当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

iPhone13 カメラは4つになると予想 望遠も20倍まで 望遠カメラが複数搭載か

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

iPhone13の情報も徐々に出てきているようですね。iPhone13というのは、2021年に発売される予定のiPhoneとなっています。2021年に発売されるiPhoneの情報として面白いのは、カメラです。
カメラの性能が更によくなるということですから、かなり楽しみですね。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

カメラはクアッドカメラに

カメラはクアッドカメラになる見込みです。クアッドカメラというのは4つのカメラが搭載されるということです。4つのカメラが搭載されるということで、かなり期待してもいいのではないかと思っています。
それではどのようなカメラが搭載されるのでしょうか?

・6400万画素(望遠)
・4000万画素(望遠)
・4000万画素(広角)
・4000万画素(超広角)

カメラの性能というのは、画素数がかなり高くなると予想されております。カメラの画素数はiPhoneの場合そこまで高い画素数ではありません。それこそ1200万画素レベルのカメラを継続して採用しています。
そのカメラの画素数が飛躍的に向上しているのです。
それはかなり期待できることではないかと思っています。
iPhoneのカメラはきれいだけど、画素数が低かったと感じていた人もいたでしょう。
他社では1億画素を超えてくるレベルのものもあるなかで、iPhoneのカメラの画素数はなぜそこまで高くないの?と思う人も多いのではないかと思っています。
確かに画素数は高くはありませんが、iPhoneのカメラは非常にきれいと評判なのです。

こちらにiPhoneで撮影した動画を掲載しておきます。

iPhoneのカメラ性能はこちらを見てもらうことで、かなり優秀であることがわかるのではないかと思っています。
個人的にもiPhoneのカメラはかなりいいですよね。

2021年モデルは20倍のカメラが搭載

2021年のiPhone13では望遠が20倍の望遠レンズが搭載される予定になっています。
先程望遠レンズが2つ搭載されるとお伝えしましたが、望遠レンズが2つ搭載される1つは20倍のズームまで行うことができるようです。
20倍まで行う事ができれば、かなりメリットがあるのではないかと思います。
望遠レンズの倍率は各社ともに今後かなり伸びてくるのではないかと思っています。それだけ望遠レンズに対する期待というものはあるのではないでしょうか。
なぜ望遠レンズなのか?ということですが、スマホの望遠は正直なところデジタルズームがメインなので、しょぼいと感じる人もかなり多いと思います。
それがこれから望遠レンズにかなり力を入れてくるようになると、かなり遠くのものでも相当きれいに撮影することができるようになると思います。
そういうこともあり、今後望遠レンズを利用してもきれいに撮影ができるようになってくるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました