格安スマホのメリット 高いスマホの販売台数が伸び悩む 分割でも売れにくい世の中に

スマホ業界は今後確実に縮小傾向になるでしょうね。今までのように2年に1度機種変更をするという人も非常に少なくなってきているのではないかと思います。その理由はキャリアが3年プランというものを出してきたからです。

3年に1度の機種変更というプランを出してきたことにより、ユーザーは今まで2年に1度の機種変更が3年に1度の機種変更になっていくということになります。それに伴い、機種変更を行う人が非常に少なくなっていくというものになります。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

なぜ3年に1度になったのか?

単純に端末価格の上昇ではないかと思います。端末の価格が上昇することにより、2年に1度の機種変更では機種変更するには分割購入してもかなり高額な毎月の維持費になってしまうということが原因の一つです。毎月の維持費が1万円を超えるようになる設定では、さすがにスマホは売れません。そのため3年に1度の機種変更にすることで、36分割というかなりの分割になったのです。

36回払いということで、1回あたりの支払いを3000円程度に抑えることができました。そのため1万円を下回る価格で毎月の維持費が提案できるようになりました。消費者はラッキーと思うかもしれませんが、実際は端末代金を長期間持つようになっただけなのです。

✔スマホ本体代金が高額に
✔36回分割でも毎月の支払いは3000円を超える価格に

もともと分割が嫌いな人でも分割手数料が0円であれば、分割でも購入しようかな?と思う人が増えてきました。

そのため今後も3年に1度の分割になるのではないかと思います。

2年から3年に1度の機種変更

今までのように2年の機種変更から3年の機種変更になったということは、単純に売れる頻度が2/3になったということになります。

それだけでもこれから縮小していくことは間違いないと思いませんか?もうかなり業界としてはやばい状況に置かれていることは間違いないかと思います。

スマホが以前のように売れないということにより、業界はかなりしんどくなっていくことは間違いないでしょう。まさに余剰人員をかかえることになるのです。今のスマホの販売のようなビジネスモデルが成り立たなくなってくることは間違いないかと思います。

✔機種変更を2年に1度する人が非常に少なくなった
✔機種変更は3年程度に1回だけ行う人が増えた

年々機種変更をする人が減ってきているという現状を考えると、本当にこれでいいのかな?と思います。

ただ個人的に思うことは、通信に関する毎月の維持費が下がったのであれば、本体にはもっとお金をかけていいのではないかと思います。

✔スマホ本体代金にもっとお金をかけるべき
✔毎日触るものにはお金をかけて生活を豊かに

スマホを触らない日はないのでは?と思うくらい毎日触っていませんか?それであれば、毎日触るものにお金をかけるということは、普通なのでは?と思います。

本来なら2年に1度の機種変更をしたいところですが、お金もかかるし、お金だけではなく2年前のスマホとの比較をした時にバージョンアップするに値しないと考える人も多いのです。

確かにそれは私も多いに感じます。1年程度でバージョンアップして何が変わるの?とも思いますしね。

基本的には1年前のスマホと比べても最新のスマホであったとしても、正直なところそこまでの大差は感じられないのです。

売上全体も減っている

キャリアいわゆるドコモやauなどの売上は別に減っているわけではありません。それは通信費という形で毎月定期的な収入が入ってくるようなビジネスモデルになっているからです。

当たり前ですが、売上全体が減っているというのは、スマホの売上全体です。高額なモデルが売れている一方で、非常に安価な格安スマホの販売も行われているのです。そのため格安スマホは、顕著に売上を伸ばしているのです。ただ売上金額でいえば、3台販売してハイスペックモデル1台分ということになります。

その程度しか売上としては成り立たないわけです。そういうことを考えると、格安スマホが今後市場に増えてくることが本当にいいことなのか?と言われると微妙な感じもしませんか?

格安スマホが悪いわけではなく、市場で人気のモデルというのはやはりハイスペックモデルなのです。それが売れないということ自体が問題なのではないかと思っています。日本経済を考えると仕方ないのかもしれませんが、ハイスペックモデルを購入して経済を回しませんか?と思うのですが、いかがでしょうか?

iPhoneだけが売れる

とはいうものの、iPhoneだけが売れるという状態が継続的に続いています。
iPhoneは非常に人気のあるガジェットとなっています。
iPhoneの売上だけはかなりいいと思います。
そのため大手キャリアに関しては、iPhoneを売りたがっているわけです。
iPhoneは1台あたりの売上金額も非常に高く、Proモデルでは10万円を超えるモデルというものが普通です。
そのため1台販売するだけで、売上金額が高くなるわけです。
iPhoneに関しては、キャリアとしても販売台数をかなり増やしたいと考えていることは間違いないでしょう。
2020年モデルのiPhone12に関しては、9月10日に発表される予定です。そのためiPhone12はその後キャリアから販売されることが、すぐに発表されるのではないかと思っています。

iPhone12 /12mini /12 Pro /12ProMAX アイフォン12 割引 キャンペーン スペック ドコモ au ソフトバンク 学割
iPhone12の在庫も落ち着いてきました。iPhone12は非常に購入しやすい環境となっていると思います。ただどうしても在庫不足の時もあるかと思いますので、それは注意が必要となります。 在庫はリアルタイムに更新されるので、在庫のチェ...

こちらに最新のiPhone12の情報を掲載しておきますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。
iPhone12は5Gにも対応されるので、かなり人気が出ることは予想されております。
そのため非常に人気のガジェットになることは間違いないでしょうね。

✔iPhoneだけハイスペックモデルが売れる
✔iPhoneはAndroidと何が違うの?と感じる

使い勝手などに関してはiPhoneもAndroidもあまり変わりませんが、一番違うのはリセールですね。

スマホの買い替えは格安スマホに

現在スマホを持っている人も徐々に格安スマホへ移行しています。その理由ですがなんといっても格安スマホというのは、安いです。3万円前後でスマホの購入を行う事ができるのです。それはかなりメリットのあることではないかと思います。
スマホの買い替え需要というのは、少しずつ進んでいっているように感じます。
スマホの買い替えを行いたいという人も年々多くなっているのですが、新機種は高いということもあり、格安スマホへの需要が流れているのです。

✔格安スマホへの買い替えを行う人が多い
✔スマホにそこまでのスペックを求めない人が増えた
✔スマホは安くても結果的に問題なし

売れるスマホの条件 安い 高い スペック カメラ OS? iPhoneがやっぱり人気?

私が考える売れるスマホの条件に関して紹介したいと思います。
売れるスマホというのは、どのようなスマホなのでしょうか?

売れるスマホの条件

まさにタイトルに掲載している通りかと思います。

・安い
・ブランド
・iPhone
・カメラの性能
・かわいい
・かっこいい
・バッテリー容量

これらが条件になるのではないかと思います。この中でも最近増えているのが、安いスマホが一番人気があるような気がします。
安いというのは、どれくらいかというと、3万円前後で購入することができるスマホです。

3万円で購入できるスマホに人気が集まっているということで、日本ではハイスペックモデルが売れないのではないかとメーカーの方は思いつつあるようですね。

なぜ安いスマホの人気が高くなったのか?

安いスマホの人気がなぜ高まったのか?ということですが、販売奨励金をキャリアが支払わなくなったため、店舗でのキャッシュバックがかなり減りました。
現状でキャッシュバックをしているのは、3G携帯からの乗り換え時にかなり安価に購入できることはあるようですが、基本的に店舗でのキャッシュバックがなくなり、ハイスペックモデルは、かなり高額での購入となっています。
10万円するスマホは10万円するのです。
2年〜3年に1度はスマホの購入を行うことが多いため、そのタイミングで10万円を超えるような機種を確実に買うという人は少ないのではないかと思います。

スマホに10万円払うことがもったいないと感じる人が増えたことも原因の一つかと思います。
スマホの価格が10万円を超えるようになったのは、数年前からです。数年前から10万円を超えるような機種が出てきて、今ではハイスペックモデルの大半は10万円を超えています。
そのままでは購入しようとは思えないと思う人も増えてきたのではないかと思います。

この販売奨励金の排除というのは、メーカーもかなり辛い思いをしているのではないかと思います。今までは販売奨励金があったため、ハイスペックモデルでもMNPなら一括0円などで購入することができたのです。利用者はハイスペックモデルをMNPをするたびに購入することもできましたが、今はそれができません。

となればどうしても安いスマホに人気が集まりますよね。

高いスマホは高いままで、安く購入できるすべが減ったのです。それだけでもメーカーはかなり痛いのではないかと思っています。

iPhoneの人気は継続的に人気が高い

iPhoneの人気というのは、継続的に非常に高い人気です。その理由ですが、やはり一番の理由は孫正義氏がiPhoneを日本にしかけたことが原因の一つかと思います。
iPhoneに人気が出たのは、iPhoneがあればなんでもできる、世界が変わるというトップが宣伝することにより、iPhoneをソフトバンクが取り扱いました。そのためその時点で、iPhoneをほしいという人は、かなりソフトバンクにMNPしたと言われています。
それから数年が経過し、auやドコモでもiPhoneの取り扱いを開始するわけです。
iPhoneの取り扱いを開始することで、各社かなり売上を伸ばしたと思われます。
iPhoneの人気は継続的に非常に高くなっており、一度iPhoneを利用すると他の機種を購入することができないほどです。
一度iPhoneを利用するとAndroidに戻れないという人もかなり多いのではないかと思います。

またそれ以外にもリセールバリューが非常に高いです。iPhoneは売るときにも高値で買い取ってくれるのです。そのため高値で買い取ってくれるなら、2年利用しても売却して新しいiPhoneを購入しようと思う人もかなり増えてくるわけです。

それ以外にも友人がiPhoneを利用しているからという理由で継続的にiPhoneを利用する人もかなり多いのです。
友人がiPhoneを利用しているという理由で、自分もiPhoneにするのです。

特に高校生くらいになると、女子で一人だけAndroidを持っていると確実に変な人扱いされるのではないかと思っていあす。そのためiPhoneにする人が多いのです。

友人がiPhoneだとずっとiPhoneになりますからね。

iPhoneはそういう意味では友人がiPhoneならiPhoneということで、かなり売上を伸ばしているのです。

✔iPhoneのみ高額なモデルが売れる
✔Androidはハイスペックモデルはあまり売れない

日本市場で人気の高いハイスペックモデルはiPhoneのみということになります。

かっこいい、かわいいから買う人

スマホにかっこいいもかわいいもあまりないと思いますが、やはりそれならiPhoneがかわいいで、Androidがかっこいいというイメージなのではないかと思います。
かっこいいスマホというと、どちらかというとカクカクしているイメージです。
実際にカクカクしているスマホというのは、今はAndroidに多いイメージです。
特にXperiaなどは非常にかっこいいイメージですよね。
そのためどうしても男性に人気が出るのはXperiaなどのAndroid機種なのです。男性はAndroidを持っている人が非常に多いですが、女性で持っている人は非常にすくないイメージです。
このあたりもかなり難しいところではないかと思います。
それでもかっこいい、かわいいというのは、人によって色々あろうかと思います。

✔iPhone12の新色パープルは本当にかわいい色
✔Androidは男性的なイメージが非常に強く男性ウケが非常にいい

コロナウィルスの影響で スマホの量販店の売り場は閑散 オンラインショップなら店舗に行かずに買える

コロナウィルスの影響がかなり出てきており、コロナ関連で倒産する会社も出てきております。
このような状況では経済が本当にいいのか?ということもいえず、経済もかなり苦しい状況であるということは間違いないでしょう。
コロナウィルスの影響で、店舗には人が少なくなり、店員の数のほうが多いという状況が続いているようです。
このような状況で景気を回復させるということは、非常に難しいわけです。
店舗に顧客が行かないとなれば、決算月である3月であったとしても、スマホの販売台数に関しては伸び悩んでいるわけです。
当然店舗にいけば、店員との濃厚接触は避けられませんからね。

オンラインショップのキャンペーンを活用

わざわざ今のタイミングで店舗に行く必要は本当にないと思います。店舗に行ったところで、店員との濃厚接触の可能性もあります。店側もかなりの配慮はするかと思いますが、やはり客側が気になるわけです。
そういう状況ならオンラインショップでの購入がオススメできるのです。
オンラインショップなら基本的に誰かと会うということもありません。自宅にいながらスマホを購入することができるのです。
自宅にいながらスマホを買えるという非常に便利な制度なのです。
オンラインショップであったとしてもキャンペーンは実施しているのです。
各社キャンペーンの内容は異なりますが、オンラインショップでもスマホは買うことができますので、検討してもらいたいと思います。

ドコモオンラインショップを利用する

ドコモオンラインショップを利用して購入する場合、最大のメリットは事務手数料がかかりません。
通常店舗で購入したら事務手数料は絶対かかりますので、事務手数料分が安く買えたと思っておけばいいかと思います。
以下の価格はすべて税込みです。

機種変更時 ドコモオンラインショップ 店頭
XiからXi 無料 2,200円
FOMAからXi 無料 3,300円
FOMAからFOMA 無料 2,200円
新規契約時 無料 3,300円
MNP 無料 3,300円

こちらが本来なら発生するはずの事務手数料です。それがドコモオンラインショップなら無料なのです。それだけでもメリットがあると思いませんか?
MNPなら3000円かかるわけです。それが無料となり、かなり購入しやすいのです。

こちらはau Online Shopとなっています。au Online Shopは頭金が不要となります。頭金だけでも結構取られるので、au Online Shopを利用することで、頭金が不要になるだけでもメリットがあるかと思いませんか?
これはドコモもソフトバンクも頭金は取られません。
au Online Shop独自でのキャンペーンも開催しており、スマホを安価に購入できる施策も出ているため、一度確認してみてはどうでしょうか。

こちらソフトバンクオンラインショップです。
ソフトバンクオンラインショップもauやドコモと同様に頭金が不要となっています。

最後にこちら、ワイモバイルストアですが、こちらもドコモと同様に事務手数料が不要となっています。
事務手数料分安価に購入することができますので、こちらもメリットがあるのではないかと思っています。

ソフトバンクも事務手数料無料

ソフトバンク ショップ 量販店 新規契約 MNP 機種変更 事務手数料 どれくらいの費用がかかるの?
ソフトバンクで新規、MNP、機種変更を行う場合の事務手数料を紹介したいと思います。 基本的にスマホなどを契約する時というのは、事務手数料が発生します。それは当たり前のこととなりますが、昔は事務手数料も無料でした・・・そんな頃が本当に懐かし...

ソフトバンクもオンラインショップで購入すると事務手数料が無料となります。
それならオンラインショップで購入するほうがメリットがあると思いませんか?

こちらがオンラインショップとなります。事務手数料だけでも結構かかりますからね。
結局のところ安価な店舗で購入しても、オンラインショップで購入しても本体代金が変わらないのであれば、事務手数料がないオンラインショップを利用することをオススメしたいですね。
オンラインショップを利用する人はこのようなこともあり年々利用者が増えている状況となります。
確実にお得に契約したいのであれば、オンラインショップを利用したいと思いますね。

2020年5月末までは学割の恩恵を受けることができる

2020年5月末までは各社学割の恩恵を受けることが可能となっています。
学割の恩恵を受けることができるのは、オンラインショップでも同じです。
学割の恩恵を受けることができ、最大の割引幅である3月の決算時期に購入したいと考えている人は多いはず。
それでも今は新規契約やMNPでも最大2万円のキャッシュバックにとどまるのみとなっており、スマホを安く購入しようと思っても2万円の割引が上限となっているケースが非常に多いです。
それ以上の割引の恩恵を受けようと思うのであれば、3G回線のガラケーからの乗り換えでそれ以上の恩恵を受けることができる施策を行っているにとどまっています。
これから先新しい施策が出てくることも予想しづらく、現状では今のタイミングでスマホを購入することが最善となることは間違いないかと思います。
スマホの価格が高騰していることは知っている人も多く、人気機種は安価なモデルに集中している状況です。

特に今1番売れている機種というのは、AQUOS Sense3が1番よく売れています。


こちらがAQUOS Sense3の記事となっていますが、各社でかなり人気の機種となっているのです。

あとはiPhoneXRも人気の機種にランクインしているようですね。
https://keitaijoho.com/archives/27018/

こちらに詳しく掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。
低価格な機種が売れている昨今、キャッシュバックが2万円や2万円割引が多いので、もともとの定価が安価な機種なら相当安く買えるはずです。
ぜひ検討してもらいたいですね。

IIJが安い

【MNPがお得】スマホ 一括110円で買える Xiaomi Redmi 9T IIJmioの格安SIMがお得
なんと一括110円で購入できるという非常に安価なスマホが出てきました。 一括110円という非常に低価格です。 IIJmioという会社から販売されているモデルとなっています。 IIJmioという会社は、格安SIM...

今IIJがかなり安価に購入できます。格安スマホの中でもここまで安価に購入できるのはIIJだけではないかと思います。

これはかなりのメリットではないかと思いますね。

IIJが安いので、かなりの人が今IIJにいっていると思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました