当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

Xperia 1 Ⅲ エクスペリア1マーク3 mark3 スペック 予約 予想 価格 2021年モデル

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

Xperia 1 Ⅲの情報が出ていたので紹介したいと思います。

Xperia 1 Ⅱの後継モデルということで、2021年にも発売される予定となっています。Xperiaシリーズというのは、かなり人気の高いモデルとなっており、日本でも相当な需要があります。そのため注目を浴びることがかなり多いモデルとなっているのです。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

ドコモ au ソフトバンクからの発売の予定



Xperiaシリーズというのは、ドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売される予定となっています。

ドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップでは事務手数料無料キャンペーンを行っていますので、結構お得に購入することができるのではないかと思っています。
Xperiaシリーズの中でもXperia 1シリーズというのは、フラッグシップモデルにあたるシリーズとなりますので、期待値もかなり高いです。

ドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップは事務手数料が無料
✔オンラインショップは在庫が豊富
✔予約特典がある

Xperia 1 Ⅲが発表されたら予約特典も出てくると思いますので、予約特典を見てから購入することをオススメします。

動画でXperia 1 Ⅲを紹介

Xperia 1 Ⅲ 仕様 2021年発売のエクスペリア 瞳AFや2画面スタイルを紹介 夏モデルに登場

こちらXperia 1 Ⅲを動画で紹介しています。こちらの動画も確認いただければと思います。
2021年1月に公開した動画です。
Xperia 1 Ⅲの全体像がわかるかと思います。

Xperia 1 Ⅲが発売されたらどうしますか?

Xperia 1 Ⅲを買うと答えてくれた人が非常に多いですね。
Xperiaシリーズの中でも1シリーズというのは、最も人気の高いシリーズです。
Xperia 1シリーズは過去からハイスペックモデルでしたからね。
そういう点においても、私は結構Xperia 1シリーズはいいと思います。

ただし今買うならXperia 5 Ⅱが直近購入できるモデルとなっています。

ドコモオンラインショップでは現在Xperia 5 Ⅱが値下げされています。
同じ5Gを買うのであれば、ドコモオンラインショップからXperia 5 Ⅲでもいいのでは?と思います。

現在出ているスペック情報

モデルXPERIA 1 Ⅲ
大きさ未定
重さ未定
OS未定
CPUSnapDragon875
RAM8GB
ROM128GB/256GB
画面サイズ6.5インチ OLED
解像度8K?
アウトカメラ6眼カメラ?
インカメラ未定
カラー未定
バッテリー4000mAh
その他防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

未定部分が多いものの、非常に期待できる機種になっていることは間違いないでしょう。

以前にも6カメラの発売の予想があった

Xperia 3のウワサ。6眼カメラ&12GBのRAMでモンスターかな?
来年はXperia人気が爆発するかも!Apple(アップル)のiPhoneシリーズの新作を秋に待ち、春にはSamsung(サムスン)のGalaxy...

以前にもXperiaシリーズで6眼が予想される記事というものがありました。
これはXperia 1 Ⅱの記事となっていましたが、Xperia 1 Ⅱでは残念ながら6眼を取得することはできませんでした。
今後6眼のカメラは期待できるのではないかと思っています。

6眼のカメラは他社でも採用が開始
火の無い所に煙は立たぬ

複数のカメラに対する期待というのは、かなりの人が多く持っているのではないかと思っています。
カメラが複数あることにより、かなりきれいに撮影することができます。
そのシーンによってカメラを分けることができるということは、非常にメリットがあるかと思います。

gizmodeと呼ばれる業界では、誰もが知っているサイトからの情報となっています。2021年ではかなり期待が持てるのではないかと思われます。基本的にはこのような誰もが知っているサイトからのリーク情報というのは、近い将来に搭載される可能性もあるので、期待してもいいかと思います。

岸田光哉氏が今後主力製品にⅢやⅣなどの命名方法を今後も使用と強調

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の代表取締役社長でもある岸田光哉氏は今後もⅢやⅣなどの名称を使用していくことを強調しております。
そのため今後発売されるXperiaシリーズではⅢやⅣなどの名称が使われることは間違いないかと思います。

XperiaシリーズはZシリーズやXZシリーズなどが今までありましたが、ここにきてXperia 1という名称が使われることになり、冬モデルとしてもXperia 5という名称のモデルが発売されました。
Xperia 5でもⅡいわゆるMark2という名称になることは、こちらの発言から間違いないのではないかと思っています。

今後発売されるモデルはⅢ、Ⅳなどになると予想

あくまでこれは名称ということしかありません。名称が決まって行ったということは、これから先の名称はXperia 1 Ⅳとなっていくことでしょう。Xperia 1 Ⅲは2021年に発売され、Xperia 1 Ⅳは2022年に発売されるということが、現時点でわかったということになるのです。
主力製品の命名規則というのは、最近ではスマホやゲーム機などでよくみられると思います。
プレステもプレステ1からプレステ5まできました。
iPhoneも今ではiPhone12となっているのです。命名規則というのは、個人的にはわかりやすいほうがいいと思います。
次のモデルでは次の数字に変更になるということが、消費者にとっても一番わかり易いのではないかと思いますね。

6つのカメラにはかなり期待

Xperia 1 Ⅲで6つのカメラ 望遠レンズなども2つ搭載され さらにきれいに動画撮影も可能に
Xperia 1 Ⅲが2021年にも発売されることに関しては、何度かお伝えしたのですが、Xperia 1 Ⅲは6つのカメラが搭載される可能性が非常に高いことがわかりました。 6つのカメラが搭載される予定は前から 6つのカメラが搭...

6つのカメラにはかなり期待したいところです。6つのカメラが搭載されるとカメラ機能はかなり向上すると思われます。
カメラもペリスコープカメラになる可能性も非常に高いのではないかと思っています。
ペリスコープカメラというのは、薄いながらにして望遠をきれいに撮影することができるカメラです。
2021年モデルではペリスコープの搭載も非常に気になるところではないかと思っています。
Xperiaのカメラというのは、以前から非常に定評があります。

ただ気になることは、Xperia 1 Ⅱでもそうでしたが、カメラでのズーム性能が、単体のカメラでしか効かないようになったということです。
少しわかりにくいですが、3つのカメラがあると、今までのスマホであれば、超広角から望遠までカメラのアプリの中で自動切り替えが行われていました。
普通にそう考える人も多いと思いますが、実際にはXperia 1 Ⅱ以降からはどのカメラを利用するのか?ということを自分で選択してその範囲内でしかズームができなくなりました。

実はそれは結構不便かと思います。今まではスムーズな切り替えを行っていましたが、それができなくなってしまったということで、今後も不便さが続くのではないかと懸念しています。
カメラの性能としては高いのですが、ちょっと使えないレベルにまで下がってしまったということが、少し残念です。
たとえ望遠がXperiaについたとしても、その時に広角モードで撮影しており、望遠にしたいと思ってもカメラを切り替える必要があるのです。
Xperia 1 Ⅲではそのあたりは改善してもらいたいと思います。

✔カメラの数は増えるのか?せめて4つにはないってもらいたい

瞳AF機能は継続的に搭載予定

瞳AFという機能がXperiaにはあることは知っていますか?現在Xperia 1 Ⅱではすでにペットに対する瞳AFという機能を搭載しています。
この機能があるとどのようなことになるのかというと、基本的には瞳に追随してフォーカスを当ててくれるという機能となります。
瞳というのは、顔の中心部分ということになりますので、人物などを撮影する時には中心にあるものだと思います。
その顔の中心部分をきっちり写真や動画撮影時に追随してくれるのであれば、非常に写真も撮影しやすいと思います。
iPhoneにはこのような機能はないので、写真を撮影しようと思っても、止まっておいてもらう必要があるのです。
このAF機能機能があると撮影時に静止いただくことはありません。静止する必要がないということは、かなり撮影しやすい環境にあるということになります。
撮影しやすい環境をカメラ側が整えてくれるということだけでもメリットはかなりのものだと推測されます。
この機能は今後Xperiaに対して継続して搭載される機能になることは間違いないでしょう。継続して搭載される機能となれば、Xperiaとしてはかなり売りやすくなるのではないかと思っています。

瞳AF機能は現在動物にも対応することが可能となっており、ますます気になる機能の一つであることは間違いありません。
今後瞳AF機能の強化にはかなり期待しておきたいところです。人を撮影するときに瞳にAFを当てるということは、結構難しいことだと思っています。
それを容易に行うXperiaの技術というのは、本当にすごいと思いますね。

✔瞳AF機能というのは、ソニーならではの機能の一つ

グローバルモデルと日本モデルでは仕様が異なる

グローバルモデルと日本のキャリアモデルでは仕様が異なることは間違いありません。
Xperia 1の時もグローバルモデルと日本モデルでは異なる仕様でした。

✔日本のキャリア独自仕様は価格を抑えたりするため
✔ソニーはSIMフリーモデルに対して付加価値を入れるため
✔グローバルでは、仕様をよくしないとライバルに食われるため

おそらくこれらのことが原因になっていると予想されます。

今年はグローバルモデルの発表はMWCでは行われてないと思われます。MWCというのは、延期され開始時期が例年と変わりました。
そのためソニーが独自に発表する可能性も十分にありえるのです。
ソニー独自に発表するとなれば、3月ごろのタイミングで発表するのでしょうか。
いつになるのか未定ですが、購入に関してはかなり楽しみなモデルになることは間違いないかと思います。

5G対応には期待

5G 電波 エリア 波長 Xperia Galaxy iPhone12などはSub6 ミリ波どれを利用するのか?

こちら電波の特性に関する動画となっていますので、こちらも合わせてご確認ください。
5Gに対応されることは間違いないでしょう。
2020年移行ハイスペックモデルというのは、基本的に5Gへの対応は基本となっています。
5Gというのは、基本的に高速通信となりますが、本来の意味での高速通信というのはミリ波です。
ただミリ波に対応されることはないかと思いますね。

Xperia 1 Ⅲの画面は明るくなる

Xperia 1 Ⅲの画面は間違いなく明るくなります。
https://keitaijoho.com/archives/43457/

こちらの画像を見てもらいたいのですが、Xperia 1 Ⅲは明るくなります。
Xperia 1 Ⅱの画面が540nitとなっているので、620nitになるということで、今までよりも明るくなるということです。

これはかなりメリットあるのではないかと思います。
画面が明るくなるということは、太陽が出ている時に明るい画面であれば、本当にメリットがあるかと思います。

引用元:tech.sina

価格情報も出てきた

価格情報も出てきました。価格は$1,199となっており、結構高額なモデルになることがわかりました。

税込みで136,805円となり、ドルから単純に円換算しただけなので、日本での販売価格は14万円ほどになると予想されます。

為替差損を入れるとどうしてもそれくらいの価格になってしまうのでしょう。それでも14万円のスマホって結構高いですね。画面サイズや今の技術からするとここまでしかコストを抑えることが出来ないのでしょう。
世界的にもグローバル価格になっているので、どうしてもそういうことになるのではないかと思われます。

スマホの価格は年々上昇 日本でもグローバル価格が適用 スマホの値引きはあっても定価が安くなることはないと予想
スマホの価格は年々上昇しています。 格安スマホというジャンルがありますが、普通のいわゆるフラッグシップモデルと呼ばれる機種は10万円近くするものもザラです。 そういう意味では端末の価格はかなり高価になってきているのです。その高価...

こちらの記事も合わせてご確認ください。
日本でもスマホの価格は年々上昇しておりますが、ハイスペックモデルで15万円に迫る勢いです。
本当にスマホの価格って高くなりましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました