au Galaxy Z Fold2 SCG05 スペック 在庫 価格 レビュー 評価 カメラ 2画面スタイルの使い勝手は?

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

Galaxy Z Fold2がauから販売されております。どのようなスマホなのか非常に気になるのではないかと思います。

このGalaxy Z Fold2というスマホは折りたたみスマホとなっています。折りたたみといっても、ガラケーのような折りたたみではなく、画面一体型の折りたたみスマホとなっているのです。
画面一体型なので、大画面で利用する場合も、折り目の部分を気にすることなく利用することができるスマホなのです。

このようなスマホを開発するサムスンは本当にすごいですよね。まさに技術力の結集といったところでしょうか?
Galaxy Z Fold2はau Online Shopから購入することができますので、au Online Shopを紹介しておきたいと思います。

 


AQUOSシリーズの購入はau online shopがお得で便利

au Online Shopを利用する人が年々増えています。
au Online Shopは店舗に行く必要がなく、ネット上で購入することが可能となっており、相当利用者数を増やしております。

✔待ち時間なし
✔送料無料(2750円以上)
✔来店不要

これらがau Online Shopのメリットとなります。

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...

こちらにau Online Shopのメリットが詳しく掲載されていますので、こちらも合わせてご確認ください。

最近はコロナの影響もあり、店舗で購入する人の割合がかなり減ってきています。
au Online Shopなら誰とも触れ合うことなく購入することができますので、それだけでもメリットはあるのではないかと思っています。

Galaxy Z Fold2のスペックを紹介

メーカーサムスン
大きさ(開いた状態)159.2×128.2×6.9mm
大きさ(閉じた状態)159.2×68.0×13.8-16.8mm
重さ282g
OSAndroid10.0
CPUSnapDragon 865
RAM12GB
ROM256GB
画面サイズ7.6インチ 6.2インチ
解像度メイン:2,208×1,768
カバー:2,260×816
メインカメラ1,200万画素/1,200万画素/1,200万画素
インカメラ約1,000万画素
Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
カラーミスティック ブロンズ
その他4,500mAhバッテリー

こちらがスペックとなりますが、気になる部分もあるのではないかと思います。なんといってもこのスマホは2画面スタイルと1つの画面のスタイルと2つのスタイルを分けて利用することができるのです。
広げて利用すると7.6インチというタブレットと同じくらいの大きさになるのです。かなりすごいと思いませんか?
なかなかそのようなスマホって今までなかったのではないかと思っています。

2画面スタイルのスマホ自体が少なくなってきている中で、本当にスタイリッシュなモデルを開発したと思います。

付属品

保護フィルム(試供品)貼付済み
AKGチューニングマイク付きイヤホン(USB Type-C)(試供品)
SIM取り出し用ピン(試供品)
USBケーブル(CtoC)(試供品)

はじめから保護フィルムの貼り付けが行われているということは、かなりメリットがあると思いませんか?わざわざ保護フィルムの購入を行う必要はあります。
また保護フィルムがあったとしても、おそらく保護フィルムはあまり売っていないもしくは売っていても高いと思いますので、はじめから販売していることは、かなりありがたいことではないかと思っています。

もし貼るのであれば、そこそこの価格の保護フィルムを購入しておくことをオススメしたいと思います。
標準で搭載されている保護フィルムがずっと持つとは考えにくいですからね。そういう時には、保護フィルムはあとからでも購入すればいいと思います。

Snapdragon865を搭載

Snapdragon865というのは、ハイスペックスマホには搭載されているCPUとなっています。
Galaxy Note20 ULTRAもauから販売されておりますが、そちらにも採用されているCPUとなっています。他にはXperia 5 Ⅱ
基本的にCPUというのは、そのスマホの能力を測定する上で非常に重要な要素となります。

ハイスペックCPUということもあり、かなり高速に動作することが可能となっています。
SnapDragon865の動作速度は期待してもいいのではないかと思います。

5Gに対応

5Gに対応しています。
5Gは2020年から開始された高速インターネットサービスとなっており、このGalaxy Z Fold2も高速通信が可能となっています。

5Gは本当に拡大していくのか まだエリアがかなり少なく 本当に大丈夫なの?
5G通信に関して疑問を持っている人も多いのではないかと思います。 5Gが使えるエリアに関してはまだそこまで多くはありません。 各社のエリアマップ 大手3社のエリアマップとなっていますが、エリアマップを見...

こちらが現在の5Gのエリアなどを紹介しているページとなっています。2021年にはエリアも広がりますので、都会などでは5Gを利用することはできるようになるでしょう。
東名阪で仕事をする人やそのあたりを移動する人にとっては、5Gを利用することができますので、2020年の冬に購入するということは、ありではないかと思います。
5Gのスマホは現在かなり増えています。ミドルレンジのスマホでも5Gに対応しています。ハイスペックであれば当然ながら5Gへの対応は当たり前かも知れませんが、5G通信はやはりありがたいですよね。

Galaxy Z Fold2のカメラはトリプルカメラ

超広角カメラ:1200万画素 ピクセルサイズ:1.12µm 視野角:約123˚ F値(絞り):F2.2
広角カメラ:スーパースピードデュアルピクセル AF, OIS ピクセルサイズ:1.8µm 視野角:約83˚ F値(絞り):F1.8
望遠カメラ:1200万画素 PDAF, OIS ピクセルサイズ:1.0µm 視野角:約45° F値(絞り):F2.4

カメラは超広角、広角、望遠の3つのカメラで、すべて1200万画素のカメラとなっています。

Galaxyシリーズのカメラは非常に優秀なカメラとなっていることは知っている人も多いのではないかと思います。

参考までにGalaxy S20+で撮影した動画を掲載しておきます。こちらを見るとどれだけきれいに撮影できるのかがわかるのではないかと思います。
Galaxy S20とさほど変わらないレベルのカメラではないかと思っています。

デュアルOIS(光学式手振れ補正機能)
2倍光学ズーム
最大10倍デジタルズーム

これらの機能もついており、カメラ性能はかなり高いでしょう。

メイン画面がタブレットに

やはりこの機種というのは、メイン画面がタブレットになるということではないかと思います。

3つのウィンドウズを同時に開くことが可能となっています。これは本当にすごいことではないかと思っています。
メイン画面の画面の大きさは7.6インチと、iPad miniに匹敵する大きさとなっています。
仕事などで利用する人も、この大画面であれば、プレゼンなどを利用することも可能となっています。;

それくらい高い能力のスマホになるわけですね。それでいながらスマホということになりますので、使い勝手はかなりいいと思います。

120Hzのリフレッシュレート

メイン画面いわゆる7.6インチのディスプレイを利用する時は120Hzのリフレッシュレートとなっています。
相当高いリフレッシュレートとなっています。
昨今60Hzが当たり前でしたが、ここ最近は120Hzも増えてきましたね。
120Hzのリフレッシュレートがあれば、ゲームなどをする時でも全く問題ありません。
ゲームをする人にとっては、120Hzというリフレッシュレートというのは、かなりオススメできるリフレッシュレートです。

AQUOSシリーズで、240Hzという非常に高いリフレッシュレートのものも出ておりますが、120Hzのリフレッシュレートでも十分だと思いますね。

タブレットとして利用する場合に120Hzというリフレッシュレートのものはまだ非常に少ないでしょうね。
iPadでもProモデルのみに120Hzというリフレッシュレートを採用しており、まだまだ費用が高くなる傾向にありますが、これさえあれば、本当にゲームなどはバッチリではないかと思います。

価格は?

au Online Shopの価格設定で、259,980円(税込)となっています。

相当高額なスマホであることは間違いありません。20万円を超えるような価格帯のスマホは本当に売ることは難しいと思いますが、パソコンなども不要にしたく、1つのスマホでタブレット利用もしたいという人にとっては、かなりオススメです。

それでもau Online Shopで25万円を超える価格帯であれば、購入は躊躇する人もいるのかも知れませんね。
このGalaxy Z Fold2は展示している店舗も非常に少なく、プレミアムモデルといっても過言ではないのかも知れません。
それでもほしい人にはたまらない機種だと思いますので、購入を検討いただければと思いますね。

Fold2の過去情報

日本ではGalaxy Foldの発売も行われておりませんが、すでにGalaxy Foldの開発は行われているようですね。

2019年9月にもGalaxy Foldの改良版の発売が行われると報じられておりますが、これとは異なり、最新のGalaxy Foldになるようです。

Galaxy Fold2が発売されるならau

¥

Galaxy Foldの後継モデルとして発売される可能性があるのは、auとなります。

Galaxy Foldはauのみから発売されました。2019年冬モデルとして登場し、折りたたみスマホということで、日本を騒がせました。なかなかスマホが折り畳めるということを見たことはありませんからね。有機ELというのは、本当にすごいと思います。有機ELだから為せる技かと思います。

携帯情報.コム
ドコモ au ソフトバンク 最新スマホの情報を掲載 iPhone15 Galaxy S23 Xperia 1 V

こちらにGalaxy Foldの情報を掲載しておきます。

発表されたあとに、オンラインショップでは予約キャンペーンを行うことが一般的です。

予約キャンペーンに関しての特典は、Galaxyシリーズの予約の場合2万円程度のプレゼントSamsungの商品プレゼントキャンペーンを実施していることが多いです。

そのため、実質2万円ほど安価に購入することができるのです。そういうこともあり、オンラインショップを利用して購入することは、非常におすすめしたいですね。

それではどのようなスペックになるのか紹介したいと思います。

Galaxy Fold2のスペックを予想

Galaxy Fold2いわゆる2世代目ですが、Galaxy Foldよりも大画面になると予想されています。元々7.3インチでしたが、それよりも大画面のモデルになると予想されています。

今のところ8インチの画面サイズになると言われています。

画面サイズだけでなく、Galaxy Fold2は、Sペンの利用も行うことができる可能性が高いようです。

SペンというとGalaxy Noteシリーズで採用されているペンのことです。

楽天モバイル GALAXYNote10+ ギャラクシーノート10+ スペック 価格 Android11 レビュー
2021年にはいって楽天モバイルからGalaxy Note10+が販売されているので照会したいと思います。楽天モバイルでは2021年1月時点で7000ポイントの還元を行っており、価格もそこまで高額なモデルというわけではありません。 楽...

こちらにGalaxy Note10及びGalaxy Note10+の情報を掲載しておりますが、ここで利用されるSペンをGalaxy Fold2では搭載されるのです。

それは非常にメリットがあるかと思います。Sペンの利用に関していえばペンを利用して文字を書くことができるということもそうですが、Sペン自身Bluetooth通信などを行う事ができ、ペンとしては非常に優れたペンとなっています。かなりおすすめできるペンとなっています。

発売日は後述していますが、発売日から考えるとCPUなどはSnapDragon865もしくはSnapDragon855Plusあたりになるのではないかと予想されます。

一応最新のCPUとなる予定です。2020年に発売されるフラッグシップモデルに搭載されるCPUというのは、SnapDragon865になる可能性が非常に高いです。

また5Gにも対応してくるでしょう。SnapDragon865を採用する場合X55モデルを標準搭載する可能性が非常に高いです。SnapDragon865が搭載される場合なら5Gの通信速度もかなり早くなることは間違いないと思います。

Galaxy Note10シリーズで5Gに標準対応してきました。そうなれば、Galaxy Fold2でも標準対応してくることは間違いないでしょうね。

カメラの穴がないスマホに

なんと次に発売されるGalaxy Fold2というのは、Champというコードネームで開発しているという情報がありました。そしてそのスマホにはカメラの穴がないという非常に素晴らしい設計になっているようです。現状Galaxy S20なども発売され、カメラ穴はパンチディスプレイとも呼ばれており、基本的には前面にカメラ穴があります。
それが次に発売される予定のGalaxy Fold2というのは、パンチディスプレイにもならず、カメラ穴がなくなるようです。

Galaxy Fold2というのは慶北亀尾工場にて製造されるとも言われており、価格に関しては23万円前後になるとも言われております。価格水準はGalaxy Foldとほぼ同じ価格帯になると予想されております。

今回のGalaxy Fold2というのは、「UDC(Under Display Camera)」と呼ばれる技術を用いると言われており、パンチディスプレイが気になるという人にとってももってこいの機種になることは間違いありません。確実にGalaxyシリーズというのは、有機ELの採用で水を得た魚のようになっているのではないかと思います。初代Galaxyシリーズから継続して有機ELを採用しているメーカーはGalaxyくらいでしたが、最近になり、有機ELを採用するメーカーが非常に増えてきました。
そのためGalaxyシリーズの価値もかなり上がったと思われます。
基本的に有機EL=高価な機種というイメージも定着しているのではないかと思います。
引用元:ajunews

Galaxy Fold2の発売日は?

Galaxy Fold2の発売日はいつになるのでしょうか。今のところ発売日は具体的ではありませんが、2020年3Qになると思われます。

2019年4月にGalaxy Foldが発表されていることから、1年足らずでの次のモデルの開発となっており、かなり早い段階での次のモデルの発売となるかと思います。

2019年の後半もしくは2020年の初旬に発売されるということになれば、日本の2020年春モデルに間に合うかと思います。

また販売価格に関しては20万円を超えるものと思われます。20万円を超えるスマホがそれほど売れていくのか微妙な部分ではありますが、やはり20万円を超えるモデルとなるとかなり高級モデルとなることは間違いありません。やはり20万円を超えるということで、相当品質検査や製品製造に関わる工程が難しいのかもしれません。

最先端のモデルとなっていますので、その分期待もしたいところですが、やはり気になるのは価格ですね。

2019年にはGalaxy Foldが発売開始され、Galaxy Fold2の販売となり、前モデルの発売からかなり早いような気もします。またGalaxy Foldに関していえば、9月にも改良版の発売があり、それからすぐに次のモデルとなるとかなり前モデルから近い販売となります。

折りたたみスマホは売れるのか

折りたたみスマホというのは、今後売れていくのでしょうか。折りたたみスマホというのは、そこまで売れることはないと思います。

その理由は厚みにあると思います。折りたたむということは、それなりの厚みが必要です。折り畳めるということを考えると、それだけの大画面になるわけですが、普段利用する上でそこまでの大画面が必要でしょうか。折りたたみというのは、大画面でみたいけど、持ち運びがしやすいというモデルとなっているのです。

昨今iPhone8などのコンパクトモデルの販売台数がかなり伸びていることを考えると大画面モデルの販売はかなり厳しいのではないかと思います。

折りたたみスマホというのは、ある一定のニーズがあるものの、価格や厚みなどを考えると厳しいと思います。

日本でもGalaxy Foldの販売が行われますが、実際のところどの程度売れるのか気になる部分ではあります。本体価格が20万円を超えるような機種が売れ続けるとは思えません。

欲しくても10万円の機種でいいという人が増えてくることは間違いないと思います。XPERIAシリーズでも今後折りたたみモデルが発売される予定となっており、若干技術戦争になっているような感じもします。

Galaxy Fold2の画面サイズは7.7インチに

Galaxy Fold2の画面サイズは7.7インチになると言われています。まさにGalaxy Foldの後継にふさわしい画面サイズですね。7.7インチでありながらスマホと同様ということもあり、非常に期待出来ると思われます。
画面サイズはどんどん大きくなっているスマホですが、折りたたみを外すと7.7インチという非常に大画面になり、普段はボケットに入るサイズですが、広げて見ると7.7インチという巨大画面となります。
ここまで大きければ外出先での動画閲覧やウェブ閲覧などもかなり快適に行うことが出来るのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック