LiDARはiPhone14Proシリーズのみになると予想 奥行きを検知して ボカシ性能が上がる

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

iPhone14が今後も発売される予定となっていますが、LiDARはProのみの特権になると思われます。

iPhone13が発売されましたが、LiDARと呼ばれる奥行きを計測するセンサーに関しての記事が以前はすべてのモデルでLiDARが搭載されると報じられておりましたが、実際に発表されるとProシリーズのみということになりました。

LiDARというのは、奥行きを計測するセンサーとなっており、ボカシ性能を期待してついていた欲しいと思っていた人も多かったはずです。

2022年モデルとしてはiPhone14の発売もありますが、LiDARの搭載は、iPhone14でもProモデルのみなのでしょうか?

Proモデルというのは、やはり通常モデルと比較しても、どうしても差をつける必要があるのです。

結局差をつける必要があり、どうしてもProモデルのみ優遇となることは普通です。

 


カメラ性能を確認

iPhone 13 Pro /13ProMAX カメラ レビュー 写真はどう進化したのか? iPhone12 ProMAXから変わったところは?
iPhone13Proシリーズが発売されましたが、Proシリーズは非常に人気が高く、まだ手にしていないという人もかなり多いのではないかと思います。 今回はiPhone13Proシリーズが発売されたことにより、どのように進化したのか?と...

カメラ性能に関して確認したいと思います。

カメラ性能というのは、iPhone12からiPhone13でどれくらい進化したのでしょうか?

正直なところ、そこまでの進化はしてないと思います。

むしろiPhone12Proのほうがよかったのでは?と思っている人も多かったのではないでしょうか。

基本的にはiPhone12Proのカメラというのは、個人的に見てもかなりきれいに撮影出来ていると思います。

iPhone13になったからといって、どうなの?というレベルです。正直なところちょっと残念な感じもしますね。

ただちょっと古めのiPhoneと比較するとやはりiPhone13ProMAXのほうが上位モデルであることは再認識させられます。

LiDARがすげてのモデルに搭載される噂

iPhone13が2021年に発売されるわけですが、LiDARはProモデルにしか搭載されていませんが、iPhone13ではすべてのモデルに搭載される可能性が非常に高いことがわかりました。

LiDARというのは、いわゆる奥行きを計測するカメラとなっています。どちらかというとカメラというよりセンサーですね。

LiDARとは

「LiDAR」という言葉は、「Light Detection and Ranging」(光検出と測距)を略したもの。言葉の意味からもわかるように、レーザー光を利用して離れた物体の距離を測る仕組みだ。同様の仕組みとして、電波を使って離れた物体との距離を測るレーダーがあるが、これの光版と考えればいいだろう。

iPhone 12 Pro / Pro Maxに搭載の『LiDARスキャナ』とは?その仕組みや機能について解説
「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」に搭載されている「LiDARスキャナ」について解説。漠然と被写体との距離を測れるものといわれているが、具体的にはどのようなものなのだろうか。その機能や用途、従来の深度測位カメラとの違いについて紹介する。

こちらに非常に詳しく書いています。
iPadProに搭載されてからiPhone12の中でもProシリーズに搭載されております。
このLiDARがiPhone13に導入されるということになります。
このLiDARが導入されるとどうなるのでしょうか?

カメラ性能が格段にアップ

カメラの性能が格段にアップします。カメラ性能というのは、基本的にはカメラの能力で決まりますが、カメラは被写体までの距離はわかりません。
このLiDARがあれば被写体までの距離を測ることができるので、奥行きまでの距離も含めて計測することが可能となるのです。
これにより、ボカシ機能の撮影が可能となるのです。

このような感じで背景がボケていることがわかるのではないかと思います。

iPhone12Proではこれくらいの写真撮影は全く問題ないのです。
ボカシ機能があることにより、かなりきれいに撮影することが可能となっているのです。

本当にオススメできる機能の一つかと思いますね。

こちらiPhone12ProMAXとiPhone11ProMAXの動画比較です。このように見ると進化していることもわかるのではないかと思います。

複数カメラの搭載も

iPhone13では複数カメラが搭載されるという情報もあり、すでにPiPhone12Proシリーズでは3つのカメラがありますが、ひょっとするともう一つのカメラが搭載される可能性も十分あるかと思います。
スタンダードモデルでもカメラは2つではなく、3つになるかも知れません。
そこまでカメラが増えるとかなり色々な写真撮影をすることが出来ますので、かなりメリットがあるでしょう。
後はペリスコープです。ペリスコープというのは望遠カメラですが、この望遠カメラが搭載されることにより、20倍を超える写真を撮影することが可能となるのです。
20倍ってかなりの倍率ですからね。

✔ペリスコープに期待
✔20倍を超える望遠レンズになる可能性も

iPhone12ProMAXで望遠レンズがすでに、12倍となっているのですが、それを遥かに超える倍率となるとかなりメリットがあるのではないかと思います。

他社ではToFと言われるもの

他社ではToFと言われるものが、このLiDARということになります。
LiDARは、奥行きを検知することができるので、ボカシの濃淡などを付けることができるわけです。

ToFが搭載されている日本で発売されているスマホはGalaxySシリーズやXperia1シリーズで搭載されております。

正直なところiPhoneに限らず、これから販売されるモデルでは、確実にこの奥行きを計測するセンサーというものが搭載されるようになると思います。
奥行きを計測することにより、被写体がきれいに撮影できるのであれば、撮影者も願ったり叶ったりです。

✔他社ではToFと呼ばれるものがLiDARとなる

ハイスペックモデルには搭載されるケースが多いので、一度そういう観点で見てみることをオススメします。

引用元:digitimes

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック