iPhone13まで待つべき iPhone12を買うべきか よくある疑問

iPhone13が2021年に発売される予定となっていることは当たり前のことですが、知っている人も多いでしょう。
iPhoneというのは、基本的に2年に1度しかフルモデルチェンジしません。
ということを考えるとiPhone13の筐体はiPhone12とほぼ同じということになるのではないかと思っています。

 

iPhone13では革新的な機能はあまり考えられない

iPhone12は今までのiPhoneからすると、5Gに対応しました。私はこれが最も先進的なものかと思っています。
やはり新しい通信規格に対応するということは、非常に素晴らしいことではないかと思います。
2020年は日本でも5Gの通信ができるスマホが非常に増えており、今後どうなっていくのか非常に楽しみです。

iPhone12のような新しい通信規格に対応されるということはないかと思います。
現時点ではiPhone13ではノッチが小さくなるということは、出てきておりますが、実はそれくらいしかないのです。
すでにiPhone12である程度完成形まで持ってきているのです。
そのため革新的な新しい新機能というものが出てくる可能性はそこまで高くはないかと思います。
ただいくつかの機能に関しては今から期待できる機能があるので紹介したいと思います。

期待できる機能

・ノッチの排除
・ペリスコープ
・指紋認証の復活
・有機ELの廃止

実はこれらが期待できるかと思います。

ノッチの幅が減るというだけで、動画の閲覧などをする時には非常にメリットがあると思います。
個人的に感じることとして、スティーブ・ジョブズが生きていた頃ならおそらくこのノッチに関してもどうにかしろっといってたと思うのですが・・・
それでもこのノッチというものがスタンダードになってしまいました。
このノッチは本来ならカメラなどが入っている部分となります。スピーカーなどもこの部分に入っているので、ある意味仕方ないかと思いますが、私が経営者ならなんとかしろ!というと思います。
だってノッチってダサくないですか・・・

とはいうものの、これはAppleが考えたことなので文句は言えませんが・・・

ペリスコープが搭載されるカメラが欲しいとも思いますね。望遠がこれによりかなりの望遠となることは間違いないかと思います。
やはりカメラはもっと望遠で撮影してもらいたいというニーズは少なからずあろうかと思います。
Androidでは100倍ズームなどができるスマホも世の中に出てきているほどなのです。それがどうですか?
iPhone12でようやく12倍までのズームが出てくるようになりました。しかもiPhone12ProMAXのみです。
その程度しか望遠機能はないのです。正直なところiPhoneの望遠機能はしょぼいとしかいいようがありません。

指紋認証の復活は嬉しくないですか?

指紋認証の復活があればかなり嬉しくないでしょうか?これはどういうことかというと、指紋認証機能が画面埋め込み型に変更される可能性があるということです。

2020年はコロナの影響によりマスクをする人が非常に増えていることは間違いないかと思います。
というかマスクをしていないと非国民というレベルなのかもしれません。
それくらいマスクの需要というのはすごいです。ただそのマスクに関してもFaceIDでは標準状態ではロック解除をすることができません。
そのためFaceIDが不便だと感じる人は非常に多くなるかと思います。

FaceIDよりも明らかに指紋認証機能のほうがメリットがあるかと思います。
ディスプレイに埋め込むタイプのものであれば、マスクをしていても全く問題ありません。iPhone12は開発が2018年から19年に開始しているため、まだコロナの影響の前に開発が始まっているのです。
そのためコロナの影響がない時に開発を開始しており、当然ながら今後のiPhoneはFaceID一本でいきたかったはずです。
日本でも冬はマスクをする人はいますが、さすがに夏はいませんからね。
そういうことを考えるとFaceIDは冬だけ我慢すればよかったわけです。たださすがに今は全世界でマスクをしている人が増えているため、やはりFaceIDは不便であることは間違いないと思います。

MicroLEDに変わる?

有機ELがなくなりMicroLEDに変わっていく可能性があります。
基本的にMicroLEDというのは、次世代のディスプレイ技術となります。有機ELではなくMicroLEDのほうが明るい画面となり、省エネかつ長寿命になるということになります。
有機ELは駄目というわけではなく、新しい技術が出てきたということになるのです。
MicroLEDのディスプレイになれば、また省エネになることはほぼ間違いないかと思います。
ただそれを製造する技術があったとしても、iPhoneに組み込むということはどうなるのでしょうか?

今のところiPhoneでは、有機ELをiPhone12で揃えました。そのため製造コストなどもかなり安価になってきているものと思われます。
比較的安価なiPhoneを継続的に販売したいのであれば、有機ELのままかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました