当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

2020年 2021年 au 機種変更 ポイントをもらう MNP 引き止めクーポン オトクに契約

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

auで普通に機種変更するのはもったいない!ということで、今回はauの引き止めクーポンでポイントをもらう方法をお伝えしたいと思います。
機種変更をそのまましている人は、本当にもったいないです。auを契約する時は引き止めポイントをもらうようにして機種変更を行うことをオススメしたいと思います。

この引き止めポイントは2020年でも利用可能となっています。2021年でも利用可能かと思いますので、年末年始にスマホを購入しようと思う人なら引き止めクーポンはぜひもらうようにしたいですね。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

引き止めポイントをもらう方法

auの引き止めポイントをもらう方法をお伝えしたいと思います。
2020年の引き止めポインとは11000ポイントもらうことができるみたいですね。

✔auの総合案内に電話をする。
✔MNPをすることを伝える
✔MNPより旨味のある施策がないか聞いてみる

単純にこれだけです。

【au総合案内】
✔auのスマホ:157 通話料無料
✔auのスマホ以外:0077-7-111 通話料無料

こちらに電話をします。音声ガイダンスに沿ってお進みください。

電話をした後のアクション
【3】契約内容

【2】携帯電話番号ポータビリティー

この状態でオペレータの人にMNPをすることをお伝えします。
MNPでの転出先は、ドコモもしくはソフトバンクと伝える。

全員がクーポンをもらえるとは限らない

クーポンは全員はもらえるとは限りません。

✔契約後間もない人(16ヶ月以内)

これでもらえない人はかなり多いと思います。

契約して間もないとわかっている場合であれば、通常もらうことができません。普通にMNPをするほうが良さそうですね。MNPのほうがメリットがあるケースも多いと思いますので、普通にMNPを検討してもいいのかもしれません。

すべての人にクーポンの配布をしていたらauもなんのための定価なのかわかりませんからね。ある程度契約期間がある人に対してのMNP対策措置だと言えるかと思います。

やはりMNPというのは、他社へ乗り換えるため、auの契約が1つ減るわけです。1つ減って他社の契約が1つ増えるわけです。auにとってはそれはデメリットがあることなので、MNPは確実に阻止したいわけです。そういうこともあり、このような施策を打ち出しているということになります。

2回目以降は?

2回目以降も前に機種変更したときから16ヶ月以上経過しているとクーポンを貰えると思います。
ただこれも実際にやってみるほうがいいと思います。
2回目以降でももらえるチャンスは十分にあるかと思います。
これも正直なところ運の部分もありますので、絶対もらえるのか?と言われると絶対と言い切れるわけではありません。
ただ通常であれば、引き止めポイントは条件を満たしていればもらうことは可能かと思います。

✓2回目以降も条件を満たしていればもらえるチャンスは十分にあるでしょう。

もらえない場合は何度か試してみる

もし貰えない場合は、何度かトライしてみることも重要かと思います。
オペレータによってはこのクーポンの存在をしらないオペレータもいるのです。
そのときは紳士に対応してあげてください。

前は貰えたのにとか、ネットにもらえると書いてあったなど乱暴なことをいうと、もらえるチャンスも失う可能性も十分にありえます。

オペレータは機械ではなく人間です。感情が先に出て物事をすすめてしまうと、うまくいく物事もいかない可能性は十分にありえるかと思います。
クーポンはある一定の条件を満たしているのであれば、人によってクーポンを案内してくれるので、クーポンを確実にもらうためには、感情的になるようなことはあってはいけません。
常にいい感じで対応してください。

MNPを繰り返すと?

ドコモ au ソフトバンク ブラックリスト 短期解約 比較 審査 条件が厳しいのは?
各社から過去の契約を鑑みて、今後契約させないようにするいわゆるブラックリストに入る条件というものをお伝えしたいと思います。 確実にブラックリストに入る条件は他社を含めて未納があるこれが一番の条件ですね。 この未納に関して...

こちらを見てもらいたいと思いますが、短期でMNPを繰り返すとあまりいいことはありません。MNPというのは、現在利用している会社を短期解約することにもなりますので、ブラックリストに入る可能性は十分にありえるのです。

短期解約を繰り返すことにより、ブラックリストに入るのはもったいないですからね。ブラックリストに入らないためにも、今回はMNPであることを伝えて、普通に機種変更を行う施策となっていますので、あまり心配はいらないと思いますが、短期解約扱いにならないように、契約後はそれなりの期間契約をしていたほうが間違いないと思いますね。

✓短期解約してもいいことはなく、長期契約者に対しての優遇が大きくなってきている。

iPhone12シリーズでも利用が可能

これはiPhone12でもクーポンの利用は可能になります。iPhoneに限った話しではなく最新機種でも利用可能となりますので、クーポンをもらったら少しでも安価に購入できる最新機種のほうがメリットはありそうです。

iPhone12は2020年に発売されたばかりのまだ最新のスマホとなっており、契約したいと思っている人もかなり多いのではないかと思います。

✓最新のスマホ購入時にも利用できて非常に便利
本当にこの施策を利用するのであれば、好きな機種を購入することに利用しましょう。

オンラインショップで利用は可能?

au Online Shopで利用することは可能となります。
au Online Shopで契約していくとクーポンコードを入力する場所があるので、そちらでクーポンの入力を行うだけです。

クーポン番号を入力する場所がありますので、そちらから入力をしてください。
利用は非常に簡単で誰でも行うことが可能となります。クーポンを利用しないと勿体ないので、かならずクーポンは適用させてください。

こちらau Online Shopのメリットに関する記載のある記事となっています。こちらも合わせて読んでみてください。

Twitterでも報告あり

こちらTwitterでも引き止めポイントをもらうことが出来たと報告があります。

実際にツイッターなどでももらった人の報告が色々あります。

2020年の時点では11,000円のクーポンをもらっている人が多いということなので、高額クーポンは期待できないでしょう。それでも11,000分のクーポンを貰えるのであれば、機種変更を行うときは本当にお得です。

オンラインショップでも利用することができますので、活用しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました