Google Pixel6 グーグルピクセル6 スペック 価格 ドコモ ソフトバンク

今後Google Pixel6が発売されると思われますので、紹介したいと思います。

そもそもGoogle Pixelというのは、どのような機種なのでしょうか?まだあまり知らない人も多いと思います。

 

GooglePixelとは?

Googleによって開発されたデバイスのブランド名称です。
まさにGoogleが開発したスマホとなっているのです。そのためいわゆるAndroid純正となっているのです。
Android純正を楽しむのであれば、GooglePixelが最適といえるかと思います。
ハードとソフトの2つを1つの会社で開発しているので、不具合等も非常に少ないと思われます。

基本的に純正を好む人にとっては、GooglePixelというのは、かなりありがたいスマホということになります。
例えば、マイクロソフトがSurfaceというPCを販売していますが、それもまさに純正ということになります。

Windowsを搭載しているPCはあらゆるメーカーから販売されておりますが、Windowsの開発元であるマイクロソフトが純正品としていわゆるパソコンを販売しているということも、スマホでのGoogle Pixelということになります。

Google Pixel6はどのようなスペックに?

Google Pixel5は2020年中に発売されると予想されております。そのため発売されるのは2021年になると思われます。
おそらく2020年の時点で5Gに対応すると思われますので、5Gには対応した形で販売になることは間違いないのではないかと思っています。
またPixel6というのは、ハイスペックスマホとなると予想されます。

SnapDragon875 スナドラ875 発売はいつか スペックや性能はどの程度アップするのか 予想する。
SnapDragon875の情報をお伝えしたいと思います。SnapDragon875と呼ばれるCPUというのは、今後Qualcommから発売される最新のCPUの名称です。 今までの型番規則から今後世の中に出てくる型番として、SnapD...

こちらのCPUが搭載されると思われます。このSnapDragon875と呼ばれるCPUというのは、2020年の後半に発表されるCPUとなっています。
こちらのCPUは標準でも5Gに対応してくるでしょう。
ひょっとするとこの時期はミリ波にも対応してくるかもしれません。

現行のSnapDragon865の1.3倍の能力になると思われます。
1.3倍の能力であれば、かなりレベルアップですよね。SnapDragon865のスマホを触った結果ですが、相当すでに早いです。
さらにそれよりスペックが上がるということで、かなり期待がもてるのではないかと思います。

ただし一部の情報ではサムスンから独自のCPUを調達するという噂もあります。独自のCPUを調達することにあたり、クロームブックなどにも転用させるのでは?とも報じられています。

CPUは自社開発の独自SoCかもしれない

CPUというのは、人間でいうところの脳にあたる部分です。いわゆる処理を行う部分となりますが、Google Pixel6では自社開発のCPUになるかもしれないというのです。
タイトルにはSoCと掲載しましたが、SoCというのは統合パッケージという意味があります。
そのままを英語にするなら「System-on-a-chip」ということです。
このSoCというのは、CPUや通信部分も含んだモジュールということになります。
CPUや通信を含んだものに関して、独自のSoCが搭載されるということで、期待もできるのではないかと思っています。
このSoCのコードネームは「Whitechapel」となっており、サムスンと共同開発しているとも言われています。
またプロセスルールは5nmという非常に細かいプロセスルールとなっており、2021年に発売されるスマホに搭載されるのであれば、それくらいのプロセスルールでも問題ないのかもしれません。

基本的には、プロセスルールが細かいほうが省エネ性能に優れており、処理速度も高速となります。
そのためこのSoCが開発されたらぜひ採用し利用してみたいですね。

・このSoCはChromebookにも搭載される可能性が高い
・スマホだけではなく他の用途もあるなら将来性が高い
・過去にiPhoneに搭載していたサムスン製のCPUの評判はイマイチ
・日本に出荷されているGalaxyシリーズはサムスン製のCPUを利用していない

個人的にみて若干の不安要素もあります。不安要素は上記に記載している通りですが、やはりサムスンと共同開発しているというところが、個人的には不安要素となります。
サムスンと共同利用しているということは、基本的に若干ながらそういった不安要素もあるのです。
とはいうものの、日本メーカーではスマホ用のCPUを作成しているメーカーもありません。
日本製よりは正直なところ十分使えると予想されますが、実際のところどうなんでしょうね。個人的には期待したい部分はあります。

カメラはクアッドカメラに進化?


※写真はサンプルです。

カメラはクアッドカメラにまで進化すると思われます。
最近は各社クアッドカメラを搭載している機種が色々販売されておりますが、グーグルもクアッドカメラくらいは搭載してくるのではないかと思っています。
1つはToFカメラになる可能性もあります。
最近各社カメラにはかなりのちからを入れてきており、グーグルも他社と戦っていくにはカメラが非常に重要であるという認識はあるのではないかと思っています。
そのためカメラはクアッドカメラに進化しているのではないかと思います。
カメラは今後クアッドカメラが当たり前になるでしょう。

5Gのミリ波対応には期待

グーグルというのは、グローバル企業となっており、うローバルでは5GはSub6とミリ波に分かれています。
Pixelシリーズはハイスペックモデルということもあり、5Gのミリ波には期待したいところですね。
ミリ波まで対応するとなれば、相当メリットがあるのではないかと思います。
そのメリットというのは、高速通信です。せっかく5Gに対応して、ミリ波に対応していないのは、個人的にはなんでだろう?と思います。
ミリ波に対応している機種であれば、それだけで信頼性が増します。
せっかくなら最高スペックまで準備してもらいと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました