AQUOSsense5G アクオスセンス5G SH-53A SHG03 スペック 価格 レビュー 評価 評判 いいスマホなの?

5
友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

AQUOS Sense5G SHG03Gがauから発表されております。AQUOS Sense5Gはどのようなスペックなのでしょうか?

ドコモからも同様の機種が販売されており、非常に人気の高いモデルとなっています。

AQUOSシリーズもSenseシリーズでついに5Gに対応してきました。5Gのスマホを待っていた人もかなり多いと思います。

AQUOS Senseということで、価格もかなり抑えられたモデルとなっています。
シャープ品質ということで、信頼もかなりあります。日本で販売されるスマホの中では一番販売台数の多いスマホではないかと思います。
iPhoneまでその人気は及びませんが、初めてスマホを購入しようとする人ならAQUOS Senseの購入をするという人もかなり多くいるはずです。

Senseシリーズというのは、ミドルレンジのイメージですが、ミドルレンジでも5Gへの対応を果たしております。今後ミドルレンジでも5Gスマホがどんどん発売される予定となっており、非常に楽しみですね。

 


AQUOSシリーズの購入はau online shopがお得で便利

au Online Shopを利用する人が年々増えています。
au Online Shopは店舗に行く必要がなく、ネット上で購入することが可能となっており、相当利用者数を増やしております。

・待ち時間なし
・送料無料(2750円以上)
・来店不要

これらがau Online Shopのメリットとなります。

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...

こちらにau Online Shopのメリットが詳しく掲載されていますので、こちらも合わせてご確認ください。

ドコモからも購入可能

【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する

ドコモオンラインショップからも購入可能となっています。
価格も低価格モデルとなっていますので、非常に購入しやすいです。
またドコモオンラインショップからの購入であれば、事務手数料が無料なので、少しだけでもお得に購入することが可能となっています。

24時間購入できますし、送料は2750円以上無料です。ぜひ検討してもらいたいと思いますね。
ドコモオンラインショップで購入する人も年々増えております。
コロナの影響により、店舗に行くことが怖いと思っている人は、ドコモオンラインショップを利用して購入いただければと思います。

ドコモオンラインショップ メリット デメリット 機種変更 新規 乗換を利用する人が多い
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? こちらが公式サイトとなりますが、公式...

ドコモオンラインショップが多くなっており、事務手数料が無料ということも理由の一つではないかと思っています。

AQUOS Sense5Gのスペックを紹介

メーカーシャープ
大きさ約148×約71×約8.9mm
重さ178g
OSAndroid11.0
CPUSnapDragon 690 5G
RAM4GB
ROM64GB
画面サイズ5.8インチ
解像度2280×1080ドット
メインカメラ約1,200万画素/約1,200万画素/約800万画素
インカメラ約800万画素
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
カラーライトカッパー、オリーブシルバー、ブラック
その他4,570mAhバッテリー、防水防塵IPX5・IPX8/IP6X

それではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

一番の売りはバッテリー容量

ここ最近のAQUOSシリーズの売りは、なんといってもバッテリーの持ちだと思います。
大容量バッテリーのため、かなりバッテリーは持つように設計されています。
最大で1週間のバッテリーの持ちです。さすがに1週間バッテリーが持たなかったとしても、3日程度はバッテリーが持ちます。
外出が多い人もこれがあれば安心ではないかと思います。

また充電し忘れたとしても、これくらいバッテリーの容量があれば、問題ないと思います。
バッテリーの容量というのは、機種によって様々ですが、4000を超えるようなバッテリー容量のスマホはハイスペックモデルの一部ではあるものの、実際にはそこまで多くはありません。
バッテリー容量が多いスマホの購入は、それこそ3年以上利用する昨今のスマホ事情を考えるとありではないかと思っています。

巨大バッテリーを搭載しているということは、本当にメリットです。海外から販売されているモデルでも巨大バッテリーを搭載しているモデルも結構多いわけですが、シャープ製ということで、正直なところ安心感はかなりあるかと思います。海外製のスマホに搭載されているバッテリーは巨大だったとしても、品質に大丈夫なの?と思う人も多いです。
品質はその点シャープなので問題ありません。

バッテリーの持ちがいいスマホは多いが、日本製という安心感がかなりあるかと思います。

Senseシリーズというのは、このバッテリーの持ちに関してかなり力を入れている印象となっており、実際のところかなり持つようですね。

バッテリーの容量が大きいとポテンシャルが高い

バッテリーの容量が大きいとポテンシャルが非常に高いです。それは外出先でまずバッテリーが切れないということがかなりメリットのあることだからです。
外出先でバッテリーが切れたらどうですか?

基本的にAQUOS Senseのバッテリーは切れることがありません。

それだけでもかなり十分だと思います。

逆にいうとそれだけポテンシャルの高いスマホが生まれてきたということになります。

Snapdragon690を搭載

Snapdragon690を搭載しています。現状ミドルレンジクラス最高峰のCPUといっても過言ではありません。
Snapdragonというのは、クアルコムから販売されているCPUとなっており、ハイスペックモデルにはSnapdragon8シリーズという8から始まるものが搭載されているものがほとんどです。
今は4〜始まるもの、6〜始まるもの、7から始まるものがあり、6から始まるものの中で690が最新のスペックとなるのです。
ハイスペックモデルという位置づけではありませんが、Snapdragon835〜845程度の位置づけとなっています。

日本ではXperia XZ2やGalaxy S9と同程度のスペックとなっているので、ざっくりですが、2年ほど前に発売されたハイスペックモデルとほぼ同じスペックとなっています。

2年ほど前のハイスペックモデルと同じということは、まだ現状でも利用している人もいますし、それくらいの能力があれば、私個人として見ても十分ではないかと思っています。
最近メーカーは価格を抑えるために2年ほど前のハイスペックモデルを搭載する機種というものをかなり大量に販売しています。
部材コストが上がる中で、Snapdragon6台を採用することで、かなりの費用を抑えることが可能になることは間違いないかと思います。

✔Snapdragon690というCPUというのは、ミドルレンジながらも5Gに対応し、非常に人気の高いCPU
✔十分な性能を持つCPUとなっている

Galaxy S9に先程触れましたが、まだまだ現役でも動かせるくらい非常に優秀なモデルです。
ミドルレンジクラスだからといっても、十分利用することは問題ありません。

5Gに対応

なんといっても嬉しいことに、5Gに対応しています。2020年に5Gサービスが開始され、通常の価格帯のモデルでも5Gに対応してきています。5Gというのは、2021年には人口カバー率でもかなり増えてくると予想されており、かなり身近に感じることができるのではないかと思っています。

iPhoneでもiPhone12から5Gに対応したモデルの販売が行われ、4G対応のスマホは今後どんどん少なくなっていくのではないかと思います。
キャリアも現在5Gの敷設にかなり力を入れており、今のタイミングで5Gのスマホを購入できるというだけでもメリットがあると思います。
初めて5Gを利用したいという人にとってもこのAQUOS Sense5Gは入門機になることは間違いないと思います。
入門モデルとなりますが、最新のAndroid11.0を搭載しているので、セキュリティ的にも問題はありません。
5Gの普及にこの機種はかなり役立つことは間違いないかと思いますね。私もこの機種で5Gを利用するのであれば、全く問題ないと思います。

ミドルレンジで、5Gへの対応というのは、かなりありがたいと思います。ミドルレンジというのは、一昔前ではハイスペックモデルの差が結構激しかったと思われますが、最近はそのようなことはありません。基本的に数年前のハイスペックモデルと変わらないレベルにまで来ているのです。
さらに5Gへの対応ということになれば、期待はかなりできるのではないかと思っています。

カメラはトリプルカメラ

カメラはトリプルカメラを採用しています。

メインカメラ:24mm F値2.0 1200万画素
超広角:18mm F値2.0 1200万画素
望遠:53mm F値2.4 800万画素

この3つのカメラを搭載しています。

電子手ブレ補正、ナイトモードを採用しており、3つのカメラがあることにより、メリットはかなりあるかと思います。

最近のスマホは3つのカメラが搭載されるということは当たり前になりつつありますが、ミドルレンジでも3つのカメラが搭載されるということになれば、相当なものだと思います。
超広角及び望遠がプラスされており、遠くの場所も望遠レンズできれいに撮影できると思われます。望遠レンズを利用すれば、かなりメリットがあるのではないかと思います。
相当これはオススメできる機種であることは間違いないと思いますね。

カメラの性能というのは、カメラが複数あるというだけでは決まらない部分もありますが、やはり1つのカメラや2つのカメラより、3つのカメラでそれぞれ性能が別れているという部分が私はかなりオススメできるポイントかと思っています。

望遠レンズが採用されているということで、低価格スマホにありがちなマクロレンズということではありません。マクロレンズを搭載している低価格のスマホは結構多いのですが、望遠レンズということが、最大のメリットであることは間違いないかと思いますね。

光学2倍ズームに対応

光学2倍ズームに対応されております。

✔光学ズームは非常にきれい

光学ズームにこのモデルも対応されているということで、写真撮影に関してはかなり期待出来ますね。
写真を撮影する人なら、光学2倍もズームがあれば、全く問題ないと思っています。

ズーム性能というのは、基本的には高いに越したことはありませんが、これも望遠カメラが付いているからできることなのです。
1つのカメラであれば、このような機能の搭載はありません。
光学ズームがあるということは、複数カメラを持つスマホの特権なのです。

5Gへの搭載で3年は利用可能間違いなし

5Gへ2020年発売のタイミングで対応しているということで、今後3年は間違いなく利用することが可能となります。

✔今後5Gのエリアは飛躍的に伸びる
✔これから先すべてのスマホは5G対応に切り替わると予想

2020年の時点ではまだ4Gのスマホでよかったのかも知れませんが、今後購入できるスマホは5Gになっていくと予想されます。
そんな中で5Gへ今のタイミングで対応しているということは、かなりのメリットなのです。
5Gスマホというのは、5Gのエリアのみに対応しているわけではなく、4Gのエリアでも通信をすることは可能なのです。
そのため5G通信ができるほうが、より一層高速な場所で通信ができるようになるということです。
間違いなく今のタイミングで利用できるほうがいいと思いますので、検討しておくほうがいいと思います。

5Gは今後飛躍的にエリアが拡充されるので、なるべく早いタイミングでの購入がベスト

できることなら、発売直後に購入してもいいのでは?と思えるようなモデルだと思います。
それくらい5Gのエリアは今広がっています。

iPhone13 /Pro /mini /ProMAX 5G エリアどれくらい使えるのか? ドコモ au ソフトバンクのエリアマップを紹介
iPhone12は初めて5Gを採用しておりますが、5Gの通信が行えるエリアというのは、どれくらいあるのでしょうか? そのあたり非常に気になる部分かと思います。 5Gのエリアに関していえば、通常はそこまで広くはありませんが、今後どれくらい...

こちらiPhone12のエリアマップとして紹介していますが、iPhone12のエリアマップと同じエリアとなります。
あまり気にすることはないかと思います。

売れる機種であることは間違いなし

AQUOS Sense5Gは売れる機種であることは間違いありません。
価格情報はまだ正確には出ていませんが、5万円を切る価格帯で販売されることはほぼ間違いないと思います。そこまで安価な価格設定で販売されるのであれば、相当人気が出るでしょう。
いわゆる安いスマホとして分類されますが、スペック的には申し分ありません。
カメラも3つついており、5Gにも対応しているということで、ここ数年利用する上では全く問題ない性能となっていることは間違いないでしょう。

今後コロナがなくなり、外出が増えると予想されますが、外出が増えるとバッテリーの持ちにも寄与してくれることは間違いないかと思います。
バッテリーの持ちというのは、スマホにとってはかなりの課題でしたが、その課題もかなり改善されるでしょう。スマホというのは、基本的には売れるスマホと売れないスマホに分類されるわけですが、シャープという日本人なら誰もが知っているメーカーから、5万円を切る価格で販売され、スペックも海外製と引けを取らないというレベルであれば、購入したいと思う人はかなり多くのではないかと思います。

またこのスマホはauからだけではなくドコモからも販売されるモデルとなっており、ドコモ、auで販売されるのです。2社から販売されるということで、販路も広くなっており、シャープとしても売りやすいスマホの1つになっていることは間違いないかと思います。
ぜひこのAQUOS Sense5Gは検討してほしいスマホの一つですね。

ドコモモデルの発売日が決定

ドコモオンラインショップで2021年2月5日から先行で登場します。

直販の価格は39600円となっており、価格的にはそこまで高いという価格帯ではありません。
むしろよく頑張った価格になっていることは間違いないでしょう。

価格が高いスマホは最近は売れないというイメージが非常に強いので、これくらいの価格帯であれば、全く問題ないと思っています。

ドコモオンラインショップは事務手数料が無料なので、かなり購入しやすいです。
ドコモオンラインショップを利用して購入する人もかなり多いので、初めてという人はドコモオンラインショップから購入してみることをオススメしたいですね。

価格的には結構抑えられた価格設定となっています。

✔価格的には結構抑えられている
✔購入しやすい価格帯
✔この価格帯で5Gはかなりありがたい

これらのことからこの機種というのは、確実にいいモデルとしてかなり販売台数を伸ばすことは間違いありません。

ソフトバンクでも発売開始

ソフトバンクオンラインショップから予約購入をすることが可能となっています。

2021年2月3日から予約の受付を開始し、43200円が販売価格となります。ドコモよりも若干ソフトバンクオンラインショップで購入するほうが高いということになります。
ソフトバンクオンラインショップは事務手数料が無料となります。
そのためソフトバンクオンラインショップを利用する人は年々増えているのです。

ぜひソフトバンクオンラインショップを利用して購入してもらいたいですね。

価格はかなり抑えられている印象

5Gに対応しながら価格はかなり抑えられている印象のスマホとなっています。
価格が4万円前後となっており、相当安価な価格設定になっています。

✔5G対応スマホとしては非常に安い
✔安いだけではなくカメラも充実

今回のAQUOS Sense5Gは間違いなく売れるモデルになることは間違いないかと思います。
カメラ性能も3つのカメラを搭載しており、メリットしかありません。

トータル的にみても、この価格帯のモデルを5万円以下で提供しているシャープの技術力は本当に大したものだと思います。

現在各社からの購入をすることが出来ますので、購入を行ってもいいのではないかと思います。

ドコモでの購入の場合

予約・購入する | 製品 | NTTドコモ
予約・購入することができます。

こちらドコモオンラインショップにて購入することが可能となっています。

単純な機種変更の場合の価格は「39,600円」となっています。

乗り換えの場合は「17,600円」となり、かなり安価に購入することが可能となります。
購入するなら乗り換えがいいのではないかと思いますね。

ahamoへ移行する人は事前に ドコモで機種変更をしないと ahamoでの機種変更は6月までできない
ahamoへ移行しようとしている人の中で、機種変更をしようと思っている人は事前に機種変更をしておく必要があります。 実は知らずに先にahamoに移行した場合、ahamo側での機種変更は半年できないという状況になるようなので、すぐに機種...

ahamoにしようと思っている人は今の時点で、購入しておく必要があり、事前にドコモオンラインショップにて機種変更しておくことをオススメします。

そしてその後ahamoへの乗り換えを検討しましょう。そうでないとahamo側ではうまく機種変更ができません。

一度ahamoへ機種変更をするとドコモオンラインショップで契約しても料金プランにahamoを選択できなくなりますので、ドコモオンラインショップで事前にスマホを購入しておくということは忘れずに行ってもらいたいですね。

AQUOS Sense5GとXperia 10 Ⅲとのスペック比較

AQUOS Sense5GとXperia 10 Ⅲのスペックを比較したいと思います。

Xperia 10 Ⅲ AQUOS Sense5G Sense6は? 違い 比較 スペック どっちがいいの?オススメスマホなの?
Xperia 10 Ⅲが発表されました。AQUOS Sense5Gというモデルがすでに販売されておりますが、どちらのモデルが人気が出るのでしょうか? ドコモオンラインショップからも両方のスマホの購入を行うことが可能となっていま...

こちらにスペック比較を掲載しておきますが、CPUなどはどちらも同じです。

✔CPUはXperia 10 ⅢとAQUOS Sense5Gは同じ
✔RAMの容量がXperia 10 Ⅲのほうが多い

RAMの容量がXperia 10 Ⅲのほうが多くなっており、色々なアプリを動作させることをするのであれば、Xperia 10 Ⅲのほうがいいと思います。

同じ5Gにも対応されておりますので、5G通信をしたいということであれば、どちらのモデルでも問題はありません。

5G通信をしたくて最新のスマホに乗り換えるという人も結構多いと思いますが、最近では5Gスマホも安価なモデルが色々販売されております。

そういうことから非常に購入しやすくなっているということもあります。やはり最新スマホを購入する上で、重要な要素の一つとして価格というものが挙げられます。
価格が安価なモデルに最近は人気が集中していると思いますね。

価格が安価なモデルのほうが、本当に買いやすいと感じる人も多いのではないかと思います。
これからはAQUOS SenseシリーズやXperia 10 Ⅲなどのスマホに人気が集まるのではないかと思います。

Xperia 1シリーズやAQUOS Rシリーズは当然ながらかなりいいモデルになっているのですが、価格が高いということが難点です。価格が高いモデルを購入する時ってやはり躊躇しますからね。安価なモデルを購入するほうが購入しやすいということは、間違いないかと思います。

価格が安い5Gスマホはおすすめ

価格が安価であるというところは、AQUOSSense5Gのいいところです。

5Gでありながら4万円を切る価格というのは、本当にシャープはよくがんばったと思います。

✔4万円を切る価格設定
✔価格が安価なスマホは人気スマホ

このAQUOSSense5Gというのは、初めてスマホにした人もこのような機種に乗り換えることが多いです。

安いながらも将来的にまだまだ利用できるというところがかなりこのモデルの魅力的な部分なのです。

昨今日本では安価なスマホの販売が増えてくる傾向にあり、AQUOSSenseシリーズに関しても、同様のことが言えるのではないかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック