携帯電話の値下げで 弊害が起こる可能性も 通信費とスマホ代金 結局両方の支払いが・・・

携帯電話の値下げを指摘されている記事は先日お伝えした通りです。

携帯料金 大幅値下げ措置 3社の価格が高止まり さらなる値下げに期待
携帯の料金が更に値下げになる可能性が出てくるニュースがありました。 携帯の料金は一時期4割値下げということで各社4割程度安価な価格設定になってきていましたが、3社の価格がそれなりに高止まりしており、まだまだ価格を下げる余地があるということ...

こちらが携帯電話の値下げに関しての記事となっていますが、携帯電話を値下げされることに関して、メリットだけではないかと思います。
通信費が高いから安くしなさいという政府の指導が入ったのですが、本当に通信費が高いから値下げを行うということを単純に行っていいのでしょうか?

 

スマホの機種変更が遅くなる

毎月の支払いが安くなるということは、スマホの機種変更する時期が更に遅くなるのではないかと思っています。
キャリアと契約している人は、スマホ代と通信費をセットで払っている人が非常に多いです。
結局のところ毎月のキャリアからの請求というのは、スマホ代と通信費のセットで請求がきます。
そのためスマホを分割で購入している人なら、結果的に毎月の支払いは合算されて請求が来るのです。

その時点で毎月の通信費が下がったことなどわかりにくいわけですね。
それは本体代金を払っているからです。
少し前まではスマホは分割で支払ったとしても24ヶ月で支払いが終了するプランが主流でした。
それが現状ではスマホは36回払いが普通になってきており、普通に考えると3年間は機種変更しないという風潮になってきたのです。

実は36回の支払いにしたところで、スマホ代の支払いが36回払いになるだけで、キャリアの通信費が下がるわけではありません。
しかしながら今まで24回で支払っていたものが、36回になると毎月のスマホ代の支払いが安価になるため、合算で請求される価格が安価になったということになるだけで、キャリアは結局のところ収入の柱である通信費が減るわけではありません。
そしてそこを下げなさいという指導が入っているので、お得に感じる人も多いと思います。

一番気になるのはスマホの代を支払った後の話です。スマホ代を払い終わった後に、すぐに機種変更をすればまたスマホ代が計上されるため、毎月の支払いはそれほど変わらないということになります。
そして3年ほど経過するとスマホの代金というのは、値上がりしているのです。
よって結局のところ通信費が下がったことがあまりわからないのです。

そしてスマホ代が高いという理由で3年以上スマホを利用すると時間的な損失もかなりのものだと思います。それは古いスマホは処理速度も遅いため、動作速度がよくなく、またバッテリーの持ちも悪くなるため、いいことはあまりありません。

携帯料金が下がるといってもプラン変更は必須

また携帯料金が下がるといっても、そのプランに変更をする必要があります。そのプランに変更する必要があるということは、来店するか自分でプラン変更を行うか?という面倒な手続きをする必要があります。
手続き自体はそこまで面倒ではなくても、やはりやっかいなことをする必要があるのです。

若い人なら情報を察知してすぐに行う可能性もあります。
それが年配の方になるとなかなか察知できないのです。
いわゆる情弱といわれる方々になる可能性が非常に高いわけです。
自分が使うスマホ代などを理解はしているものの、なかなか自分にあった最適なプランがわからないという人もいるわけですね。
通信費は本当にわかりにくいかと思いますが、そこはしっかりと理解して自分の加入しているプランがなにかというところも見極める必要があるのではないかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました