iPad mini 7世代 アイパッドミニ7 2022年 スペック 予想 画面サイズ 発売日 価格 どんなモデルになるのか

MNP一括オススメ案件

MNPで安く買えるスマホを紹介



 
携帯情報コムをフォローする

iPad mini7世代目がどのようなモデルになるか予想してみたいと思います。iPad miniは2021年にiPad mini6世代目が発売されており、見た目も大幅に変化されました。

これに伴い今後発売される予定のiPadmini7に関して欲しいと思う人も出てきたのではないかと思います。

基本的にiPadminiシリーズというのは、コンパクトなiPadです。持ち運びもしやすく今後持ち運びをメインに検討している人であれば、iPadminiは本当におすすめできるガジェットとなります。

iPad mini6で大幅バージョンアップしたので、今後どれくらいのバージョンアップになるのかは不明点も多いです。

ただiPad miniは今後も継続して販売し続けるのでは?という思いもかなりあります。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPad miniは各社オンラインショップから買える



iPad含めてですが、基本的にはキャリアモデルとして販売されると思われます。キャリアモデルとして販売されるのであれば、オンラインショップから購入することが可能となっています。

ドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップはオンラインショップから購入すると事務手数料が無料となりますので、メリットはかなり大きいと思います。

ソフトバンク ショップ 量販店 新規契約 MNP 機種変更 事務手数料 どれくらいの費用がかかるの?
ソフトバンクで新規、MNP、機種変更を行う場合の事務手数料を紹介したいと思います。 基本的にスマホなどを契約する時というのは、事務手数料が発生します。それは当たり前のこととなりますが、昔は事務手数料も無料でした・・・そんな頃が本当に懐かし...

こちらソフトバンクの事務手数料ですが、店舗で購入すると事務手数料が発生しますが、オンラインを利用するだけで、この事務手数料の発生がありません。
それだけでもかなりメリットがあることではないかと思っています。事務手数料は新規契約の場合3000円発生します。iPadなどでも事務手数料の発生はありますので、それが0円になるのであれば、オンラインショップを活用してみてください。

iPad mini7世代はどんなスペックになるのか?

iPad mini6世代ではこのような見た目になると言われております。
TouchIDからFaceIDに認証機能が変更になるとも言われております。
見た目はかなりすっきりしており、ベゼルなどもなくなるのではないかと思われます。
最近のスマホ含めたタブレットもそうですが、ベゼルがないモデルが非常に多いです。ベゼルがないモデルというのは、かなりかっこいいですよね。

ベゼルレスモデルが非常に増えてきており、ベゼルがないほうが本体サイズをより小さくすることが可能となっています。本体サイズが小さいほうが、タブレットはありがたいですからね。
少しでも本体サイズを小さくし持ちやすい大きさになっています。

iPad mini6 アイパッドミニ6 mini 6 スペック 2021年 発売日 価格 デザイン サイズ
iPad mini6が現在各社から販売されております。 iPad mini6というのは、2021年モデルでかなりレベルアップしました。 セルラーモデルは各社から発売 セルラーモデルの販売も行われます。 ✔セル...

画面サイズは?

画面サイズは8.5〜9インチと若干大きくなると思われます。
iPad mini6が発売されるとそのあたりがわかるのですが、基本的に本体サイズなども含めてiPad mini6を継承することになると思います。
画面サイズというのは、基本的にminiであったとしても、かなり大きくなるのではないかと思っています。
昨今iPhoneも6.7インチと7インチに迫る勢いでかなり大きいサイズになってきております。
そういうこともあり、やはり8インチ以上は間違いないかと思います。
デザインに関しても、ベゼルレスです。

CPUなどのスペックは?

Aシリーズと呼ばれるCPUが搭載されます。
A14がiPhone12に搭載され、A15はiPhone13に搭載されております。

その翌年に発売される予定になっていますので、A15が搭載されると思われます。
A15というのは、ベースはA14を引き継いでおり、A14は5nmで製造されていることから、A15に関しても5nmで製造される予定となっています。
CPUに関しては、その端末の動作速度を左右するものとなっていますので、かなり高速に動作すると思われます。
スペックとしては、かなりよくなると思われます。
発売される年度によって搭載されるCPUが異なるかと思いますが、iPad miniは比較的1年ほど前のCPUを用いられることが多いと思います。それはそこまでCPUパワーを必要としないからではないかと思います。
CPUパワーを必要としないということは、iPad miniというのは、基本的に動画を見たり、プレゼンをしたり、ZOOMなどを利用したりくらいしか活用はないのかもしれません。

・CPUは最新のものが搭載されるとなおよし!

iPad ProではM1が搭載されておりますが、iPad miniというのは、A系のCPUが今後も採用されるのではないかと思います。

M1シリーズのCPUに期待をしている人も多いと思いますが、おそらく価格的なものもあり、M1シリーズのCPUの搭載はないかと思います。

ただMシリーズのCPUが搭載されているiPadはかなり高速に動作しますので、miniでもMシリーズのCPUが搭載される可能性はゼロではないかと思います。

それこそiPad mini Proというようなモデルが発売されるとM1が搭載される可能性は十分にありえるのではないかと思います。

発売日はいつ頃に?

発売日は2023年以降になるのではないかと予想されます。

発売日はかなり先になるでしょうね。iPad mini6が2021年に発売されるため、翌年にいきなり発売されるというより、2023年まで持ち越しになるのではないかと思います。
結構先の話ですが、気長に待ったほうがいいのではないかと思っています。

✔iPad miniは毎年のように発売されるわけではない
✔iPad miniは数年に1度の発売日

カメラはデュアルカメラになるかも

カメラはデュアルカメラになるのではないかと思います。デュアルカメラはiPadProではすでに採用されていることもあり、今後はデュアルカメラはスタンダードになっていくものと思われます。
デュアルカメラというのは、昨今広角と超広角の2つのカメラが搭載されることが一般的になっています。
iPadmini7でも同様にデュアルカメラが搭載されることは、結果的に部材共有コストの低減というものがあります。
カメラが2つあるからといって、結局のところ価格が2倍になることはありません。モジュールとして購入すれば、1つの時の1.7倍くらいの価格で購入することができ、部材コストを低減させることが可能となるのです。
メーカーとしては部材コストの低減ということは、当たり前のように行われておりますが、部材コストが下がり始めた頃に色々採用し始めるという傾向がります。

ただ気になる点としては、デュアルカメラが搭載されたのであれば、iPadProなどと比較した時の優位性が失われてしまうということになります。
優位性が失われてしまうということは、iPadProの売上が下がってしまう可能性があるということです。
それではあまり意味がありません。
そうならないレベルで、LiDARの搭載はiPadProだけになると思われます。逆にそのほうがProの優位性を保つことが可能となるのです。

✔デュアルカメラにはなる可能性があるが、LiDARの搭載は見送られると予想

ApplePencilへの対応は間違いなし

ApplePencil3 Apple Pencil2 ApplePencil1 比較 違い 書きやすいのは? 何が違う iPad対応は? miniへの対応は?
Apple Pencil2と呼ばれるものが販売されていることは知っている人も多いと思います。 現在AppleからPencilと呼ばれるものが、ApplePencilとApplePencil2の2つのPencilが発売があります。 ...

ApplePencilへの対応は間違いありません。ApplePencilへの対応が行われるととにかく使い勝手はよくなります。
ApplePencilというのは、本当によくできたガジェットだと本当に関心させられます。
私はApplePencilの1世代目しか持っていませんが、まだまだ現役で大活躍していますからね。

プレゼンやZOOM会議を行う時に本当に必須なのです。これがないと仕事にならないくらいメリットのあるものになっています。

ApplePencilには確実に対応してきますので、新しい情報はまた待ちたいと思いますね。
とにかくApplePencilがあれば、かなり便利に利用することが可能となります。

✔ApplePencilはかなり使える
✔ApplePencilを利用することで、絵なども書ける
✔手書きメモはとにかく便利

ペンが利用できるということで、手書きメモが取れるということは本当に便利です。手書きメモが取れると電子的にメモを取得することが可能となります。
これができることにより、普通の紙のノートが不要となります。
紙のノートは便利なようで、かさばります。
ノート複数冊持ち歩くなんてできませんからね。
手書きでメモをさらっと書けることが、かなりメリットとなるのです。

✔Apple Pencilのバージョンアップにも期待
✔充電のしやすさと持ちやすさなどの考慮がされる

iPad自体が文字を書いて誰かに説明をするなどのプレゼンでも利用することが出来ますので、あれば間違いなく便利です。

ApplePencilのバージョンアップにも期待

ApplePencilのバージョンアップには期待したいと思います。

✔充電のしやすさ
✔持ちやすさ

これらが改善されるとかなり使い勝手が上がるのではないかと思います。

ApplePencilというのは、なくてはならないものです。バージョンアップした状態でiPad miniで利用できれば本当に便利だと思います。

ApplePencilはiPad miniでは現状利用出来ませんが、今後は利用できるようになるでしょう。

ApplePencil自体はiPadで利用可能となっていますが、miniには対応されておりません。(iPad mini5世代目まで)

iPad mini6には対応されると言われておりますので、mini6以降で対応される予定となっています。

総じてスペックアップが図られる

総じてスペックアップが図られるということは間違いないかと思います。
iPadmini自体の販売は毎年行われず、数年に1度の販売となることから、iPadmini7は相当先の発売日になると予想されます。
先程2022年か2023年かということを記載しましたが、その頃になると相当スペックが上がっていることが予想されます。
基本的にタブレット系にはスペックというのは、そこまで必要ないかと思いますが、スペックが高いモデルというのは、価格も高くなります。
miniに関しては、1世代前のCPUなどのスペックをベースに製造されるケースが多くあり、価格も抑えられて販売されることになるでしょう。

それでもスペックはかなり高いものになると思われますので、期待したいですね。
CPUなどの処理能力だけではなくディスプレイのリフレッシュレートなども総じて上がっていると思いますので、相当期待できるのではないかと思います。

✔全体的なスペックアップとなる見込み
✔M1などが採用の可能性も非常に高い

M1というCPUが採用される可能性も非常に高いでしょう。iPadではすでにMシリーズのCPUが採用されており、非常に高速に動作させることができるのです。

MシリーズのCPUはMacbookやiPadProに搭載されておりますが、iPadProなどに関しては、非常に高速になっています。

Appleシリコン CPU M2 M2Pro M2MAX チップ iPad 2021 2022年 MacBook Macmini などへの搭載
Appleは現在M1というCPUを搭載しているMacBookやiPadなどの販売を行っておりますが、次のモデルにあたるM2やM1X、M2Xなどの情報も出てきているようですね。 まだ具体的に何時頃になるのかわかりませんが、かなり興味を持...

こちらに情報を掲載しておきますが、MシリーズのCPUの処理能力というのは、インテルのCPUよりも早くなっており、Macbookなどの処理能力にかなり貢献しています。

それはOSとハードの一体化ということを考えると当然のことなのかもしれません。

OSとハードの一体化というところからAppleはハードの売上を飛躍的の伸ばしています。

逆にいうと、それにより最大のポテンシャルを引き出してくれるということがAppleのガジェットなのです。

少々高くても売れるということも、Appleのハードなのです。OSと一体化ということにより、Windowsパソコンやサーフェスなどよりも高速に動作し、さらには使いやすいというところも、最大のメリットなのかもしれません。

iPadほど画面は大きくはありませんが、iPadに近い画面ということもあり、miniは本当に使いやすいモデルになることは今後も間違いなく予想されます。

折りたたみのiPhoneがライバルに

アップル iPhone 折りたたみモデル Galaxy Foldなどと同じような機種が生まれるのか
アップルは折りたたみのiPhoneが現在テスト中のようですね。 折りたたみというとGalaxy Foldなどの機種でも採用されているので、比較的馴染みもあるのではないかと思います。 Galaxyシリーズでも折りたたみモデルの...

今後折りたたみのiPhoneが発売される可能性があるということを知っていますでしょうか?

折りたたみのiPhoneが発売されることにより、miniシリーズは廃盤になる可能性があるというのです。
確かに折りたたみのiPhoneであれば、画面サイズはそれなり大画面になるため、iPadminiは不要になるというのです。

となれば、折りたたみのiPhoneというのは、Apple Pencilが利用できるということになります。
ApplePencilが利用できるiPhoneとして、今後発売されるのであれば、相当便利ではないかと思います。

タブレットが不要で、折りたたみのiPhone1つでなんでもこなすことが可能となります。
iPhoneがタブレット代わりになるということは、上記でも色々お伝えしていますが、ペンを利用することが可能となります。

おそらくその時には折りたたみのiPhone専用のペンなどの販売も行われると予想されます。

✔折りたたみiPhone用のペンも出てくるかも?
✔ペン対応でiPadも不要に?

miniが不要になるのであれば、Proなども不要になってくる可能性も十分に考えられますよね。

Proモデルも今後は発売の予定

今後はProモデルの発売も行われる可能性が非常に高いことがわかっています。

✔iPad miniProが発売の予定
✔若干の大画面になり、比較的持ちやすい大きさに

8インチ台という若干ながらも大画面になるようですが、本体サイズはiPad miniのサイズ感ということになります。

基本的にサイズというのは、iPad miniに関してはかばんにすっぽり入るサイズ感となります。

画面サイズが大きくなる分プレゼンなどでも持っていきやすいというメリットがあるのではないかと思っています。

昨今すべてのガジェットでベゼルレスや大画面化と言われるものが結構流行っています。

これからはそのようなガジェットがどんどん流行ってくるのではないでしょうか。

iPad mini6は2021年に発売で2022年以降の発売か

2021年7月時点での予想は、iPad mini6は2021年の9月もしくは12月に発表されると言われております。

そのためiPad mini7というのは、それ以降の発売になることは間違いないでしょう。

iPadの販売タームは非常に長いため、 iPad mini7の発売はもっと先になるかもしれません。

2023年から2024年頃になる可能性も十分に考えられます。

✔iPad mini7の発売はiPad mini6の後
✔iPad miniの販売タームは非常に長い
✔iPad miniの販売タームは長いので、2023年〜2024年頃になる可能性も

iPad mini自体の人気はコンパクトサイズで持ちやすいiPadとして女性を中心にかなりの人気となっています。

今後もその人気というのは続くと思われます。

iPad mini6が発売され確実に進化系に

iPad mini 6世代の販売が開始され、かなり進化したいと思います。

ホームボタンがなくなり、かなりしっかりしているのです。

ホームボタンがなくなるということは、それだけでも本体はかなりコンパクトになるということになります。

iPad mini6の本体は大きくなく、正直なところかなりコンパクトにまとまっています。

これくらいの大きさであれば、かばんにも入るサイズとなっているので、相当なメリットがあると思います。

✔かなりコンパクトサイズに
✔持ち運びがしやすいので、メリットが大きい

持ち運びがかなりしやすいので、相当メリットがあるモデルになっていることは間違いありません。

iPad mini6の後継モデルということになりますので、iPad mini7はかなり購入しやすい価格帯になることは間違いないでしょう。

Wi-Fi Wi-Fi+Cellular
iPad mini 64GB 59800円 77800円
iPad mini 256GB 77800円 95800円

価格としては10万円を切っていますので、かなり購入しやすい価格帯です。

iPad mini7もこれくらいの価格であれば購入しやすいのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式 UQモバイル公式 キャッシュバック