iPhone12ではIEEE 802.11ayまで対応 さらに高速にWi-Fiを利用することができる?

iPhone12ではIEEE 802.11ayという非常に高速な通信規格にまで対応するかもしれません。

IEEE 802.11ayというのは60GHzという非常に高周波の周波数帯となっており、現状の5GHzや2.4GHzとは異なる通信帯となっています。

ただしまだIEEE 802.11ayでは仕様が確定しておらず、2020年度中に仕様が確定するものと思われます。こちらのWi-Fi規格が通れば、ネットワークがかなり高速になり、データのやり取りが今よりもかなり早くなります。
ただしそれにあったルータの購入や有線LANの敷設など、正直なところ課題はまだまだあるかと思います。

 

IEEE 802.11ayの利用用途は?

高周波のため、Wi-Fiをそこまで遠くに飛ばすということはできません。
そのため、利用用途というのは、Airdropの高速化や、近い部分で何か通信を発生させるようなセンサー類など利用は限定されるようです。
利用が限定されるといっても、非常に高速かつ大容量な通信が可能となっているので、瞬時のうちに色々なデータのやり取りが行えるということになります。
現在の5GHzでも自宅の1階にルータを置くと、2Fまでは届くものの3Fとなると結構厳しいと思います。
今回60GHzということで、1Fでも届く距離は限られるのではないかと思います。

iPhone12では液晶モデルの販売も行われる


液晶モデルの販売は1つのモデルに限定される見込みですが、残りの機種は有機ELとなる見込みです。
最近有機ELの部材価格が下落していると思われますので、有機ELだったとしても、そこまで価格は高額にならないと予想しますが、有機ELよりも5G対応の部材コストがかなりかかると予想されます。
5Gになるだけで、X55モデムと呼ばれるモデムを別途搭載すると思われますので、相当部材コストは上がるでしょう。
部材コストの上昇という観点からするとiPhone12はiPhone11よりも20%程度本体代金はアップすると予想します。
相当価格が高くなるかと思いますが、やはり新しい技術を導入するとどうしてもそうなってしまいますね。

引用元:macotakara

コメント

タイトルとURLをコピーしました