携帯電話の維持費はそこまで高額なのか? MVNO 格安SIMへの乗り換えを検討しないのか?

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

携帯電話の維持費が世界的にみて高額であるという報道をされていることは知っている人も多いのではないかと思います。携帯電話の維持費がなぜそこまで高額なのか?ということですが、一番の原因は我々消費者がそのサービスの恩恵を受けているからです。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

電波やエリアのサービスだけを受けていると思っている人

電波など通信や通話のサービスの恩恵だけを受けていると思っている人も多いのではないかと思います。確かに通信できるための電波などは間違いなくサービスの一部として受けています。

ただそれだけではないのです。実はもっと費用がかかっている部分があるのです。

それはショップ運営に関わる経費です。

ショップ運営に関わる経費として、相当な維持費がかかっていることを知っていますでしょうか?
そのショップの運営も1000店舗くらいになれば、相当な経費となっているのです。
店舗の運営にはスタッフを常駐させる必要もあり、土地の確保などもあり、相当な費用が発生することは予想されることでしょう。
実はそのショップの運営に莫大なお金を使っているのです。
アンテナの敷設やそれに関わる保守と同じくらいにショップ運営費はかかっているわけです。
そこがあるので、どうしても毎月の維持費が高くなるわけです。

ショップ運営をやめたら?

それならショップ運営をやめたらどうなの?と思う人もいるでしょう。
ショップ運営をやめたらどうなるのか?ということですが、ショップ運営をやめたらそれこそスマホへ乗り換えができない人がかなり出てくることは間違いありません。
日本はデジタル庁ができるなど、ITに関しては他国に比べてかなり遅れていると言わざるを得ません。
その理由は、スマホへ機種変更できない人が非常に多いということです。
若者は比較的問題なくスマホへ機種変更をしても抵抗はなかったかと思いますが、ある年齢を超えた人はスマホへの機種変更はかなり抵抗があったかと思います。
普通の一般企業で仕事をしていると思うのですが、ZOOMの使い方すらわからない人が非常に多いのです。
それが一般的な人なのです。ZOOMの使い方も知らない人が大半なのです。

そんな中でショップの運営をやめたら混乱する人もかなり多いのです。ショップ運営をやめなくても減らすということは、ユーザーへのサービスが減るということになります。
ただでさえ、ショップはいつも混雑しているというイメージです。
その混雑がさらに混雑するわけですね。

格安SIMへ乗り換えができない人が価格を上げている

格安SIMへ乗り換えることのできない人がショップなどでサポートを受ける必要があり、残念ながら価格を上げています。
ショップ運営を半分にすることができれば、現状よりも毎月の維持費を下げることは可能かと思いますが、はっきりいってこれ以上毎月の維持費を下げることになると運営費の問題も出てくるかと思います。
実は価格を一番下げてもらいたい方々というのは、実は格安SIMへ乗り換えることもできないショップに行かないと手続きができない方々が非常に多いということになります。

毎月の維持費が高いと感じるのであれば、格安SIMへ乗り換えるという方法もあります。
ただそういう人は乗り換え方がわからない人が多いので、乗り換えることをしません。
乗り換えずに、現状の価格が高いというだけなのです。
このあたりは無駄に感じるのであれば、すぐに乗り換えをおすすめしたいですね。

すぐ行動がお得

格安SIMへの乗り換えというのは、すぐに行動を起こすことをおすすめします。
格安SIMへ乗り換えることで、毎月の維持費を半分程度にすることも可能です。
ただ格安SIMはサポートがドコモ、au、ソフトバンクのように手厚くありません。
むしろ手薄になっています。
そのため自己解決をしていく必要があるのです。
自分である程度解決できない人が格安SIMに乗り換えると、結局使えないということにもなります。
また今利用しているスマホをそのまま利用できると思って格安SIMへ乗り換えたけど、使うことができないなんてこともあるのです。
一概にはいえませんが、リスクもゼロではないということです。
格安SIMへの乗り換えはすべてうまくいくというわけでもありません。
そのあたりは注意が必要となりますが、たいていの人はうまくいくので、一度試してみることをおすすめしたいですね。

どこの格安SIMの会社がいいの?

結局最後はそれならどこがいいの?となってしまうのです。
どこの会社がいいの?と言われると結構難しいです。その人の利用用途によってもどこの会社がいいのかわからないケースがあるのです。
どこの会社も特色があるので、一概に絶対ここがいいとは言い切れない部分もあります。

また通話をメインにする人なら格安SIMをすることなく現在のキャリアのもっているカケホーダイなどのプランのほうが結局のところ安価だったりするのです。
そういうことを考えると、どこがいいのか?というのはその人なりに診断する必要も出てくるでしょうね。
結局のところどこの会社がいいかと言われると結構難しい部分が出てくるのです。
ただ今の会社よりも安くなるケースの方が多いことは間違いないかと思います。

2021年までまったのだからahamoやpovoがベスト

2021年まで待ったのであれば、ahamoやpovoそしてSoftbank on LINEにすることをオススメしたいですね。
これらは本当に安いです。

MVNOじゃなくてもいいのでは?と思うレベルの価格設定となっているので、相当メリットがあると思っています。

ahamo アハモでテザリング メリットやデメリットは? 使い勝手はどう?
ahamoというドコモの料金プランが出てきたことはニュースにもなっており、知っている人も多いのではないかと思いますが、自分がahamoにするほうが得なのか損なのか?ということは知っておいたほうがいいのではないかと思います。2021年3月26...

まずはこちらがahamoとなっています。かなりの人がこのahamoに乗り換えると予想されます。
単純にその理由は安いからということが理由となります。

スマホの維持費がここまで安くなるということは、本当に革命的なことではないかと思います。
毎月3000円ほどが維持費となるのです。
当然たくさん利用したい人ならもっとお金を払う必要はありますが、20GBであれば、支払いの必要はありません。
それなら一旦は今のままでいいのでは?と思う人もいるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました