当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

iPhoneのRAMの容量 年々 大容量に 大きい容量でのメリットは何? 違いは?

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

iPhoneのRAMの容量は年々大容量になっているということは知っている人も多いのではないかと思います。

RAMの容量が大容量になれば、何が違うのでしょうか?過去に販売されたiPhoneのRAMの容量をまずは見ていきましょう。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

過去に販売されたiPhoneのRAMの容量

 

iPhoneの名称RAMの容量
iPhone12ProMax6GB
iPhone12Pro6GB
iPhone124GB
iPhone12mini4GB
iPhoneSE23GB
iPhone11Pro4GB
iPhone11ProMAX4GB
iPhone114GB
iPhoneXR3GB
iPhoneXsMAX4GB
iPhoneXs4GB
iPhoneX3GB
iPhone8Plus3GB
iPhone82GB
iPhone7Plus3GB
iPhone72GB
iPhoneSE2GB
iPhone6sPlus2GB
iPhone6s2GB
iPhone6Plus1GB
iPhone61GB
iPhone5c1GB
iPhone5s1GB
iPhone51GB
iPhone5c1GB
iPhone4s512MB
iPhone4512MB
iPhone3GS256MB
iPhone3G128MB

iPhone12では4GBとなっており、iPhone12Proシリーズでは6GBまで容量が増えています。

✔年々RAMの容量が増えていることがわかる

このように年々RAMの容量が増えていることがわかるかと思いますが、RAMの容量が増えているということは、それだけ大容量のアプリなどを動作させることができるようになったということになります。
大容量のアプリを動かすということはどういうことなのでしょうか?

iPhoneの購入はオンラインショップがおすすめ

昨今オンラインショップで購入する人が非常に多いです。その中でもドコモとソフトバンクは事務手数料が無料となっています。

こちらがソフトバンクの事務手数料となります。ソフトバンクオンラインショップを利用して購入したほうがメリットがありますよね。

RAMは勉強机と思えばいい

RAMは勉強机と思えばいいと思います。勉強机というのは、広いほうが参考書や教科書などを並べて置けると思います。
ROMと呼ばれるものが、本棚です。机が狭いといちいち本棚になおしていく必要がありますよね。
RAMの容量が広いと、本棚から本を出しても、本棚になおすことなく、机の上に広げておくことが可能となります。
机の上に広げておくほうが、みたい時に見ることができるので、勉強の効率も上がります。机の上が狭いと勉強の効率も落ちると思いませんか?
参考書1冊しか出すことの出来ない机しか持っていなければ、別の参考書を開こうと思った時にいちいち本棚に片付ける必要があるのです。;
この時の参考書というのは、アプリに相当します。

要するに机が広いと、アプリを複数出しておいても問題なく処理が行えますが、机が狭いとアプリを閉じていちいち本棚に片付ける必要があるのです。

✔RAMの容量の多さは机の広さ

広い方が片付けることもなく、常に机の上において作業が可能ということになります。そのため机が広いほうが少ないよりいいのです。
それがRAMが多いほうがいいという答えになるわけです。

RAMは今後増えていくことが予想

iPhone12が2020年時点では販売されておりますが、2021年にはiPhone13が発売され、iPhone14は2022年に発売されると思われます。
今後RAMの容量は飛躍的に伸びていくことが予想されると思われます。

こちらがiPhone14の情報となりますが、スタンダードモデルでも6GBのRAMの容量になることは間違いないかと思います。
スタンダードモデルというのは、PROモデルでないものです。
PROモデルというものは、iPhoneの中で最もスペックの高いモデルとなっていますが、iPhone14くらいになれば、おそらく6GBがスタンダードになるでしょう。

RAMの容量は個人的には、かなり注目しています。その理由というのは、RAMの容量というのはスペックにも現れていません。
そのためこの容量が多い少ないというのは、ネットで出てくる情報を確認いただくことをおすすめしたいですね。

RAMをリフレッシュする

RAMをリフレッシュするということはどういうことでしょうか?
いわゆる机の上においてある参考書を本棚にしまう作業のことです。
実はこのリフレッシュするという作業はいくつかあります。

アプリを落とす

これが最もスタンダードなやり方です。普通に利用しているアプリを落としてあげるのです。
これはアプリを削除するわけではなく、アプリを消す作業となります。
アプリを消す動作というのは、難しくはありません。

こちらにアプリを落とすという作業に関して記載している記事がありますので、こちらをあわせてご確認ください。

このアプリを落とすという作業は基本的に普通の作業となっています。普通にアプリを落とすという作業は行ったほうがm違いなくいいと思います。

再起動をする

本体再起動という方法があります。本体を再起動することで、不要なゴミデータの削除を行うことが可能となっています。
パソコンでも再起動は定期的に行っている人も多いと思います。
普通はパソコンであれば、シャットダウンしますからね。シャットダウンするという作業をiPhoneでも行うのです。
それが一番メリットがあるのではないかと思っています。

✔再起動は基本的に定期的に行う
✔iPhoneはコンピュータなので、パソコンと同じと考える

コメント

タイトルとURLをコピーしました