iPhone12とiPhone12Pro 6.1インチで統一 カメラと有機ELか液晶かの違いか

iPhone12とiPhone12Proは2つのモデルともに6.1インチになる見込みのようですね。

iPhone12シリーズというのは、2020年には3モデルもしくは4つのモデルが発売される可能性があると言われております。
その中で6.1インチモデルが発売される予定となっています。6.1インチモデルというのは、iPhoneXRで発売された画面サイズと同じになります。
それを継続して利用しようという感じです。

 

iPhone12とiPhone12Proでのスペックの違い

iPhone12とiPhone12Proでのスペックの大きな違いというのは、カメラと画面だと思います。
基本的にCPUは今までのiPhoneから考えるとA14と呼ばれるCPUが搭載されることは間違いないかと思います。
A14と呼ばれるCPUというのは、非常に高速なCPUとなる見込みで、現行のiPhone11と比較しても1.3倍程度の能力になると予想されております。
それがiPhone12とiPhone12Proには搭載される見込みとなるかと思います。

[box class=”pink_box” title=”iPhone12とiPhone12Proの違い
・有機ELの採用
・カメラの数[/box]

集約されるとするとこの2点かと思います。


こちらiPhone12に関して詳しく記載しているページがありますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。
基本的には、この2つの大きな違いがあるかとおもいますが、iPhone12では引き続きデュアルカメラが搭載される予定です。

iPhone12Proではクアッドカメラが搭載

iPhone12Proではクアッドカメラが搭載される見込みです。クアッドカメラというのは、4つのカメラが搭載される見込みとなっており、4つのカメラというのは、1つはToFカメラが搭載される見込みです。
それ以外のカメラというのは、広角、超広角、望遠の3つのカメラが搭載される予定となっています。
ベースは2019年モデルのカメラよりもレベルアップはするものの、恐らくそれほど大差はないかと思います。
そして+αとしてToFカメラとなるのです。このToFカメラというのは、奥行きを表す事のできるカメラとなっており、まだ搭載されている機種というのは、そこまで多くはありません。
Galaxy Note10+では搭載されており、動画撮影時のボカシ性能などが向上しています。このようにiPhone12Proではそのような動画撮影時のボカシなどを行うことが出来るようになるかと思います。

価格差は3万程度になる可能性も

iPhone12とiPhone12Proの価格差は3万円以上になる可能性も十分にありえます。相当な価格差になると思います。
やはりその理由というのは、どうしてもProモデルというのは、いい部材を使っているということが挙げられます。いい部材というのは、カメラを複数搭載するというところもそうです。それ以外にも細かい部分ではiPhone12よりもProモデルのほうが勝っている部分が多いと思います。
細かい部分というのは、通信速度などに関してもそうだと思います。5Gはこの2つのモデルで対応してくると思いますが、5Gが届かない場合4Gなどの電波の束ね方などは、Proシリーズのほうが上になるでしょう。
このように大きな違いはなくても、快適に利用出来るのは、iPhone12Proになることは、間違いありません。
それでも価格差を考えるのであれば、どうしても安価な価格設定でもいいのかなと思ってしまいますね。
基本的には高額機種のほうがオススメ出来るわけですが、懐事情もあろうかと思いますので、iPhone12でも十分かと思います。
ほぼ間違いなく、2020年のiPhoneは現行のiPhone11よりも価格アップになるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました