当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

Xperia 5 Ⅱ エクスペリア5マーク2 スペック ドコモ au ソフトバンク 2021年でもオススメモデル 購入 価格

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

ソニーがXperia 1 Ⅱという機種を新たに販売してきました。このXperia 1 Ⅱという機種は、Xperia 1という2019年モデルの後継モデルにあたります。基本的には、Xperia 1をさらに進化させたという機種になるかと思います。Xperia 1という機種は、ソニーのフラッグシップモデルとして、非常に人気の高かったモデルです。そしてその後継モデルにあたるXperia 5という機種が2020年冬モデルとして、登場してきました。若干ながら画面の解像度などを落として、さらに画面サイズも6.5インチから6.1インチにサイズダウンした形で販売されました。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

日本では各社から発売予定

こちらはドコモオンラインショップです。ドコモオンラインショップというのは、現在かなりネット販売に力を入れております。ドコモオンラインショップで購入すると、事務手数料が無料になるという特典があります。昨今店舗に行く機会が減っており、オンラインを利用する人がかなり増えてきております。
ドコモオンラインショップを利用することで、そのような特典があるというだけでもありがたい話ですね。


日本ではドコモ、au、ソフトバンクから発売されております。
Xperiaシリーズというのは、人気ですからね。
iPhoneについで人気モデルがXperiaです。Xperiaシリーズというのは1年に2度発売されるため、キャリアモデルとしての取り扱いもしやすいことが特徴です。
基本的にキャリアは1年に2回の新製品発表会があります。
Xperiaシリーズもそれに合わせて販売してくるかと思いますね。

ソフトバンクオンラインショップは事務手数料無料
ドコモオンラインショップドコモオンラインショップは事務手数料無料

この2社はオンラインから購入するほうが間違いなくメリットがあります。

Xperia 5 Ⅱはオススメモデル

Xperia 5 Ⅱが発売され、非常に人気の高いモデルとなっています。
Xperiaシリーズは日本市場においてⅠ年に2度フラッグシップモデルの発売を行っております。そのため、Xperia 5の後継モデルが発売されるのであれば、Xperia 5 Ⅱという機種も発売されるでしょう。

モデルXPERIA 1 Ⅱ
大きさ166 x 72 x 7.9mm
重さ181g
OSAndroid10.0
CPUSnapDragon865
RAM8GB
ROM256GB
画面サイズ6.5インチ
解像度1644 x 3840
アウトカメラF値1.7 メインカメラ 1200万画素
F値2.4 望遠カメラ 光学 3倍ズーム 1200万画素
F値2.2 超広角カメラ 1200万画素
ToFカメラ
インカメラ有効画素数約800万画素/F値2.0
無線Wi-Fi 6
カラーブラック、ホワイト、パープル
バッテリー4000mAh
その他防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

こちらがXperia 1 Ⅱのスペックとなっています。ベースはこちらと同じような機種になるのではないかと思っています。

そしてXperia 5のスペックはこちらです。

モデルXPERIA 5
大きさ158×68×8.2mm
重さ164g
OSAndroid9.0
CPUSnapDragon855
RAM6GB
ROM128GB
画面サイズ6.1インチ 有機EL
解像度2520×1080
アウトカメラ1220万画素(標準) F1.6 26mm
1220万画素(超広角) F2.4 16mm
1220万画素(望遠) F2.4 52mm
カメラその他機能瞳AF、光学2倍ズーム
インカメラ800万画素
ネットワークJ8210, J8270, J9210 GSM GPRS/EDGE (2G) Bands 850/900/1800/1900 / UMTS HSPA+ (3G) Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19 / LTE (4G) 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66
J8210: LTE(4G) Cat19/Cat13, J8270: LTE(4G) Cat19/Cat13, J9210: LTE(4G) Cat19/Cat13 with single SIM, Cat18/Cat13 with dual SIM
無線Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz)/n(5GHz)/ac
カラーブラック、グレー、ブルー、レッド
センサー類Accelerometer
Ambient light sensor
Barometer sensor
eCompassTM
Fingerprint sensor
Game rotation vector
Geomagnetic rotation vector
Gyroscope
Hall sensor
Magnetometer
Step counter
Step detector
Significant motion detector
Proximity sensor
RGBC-IR sensor
バッテリー3140mAh
その他IP65、IP68、指紋センサー(側面)

こちらのXperia 5のスペックに近いかたちで、Xperia 1 Ⅱのいい部分が入った形での販売になる可能性があります。

Xperia 5 Ⅱのスペックが登場

ドコモオンラインショップからXperia 5 Ⅱの購入を行うことが可能となっています。

ドコモオンラインショップは先程もお伝えしましたが、事務手数料が無料です。
若干コンパクトなモデルとなっているXperia 5 Ⅱはかなりメリットがあるかと思います。

モデルXPERIA 5
大きさ158.0×68.0×8.0mm
重さ163g
OSAndroid10.0
CPUSnapDragon865
RAM8GB
ROM128GB
画面サイズ6.1インチ 有機EL シネマワイドディスプレイ
解像度フルHD+
アウトカメラ1220万画素(標準) F1.7 24mm
1220万画素(超広角) F2.2 16mm
1220万画素(望遠) F2.4 70mm
カメラその他機能瞳AF
インカメラ800万画素 F値2.0
無線Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz)/n(5GHz)/ac/ax
カラーブラック、グレー、ブルー、ピンク、ドコモオンラインショップ限定パープル
センサー類Accelerometer
Ambient light sensor
Barometer sensor
eCompassTM
Fingerprint sensor
Game rotation vector
Geomagnetic rotation vector
Gyroscope
Hall sensor
Magnetometer
Step counter
Step detector
Significant motion detector
Proximity sensor
RGBC-IR sensor
バッテリー4000mAh
その他防水:IPX5/IPX8 防塵:IP6X、指紋センサー(側面)

待っていた人もかなり多いのではないかと思います。ついにXperia 5 Ⅱが登場しました。Xperiaシリーズの中でも画面サイズを若干小さめに抑え、価格も若干抑えたモデルとなります。
これに期待していた人もかなり多いのではないかと思います。
私もこれは待っていた機種の一つですね。

Xperia 5 ⅡののCPUはSnapDragon865

SnapDragon865というCPUを採用しています。このSnapDragon865というCPUというのは、かなりオススメできるCPUとなっています。
標準で5Gへの対応も行われていることから、5G通信も問題ありません。
2021年にかけて5Gのエリアは飛躍的に伸びることは間違いないでしょう。5Gのエリアが広がる前にスマホを購入しておくということはありだと思います。

SnapDragon865 CPU 性能 スペック まだまだ十分使える 2021年も上旬までは最新モデルに
Snapdragon865でも個人的には十分かと思っています。スナドラは2020年12月に最新モデルの発表が行われました。 Snapdragon888と呼ばれるモデルとなっています。 Snapdragon888は? こ...

こちらがSnapDragon865というCPUに関する記事となっていますが、まだまだ十分利用することが出来ます。
ミドルレンジと呼ばれるモデル例えばAQUOS Sense4などですが、それらの機種に搭載されている機種のCPUは2年ほど前のXperiaシリーズに使われていたものと同じくらいの性能なのです。
ハイスペックモデルの性能を持った機種を今のタイミングで購入すれば、2年後にAQUOS Senseのような機種が販売されても、今と同じくらいの性能ということになります。
それなら長く利用できるということもわかるのではないかと思います。

当然ながらミドルレンジクラスのスマホというのは、部材コストもあまり掛かっていないことから、基本的に2年〜3年ほど前のハイスペックモデルと同等の部材を利用しています。
そう考えると2年先のものを利用出来ていると思っておけばいいのではないかと思います。

✔SnapDragon865は不具合もないCPU
✔動作速度も早く5Gへの対応も問題なし

瞳AFがオススメ

Xperia 1 Ⅲ 仕様 2021年発売のエクスペリア 瞳AFや2画面スタイルを紹介 夏モデルに登場

こちら将来的に発売される予定になっているXperia 1 Ⅲの情報をお伝えしたいと思いますが、瞳AFというのは、すべてのレンズで動作させることが出来ます。
となると広角、望遠、超広角のカメラで利用することができるということになります。

瞳AFというのは、私はかなりオススメしたいモードです。αシリーズと呼ばれるソニーのカメラに搭載されていた機能がスマホでも利用することができるのです。
カメラ専用機に搭載されているものが採用されるということで、それだけでもかなりメリットがあると思いませんか?

このように瞳を検知してくれるのです。瞳を検知してくれることにより、よりフォーカスがあたり、きれいに撮影できるという機能となっています。
私はこの機能は本当にオススメできる機能の一つだと思いますね。

✔瞳AFは本当にメリットがある機能の一つ
✔瞳AFはカメラ専用機に搭載されていた機能
✔Xperia 5 Ⅱのカメラはかなり進化している

相当進化したカメラといっても過言ではありません。基本的にスマホは年々変化しています。これからも進化し続けるかと思います。

Xperia 1 Ⅱとのスペックの比較でどうなりそう?

基本的にはXperia 1 Ⅱと比較してもそこまで変わらないと思います。

大きな違いは以下の通りとなるでしょう。

✔画面サイズの違い
✔画面解像度の違い

大きくはこの2点だけが違うかと思います。
この2点だけが異なるので、それと価格差を考えるとどうかと思います。
私はXperia 5 Ⅱで十分だと考えます。
Xperia 1シリーズと5シリーズで価格差だけを考えるとXperia 5シリーズでしょう。画面の解像度というのは、スペック上すごいと思うだけで、実際の見た目からするとそこまでの違いはわからないかと思います。
フルHD以上の解像度があれば、気にならないレベルなのです。
それでいながら価格が安くなるのであれば、Xperia 5 Ⅱでもいいのではないかと思っています。

Xperia 5 Ⅱで最もXperia 1 Ⅱと異なるのは価格です。
価格が安価に設定されているということはかなり魅力的ではないかと思います。

昨今スマホの価格の情報はかなりのものだと思いますが、スマホの価格もフラッグシップモデルでありながら、かなり価格を抑えているので、私はかなりオススメしたいモデルとなっています。
スマホを買おうと思っている人もこのXperia 5 Ⅱであれば、満足はいくのではないかと思います。

✔ハイスペックモデルでも価格が安価

ハイスペックモデルでありながら価格が安価に抑えられているということもかなりのメリットかと思います。

シネマワイドディスプレイがオススメ

21:9というシネマワイドディスプレイがオススメです。
映画館と同じ縦横比率となっているので、非常に見やすいです。
それは本当にメリットがあることだと思っています。
基本的にシネマワイドディスプレイというのは、Xperiaシリーズ以外では搭載されているモデルというのは、ないかと思います。

今後もXperiaシリーズではシネマワイドディスプレイを搭載し続けると思います。

✔シネマワイドディスプレイは21:9の縦横比率
✔映画館と同じ縦横比率

オンラインにて発表になるのか

現状では、どこの国もコロナの影響により、活動がかなり自粛されております。
自粛されているので、基本的にはオンラインにての発表がメインになると思います。
大規模な会場を借りて行うようなイベントというのは、おそらく2020年の間は行われないでしょう。
それに伴い、各社規模をかなり縮小して行うと思います。そうなるとどうしてもオンラインによる発表となることはほぼ間違いないかと思います。
本当にコロナの影響というのは、かなりの影響だと思います。
ワクチンができるまで、間違いなくコロナの影響は続くものと思われます。
世界中でここまで大規模なウィルスが蔓延したことは、今生きている人は味わったことはないかと思います。
経済活動がほぼ停止している都市などもあり、このような状態では、新製品の発表などは行われませんからね。
基本的にはオンラインになると思われます。昨今各社はオンラインでの発表が非常に増えています。

✔コロナの自粛ムードを受けて、基本的には発表はオンラインに
✔各社同様の対応をしているところが非常に多い

不具合情報も出てきている

不具合の情報も色々上がってきているようです。アップデートを行うことで、不具合になるということも情報としては上がってきているみたいですね。
アップデートが不具合をすべて解消するというわけではないかと思いますので、注意が必要となります。
スマホも含めてスマホでの不具合情報は色々出てくることは当然のことかと思います。

✔ブラウザ閲覧時に固まる
✔ゲーム利用時に固まる
✔文字入力時に固まる
✔画面のタッチ感度がよくない
✔DSEE UltimateがONの時に音楽アプリが落ちる

現在出ている不具合はこれくらいになっているようです。不具合を減らす努力というのは企業としては行っているかと思いますが、やはりなかなか難しいんでしょうね。

不具合の情報はどうしても出てきてしまいます。不具合のないスマホなんて世の中にはありません。ある意味仕方ないことかも知れませんね。
今後不具合が出てきたとしても、改善のバージョンアップが出てくると思いますので、そちらを期待するしかないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました