スマホを購入する基準は何? 何で選ぶ メーカー カメラ 値段 価格 比較対象は?

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

スマホの購入時って悩みますよね。みなさん何で悩んでいるのでしょうか?悩みは人それぞれ違うかと思いますが、そもそもいろんな種類のスマホが発売されているので、結局のところどのスマホを購入すればいいのか?という部分で悩まれている方が非常に多いと思います。

メーカーで悩む

メーカーで悩まれる人も多いのではないかと思います。

・Apple

・Samsung

・ソニー

・シャープ

・富士通

・LG

・OPPO

最近はこれくらいのスマホを販売しているメーカーがあります。この中のメーカーでどのメーカーがいいのか?という部分で非常に悩まれる方が多いのです。

世界的な販売台数で言えば、AppleやSamsungなどが上位を占めています。日本でもAppleいわゆるiPhoneを持っている人は半数にのぼります。たいていの人がAppleを選択しているのです。

なぜそのようなことがおきるのか?ということですが、特に日本人は人と違うということを好みません。同じほうがいいのです。

人と同じことでの安心感というものがあるのです。iPhoneは共通の使い方も多くあり、共通の使い方だけを考えるとわからないものは友人に聞くことができるのです。そういうメリットがあります。

あと日本で多いのはソニーのXperiaではないかと思っています。Xperiaはなんといっても日本のメーカーだけあり、イメージは非常にいいですからね。そういう意味ではXperiaを選択する人もかなり多いのではないかと思っています。

 


スペックで選ぶ

スペックで選ぶといってもスペック表を読めない人がまだまだ大勢います。スペック表を読めないというのは、何がいいものがどこにどう影響するのか?ということです。

CPUの何がいいのか?ということもわからない人が結構多いのです。よってスペックで選ぶといっても、画面サイズや本体の大きさ、カメラの画素数などをメインに選択している人も多いのではないかと思います。

スペックで選ぶということは実は結構な危険なのです。何が危険なのか?ということですが、スペックで選ぶということを行うと、実際の使い勝手が違うということも出てくるのではないかと思います。
スペックはあくまでそのスマホの持っている能力を数値化したにしかすぎません。
数値化されたスペックというのは、よく見せることもそれほど難しいわけではないのです。
ただスペック的に高いスマホというのは、基本的に動作速度も早いので、実際のところは、心地いいはずです。
それでもやはり人によっては、使い勝手があまりよくないという部分は出てくるものなのではないかと思います。

✔CPUの能力で考えることが一番ラクです。
✔日本ならSnapDragon8から始まるモデルが一番能力が高いと言われています。

CPUの性能の場所を見れば、どのCPUを利用されているのか?ということが普通にわかるかと思います。その時にはスペックにどのようなものがあるのか知っていると便利ですね。

リフレッシュレートで選ぶ

リフレッシュレートと呼ばれるものを聞いたことありますか?
60Hzとか120Hzとか書かれているものです。

✔リフレッシュレートは高いほうが性能がよい

リフレッシュレートというのは、高いほうが性能がいいです。
どういいのか?と言われると、1秒間にどれだけコマを表現できるか?ということです。
リフレッシュレートが高いほうが、1秒間にそれだけ同じコマを動かすことが可能となっているのです。

120なら120回フレームの動きを追随することが可能ということです。
参考までにiPhone12は60Hzとなっており、スタンダードですが、機種によっては240の機種もあり、リフレッシュレートを売りにしている機種もあるほどです。
ゲームなどをする人ならこのリフレッシュレートは気にしたほうがいいのかも知れませんが、ゲームをしない人ならそこまで気にする必要はありません。
そこまで高くなくても、ゲーム以外であれば、そこまで問題ないからです。
通常60Hzあれば大きな問題が生じるということはないと思っていても構いません。

カメラで選ぶ

カメラで選ぶということは、結構多くの人がしているのではないかと思います。

比較動画は結構掲載しているので、ケータイチャンネルを参考にしていただければどのような比較動画が掲載されているのかわかるかと思います。

こちら2020年モデルのXperia 1 ⅡとXperia 10 Ⅱの比較動画となります。

このような比較動画などで見極めて貰えれば何がキレイなカメラを搭載している機種なのか?ということがわかるのではないかと思っています。
カメラというのは、基本的にはレンズやソフトでその機種の性能が決まります。
カメラで機種を選定するということも非常に重要な要素となります。
同じくらいの価格帯でも機種によってはカメラがいまいちということがありますので、そのあたりは自分で検討して決めていく必要があるのです。

本体サイズで選ぶ

本体サイズで選ぶという人も結構います。
大画面がほしいけど、本体サイズが大きいから持ち運びしにくいと感じる人も結構いるのです。

後寝ながら見たいから大きいものは重たくて嫌だなど、本体サイズでスマホを選択する人って結構多いように感じます。

✔本体サイズが大きいと持ち運びしにくい
✔横幅が広い機種は持ちにくい

ある程度ポケットに入る機種を想定している人も多いと思いますので、ポケットに入るサイズのモデルを購入するのであれば、ある程度コンパクトサイズのモデルになると思います。

コンパクトサイズのモデルというのは、あまり多くありません。
2021年に入り、本体サイズは比較的大きなサイズのものばかりとなります。本体サイズが大きなスマホというのは、基本的には、大画面となり持ちにくくなります。本当にこれをどう考えるか?というところがポイントとなります。

値段で選ぶ人

値段で選ぶ人も結構多いのではないかと思います。当たり前のことですが、コスパの高い機種を選択したいと思っている人はかなり多いと思います。コスパの高いということなら、今の時代はOPPOというメーカーではないかと思います。こちらの機種というのは、価格も結構安価ですが、スペックはそれなりに高いのです。

以前はファーウェイなどの機種の価格がかなり安価でハイスペックでしたが、今はOPPOというメーカーの価格が安価でスペックが高い機種となります。

スマホを価格で決めるメリットというのはまさにどのメーカーを選択するか?ということが勝負の分かれ目だと私は考えております。どういうことか?というと、有名メーカーの低価格モデルは、ハイスペックモデルの販売もあるため、ハイスペックモデルと比較するとどうしても優劣の差というものが出てくるのです。
値段で選ぶということを主眼においている人は、高い機種ならいいだろう!という考え方は決して間違っていません。
高いいわゆる高額な機種というのは、それだけ最新の機能が詰まっている可能性もあり、高いほうの値段で選ぶという人は、実は一番後悔しない人なのかもしれません。
ただ安い機種の購入のほうを値段で選ぶ人は後悔する可能性も十分にありえるのです。

単純に低価格機種というのは、スペックはハイスペックモデルと比較しても、そこまで高いというわけではありません。むしろ低いわけです。
そのため低価格スマホを購入するときに、やっぱり高いのにしとけばよかったと思う可能性もゼロではないのです。
そういう観点からすると高いスマホを買うということは、決して間違っていないのかもしれませんね。

スマホを買うならオンラインショップ

【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する

スマホを買うならオンラインショップがオススメです。
オンラインショップであれば、自分の好きなスマホを選択することも可能です。

本体サイズの比較などはドコモオンラインショップにて行っております。
一度ドコモオンラインショップで本体サイズの比較をしてみることをオススメしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック