現状噂として出ているモデルというのは、3つのモデルが販売される可能性があるということです。

モデル名称GALAXY S22 ULTRAGALAXY S22GALAXY S22+
ディスプレイサイズ6.8インチ6.1インチ6.6インチ
解像度Edge QHD+Flat FHD+
本体サイズ163.3 x 77.9 x 8.9mm146 x 70.6 x 7.6mm157.4 x 75.8 x 7.6mm
重量ミリ波:229g
Sub6:228g
ミリ波:168g
Sub6:167g
ミリ波:196g
Sub6:195g
Dynamic AMOLED(明るさ)1750nit1300nit1750nit
リフレッシュレート120Hz(1〜120Hz)120Hz(10〜120Hz)
AndroidAndroid12
耐久性本体アーマーアルミフレーム
前面ガラス面ゴリラガラス Victus+
防水防塵IP68
インカメラ4000万画素1000万画素
超広角カメラ1200万画素
広角カメラ10800万画素5000万画素
望遠カメラ11000万画素光学3倍
望遠カメラ21000万画素光学10倍
ズーム性能100倍30倍
バッテリー容量5,000mAh3,700mAh4,500mAh
オーディオ再生時間最長81時間最長54時間最長69時間
充電パワー45W25W45W
ストレージ容量128GB or 256GB or 512GB or 1TB128GB or 256GB
Sペン対応対応
認証超音波指紋認証
顔認証
カラーバリエーションバーガンディー、グリーン、ファントムホワイト、ファントムブラックファントムホワイト、グリーン、ピンクゴールド、ファントムブラック
CPUExynos 2200 or Snapdragon8 Gen1
RAM8GB or 12GB8GB8GB

現状出ている情報としては、本体サイズはこんな感じとなります。

GalaxyS22 /S22+ /S22ULTRA /Sペン搭載モデルの背面画像が出回る 発売日も近い
Galaxy S22シリーズの背面画像が出回ってきました。 Galaxy S22というのは、日本でも発売されるモデルとなっており、非常に人気の高いモデルとなっています。 Galaxy S22シリーズはSペンモデルも含まれる ...

こちらが最新の見た目となっています。

Noteというモデルの販売も噂としてはありましたが、GALAXY S22、GALAXY S22+、GALAXY S22 ULTRAの3つのモデルの販売となります。

GALAXY S22+は日本で発売されることはない

GALAXY S22+は日本で発売されることはないと報じられております。

これはキャリアモデルに限った話となっていますので、SIMフリーモデルとしては購入することも可能です。

GALAXY S22+は日本での発表はなし S22及びS22 ULTRAだけがドコモ、auから発売される予定
GALAXY S22+は日本では発売されないと報じられております。 GALAXY Sシリーズは日本でも販売されるので、どのモデルが発売されるのかは気になるところではないかと思います。 GALAXY S22+が日本では発表されない理由...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、GALAXY S22+がDEMKO認証に日本の型番として登録されておりません。

このことは、GALAXY S22+が日本で発売されないということだと思います。

✔日本でGALAXY S22+の発売は見送られる
✔日本ではGALAXY S22とGALAXY S22 ULTRAの2機種のみ

この2機種のみが日本で販売される予定となっています。

グローバルモデルとして、そろそろお目見えということで、期待している人も多いのではないかと思います。

グローバル版として、発売されるとSIMフリーモデルもかなり売れると予想されます。

GALAXY S22というのは、グローバルでかなり販売台数を伸ばしているモデルとなりますので、人気はかなりのものだと思います。

CPUはどうなる?

Galaxyシリーズというのは、継続して最新のCPUを搭載しているモデルの販売を継続的に行っているため、CPUはSnapdragon8 Gen1が採用されております。

Snapdragon 8 Gen1 2022年モデルのハイスペックモデルに登場のCPUが登場
Snapdragonの最新のCPUが登場しました。 Snapdragon888と呼ばれるCPUの後継モデルとなります。 このCPUというのは、最上位のCPUとなりますので、2022年に搭載されるCPUには確実に採用される...

年々1.3倍程度のスペックアップとなっていることから、Galaxy S22でもそれくらいのスペックアップになると予想されております。

続いてRAMですが、16GB以上となることはほぼ間違いないかと思います。かなりの大容量ですよね。(ULTRAが16GB以上のRAMを搭載)

そこまでRAMが大きいと、どんなアプリでも快適に動作させることが可能になるかと思いますね。
基本的には、大容量アプリを利用すると、メモリがなくなってしまう可能性もありますが、そこまで大きいとまずそういうことは起きないでしょう。

ストレージですが、最大で512GBのストレージ容量になる可能性が非常に高いと思います。
相当なストレージ容量ですよね。

✔総じてGalaxy S21よりレベルアップすることは間違いなし

ただ年々CPUなどの能力は上がっていきますので、それに追随していっているだけのような感じもしますが、本来欲しいのは新機能いわゆる便利機能だと思います。

Galaxy S22の実機はどんな感じ?

実機はこんな感じになっているようですね。

正直なところGalaxy S21からの変化はあまり感じることはできません・・・

✔見た目はGalaxy S21とさほど変わらない
✔シンプルで結構かっこいい

見た目は非常にシンプルなので、結構オススメできると思います。

こちらにGalaxyS22の動画が出回っています。

非常にシンプルでいいと思います。

本体サイズに関してもちょうどいい感じではないかと思います。

こちらを見てもらいたいのですが、Galaxy S22 ULTRAの背面が明らかになったようですね。

カメラかどうかはわかりませんが、穴が6つあることがわかるかと思います。

メインのカメラ3つとサブカメラとToFになるのではないかと予想されます。

アルミニウムで出来上がったものとなっていますが、翻訳すると面白いです。

安価なCNC処理されたアルミニウムのように見えますが、それは確かにS22UFIXEDの設計です。これ以上の変更はありません。

安価なCNC処理されたとあります。

数値制御加工とは、数値制御工作機械上の部品を加工する加工方法をいう。 数値制御工作機械と従来の工作機械のプロセス仕様は一般的に同じですが、重要な変更も行われています。 部品と工具の変位を制御するデジタル加工方法。 これは、さまざまな部品、小ロット、複雑な形状、高精度、高効率、自動化された処理を解決する効果的な方法です。

こちらがCNC加工の意味ですが、正直なところあまり意味はわかりません。10月のタイミングであれば、すでに量産体制の準備は整っているか、そろそろ整いつつあると思います。

グローバルで販売されるのであれば、結構前から準備は必要ですからね。

すでに設計は終わって、量産に入ることから、試作品が流出したのかもしれませんね。

メインディスプレイ内蔵のカメラ搭載

ZTEではすでに採用していますが、メインディスプレイに内蔵のカメラが搭載される見込みです。

今までのパンチディスプレイがなくなる可能性が非常に高いです。

Rakuten Big 楽天ビッグ スペック レビュー 維持費 価格 楽天モバイル カメラ性能 メーカーはどこなのか?
Rakuten Bigというモデルが発売されております。 ブランドとしてはRakuten○○という名称で販売されるようですね。 このRakuten BigのメーカーはZTEというメーカーです。 ZTEは日本でも色々スマホを...

こちらで採用されているディスプレイの方式ですが、メインディスプレイが本体内部に内蔵されるのです。これはかなり面白いと思いませんか?
本体内部に内蔵されることにより、前面ディスプレイとなるのです。これに伴い、かなりメリットのあるディスプレイになるのではないかと思っています。

それがメインディスプレイにパンチ穴がなくなるということになれば、かなりメリットがあると思いませんか?
今回の目玉は間違いなくこのメインディスプレイにインカメラが内蔵されるということではないかと思います。

はしっこが切れずに動画を楽しむことができるということだけでもかなりありがたいですよね。

価格はどうなる?

2022年1月後半に価格情報が出てきました。

Galaxy S22 販売価格はGalaxy S21よりも高額に? 値上げは100ドル程度になると報じられる
Galaxy S22の販売価格が出てきました。 Galaxy S22自体の販売価格を元に、各キャリアがあとは調整するということになると思います。 Galaxy S22の販売価格は相当高額になるのではないでしょうか。 Galax...

こちらに価格情報が掲載されておりますが、価格はGalaxy S21の時よりも高額になるといわれております。

Galaxy S22で、日本円で10万円を超えてきますので、かなり高額だと思います。

ハイスペックモデルの価格が高額になるということで、キャリアモデルのスマホが売れない時代が、まさにやってきていると痛感しています。

✔価格は年々上昇
✔Galaxy S22でも10万円を超える

現在半導体不足となっていますので、ある程度は仕方ないと思いますが、それにしてもここまで高額になれば、購入しづらくなることは間違いありません。

Galaxy S22 ULTRAのインカメラに10800万画素

Galaxy S22 ULTRAのインカメラに10800万画素のカメラが搭載されると報じられております。

インカメラが1億画素を超えるということは、本当にすごいと思います。

インカメラで1億画素となれば、背面も1億画素になるでしょう。

✔カメラはかなりよくなる
✔自撮りカメラはでも画素数は十分

自撮りをメインに考えている人であれば、相当魅力的ではないかと思います。

これは本当にすごいことになるかも知れません。
虹彩認証というのも、画面内部にあるカメラで行えるようになるかも知れません。
画面内部にあるカメラで虹彩認証を行えるようになれば、認証が減ることなく、目だけなので、マスクの影響も受けることなく認証をすることが可能となります。

カメラが内部に邪魔されずになるということは、本当にいいことだと思います。

引用元:letsgodigital

S22でもペリスコープが入る?

現在ULTRAのみが望遠がすごいです。

望遠レンズにペリスコープカメラが搭載されております。ペリスコープカメラというのは、望遠性能を省スペースの中に埋め込んでいるカメラとなっており、かなりの倍率で撮影することができます。

ペリスコープレンズというものを、2022年モデル向けて、Galaxyが大量に購入しているという情報もあります。
となれば、Sシリーズの中でもS22と呼ばれるモデルでも、搭載される可能性はゼロではないと思いませんか?

ペリスコープレンズが採用されるとどうなるのか?
当然ですが、かなり拡大された望遠撮影が可能となります。

✔GalaxyS22でも50倍ズームなどが可能に?

これくらいの望遠レンズが可能となれば、相当期待できるのではないかと思っています。
レンズの性能は、年々高くなってきておりますが、やはり望遠レンズに強いのはGalaxy S21 ULTRAくらいです。
望遠レンズに強いモデルの発売も行ってもらいたいと思いますね。

カメラはオリンパスと共同開発


※写真はオリンパスより拝借

昨今カメラモジュールをカメラ会社と共同開発するということは、珍しいことではありません。

例えばXperia 1 ⅡなどではZEISSと共同開発しています。

このような形で、ここにZEISSという文字が入っていることもわかるかと思います。

オリンパスという文字が埋め込まれる可能性も十分にありえるということです。

ただ詳細に関してはまだ不明点も多く、Foldで搭載されるとかULTRAで搭載されるとかすべてのGalaxyでは搭載されるかどうかに関してはまだ決まっておりません。

カメラのレンズを他社に任せるということは、結構面白いことだと思います。これでカメラトータル的な性能があがるのであれば、ユーザーとしてはありがたいことですね。

他社のレンズを採用することで、カメラ性能がよくなるのであれば、ユーザーとしても非常にありがたいことです。

やはり自社でのレンズ開発には限界があるのかもしれません。スマホも進化していくためには、専業の業者を利用することで、自社のスマホの価値をあげていく必要があるのではないかと思います。

Galaxy S22 ULTRAはSペン内蔵

Galaxy Noteシリーズが今後なくなることを受けて、Galaxy S22 ULTRAではSペンが内蔵されております。

Sペンというのは、Noteシリーズを利用している人ならわかるかと思いますが、いわゆるスタイラスです。このスタイラスがあれば、本当に便利です。

Sペンはカメラのシャッター代わりになってくれたりもするので、相当便利なのです。

✔NoteシリーズがなくなることによりSペンが内蔵
✔Sペンが内蔵され、ULTRAでは文字入力も簡単になる

やはり文字を手入力するのではなく、手書きで入力できるということは、まさに電子データの醍醐味です。
手書きメモを文字起こしいわゆるOCR機能もGalaxyシリーズにはつくと思われますので、本当にペンさえあればかなり便利に使いこなせるのではないかと思っています。
本当にこのSペンというのは、便利ですからね。
ULTRAシリーズにつくのであれば、本当に売れることは間違いないかと思います。

✔Sペンは付属されると非常に便利
✔付属されたとしても、内蔵でないと若干不便
✔Galaxy S21 ULTRAは内蔵されていない

Sペンを利用することで、物書きなどが非常に便利になり、想像以上に書きやすくなったりするので、本当にこれはオススメです。

これは実際にSペンに限った話ではなく、ペンタイプの入力があれば、文字の入力だけではなく絵を書いたりすることもできるのです。

そうなれば本当にメリットはかなりあると思いますね。

Sペンが内蔵されることにより、Noteはもう必要なくなってしまったかもしれません。

基本的にGalaxy Noteシリーズは今後販売されなくなるとも言われており、ウルトラにとって変わられる可能性は十分にありえるのではないかと思います。

GalaxyS22ULTRA スペック ドコモ au Sペンも搭載 Noteは本当になるなるのでは?
Galaxy S22 ULTRAはSペンが内蔵されると言われております。 Sペンというのは、Galaxy Noteシリーズでは定番のアイテムとなっており、SペンがあるからNoteを買うという人もかなり多いことは間違いありません...

こちらにSペンが内蔵される写真が掲載されております。

Sペンが内蔵されると、相当なメリットがあると思います。

まさにGalaxy Noteいらずになることは間違いないでしょうね。

今後Galaxy Noteシリーズの販売はなくなるといっても過言ではありません。

まさにこのSペンが挿入されている画像がそのものではないかと思います。

Galaxy S22の画面サイズが判明

こちらTwitterに情報が掲載されておりますが、Galaxy S22の画面サイズが判明しました。

✔Galaxy S22 6.06インチ
✔Galaxy S22+ 6.55インチ
✔Galaxy S22 ULTRA 6.81インチ

画面サイズはこのようになるようですが、LTPOディスプレイが採用されるのは、ULTRAのみになる見込みです。

 LTPOとは、ディスプレイバックプレーン(ディスプレイの液晶や有機ELを制御する駆動素子を形成した基板)の技術のひとつです。

その名称は、「低温多結晶酸化物」を意味する英語“Low Temperature Polycrystalline Oxide”の略称から来ています。

IGZOディスプレイがCGシリコンと酸化物を組み合わせたように、LTPOは低温多結晶シリコン(LTPS)と酸化物の利点を組み合わせた薄膜トランジスタ(TFT)です。ディスプレイ上の各ピクセルには、LTPSとオキサイドを同時配置する形で設計されます

LTPOの特徴は、電荷移動度の安定性が高いLTPSを利用していること、そしてTFTの均一性が良く、リーク電流が少ない酸化の利点を一つに結合した技術であることにあります。これは、電力消費のなかでも「ディスプレイの書き換え」にかかる消費電力を少なく抑えることができることを意味します。それは、何よりもモバイル機器の消費電力を大幅に削減できる新技術として評価できるでしょう。

LTPOをバックプレーンに使った有機ELディスプレイは、その消費電力の少なさ、そして見やすさから、ひょっとするとその多くの特許をアップルが持っているということからか、Apple Watch Series 4と、Apple Watch Series 5で採用されています。

また、近々、スマートフォンでもディスプレイに採用する機種が出てくるのではないかとされています。

引用元:impress

こちらにLTPOディスプレイの説明が掲載されておりますが、通常の有機ELよりも上位のディスプレイになるということを覚えておけばいいと思います。

結局のところいいディスプレイが搭載されるということで、Galaxy S22 ULTRAは買いのモデルになるのでしょうね。

日本では2022年に発売の予定

日本では2022年に発売される予定となっています。2022年の夏モデルで登場する可能性が非常に高いモデルとなっています。
Galaxyシリーズは日本ではULTRAの販売は行われておりません。
その理由は日本でULTRAの販売を行っても売れないと見切っているのではないかと思います。
日本でも最近ハイスペックモデルの売れ行きは非常に悪く、低価格モデルの売上だけがかなりいいようですね。
その理由は無駄にいい機能は必要がないという消費者の消費行動の現れではないかと思います。

Galaxy S22 Galaxy Z Fold Tab Samsung AR Glass Galaxy Buds 2022年モデルの発売日は?
2022年のGalaxyシリーズに関する情報が徐々に出てきております。Galaxyシリーズというのは、日本でも多数のスマホの販売を行っており、購入の検討を行っている人もかなり多いと思います。 Galaxy Sシリーズなら日本でもかなり...

こちらに色々なGalaxyシリーズのモデルの発売日がこちらに記載されております。

こちらを見てもらいたいのですが、Galaxyシリーズというのは、日本では誰もが認めるメジャー製品となっています。

究極のところGalaxyシリーズのいいところがSシリーズには凝縮されております。

2022年もかなり熱くなると予想されます。

韓国モデルではExynos2200が搭載

Exynos2200 処理能力 スペック サムスンのスマホに搭載の予定
Exynos2200と呼ばれるCPUが今後登場すると言われております。 Exynosというのは、聞いたこともある人は多いと思いますが、日本ではGalaxyシリーズに搭載されているCPUとなっています。 Exynos2200の能力...

韓国モデルではExynos2200が搭載される予定となっています。

Exynos2200というのは、AMDのGPUを搭載すると報じられており、AMDのGPUが搭載されると、グラフィック関連はかなり高速になる可能性が非常に高いと報じられております。

✔韓国モデルはグラフィックはかなりよくなると予想
✔日本モデルではSnapdragonが採用

日本モデルではSnapdragonが採用されますが、Snapdragonモデルであったとしても、かなりいいモデルになることは予想されます。

Exynos2200が搭載されるモデルであれば、CPUに関してはかなりいいものになると思われますので、SIMフリーモデルとして購入するのもいいのかもしれません。

SIMフリーモデルであれば、Exynos2200を搭載しているモデルであったとしても、利用することができることは間違いないかと思います。

アメリカはExynos2200が採用?

こちらの記事を見てもらいたいのですが、先程韓国ではExynos2200が採用されるのでは?と記載しておりますが、アメリカもExynos2200が採用される可能性が非常に高いと思います。

またインドではSnapdragon8 Gen1が採用される見込みとなっています。

✔インドSnapdragon8 Gen1が採用される見込み
✔Snapdragonの最高峰のCPUの搭載はほぼ間違いなし

結局のところ最高のCPUが搭載してもらいたいと思っている人も多いと思います。

2022年モデルも最新のCPUが搭載されているということで、かなり期待できるのではないかと思います。

1億画素のカメラは確定か

カメラは1億画素以上になるようですね。

10800万画素となっており、かなりオススメできると思います。元々これも噂ですが、ULTRAに関しては、実際に1億画素以上のカメラが搭載されました。

画素数が高いスマホというのは、ここ最近増えておりますが、1億を超える画素のカメラはさほど多くはありません。

ただ2021年モデルでも1億を超える画素数を搭載していることから、それ以上のカメラになっています。

✔画素数はかなり高い
✔画素数の高いカメラはオススメ

画素数が高いというのは、結構オススメできると思います。

噂では2億画素になるかもしれないという情報もあります。画素数アップはかなり楽しみですね。

引用元:euro-journal

Galaxy S22 ULTRAはSペン内蔵の可能性

Galaxy S22UltraはSペン内蔵の可能性もある? 応答速度も3倍の改善
Galaxy S22 ULTRAが近々発売されますが、どのようなスマホになるのでしょうか? ZaryabKhan氏というユーチューバが色々開設しています。 Sペンはかなり高速になる Sペンはかなり高速になるのではな...

Galaxy S22 ULTRAはSペン内蔵の可能性もあります。

Sペンの応答速度は2.8msとレイテンシーがかなり低くなっています。

✔レイテンシーがかなり低い
✔SペンがULTRAには内蔵される可能性もある

ビデオ性能に関してもかなり高いと言われており、かなり期待できるのではないかと思います。

Galaxy S22 ULTRA /GalaxyS22 のスペックがリーク カメラのスペックも明らかに
Galaxy S22が近々発売されると言われておりますが、Galaxy S22シリーズのスペックが徐々に明らかになってきました。 Galaxyシリーズは2022年1月にも登場するということで、今からかなりの人が期待しているので...

Galaxy S22 ULTRAのベンチマークが登場

Galaxy S22 ULTRAのベンチマークが登場しました。

Galaxy S22 ULTRAのベンチマーク AnTuTuやGEEKBENCHの結果が登場
Galaxy S22 ULTRAがそろそろ発表されますが、Galaxy S22 ULTRAのベンチマークの結果が出てきたようですね。 ベンチマークというのは、そのスマホの能力を数値化したものとなっており、発売日後にすぐにベンチマークな...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、ベンチマークはExynos2200モデルとなっていますが、AnTuTuではかなりのハイスコアを残しています。

ベンチマークというのは、その機種の能力を数値化するものとなっていますので、ベンチマークの結果としては、かなり優秀ではないかと思います。

ベンチマークの結果が出てきたことにより、どれくらいの能力があるのかわかるのは嬉しい限りですね。

しかしながら、ちょっと残念なことに、Galaxy S22 ULTRAのExynos2200モデルのAnTuTuの結果は結構よかったのですが、それ以外のベンチマークの結果はいいとは言えません。

✔AnTuTuの結果はいい
✔Snapdragon8Gen1のベンチマーク結果がない

日本ではSnapdragon8Gen1のモデルの販売が行われる予定となっていますので、それはちょっと残念ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック