当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

OPPO Reno5 5G スペック 価格 発売日 楽天 au SIMフリーとして販売する可能性が高い

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

OPPO Reno5というスマホが発表されました。


日本ではReno3という機種を知っている人も多いのではないかと思います。Renoシリーズというのは、格安スマホとして販売されているケースも多くあり、知名度もかなりのものかと思いますね。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

日本で販売されるなら楽天など?

楽天モバイルから販売される可能性は非常に高いと思います。
楽天モバイルは5Gも利用可能な上に価格も非常に安価な価格設定となっています。今後楽天モバイルを利用する人は確実に増えていくことは予想されます。

楽天モバイルはahamoやSoftbank on LINEなどともまたことなり、データ無制限で利用可能となっています。

そういうことから最近は楽天モバイルを契約する人が非常に増えているのです。
それではReno5がどのようなスペックなのか紹介したいと思います。

Reno5のスペックを紹介

モデルOPPO Reno5
OSColorOS 11(based on Android11)
サイズ159.1 x 73.4 x 7.9mm
重さオーロラブルー、ムーンナイトブラック:172g
スターリーナイト:180g
CPUSnapdragon765G
RAM8GB/12GB
ROM128GB/256GB
ディスプレイサイズ6.43インチ
解像度2,400×1,080(FHD+)
前面カメラ3200万画素 F値2.4
背面カメラメインカメラ:6400万画素 F値1.7
超広角カメラ:800万画素 F値 2.2
マクロカメラ:200万画素、F値2.4
ポートレートカメラ:200万画素 白黒 F値2.4
バッテリー容量4200mAh
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)

ミドルレンジとしてはすごいスペック

このモデルはミドルレンジとして位置づけされるモデルとなっていますが、ミドルレンジとしては、かなりスペックの高いモデルとなっています。
正直なところ、ここまでのスペックであれば、全く問題ないと思いますね。
画面サイズも6.4インチを超える画面サイズとなっていることから、かなりの大画面です。
昨今大画面モデルを採用するAndroidスマホが非常に増えており、画面サイズに関してもかなりの大画面となっています。
これは相当メリットがあるのではないかと思っています。

背面カメラは4つのカメラ

【撮影モードも多彩】
写真、ビデオ、夜景、ポートレート、パノラマ、タイムラプス写真、スローモーション、スーパーテキスト、かわいい撮影、AI ID写真、マルチシーンビデオ、ムービーモードなど。

これだけの撮影モードがあります。撮影モードというのは、かなりたくさんあります。そのため色々な写真を撮影することが可能になるでしょうね。


人物撮影も非常にきれいに撮影することが可能となっています。
背景をぼかすことも問題ありません。ここまできれいに背景をぼかすことが出来れば、相当よくないですか?
相当きれいに撮影出来ていると思います。

またカメラにはAIが搭載されており、状況に応じて最も最適なモードで撮影してくれるのです。
AIが搭載されている機種というのは、最近非常に増えておりますが、OPPOも写真撮影にAIを搭載しているので、将来性に関しても期待が持てるのではないかと思ってます。

リフレッシュレートは90Hz

リフレッシュレトは90Hzです。リフレッシュレートというのは、1秒間にどれだけの画面変化を可能とするかということです。
1秒間にどれだけの画面変化をするかということは、iPhone12は60回に対して、Reno5では90回と1.5倍です。

さらにハイスペックモデルでは120回とかのモデルもありますが、そこまであったとするなら、確実に価格も高いわけです。

✔iPhone12を1.5倍上回るリフレッシュレート

これだけのリフレッシュレートがあれば、それだけでも十分だと思います。

Reno5の価格は?

Reno5の価格は日本円で5万円以下になると思われます。
ここまでのスペックを兼ね備えて、5万円以下で販売できるということは、相当メリットのあることではないかと思います。

✔価格はかなり安く購入しやすい

日本で格安スマホとして販売されると間違いなく売れるモデルになるでしょうね。
発売があるとしたら2021年上旬に発売が行われると思われます。非常に期待できるモデルになることは間違いないでしょう。
価格が安価なスマホというのは、ここ最近日本ではかなり販売台数を伸ばしています。
収入が増えない中で、安価なスマホを購入するということは、かなりメリットがあるからです。
安価な価格のスマホを購入しても、数年利用したとしても十分耐えられるので、問題ないということになります。

OPPOは日本市場でかなり増えてくると予想

今後OPPOというメーカーは日本でかなり力を入れてくるメーカーになると思われます。日本でのOPPOの知名度はまだまだ低く、知らない人のほうが多いメーカーです。
ただ今格安スマホを取り扱う業者がOPPOをかなり積極的に取り入れていることを知っていますか?
その理由というのは、ファーウェイの問題があったからです。
ファーウェイは世界的にも問題があったため、日本市場からもかなり減ってきました。
それが今になりOPPOがかなり日本市場で力を入れているのです。
格安スマホを取り扱っている業者に対してもかなり積極的に、営業をかけているのです。
安くてスペックも非常に高いため、導入したい業者も非常に増えていることは間違いありません。
そういうこともあり、今後OPPOというのは、確実に日本市場で増えてくるのではないかと思っています。

私もOPPOを利用していますが、かなりオススメできるメーカーとなっています。大画面で大容量バッテリーを搭載しているメーカーとなっており、持つメリットというのはかなりあるでしょう。
ハイスペックスマホが高いと感じている人なら間違いなくオススメしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました