Xperia 1 Ⅱ SO-51A ドコモ レビュー カメラ 評価 オススメポイント 買いなのか?

Xperia 1 Ⅱのレビューや評価を行ってみたいと思います。Xperiaシリーズというのは、かなり人気のあるモデルです。日本ではAndroidスマホといって思いつくのはXperiaシリーズではないかと思います。それくらい人気のあるモデルであることは間違いありません。

今回Xperia 1 Ⅱが手元でレビューをすることができましたので、紹介したいと思います。Xperiaシリーズを購入したいけど、やっぱりどんな機種なのかわからないという人にとっても今回のレビューはポイントになる部分を紹介しているので、全部読んでみてください。

 

Xperia 1 Ⅱのスペック

モデルXPERIA 1 Ⅱ
大きさ166 x 72 x 7.9mm
重さ181g
OSAndroid10.0
CPUSnapDragon865
RAM8GB
ROM256GB
画面サイズ6.5インチ
解像度1644 x 3840
アウトカメラF値1.7 メインカメラ 1200万画素
F値2.4 望遠カメラ 光学 3倍ズーム 1200万画素
F値2.2 超広角カメラ 1200万画素
ToFカメラ
インカメラ有効画素数約800万画素/F値2.0
無線Wi-Fi 6
カラーブラック、ホワイト、パープル
バッテリー4000mAh
その他防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

こちらがXperia 1 Ⅱのスペックです。

見た目による解説

本体の実機による写真を見てもらいたいと思います。

こちらは背面の画像となります。カメラは3つのカメラが搭載されております。

こちらは上段から撮影したところとなります。3.5φのイヤフォンジャックが非常にメリットがあるのではないかと思っています。有線のイヤフォンを刺してみたいというニーズはあるかと思います。

こちらも背面を撮影しました。docomoモデルであることがわかるのではないかと思います。

こちらは側面となります。側面はかなりすっきりとしています。

こちらは右側面となりますが、ボリュームボタンや電源ボタン、カメラのシャッターボタンがあります。カメラのシャッターボタンは一番下になりますが、写真撮影中は半オシをすることでAFになります。

こちらはUSBType-Cです。最近はUSB Type-Cが一般的になっているので、アクセサリーも充実してきております。

USB Type-Cというのは、Xperiaシリーズだけではなく、Android全般にこのUSB Type-Cが搭載されています。

そしてこちらが正面から見たところです。

こちらからGalaxy S20+との比較となります。Galaxy S20+という機種も知っている人も多いと思いますが、Galaxy Sシリーズの2020年モデルの中で最も画面サイズが大きな機種となります。

SC-52A Galaxy S20+ 5G レビュー カメラの綺麗さ 動作速度はピカイチ おすすめスマホ
ドコモからSC-52Aの発売が開始されました。Galaxy S20+ということで、最新のGalaxyシリーズとなります。いわゆるフラッグシップモデルという扱いのこのSC-52Aを手に入れましたので、どのような機種なのか?というところを紹介し...

こちら参考までにGalaxy S20+に関して紹介しているページとなっていますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。Galaxy SシリーズとXperia 1シリーズというのは、ほぼ同じタイミングで販売されるため、どちらの機種にしたほうがいいのか?ということを悩む人も多いのではないかと思っています。

 

こちらそれぞれ本体を上から見たところとなります。Xperia 1 Ⅱには3.5φのジャックがついていることがわかるのではないかと思います。このジャックですが、かなり魅力的ですよね。このジャックがあることにより、有線のイヤフォンで音楽を聞くことができるようになります。

最近iPhoneもそうですが、有線のジャックがないからと嘆いている人もいるのではないかと思います。有線を利用できるということは、間違いなくメリットがあるのではないかと思っています。有線を無線に変換できるジャックなどもありますが、せっかくなら有線のまま聞きたいですからね。

そういうこともあり、この3.5φのイヤフォンジャックというのは、間違いなくメリットがあるのではないかと思っています。

こちら横から見たところです。下にあるのがGalaxy S20+となります。

Xperia 1 Ⅱは縦長ということもあり、若干縦には長そうですね。3840もの画面解像度があったら仕方ないのではないかと思います。逆にいうとXperia 1 Ⅱというのは、その縦長が売りになっているのです。

 

こちらは下から見たところです。幅は若干Xperia 1 Ⅱのほうが狭く感じますね。真ん中にUSB-Cのポートがあるということは、まさに同じような構造です。

Galaxy S20+は下にスピーカーがありますが、Xperia 1 Ⅱはそのようなスピーカーはありません。

こちら普通に並べて撮影してみました。右側がXperia 1 Ⅱとなっています。先程も説明したように縦に長く、若干幅が短いということがこちらから見てもわかるのではないかと思っています。

設定画面などはどうなっている?



こちらが設定画面の一覧となります。かなり長い画面であるということがわかるかと思います。

設定項目がかなり多いということもメリットの一つではないかと思います。それだけ自分の好きなスタイルにカスタマイズができるということになります。

そんな中でもおすすめできる機能を紹介したいと思います。

 

こちら画質の設定となっています。画質の設定がきめ細やかにできるのです。これはかなりメリットがあるのではなかと思っています。もともと4Kのためすでに画面のきめ細やかさというのはかなりのものであることは間違いありません。

さらに画面の設定ができるということで、かなりメリットがあるかと思いますね。

続いてオーディオの設定となります。オーディオの設定もできるということは、かなりメリットがあるのではないかと思います。

ソニーは誰もが知っているウォークマンを作った会社となっています。そのウォークマンの技術を今の時代まできっちり継承しております。

オーディオの設定が本体側からもできるということは、いいと思います。使うアプリによってもオーディオの設定いわゆるイコライザーなどの設定などもできるかと思いますが、やはりおすすめできるのは、本体側でもきっちり設定が入っているということです。

ストレージは大容量の128GBです。128GBの容量があれば、容量不足に悩まされることもありません。

写真や動画は自分が撮影したものが入っているため、少し埋まってしまっていますが、これくらいの容量があれば、かなりの動画や写真の撮影も可能となっています。

こちらはジェスチャー機能です。ジェスチャー機能があればかなり便利です。

この機能というのは覚えておきたいですね。

 

写真撮影による解説

Xperia 1 Ⅱで撮影してしてみました。

風景の撮影となりますが、風景はどうでしょうか。結構細かい部分までも鮮明に撮影できているように感じます。

カメラは以下のカメラ3つがXperia 1 Ⅱには搭載されています。

16-35mm F2.8
24-70mm F2.8
70-200mm F2.8

超広角、広角、望遠の3つのレンズです。この3つのレンズを利用して撮影しています。
それぞれのカメラに特性があり、非常に面白いです。

Cinematography Proの初期設定 | 撮影する | Xperia(エクスペリア)公式サイト
ソニーのスマホ Xperia(エクスペリア)で撮影する。Cinematography Proはソニーのプロフェッショナルカメラチームが監修した動画撮影用機能です。

こちらシネマプロの紹介となります。

ビデオを作成することが非常に簡単に作成することができるのです。
このビデオ作成というのは通常何百万円ものするようなカメラを準備したりする必要がありますが、Xperiaを利用することで、簡単にビデオを撮影することができるようになります。
カメラの性能というのは、かなり高く動画の撮影などをする人にとっては間違いなくメリットがあるのではないかと思います。
それでは以下の写真撮影に関してから紹介していきたいと思います。
標準カメラで普通に撮影したものとなります。標準カメラも非常にきめ細やかなに遠くまでわかるのではないかと思います。
カメラはさすがソニーといったところで、非常に繊細なカメラとなっています。

 

続いてこちらは超広角で撮影したところとなります。

 

こちら以下の写真は望遠レンズにしたところとなります。

こちらも望遠レンズとなります。わかる人にはわかるかと思いますが、梅田のほうの町並みとなっています。さすがにビル群は霞んでいますが、霞んでいても遠くまできっちりわかるのではないかと思います。

こちら室内で撮影したものとなります。室内で撮影したものでもキレイに輪郭を捉えられているかと思います。

撮影時はこのような画面に聞き変えて撮影することが可能です。かなり本格的なカメラとして取り扱うことができるのがXperiaになります。これはかなり面白いですよね。

ただしXperia 1 Ⅱのカメラは1つのカメラに対して3倍までしか撮影できないようですね。

こちら写真撮影の画面のキャプチャーとなりますが、X1からX3までしかないかと思います。

これはちょっと残念ですね。通常であれば1倍から10倍くらいまで一つの画面で選択できるのですが、残念ながらそういうことができないようです。

ここはマイナスポイントかと思います。その場合はレンズを変更する必要があります。

こちら結構便利な機能の一つに、手でレンズが隠れているときに、なんとこちらでお知らせしてくれるのです。これはかなり面白いと思いませんか?
レンズに手がかぶさるとこのようなメッセージが表示されます。これは便利な機能の一つかと思います。

ゲームエンハンサー機能が充実

ゲームをする人ならXperiaは非常におすすめです。Xperia 1 Ⅱでゲームに没頭できる機能というものが搭載されております。このゲームエンハンサー機能というのは、アプリから立ち上げを行うことができますが、この機能に登録されたゲームというのは、ゲーム実況ができたり、他から邪魔されないような仕掛けが入っているのです。基本的にはゲームをする人というのは間の着信やLINEなどで邪魔されることを嫌がります。それがないということだけでもかなりメリットがあるのではないかと思っています。

こちらが設定画面を進んでいくところですが、前のバージョンよりも進化しています。

ゲームエンハンサーに登録されたゲームがわかりやすくリスト化される機能が搭載されています。

こちらはゲームエンハンサー機能のメニューとなります。

これはありがたいですね。ゲーム中に電話がなったらやはりゲームに没頭できません。

実際はゲーム専用機ではないので、電話を取るところを有線したいところですが、実際にゲームをしているとそういうわけにはいきません。ゲームに没頭したいのです。ゲームをする人はこのような機能がついているので、かなりメリットがあるのではないかと思っています。

こちらは権限設定となります。これに権限を付与するかどうかの設定となります。これから自分が利用したいゲームをこのゲームエンハンサー機能に登録していくわけです。

Xperia 1 Ⅱで動画を撮影

Xperia 1 Ⅱで動画の撮影を行いました。Xperia 1 Ⅱの動画撮影はどれくらいキレイに撮影できるのか気になりますよね。
基本的にはカメラの性能というのは、非常に高いです。

それでは今後は動画を撮影していっていますので、動画を見てもらいたいと思います。

まずはこちら下に紹介してある動画というのは、Xperia 1 Ⅱというのは、3つのカメラが搭載されているということは知っていると思います。そして奥行きを計測するカメラが1つ搭載されています。

その中でも今回の下で紹介している動画というのは、望遠カメラとなります。望遠カメラというのは、

こちらの動画はXperia 1 Ⅱを望遠機能を利用し撮影してみました。望遠機能はかなり高いと思います。

こちらは超広角で撮影したところとなっています。こちらもわかりやすい動画ではないかと思います。

超広角撮影するとかなりワイドに撮影することができるのです。ワイド撮影ができるとどのような効果があるのか?というとやはり友人なんかと遊んでいるときなどにワイド撮影できると非常に便利ですね。

こちら比較用にXperia XZsと呼ばれる機種で撮影を行いました。Xperia XZsという機種は2017年5月に発売されたモデルとなっています。約3年前の機種との比較となりますが、3年でカメラも結構進化したかどうかということがわかるかと思います。カメラというのは年々進化するものだということが、こちらからもわかるのではないかと思います。基本的にはカメラの進化というのは、この機種だけではなく、他のスマートフォンでも明らかに数年経過することで進化はしますからね。

こちらはXperia 1 ⅡとGalaxy S20+との動画比較となります。2020年モデルの最新機種での比較となりますが、違いはわかりますでしょうか?
違いとしてXperia 1 Ⅱは若干の暗めであることがわかるかと思います。
画面が暗いですが、実は結構鮮明に撮影されおり、両方の機種ともに甲乙つけがたものになっています。
私個人的には、明るく撮影したいので、Galaxy S20+のほうが好きですが、Xperiaも明るい場所で撮影すると結構明るく撮影できるのです。

2画面スタイルがオススメ

こちらを見てもらいたいのですが、2画面スタイルができるのがこのXperia 1 Ⅱの強みです。2画面スタイルというのは、他のスマホでは標準でできるというものは非常に少ないのではないかと思っています。基本的には2画面スタイルはメーカーが提供してくれるということがかなりありがたいかと思います。

これはあくまで一例ですが、マップアプリとゲームアプリなどという使い方なども可能となっています。そういう意味ではかなりメリットがあるのではないかと思いますね。

まだまだXperia 1 Ⅱの人気は高い

Xperia 1 Ⅱの人気というのは、まだまだ高いスマホとなっています。

ドコモオンラインショップ 売れ筋ランキング Xperia 10 Ⅱ iPhoneSE 128GBの人気が高い
ドコモオンラインショップでの売れ行きランキングを紹介したいと思います。ドコモオンラインショップということは、ドコモの中でもオンラインに限定しておりますが、オンラインショップを利用する人はかなり増えているのです。 店舗で購入する人もいますが...

こちら売れ筋のスマホを紹介しているページとなっていますが、発売後まだ上位10位以内にいるのです。
やはりそこまでの人気があるということで、期待している人もかなり多いのではないかと思っています。
Xperiaシリーズというのは、10というモデルも販売されており、そちらの機種は価格が抑えられたスマホとなっていますが、やはり上位モデルを狙いたいところですね。上位モデルのほうが、カメラは確実にきれいです。
ただ価格差ほどと言われると・・・ですが、それでも上位モデルを買って損をしたということは思わないでしょう。
基本的には、上位モデルというのは、廉価版モデルよりも全てにおいて上位なのです。
結局スマホは3年ほど利用するということを考えるのであれば、間違いなく上位モデルを3年使い続けるほうがメリットがあると思いませんか?

購入はドコモオンラインショップがオススメ

こちらがドコモオンラインショップとなっています。

・待ち時間なし
・分割支払い時の頭金なし
・2750円以上の購入で送料無料
・事務手数料なし

ドコモオンラインショップは非常に便利なショップです。
上記にも記載の通り4つがポイントとなります。昨今店舗に行く人も非常に少なくなりました。
店舗も予約が必須となっており、ウェブでできることはウェブで行ってもらいたいという風潮ですからね。
そういう観点からしてもドコモオンラインショップでスマホを購入するという人は非常に多くなってきているのです。
やはりネットでスマホが買えるとなれば便利ですからね。
ぜひスマホの購入はドコモオンラインショップを利用して購入いただければと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました