Xperia 1 Ⅱ とXperia 1とのスペックの比較 違いは どこが良くなったのか

Xperia 1が発売されちょうど1年が経過しました。Xperia 1 Ⅱが発表され、スペックがどれくらい上がったのか?という部分は非常に気になる部分ではないかと思います。
今回はスペック表を元にどれくらい性能がよくなったのかお伝えしたいと思います。

 

Xperia 1とXperia 1 Ⅱのスペック比較

モデル名XPERIA 1 ⅡXPERIA 1
寸法166 x 72 x 7.9mm167 x 72 x 8.2 mm
重さ181g180g
OSAndroid10.0Android 9.0
画面サイズ6.5インチ 4K有機EL6.5インチ 4K有機EL
画面占有率未定未定
解像度3840×1644 縦横比率21:93840×1644 縦横比率21:9
ディスプレイシネマワイドディスプレイシネマワイドディスプレイ
プロセッサSnapdragon 865Snapdragon 855
RAM8GB6GB
内蔵ストレージ128GB128GB
microSD最大1000GB最大512GB
前面カメラ800万画素800万画素
背面カメラF値1.7 メインカメラ 1200万画素
F値2.4 望遠カメラ 光学 3倍ズーム 1200万画素
F値2.2 超広角カメラ 1200万画素
ToFカメラ
1200万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)(すべてのカメラで光学2倍ズーム)
WiFiWi-Fi6802.11ac
Bluetooth不明不明
PaymentNFC/FeliCaNFC/FeliCa
カラーバリエーションブラック、ホワイト、パープルホワイト、ブラック、パープル、グレー
バッテリー容量4000mAh3300mAh
認証センサー指紋認証(サイド部分)指紋認証(サイド部分)
その他IP68防水防塵IP68防水防塵

CPUにSnapDragon865を搭載

今回のXperia 1 Ⅱで最も注目すべき点というのは、5Gに対応したというところです。
SnapDragon865と呼ばれるCPUが5Gに対応しているからです。

SnapDragon865 CPU 性能 期待のスペック 2020年に発売されるスマホに搭載予定
SnapDragon865と呼ばれるCPUを搭載しているスマホがすでに世の中には出回っております。 2019年に入り、MWCにてXPERIA 1やGALAXY S10などの機種の発表がありましたが、それに搭載されているCPUといのは、...

今回X55モデムを搭載したことにより、5Gに対応したわけですが、X55モデムを搭載しただけで、2Gから5Gまでに対応することが可能となります。
非常に優秀なCPUなのです。そして今回25%ほど能力がアップします。
Xperia 1からの買い替えまでは必要ないかもしれませんが、Xperiaの2年前のモデルであれば、確実に買いのモデルになるでしょう。

Xperia 1 Ⅱ エクスペリアワンマーク2 スペック 予約 価格 発売日 日本 ドコモ au ソフトバンク
Xperia 1 Ⅱという最新のモデルが発表されました。まさにXperia 1の後継モデルにふさわしいモデルとなりました。 もともと2020年モデルはXperia 5 Plusなどのモデルが発売されるのでは?と言われておりましたが、Xpe...

こちらが最新のXperia 1 Ⅱのスペックを紹介しているページとなっていますので、こちらも合わせてご確認ください。

カメラにToFを搭載

今回Xperia 1 ⅡにToFカメラが搭載されました。こちらのカメラがあれば奥行きを検知するカメラとなっています。そのため奥行きが検知されることにより、ボカシ機能などが強化されます。
いわゆるポートレートモードの強化です。
ポートレートモードが強化されると、動画などでもボカシ機能が撮影出来るかもしれません。
動画のボカシ機能などはGalaxy Note10+でも採用されています。

GALAXY Note10+ 5G ギャラクシーノート10+ スペック 発売日 価格 ドコモ au 日本発売は?
GalaxyNote10が2019年の冬モデルとして登場する予定です。GalaxyシリーズというのはSシリーズとNoteシリーズは日本で販売されるサムスンのフラッグシップモデルです。日本人というのはいわゆる新しいモノ好きのため、Ga...

こちらを確認してもらいたいのですが、Galaxy Note10+も非常に素晴らしい機種です。これと同様のToFが搭載されていますので、カメラ機能はかなり期待出来るでしょうね。
ToFを搭載するだけで、ボカシ機能が搭載され、そのボカシ機能がさらに強化されるということです。
カメラの機能は期待している人も多いと思います。基本的にカメラ機能というのは、複数のカメラを持つだけで上がります。
そこにさらに新しいToFが搭載されたことにより、相当力をつけたモデルになっていることはほぼ間違いないでしょうね。

大きくは5GとToFの搭載

大きく2つ進化しているのです。5GとToFです。この2つの進化をどう捉えるかというところが、人によって異なる部分かと思います。
5Gはこれから飛躍的に伸びていく通信となっています。それは知っている人も多いでしょう。2020年の時点ではまだ適用範囲は大きくはないかもしれませんが、確実にこれから先5Gは伸びていくのです。
そういうこともあり、5G通信に対して期待している人なら、この5Gというのは評価ポイントとして大きく違うと思います。
2021年くらいでもまだ5Gの普及はそこまで普及していないという人なら、2022年から2023年頃5G対応のモデルの購入を検討する必要があります。
それまでは5Gは不要だと感じている人なら5Gは今の時点で購入する必要はないかと思います。
今後5Gは間違いなく伸びていきますが、結果的に5Gが当たり前になる時は、いつやってくるかわかりません。
そういうこともあり、5Gというのは、今後を左右する上で非常に重要な要素となるわけです。
そしてToFです。このToFというのは、まだ知名度も低く、知らない人も多いでしょう。
カメラ撮影時に威力を発揮するスグレモノです。
このToFカメラがあれば、奥行きを測定することができますので、かなりいい写真や動画の撮影を行うことができるのです。
ソニーにはシネマプロと呼ばれるアプリが同梱されており、映画撮影と同じような動画をすぐにでも撮影することができるのです。
そのためカメラへのこだわりというのは、他社と比較してもすごいのです。
そういう観点からしても、今回のXperia 1 Ⅱはこだわりの機種といえるかと思います。

バッテリーの容量アップにも期待

バッテリーの容量アップが行われました。バッテリーの容量アップというのは、かなりメリットがあります。4000mAhもの大容量バッテリーを積んでいれば、相当バッテリーは持つでしょう。
画面サイズは同じでバッテリーの容量だけが増えているということを考えると、単純にXperia 1 Ⅱのほうが、バッテリーが持つということになります。
外出先をメインで利用するスマホだからこそバッテリーの容量が多いほうが間違いなくメリットがあります。
昨今どの機種でもバッテリーの容量というものは増やしてきております。
3000mAhは当たり前となってきていますが、4000を超えるバッテリー容量を搭載している機種というのは、そこまで多くはありません。
基本的にバッテリー容量がいい機種というのは、それだけメリットがあるということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました