【TikTokインストール(無料)】
インストール&5日間連続10分動画視聴で
4000円プレゼントキャンペーン中

1.インストール後初期登録
2.ライブ動画の垂れ流し
PayPayやdポイントプレゼント
招待コード:AB338619061

以下リンク先より、インストールください。
4,000円分!お友達と一緒にギフトをもらえるチャンス♪

4000円の受け取りにはPayPayがおすすめ!

スマホのグローバルシェアで高いのはどこか 日本で人気のモデルは?

 

スマホのグローバルシェアというものを知っていますか?日本のシェアではなくグローバルで見たときのシェアです。その時の一番シェアを占めている会社というのは、Samsungなのです。Samsungの人気が非常に高いのです。

 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

日本でもSamsungの機種が販売


日本でもSamsungのスマホが販売しておりますが、スマホの販売に関していえることというのは、Samsungは残念ながら日本では1位ではありません。日本で1位になっているのは、誰もが知るAppleなのです。Appleのシェアは日本では1番なのです。ただ世界に目を向けると、Samsungの機種が世界一なのです。

グローバルシェアでは20%程度がSamsungのスマホということになります。

なぜ世界ではSamsungがそこまで強いのでしょうか?韓国という世界でみてもそこまで大きくない国がグローバルで1位をとっているのです。不思議だと思いませんか?

実はそのSamsungの戦略というのは、はじめからグローバルを見据えてきたからなのです。韓国というのはそこまで大きい国ではありません。日本よりも人口は少ないのです。

ざっくりですが、5000万人ちょっととなっており、日本の半分程度の人口しかいないのです。それでいながら世界で誰もが知るSamsungなどの巨大財閥を作り上げているのです。韓国の戦略というのは、5000万人ちょっとの小国において、経済的に成功させるためには、グローバルをはじめから見据えた経営戦略をしていたのです。そのため世界的なシェアをとるにまで成功しました。

日本では残念ながらそこまでのシェアは取れていませんが、日本でSamsungとソフトバンクが手を結んでいたら、日本でもSamsungのシェアはかなり取れたかもしれません。そこは日本で失敗していることなのかもしれませんが、ただ日本でもSamsungはハイスペックモデルからローモデルの販売をキャリアから積極的に行うなど、日本の国に合わせた戦略を今は行っています。

2位はファーウェイ

グローバルシェアの2位はファーウェイです。ファーウェイの人気はかなり高く、日本でもかなり知名度を上げてきました。ただアメリカとファーウェイで問題が起きたことから、日本での販売は、残念ながら縮小傾向です。実際に私もファーウェイのスマホをいくつか所持していますが、価格のわりには非常に高性能というイメージです。カメラに関しても非常にキレイに撮影することができるので、個人的にも非常に気に入っています。

それでもアメリカ、ファーウェイ問題があるので、残念ながらそこまで日本でも大手を振って販売できないという現状があるようですね。

こちら2019年時点ではAppleを抜いて2位に躍り出ましたが、今後は下がってくるものと思われます。2020年実績では3位とか4位にまで下がってくる可能性も十分に考えられますね。

日本ではありえない構図

1位と2位を見ましたが、3位でようやくAppleです。日本ではシェアが半分あるAppleですが、世界に視点を移してみると、そこまでAppleのシェアが高くないことがわかります。Appleのシェアが高くないということは、なんでなんだろう?と思いますが、世界全体を見たときに裕福な国ばかりではないのです。徐々に世界各国どんどん裕福になってきていますが、iPhoneは世界的に見るとまだ高額なスマホなのです。月給が5万とか10万円とかという国でiPhoneを販売しても高すぎて売れませんからね。日本人でさえiPhoneが高いと感じるはずです。

今後も日本ではiPhoneがどんどん売れるでしょうね。iPhoneが日本で売れるというのは、日本でのお財布ケータイなどにAppleも搭載しているということが挙げられます。そのため日本人の使い勝手のいいようになってきているわけです。そういうことを考えると、今後日本ではiPhoneを手放すメリットがないということになります。iPhoneは非常に高額なスマホですが、高額でありながら、購入するメリットがあるということになります。高額であるからこそ、購入したときの満足感も非常に高いということになるのです。そういう観点からしても、かなりメリットがあるのではないかと思っています。

iPhone12が2020年に販売されますが、5Gを狙っている人も非常に多いのではないかと思っています。5Gを狙うのであれば、確実にiPhone12でしょうね。

iPhone12 /12mini /12 Pro /12ProMAX アイフォン12 割引 キャンペーン スペック ドコモ au ソフトバンク 学割
iPhone12ではなく、2021年も9月に入り、iPhone13?の購入を検討している人も多いのではないかと思います。 一番の狙い目はiPhone13が発売されたことにより、iPhone12が安くならないかなぁ〜と思っている人なので...

こちらがiPhone12となっていますが、今からかなり期待している人もかなり多いと思います。iPhone12の発売日にはオンラインショップなどで購入する人も非常に増えるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック