au 半額購入 かえトクプログラム が終了 スマホトクするプログラムに

MNP一括オススメ案件

MNPで安く買えるスマホを紹介



 
携帯情報コムをフォローする

auが「かえトクプログラム」を利用してauのスマホを少しでも毎月の負担額を抑えながら購入したいという人が増えています。

auはこの施策を導入することにより、少しでも安価に購入できるようになっています。

昨今スマホの価格が高額になってきているということもあり、auはこの施策を出してきています。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

2021年9月17日から新しいプランが登場

女の子

女の子

2021年9月17日からスマホトクするプログラムと呼ばれるプログラムが出てきました。

au iPhone13 スマホトクするプログラム スマホトクするボーナス デメリット メリット
auから新しいプログラムが発表され、2022年4月以降もこのプログラムが最新のプログラムとなっています。 そのためiPhone13やiPhoneSE3を購入する時にこのプログラムを利用している人は結構多いと思います。 このスマホ...

こちらにメリットを掲載しておりますので、こちらを確認してもらいたいと思います。

このタイミングで9月16日で、かえトクプログラムは終了しました。

ある意味かえトクプログラムの後継プログラムとなっています。

✔かえトクプログラムよりメリットのあるプログラム
✔分割購入のほうがメリットが大きい

いわゆる実質価格という扱いになりますが、実質価格という観点からすると、auだけではなく、ドコモ、ソフトバンク、楽天モバイルすべての会社で出しているプログラムとなります。

どこの会社のプログラムが自分に一番合っているのか?ということを考えて契約したほうがいいのではないかと思います。

実はドコモも同様のプランを出してきたのです。

ドコモ いつでもカエドキプログラム デメリット メリット 機種変更が安い 最新機種を安く買える
ドコモではいつでもカエドキプログラムというものがあり、機種変更などを非常に買いやすい方法で、販売しています。 毎年のようにiPhoneを購入したけど、価格がかなり高いという理由で毎年iPhoneの購入が出来ないことはナンセンスです。 ...

こちらのプランとなります。こちらも残価設定型ということになり、実質48回払いが可能となります。

はじめの24回と後半の24回の価格が変化するというところが、auのプランとほぼ同じプランということになります。

どちらのプランのほうがお得なのか?と言われると、本体の価格にもよる部分が多いと思いますが、どちらも非常に購入しやすいプランとなっていますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

○結論は前半24回と後半24回の支払い価格が異なるが、48回全額払うと同じ価格となるということです。

かえトクプログラムとは?

利用開始日は2020年2月21日からです。

高額機種を購入する時に非常に便利な契約となります。
今までなかった残価と呼ばれるものを設定し、23回で一旦スマホ代金の支払いを終えるわけですが、残りの残価を原資に次の機種を購入することが出来るという制度となります。
自動車などの販売方式としてよくある形です。
これに伴い4割ほど安く購入することが出来るようになります。

こちらiPhone11の64GBの支払いでえすが、36,785円が残価として残ります。この場合だと本体の41%割引で購入することが出来るのです。

こちらはGalaxy Z Flipです。こちらも本体価格の33%が残価として残ります。次回購入する機種の原資となるわけです。

対象機種ご購入後13カ月目~25カ月目までに当社・au取扱店でauのスマートフォン、ケータイなどへの買い替えかつ、本プログラムで購入された機種を当社が回収した場合です。
本プログラム加入機種の回収・査定条件を満たす必要があります。端末故障・破損時(例:充電不可などの場合)など、所定の条件を満たさなかった場合、特典の適用を受ける際に最大22,000円(不課税)のお支払いが必要となる場合や、特典が受けられない場合があります。
SIMロック解除のお手続きは下記をご確認ください。

こちら2021年4月時点で、かえトクプログラムに記載されていた内容となります。

最新スマホを予約して購入がメリットがある

au Online Shopを利用して予約をする人が非常に増えております。

au Online Shopというのは、頭金が不要となっていますので、かなりの人が購入しやすくなっております。

特にiPhoneの予約をネットで行う人が非常に増えており、かなりの人がau Online Shopを利用して、予約を行う人が非常に多いのです。

その理由というのは、やはり便利だからです。

そこまでなぜ便利なのか?ということですが、自宅にいながら予約を行うことが可能となります。

そういうこともありiPhoneの予約をネットから行うということは、普通になっています。

au Online Shopは予約を行うためのツールのように利用している人も多いと思います。

iPhoneもかなり購入しやすくなる

iPhone含めたハイスペックモデルのスマホの価格というのは、年々上昇していると感じる人が多いのではないかと思います。

ハイスペックモデルの価格が上昇しているということですが、その分かなり安価に購入することが可能となります。

結果的に毎月の支払いを抑えることが可能となりますので、iPhone含めた他のスマートフォンも安価に購入することが可能です。

かえトクプログラムを利用することで、結果的に安価には購入することが可能となりますが、継続的にスマホの機種代金の支払いが続きます。

✔かえトクプログラムの利用で継続的にスマホの機種代金の支払いが発生
✔13ヶ月目から25ヶ月目で機種変更をする必要がある

ざっくりですが、これであれば、毎年iPhoneを購入することも可能となりますし、若干高額な支払いが発生することがあったとしても、実は最新のiPhoneを買えるということで、メリットに思う人も結構多いのではないかと思います。

トータルの支払いがかなり安くなる

トータルの支払いがかなり安くなるということが、かなりのメリットとなります。

昨今スマホの価格が高くなってきており、最新のスマホを購入したいと思っている人も多いと思いますが、スマホの価格が高くなっているので、ある意味かなり購入しやすいと思います。

また分割に関しても48回の分割が最近増えています。

ただ4年間も利用するのは、普通嫌ですよね。

普通の人なら24ヶ月で変更したいと思うのは通常のことかと思います。

そういうことを考えると、24ヶ月で変更したいと思うことは普通かと思います。

今回は24ヶ月より前に機種変更をした場合に、かなりのメリットがあるわけです。

結局のところかなり安く利用することが可能となりますので、相当おすすめしたいと思います。

ほぼ半額で所持が可能

かえトクで購入した場合、半額とは言いませんが、ほぼ半額で利用することが可能となります。

スマホの価格が昨今高額になったことを考えると、半額に近い価格で所持できるということは、相当メリットがあるのではないかと思います。

✔ほぼ半額で購入ができる
✔24ヶ月以内に次の機種の購入が可能
✔iPhoneでも利用が可能

最新のiPhoneが発売されると、やはり欲しくなる人も多いと思います。

そういう人にとっては、このかえトクプログラムというのは、かなりメリットがあります。

基本的にはiPhoneでも利用が可能となりますので、多い人では1年に1度のタイミングでの購入も可能となるのです。

ただ13ヶ月以上で次の機種への交換ということになりますが、本来なら10ヶ月くらいでの機種変更もしてもらいたいと思っています・・・

よってこのかえトクプログラムを利用している人は、毎年発売日での購入というのは、難しいかもしれません。

かえトクプログラムのメリット

かえトクプログラムにもメリットがあります。

それではかえトクプログラムのメリットに関してお伝えしていきたいと思います。

通常価格より安く買える

通常の価格というのは、いわゆる一括価格です。

一括価格の価格よりもざっくりですが、半額近くで購入することが可能となります。

かえトクプログラムは専用の料金となりますので、半額ということにはなりませんが、半額に近い価格帯で購入することができるということが、最大のメリットではないかと思います。

✔通常価格よりも安価に購入が可能
✔iPhoneの価格はかなり高額になってきている
✔他のスマホもハイスペックモデルであれば、かなりの高額

ハイスペックモデルであれば、iPhone以外のモデルであったとしても、かなり高額な価格設定担っています。

そういうことを考えると、通常の価格よりも安く購入できるという点においては、それだけでもメリットがあると思っています。

基本的にスマホの価格というのは、今後継続的に値上がりの傾向にあるのではないかと思います。

そもそもiPhoneを含めたスマホというのは、たいていがグローバル企業が製造しています。

日本は賃金の値上げが他国と比較しても、非常に少なく、基本的に賃金は安くなっています。

それが海外ではどんどん賃金が値上げされているわけです。賃金が値上げされているということは、スマホの価格も値上がりするわけです。

日本では賃金の上昇がないので、日本人としては、スマホの価格がどんどん高くなってきているという印象となるわけです。

そういうことから、このようなかえトクプログラムのようなものを利用して、少しでも安価な価格でスマホを購入しようとする人が増えてきているわけです。

iPhoneの価格はかなり高額

iPhoneの価格はかなり高額です。

直近ではiPhone自体の値上がりというのは、ほとんどしていません。

ただiPhone13に関しては、為替リスクもありiPhoneの価格は高額になるのではないかと言われております。

✔iPhoneの価格は2021年にあがると予想
✔一度上がった価格が下がることはない

一度あがった価格というのは、基本的には下がることはありません。

そういうことから、iPhone13というのは、今後の価格の上でベースになる価格帯となります。

噂ではiPhone12と同じ価格とも言われておりますが、iPhone12の発売当時から円安となっているため、iPhoneは日本では輸入されている製品ということになります。

輸入されている製品ということであれば、円安なら製品の価格は高くなるということになります。

よってiPhone12よりもiPhoneの2021年モデルの価格は高額になると予想できるわけです。

分割で買える

分割で購入できるという点は、かなりのメリットだと思っています。

分割で購入できるということは、後払いが確定するわけです。

後払いにするメリットというのは、実は今持っている資金を他に運用することができるからです。

✔分割にして今の資金を他で運用可能
✔運用できるため、少しでもiPhoneを安く買うことが可能

実際にこれは運用をしている人に当てはまると思います。

ただ貯金レベルでしかお金を運用していない人は、あまりピンとこないかと思います。

要するに一括払いにして、お金がなくなるのではなく分割にして、今利用している資金を他で利用することができるというところがメリットなのです。

au回線を持っていなくても買える

この施策というのは、auの回線をもっていない人でも利用できるということなのです。

auの回線をもっている人しか使えないと思ったら大間違いです。

とはいうものの、現実問題としてau回線をもっていない人は、このプログラムに申し込むということはしないと思いますが・・・

それでも会社としてはau回線がなくてもこのプログラムの利用が可能となります。

このようにいくつかのメリットがありますので、auを利用している人であれば、このプログラムを有効活用するべきではないかと思います。

本当にお得になるのか

この購入方法で本当にお得になるのか?ということですが、実際にはお得になるわけではありません。結果的に自分のスマホとして手元に残しておきたいと思った人なら、一括で払ってもこのような分割で払っても同じなのです。

今後5Gがメインになってくることを考えると、本体代金が毎月の維持費を逼迫することは間違いありません。
そのため、分割で購入することにより、毎月の支払いを少しでも軽減出来るという制度となっているのです。
実際にこの方法で購入することがお得というわけではありませんので、注意が必要となります。
またこの残価設定というのは、自動車の買い方と同じ買い方です。もともと残価という考え方は自動車でありました。5年間乗ることを前提に新車を購入しますが、5年間継続して乗った場合の、残価を計算されるわけです。そして5年以降も乗り続ける場合は、残価を払いそうでない場合は、次回新車を買う時の原資になるわけです。
高額な商品などを継続して利用し続けたい場合は、結構メリットのある買い方ではないかと思います。

本当にスマホ代が高すぎてびっくり

スマホ代が本当に高すぎてびっくりしますよね20万円を超えるモデルや15万円を超えるモデルなど、本当に考えられないくらいスマホの価格は高額になってきています。それだけ部材コストがかかっているということもわかるわけですが、高すぎて購入する気が起きないという人も多いのではないかと思います。
ここまでスマホ代が高くなれば、キャリアも継続してスマホを販売し続けるということは、難しいのではないかと思います。
昨今年収が上がらない時代となっており、400万円の年収でも多いと感じる人が増えている中で、通信費やスマホ代にそこまで払えないと考えている人も多いのではないかと思います。
そんな中で、正直なところスマホ代が15万円を超えるようなことがあれば、今後キャリアが継続していくことはかなり厳しいのではないかと思っています。
特にこれから5Gがメインになっていき、さらにスマホの代金が上がることは間違いありません。5Gとなるとそれだけスマホの価格も上昇し、販売台数も落ち込むことは間違いないでしょう。
これから先本当にどうなっていくのでしょうか。

iPhone12miniもかえトクプログラムでかなり安く買える

iPhone13mini iPhone12mini iPhoneSEが実質23円とか1円とかで購入できるこの仕組ってありなのか?
スマホの高止まりがかなり指摘されておりましたが、ここにきて実質価格でかなり安く購入できるような仕組みが出てきております。 iPhoneが実質23円とか実質1円とかで販売されておりますが、本当にこんな感じでいいのでしょうか? 実質...

こちらを見てもらいたいのですが、ショップでかなり安価に購入できる施策を色々実施しています。

iPhone12miniもかえトクプログラムを利用することで、相当安価な価格設定で購入することが可能なのです。

✔iPhone12miniが実質1円
✔2年後に返却する必要はあるものの、かなりお得

2年後に返却する必要はありますが、かなりお得に契約することが可能なのです。

これならiPhone12miniに機種変更を検討する人がかなり増えると思いませんか?

iPhoneがここまで安く買えるということは、本当にメリットのあることなのです。

✔残価設定型にするだけで、安いためメリットが大きい
✔2年間のレンタルと考えれば問題なし

正直なところ2年間のレンタルでiPhoneを借りていると思えば問題ないわけです。

いわゆる実質的なレンタルというわけです。それでも2年間iPhone12miniが利用できるとなれば、現在iPhoneXやiPhoneXSなどを持っている人からすると、メリットしかないわけです。

【カメラ 比較】iPhone13 /iPhone13Pro 比較 iPhone12Pro 11Pro Xs XやGalaxy ナイトモード 違い
iPhone13シリーズが発売されカメラがどの程度使えるのか?というところは非常にきになるところだと思います。 今回は私が過去から持っているiPhoneをベースにどれだけ進化したのか?というところを紹介したいと思います。 iPh...

こちらにiPhoneのカメラ比較を見てください。

実際のところ、iPhoneXあたりから比べるとかなり進化していることがわかるのです。それなら、かなりメリットがあると思いませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました
au公式サイト