iPhoneSE Plus アイフォンSEプラス スペック 発売日 価格 A14を搭載

iPhoneSEPlusと呼ばれる新しいiPhoneが2021年にも発売されると予想されております。
iPhoneSEの2020年モデルが日本ではまだ発表されたばかりとなっており、非常に気になるところではあるかと思います。

 

iPhoneSEPlusは大画面に

iPhoneSEというのは、ホームボタンを持っている機種となっており、ホームボタンというのは、iPhoneXで一旦なくなりましたが、併売されていた、iPhone8では継続してついていました。

2020年モデルのiPhoneSEでもホームボタンは健在となっており、ホームボタンのないProモデルの発売も継続して行われますが、ホームボタンが付いているモデルも継続して販売されるということになるということです。
iPhoneにはホームボタンがあるほうが便利であるという声もかなり多くあり、iPhone8の後継モデルという位置づけでもあるiPhoneSEの販売が開始されます。
iPhoneは日本では非常に人気のガジェットとなっており、日本人の約半分がiPhoneを所持しているということで、かなり人気も高いモデルとなっています。
iPhone12が2020年にも発売されると言われておりますが、それとは別路線のiPhoneSEPlusが発売されるという見方です。

A14を搭載

A14と呼ばれる2020年モデルのiPhone12に搭載されるCPUと同じCPUが搭載されると言われています。


こちらA14の記事となっていますが、かなりよくできたCPUになると言われており、非常に期待できるCPUとなっています。
A14はA13よりも通常であれば、1.3倍程度能力アップすると言われています。
またプロセスルールも改善されるということで、こちらもかなり期待できるのではないかと思っています。
プロセスルールが細かくなるとそれだけ省エネ性能に寄与されます。
省エネ性能が高くなると、普通に考えるといい事だらけです。
A13よりもさらによくなるということなので、かなり期待してもいいのではないかと思います。

iPhone12 /12 Pro /12 Pro MAX 2020年 5G スペック 発売日 予約 ドコモ au ソフトバンク
iPhone12が2020年に発売される予定です。iPhone12及びiPhone12Pro、iPhone12ProMAXの3モデルが発売される予定になっています。 iPhone12というのはiPhone11の後継モデルになるのか、も...

こちらがそのA14を搭載する予定のiPhone12の情報を掲載しているページとなっています。
本当に期待できるのではないかと思っています。iPhone12とスペック的には近いと思われますので、相当期待できるでしょう。

CPUが年々良くなることは、当たり前のことなのですが、すでにA13の時点でも十分だという声もあろうかと思います。
日本ではiPhone7などの旧モデルがまだキャリアモデルとして販売されているなど、旧モデルであったとしてもiPhoneの人気は衰えることを知りません。
それならA13のiPhoneSEPlusが販売されてもいいのではないかと思っています。

なぜPlusモデルなの?


なぜPlusモデルなの?と思う人も多いかもしれません。
実は私が考えるPlusモデルというのは、ホームボタンのついているモデルということが大前提なのです。
iPhoneの最新モデルはホームボタンがなくなってしまいました。ロック解除もFaceIDを利用しており、実はこのFaceIDというのは、マスクなどをしていることで、ロック解除ができないのです。(ネット上にはマスクでもロックが解除できる裏技などが掲載されておりますが・・・)
とにかく、ホームボタンがほしいという人は少なからずいるわけです。
実は私もホームボタンがほしいです。その理由は、ロック解除が非常に楽だからです。FaceIDでロック解除していると、今外出したときはマスクをしているので、どうしても不便だと感じてしまうのです。
世界中にマスクばかりをする人がいるのであれば、間違いなく不便です。
FaceIDというのは、今までは割と便利だと思っていましたが、今後間違いなく不便だと思う人が増えてくるのです。日本でも外出するとマスクをしている人ばかりではないかと思います。
マスクをしていない人は、本当にどうかしていると言わんばかりです・・・
そんな状態でホームボタンでロック解除ができればかなりメリットがありますからね・・・
そういう意味でもFaceIDからホームボタンに移行したい人は少なからずいるのではないかと思っています。

画面サイズは6.1インチ

画面のサイズは6.1インチとなっており、iPhoneXRやiPhone11と同じ画面サイズとなっています。
今まで発売されていたPlusモデルというのは、5.5インチでした。
それよりも0.6インチ画面が大きくなるということになります。
画面が本当に大きなモデルを選択するのであれば、MAXモデルを選択するということも可能かと思いますが、価格はこのiPhoneSEPlusモデルのほうが抑えられていると思われますので、検討の余地ありかと思います。
6.1インチというのは、結構な大きさの画面サイズとなる見込みですね。
2020年モデルのiPhoneでも6.1インチモデルのiPhoneは2種類発売される可能性があると報じられています。
6.1インチのiPhoneが2種類というのは、スタンダードなiPhoneと、PROモデルでも6.1インチモデルが発売されるといわれているのです。
6.1インチのiPhoneが2種類発売される中、iPhoneSEPlusという6.1インチモデルが発売される可能性があるということもすごいですが、やはり色々なiPhoneを販売してくれるということは、色々なニーズがありますので、期待したいところではないかと思っています。

iPhoneSEPlusは指紋認証が画面に埋め込み

iPhoneSEPlusでは指紋認証機能が画面に埋め込みされる予定です。

iPhoneSEPlusはディスプレイで指紋認証が可能になる FaceIDから画面内蔵のTouchIDになるのか
2021年にiPhoneSEPlusが販売されると言われていることは知っていますでしょうか? iPhoneSEのPlusモデルということになります。iPhone12miniというモデルも今後発売される予定になっているので、どの...

こちらのiPhoneですが、画面に埋め込みされる予定となっているのです。
画面埋め込み型のiPhoneを待っていた人も多いのではないかと思います。
FaceIDよりもTouchIDのほうが確実に操作性は上がります。
コロナの影響により、マスクをする人が増えているのです。マスクをしている状態ではFaceIDでのロック解除もままなりません。
そのような状況では、正直なところ指紋認証機能というもののほうが確実にロック解除することができるのです。
今後もそのような仕組みのものが増えてくるのではないかと思っています。

指紋認証の埋め込みセンサーが搭載されるということで、かなり期待できるのではないかと思います。

発売は2021年に予定

発売は2021年に発売される予定となっています。2021年は5Gも日本ではかなりの敷設率になっているのではないかと思います。
2021年の年末には90%程度が目標とされているので、iPhoneSEPlusは5Gに対応してもらいたいですよね。
今後5Gは低価格スマホでも搭載されてくると思われます。低価格スマホでも採用されるのであれば、iPhoneSEPlusでも採用されるでしょう。
2020年に発売されたiPhoneSEの場合だと、低価格スマホというより、スペックだけ考えるとハイスペックモデルと同じです。iPhone11と同じCPUを搭載していますからね。そういう意味ではiPhoneは低価格であったとしてもそれなりのハイスペックモデルになるということになります。
2021年モデルであれば、A13もしくはA14というCPUが搭載されてもおかしくはないのではないかと思いますね。

2021年にiPhoneSEPlusが販売されると市場はどうなるのでしょうか?6.1インチということになれば、iPhone12MAXとかぶる大きさになります。

iPhoneSEPlusを販売するメリットがあるのでしょうか?Plusモデルになり、ボタンなども排除される可能性があることからiPhone12MAXのことをこのiPhoneSEPlusと言われているのかもわかりません。

ただこれだけ2021年に発売されるとなると、少し違和感を感じてしまうのは私だけでしょうか。それならiPhoneSE3ということで、2021年の春にiPhone12とスペックが同じで販売するほうがいいと思いますが・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました