AQUOS Sense6 アクオスセンス6 スペック 価格 ドコモ au ソフトバンクから発売予定

AQUOS Sense6に関してスペックなどを予想したいと思います。AQUOS Senseシリーズというのは、毎年投入されています。

低価格なスマホということで、人気もかなり高くなっており、各社から発売されても、AQUOS Senseシリーズは継続的に販売されるモデルとなっています。
2020年モデルではAQUOS Sense4が発売されました。2021年モデルではAQUOS Sense5が発売される予定です。
AQUOS Sense6は2022年に発売される予定となるでしょう。

 

各社から発売予定



日本では各キャリアから発売される予定となっています。
AQUOS Senseは非常に人気の高いシリーズとなっていますので、オンラインショップを利用して購入する人もかなり多いのではないかと思っています。

AQUOS Sense6はどんなスペックに?

AQUOS Sense6はどんなスペックになるのでしょうか?

まずはCPUからとなっていますが、Snapdragonシリーズが採用されると思われます。それは今まで継続されているCPUとなっており、特に不思議なことではありません。

Snapdragonの7シリーズと呼ばれるミドルレンジモデルに採用されているCPUがAQUOS Sense4から採用されているため、同様のCPUが採用されると思われます。;

おそらくAQUOS Sense5から5Gに対応するモデルと登場することを考えると、AQUOS Sense6でも5G対応のCPUとなると思われます。2020年モデルで7シリーズで5Gに対応しているモデルというのは、Snapdragon765Gなどが対応しており、おそらくそれの後継モデルのCPUが採用されるのではないかと思います。

Snapdragon775Gひょっとすると現行の765Gなどかもしれませんね。

カメラはトリプルカメラを継続搭載

カメラには継続してトリプルカメラが搭載されるのではないかと思います。ひょっとしたらクアッドカメラかもしれません。

基本的にカメラは年々各社かなり向上していっています。

ハイスペックモデルではトリプルカメラやクアッドカメラなどが一般的となってきており、ミドルレンジの機種では、残念ながらそこまでのスペックのモデルというのは、まだあまりありません。

ただXperia 10シリーズではトリプルカメラを搭載していたりするので、流れとしてはトリプルカメラになっていくのではないかと思っています。

こちら参考までにXperia 10 Ⅱのトリプルカメラに関して紹介している記事がありますので、見てもらいたいと思います。
やはりトリプルカメラになるとそれぞれのカメラに役割ができるので、結構きれいに撮影することが可能となっています。

スマホに対して期待している人の多くは、カメラにも期待している人がかなり多いことは間違いありません。そのため今後はカメラ性能を中心に考える人もかなり増えてくるのではないかと思っています。

バッテリーの持ちもかなりよくなる

バッテリーの持ちもかなりよくなると思います。もともとⅠ週間のバッテリーの持ちをAQUOS Senseシリーズでは謳っておりますが、これもまた若干ながら改善するのではないかと思っています。
スマホを利用する上で非常に重要な要素として、バッテリーの持ちということがあるかと思います。バッテリーの持ちがよくなるということは、相当メリットがあると思いますね。
バッテリーの持ちがよくなることで、それが売りになるのです。スマホは外出先でできるだけモバイルバッテリーなしに利用したいと考えている人も多いと思います。
そういう人にとっては、バッテリーの持ちが飛躍的に伸びているということは、それだけでもかなりメリットのあることだと思います。
バッテリーの持ちがさらによくなるということはかなり期待したいと思います。

トータル的に見て安価なスマホは売れる

AQUOS Senseシリーズというのは、結構安価なモデルの一つとなっています。
安価なモデルというのは、日本ではかなり販売台数を伸ばしています。
その理由は日本の賃金がなかなか上がらないからでしょう。ただスマホの価格は年々上昇しています。
スマホというのは、グローバル価格というものを採用しており、グローバル価格というものは、海外の賃金上昇に合わせてものの価格が上がってくるのです。
日本も賃金の上昇がきっちり行われるといいわけですが、今の時点でそんなことはありません。
基本的にはスマホというのは、海外に販路を持っていることが一般的です。
それだけではなく、部材の調達は海外製のものとなっており、日本国内で生産された部材を利用するケースもあるかと思いますが、海外から調達した部品を組み立るということが一般的です。
またスマホの製造だけを見れば、日本での製造は行っているケースは少なく、海外で組み立てを行っているケースが多いわけです。
そういうこともあり、トータル的にみて安価なスマホは確実にこれから売れてくるのです。
それでも安価だからといって、価格の上昇がないわけではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました