キャリアメール @docomoなどのメールは必要ない gmailはiPhoneでも利用でき乗り換えも簡単

キャリアメールいわゆるドコモやau、ソフトバンクが出しているメールアドレスを今でも使っている人というのは、かなり多いと思います。
ただキャリアメールというのは、基本的にはそのキャリアと契約している間しか使えません。

例えばドコモと契約している場合「@docomo.ne.jp」というメールアドレスは利用することができますが、解約すると残念ながらそのメールアドレスは消えてしまうのです。
そのため最近はメールアドレスを利用するという文化がかなり少なくなってきているのではないかと思います。

 

LINEはキャリアフリー

LINEを利用する人が非常に増えていますが、LINEは通話をすることもできますし、メッセージを送付することも可能です。
またキャリアに依存しません。キャリアに依存しないということは、他社に乗り換えたとしてもLINEを利用してメッセージのやり取りや通話は可能となるのです。
実はそれはかなりメリットがあるのです。

本当に数年前まではメールアドレスが変わるから乗り換えたくないという人が非常に多かったです。
それは「@docomo.ne.jp」などというメールアドレスを利用していたからです。
ただそのメールアドレスを利用して人とメッセージのやり取りをしている人は、メールアドレスが変更になると教える必要がありました。
それってかなり不便であることは間違いありません。
そのためどんどんLINEのようなメッセージアプリをメインに利用している人が多くなりました。

とはいうもののLINEというのは、メールアドレスの機能はありませんので、メールでのやり取りをしたい場合はgmailを利用することをオススメしたいのです。

gmailをオススメする理由

gmailもキャリアフリーとなり、どこのキャリアでも利用することが可能となっています。
またgmailはグーグルのサービスですが、iPhoneでも普通に利用することが可能となっています。
iPhoneを利用している人ならわかるかと思いますが、gmailを利用することで、キャリアなどどこでもいいという人もかなり多くいることは間違いないかと思います。

iPhoneでも利用でき、当然ながらAndroidでも利用することが可能です。Androidであれば、gmailを利用することがほぼ必須となっており、gmailを利用しないと各種サービスを受けることすらできないのです。
そのためgmailというのは、iPhone、Androidでも互換性があり、またキャリアにも依存しないため、どこのキャリアでも利用することが可能なのです。

gmail ジーメールが中国で使えない 利用方法は? Googleサービス全般 日本人出向者注意が必要
gmailを中国で利用することは、継続的にできません。 中国と日本でやりとりを行っている人には非常に辛いことです。 特に日本から中国に出向している人は非常に多いと思います。ただ最近はコロナの影響により、中国へ出張などをする人もそ...

ただ少し注意いただきたいのは、中国では使えないということです。
そのため中国に出張などをする人はgmailよりヤフーメールを利用する人が多いようですね。
VPNのアプリを利用すれば、gmailを利用することが可能となりますが、ちょっと面倒です。
ただ日本で利用する上ではgmailでも全く問題ありません。

MNPがしやすい

キャリアフリーのサービスを利用することで、MNPいわゆる番号そのままで乗り換えというものを非常にしやすくなります。
MNPをすることで、少しでも端末を安価に購入することが可能になったり、MNP限定のサービスを利用することができるようになるのです。
実はそれって結構なメリットだったりします。
それを知らない人も結構多いのです。
今@docomo.ne.jpのようなメールアドレスを利用し続けている人ならすぐにでもそれをやめてメインのメールアドレスは@gmail.comに変更したほうが便利だと思います。初めは不便かもしれませんが、なれると間違いなく便利ですね。
今後はキャリアフリーのサービスというものがどんどん出てくるようになり、キャリア依存のサービスがどんどん減っていくでしょうね。
auクラウドというサービスもありますが、それらのサービスはそのキャリアに契約していることで受ける事のできる恩恵です。
他社にMNPされたくないという思いからこのようなサービスを開始していると思いますが、ユーザー目線にたった場合、キャリア以外のフリーのサービスを利用したり、有料サービスだったとしても、キャリアに依存しないサービスを利用する人は非常に多いと思います。
そのほうが将来的に見た時にメリットが非常に大きいからです。今後は間違いなくそのようになっていくことは間違いないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました