ToFセンサーの搭載は iPhone12 Proシリーズのみ 通常モデルでは搭載されない予定

 

ToFセンサーと呼ばれるものが最近色々な機種で搭載されていることは知っている人も多いと思います。
Xperia 1 Ⅱと呼ばれる最新のXperiaでもToFは搭載されているのです。
他にはGalaxy S20でも同様にToFは搭載されており、どんな写真を撮影することができるのかかなり期待している人も多いと思います。

ToFカメラとは スマホでも3次元情報を計測して 暗室での撮影がかなりきれいに
最近ToFカメラというものを耳にする機会ってありませんでしょうか? ToFカメラがスマホに搭載されるなんてニュースもかなり多くなってきたかと思います。ToFカメラと呼ばれるカメラは一体どのようなカメラなのでしょうか。普通のカメラと比較...

こちらにToFの説明を掲載しておきます。基本的に奥行きを計測するカメラとなっており、かなりメリットがあるモデルとなっています。

 

iOS14のコードから2つのモデルに搭載と判明

2020年に発売されるiPhone12シリーズですが、搭載されるOSというのは、iOS14と呼ばれる最新のOSが搭載される見込みです。
そのOSのコードから2つのToFセンサーが搭載される可能性があるということを示しています。

この2つのToFが搭載されるということで、もともとProモデルというものは2つの機種が販売されると想定されることから、iPhone12及び、iPhone12Pro、iPhone12ProMAXの3つのモデルが発売されると見られていることから、上位のProモデルにのみ搭載される予定となるようです。

ToFというのは、3Dマッピングが可能となり、AR技術体験のため今後さらにiPhone含めたスマホを楽しむためには非常に重要な技術となります。
今後WWDCが行われる予定となっていますが、そちらのほうでさらに明らかになってくるものと思われます。

奥行きを計測すると、どのようなことになるのかということですが、まず写真でのボカシ性能がかなり向上するものと思われます。
ボカシなら今でもあるのでは?と思っている人も多いと思いますが、ボカシ性能というのは、基本的に写真撮影時のみです。動画撮影時はボカシを活かすことは難しかったと思います。
今後はこのボカシに関しても、動画撮影時にでも背景をぼかすことが可能となるでしょう。
写真撮影時に新しいモードがまた出てくるかもしれませんね。

引用元:appleinsider

コメント

タイトルとURLをコピーしました