Xperia 5 Ⅱの価格が10万円を切ると予想 ハイスペックモデルで 低価格 おすすめモデルに

Xperia 5 Ⅱが2020年の後半にも発売されると思われます。昨今スマホの価格が高騰しているので、キャリアから発売されるスマホも3年間の分割支払いが可能となったり、今までのように2年の支払いから3年と1年間スマホの支払いを長期化し、毎月の負担を抑えようという動きになっています。
スマホの価格が高額であるということは、家計をそれだけ逼迫しますので、家族が何人もいるような家庭ではスマホの所持というのは本当に厳しいのではないかと思っています。

 

Xperia 5 Ⅱは10万円を切る価格設定と予想

Xperia 5 Ⅱというのは、10万円を切る価格設定で販売されると予想されます。
10万円を超える価格のスマホが多いなかでの10万円を切る価格設定というのは、かなりメリットがあるのではないかと思っています。
毎月のスマホの維持費が相当高額になってきており、本体代金がそれに占める割合も増えてきております。
毎月の支払いが5000円程度なら、2000円以上はスマホ本体代金の支払いになってきている家庭も多いと思います。

仮にXperia 5 Ⅱの価格が10万円だった場合、3年でのトータル支払いが10万円ということになり、1年で33000円程度です。
それなら1ヶ月あたり3000円弱ということになり、まだ購入しやすい価格設定になると思います。

まずは10万円を切る価格で販売されるという根拠ですが、

Xperia 5の価格が10万円を切る価格設定で販売されているからということが最も大きな理由です。
ただしXperia 5とXperia 5 Ⅱでは、対応しているサービスが5Gということになります。
その部分の価格差が約1万円程度あるということを考えると、10万を少し切るくらいになるのではないかと予想します。

Xperia 1 ⅡとXperia 5 Ⅱとの違い

画面解像度
画面サイズ

主にこれくらいの違いになるのではないかと予想しています。
現時点ではまだ予想の範疇を超えませんが、実際に異なる部分としてはこの程度ではないかと思います。
この部分の違いだけで数万円異なってくるわけです。
それならXperia 5 Ⅱでも十分なのかな?と思いますね。
Xperia 1シリーズは大画面といっても6.5インチです。
おそらく0.5インチ程度しかかわらないのではないかと思います。それくらいの違いで2万〜3万円は支払い価格が異なるのです。
そこに価値を感じるかどうかというところが非常に重要かと思います。
価値を感じると思えば支払うことをおすすめしますが、価値がないと思うのであれば、Xperia 5 Ⅱでも十分ではないかと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました