iPhone12 MAX スペック 5G 対応 6.1インチの画面サイズ A14という最新のCPUが搭載予定

iPhone12MAXと呼ばれるモデルが今回発売される見込みになっています。
iPhoneの2020年モデルというのは、4つのモデルが発売されると言われておりますが、その中の1つのモデルがiPhone12MAXとなる見込みなのです。

 

購入は各社のオンラインショップがオススメ

購入するのであれば、各社オンラインショップがオススメです。各社オンラインショップというのは、ドコモ、au、ソフトバンクです。
今回発売されるモデルというのは、各社のオンラインショップから予約購入することができるようになるかと思います。

こちらにドコモオンラインショップとなっています。ドコモはiPhoneの比率が年々高まってきており、ドコモユーザーもかなりの人がiPhoneを購入しています。
ドコモオンラインショップで購入するメリットというのは、事務手数料が無料という点です。

店舗いわゆるドコモショップや量販店で購入すると事務手数料の発生がありますが、ドコモオンラインショップからの購入は無料になり、そのため人気はかなりのものになっているのです。それは相当メリットのあることではないかと思いますね。

Proモデルでもない大画面モデル

iPhone12MAXというのは、Proモデルではありません。通常モデルの中の大画面モデルなのです。
画面サイズは、6.1インチになる見込みです。

6.1インチというのは、iPhoneXrなどと同じ画面サイズということになりますが、画面サイズとしてはびっくりするサイズではありません。
ただ今回発売されるモデルでiPhone12というモデルがあるのですが、そちらの画面サイズが、5.4インチであることを考えると6.1インチというのは、大画面の部類に入るのではないかと思っています。
6.1インチというのは、Androidスマホなどでは大画面という部類ではないのかもしれませんが、5.4インチモデルと比較すると、やはり大画面になるということです。

CPUはA14を搭載

CPUは最新のA14を搭載する予定となっています。
A14というCPUというのは、2020年モデルのiPhoneすべてに搭載される予定になっており、A14はかなり高速になるでしょうね。
A14というのはプロセスルールも5nmに改善されるといわれております。
そのため省エネ性能はiPhone11シリーズと比較してもかなりよくなるのではないかと思います。
A14というCPUにはかなり期待できるのではないかと思っています。
ただトランジスタの集積密度が上がることで、バッテリー消費量などは減るかと思いますが、集積密度が上がることによる、CPU製造が年々難しくなっていくのではないかと思います。
プロセスルールが改善されるとなると、いいことばかりだけではなく、CPU製造の難しさもあるため、よくなる一方CPUの価格も高額になる可能性もあります。
ただiPhone12の価格予想としては、iPhone11と同じレベルになると言われております。
iPhoneSEの価格が消費税も入れて5万円ほどで販売されていることを考えると、iPhoneを製造する技術などもかなり上がってきているのではないかと思います。

カメラはデュアルカメラか

カメラはデュアルカメラが搭載されると思われます。
超広角と広角カメラの2つのカメラが搭載されるでしょう。
ToFセンサーなどはハイスペックモデルにのみに搭載されるものと思われます。
ToFセンサーの搭載は難しいのではないかと思います。

デュアルカメラであったとしても、十分ではないかと思います。基本的にiPhoneのカメラはいいですからね。

こちらを確認いただければ、すでに進化がわかるかと思いますが、iPhone11よりもiPhone12のほうが確実に進化していることだと思います。

気になるのはiPhone12MAXの価格

iPhone12MAXの価格が気になるところですが、おそらく8万円台になるのではないかと思います。
iPhone12の価格は7万円前後になるでしょう。
それはiPhoneSEの価格差を考えるとそれくらいになると予想できるからです。
それならiPhone12MAXの価格は8万円台くらいだ順当ではないかと思いますね。
iPhone12Proの価格は、10万円〜でiPhone12ProMAXは11万〜ということになるでしょう。

価格はそこまで高くはならないかと思います。
iPhone12MAXは確実に売れるモデルになると思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました