スマホ 携帯 契約できない なぜ? 断られる 料金の不払い 未払い情報を各社共有

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

現在契約している会社でスマホを未払いの状態で解約した時に、他社でも契約できないということは知っている人もいるかも知れません。
個人情報なのに、なぜ他社の情報がわかるのか不思議に思う人もいるのではないかと思います。
他社での未納の情報なので、次の会社に行こうと思った時に契約できないと言われることがあるかと思います。実際に契約できない時にその理由というものは教えてもらうことはできません。
理由不明ですが、契約ができないと言われるのです。
当然ながら契約者本人はなかなか納得することができません。それでも契約できないため、諦めるしかないわけです。

 


他社の未納情報は共有されている


実は他社での未納情報というのは、共有されているのです。それを知っている人もいますが、知らない人も大勢いるのではないかと思います。
他社の未納情報が共有されるのは、どのような情報なのでしょうか。

共有されている未納情報は以下の通りとなります。

✔氏名
✔生年月日
✔性別
✔住所
✔契約解除前の携帯電話・PHSの電話番号等
✔連絡先電話番号
✔料金不払いの状況

これだけの情報が共有されるのです。解約前の携帯電話の番号が共有されるということで、MNPを行うことは当然ながらできません。
この番号に対しての未納ということになりますので、MNPを行おうと思っても、残念ながら支払いが終了するまでは未納状態となるのです。
これらの情報が共有されることはわかりました。それではどれだけの会社に対して未納情報が行き渡るのでしょうか?

NTTドコモ
KDDI、沖縄セルラー電話
ソフトバンク
UQコミュニケーションズ
ウィルコム沖縄
サジェスタム ※
ラネット ※
ヤマダ電機 ※
ノジマ ※
日本通信 ※
汐留モバイル ※
オプテージ
東日本旅客鉄道
ニフティ ※
トーンモバイル ※
UQモバイル沖縄 ※
ビッグローブ ※
TOKAIコミュニケーションズ ※
アクセル ※
SORAシム ※
Link Life ※
ドリーム・トレイン・インターネット ※
メディエイター ※
ジェイコム東京 ※
ジェイコム埼玉・東日本 ※
ジェイコム千葉 ※
ケーブルネット下関 ※
ジェイコム九州 ※
土浦ケーブルテレビ ※
ジェイコム湘南・神奈川 ※
ジェイコムウエスト ※
ジェイコム札幌 ※
横浜ケーブルビジョン ※
ジュピターテレコム ※
スマートモバイルコミュニケーションズ ※
ちゅピCOMひろしま ※
楽天モバイル ※
BTV ※
LINEモバイル ※
STNet ※

※の事業者は、一般社団法人テレコムサービス協会の会員事業者です。

これらの会社に共有されるということは、今の時点で未納がある場合ほぼ確実にアウトだと思います。それこそプリペイドSIMなどを利用するしか方法はないのかもしれません。

交換される時効は?


一応物事には時効というものが存在します。その時効は5年です。
5年経過すると、時効としてこの情報は消滅します。
それでも5年間は他社での未納があると契約できないと思われます。
これは結構長い期間だと思いますね。仮にそれまでにどうしても契約をしたい人は、家族にお願いして、他の名義で契約をし直す必要があるということです。
いわゆるこれがブラックリストと呼ばれるものです。
5年間この情報は共有され続けるわけですから、未納は絶対にしてはいけません。未納をするということは、信用にも関わる部分です。
これというのは、社会的信用です。友人などからの信用とは別モノです。社会的な信用がない人というのは、契約時に子ど割られる可能性も十分にありえるわけです。
そういうことから未納は絶対に行ってはいけません。

5年以内に未納を消す方法は?


一応未納状態から完済状態になれば、この情報は消えると言われております。
要するにきっちりと支払いなさいということです。
本来なら誰もが払う通信費や本体代金を払わずに逃げるということは、非常に難しいことです。他社含めてこれらの情報が共有されているということは絶対に知っておいたほうがいいでしょうね。
大手キャリアならともかく、格安SIMを持っている会社含めての共有情報となりますので、それは本当に重要な情報だと思います。
要するに、自分の知らないところで、自分の支払いに関する情報が他社にまで渡っているということは、個人情報という観点からしてもNGと思う人もいるかも知れませんが、きっちり正式にこのようなことを謳っており、契約される会社が絶対に損をしないような感じになっているということは、理解しておいたほうがよさそうです。

不払者情報の交換 |一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)
このページは、社団法人電気通信事業者協会の不払者情報の交換のページです。

こちらその情報の発信元となります。こちらの情報を見てもらえれば、きっちりこれらの情報が共有され、未納になってしまうと他社でも契約できないということがわかるのではないかと思います。
支払うべきお金はきっちり支払うという大人の対応をしてもらいたいものですね。

未納状態は怖い

未納状態というものは、非常に怖いです。未納状態を継続することで、他社にも契約できないという非常に残念な状態が発生するのです。

実はこのことを知らない人がかなり多いわけです。
未納状態を継続させるということは、本当に怖いことなのです。

支払いに関していえば、確実に行っておくほうが間違いなく無難です。
その中でもスマホを割賦契約する場合もあるかと思います。スマホの割賦契約というのは、ローンを組むということになります。

ローンを組むということは、いわゆる借金を背負うということです。借金を踏み倒すと一度レッテルをはられると、どうなるか想像できますよね。

基本的には未納状態というのは、放置することも怖いですが、借金を踏み倒すということはさらに恐ろしいことなのです。

これに関しては知らないでは済まされない事実なのです。他社と共有されるということは、契約者自身正直なところきっちりとした対応をする人であれば、ほぼ問題はありません。そうじゃない場合というのは、必ず気をつけるべきだと思いますね。

関連記事

ブラックリストになると本当に怖いです。

ブラックリストというのは、普通の人ならなることはありません。

それでもブラックになると、なかなか抜け出せないのです。

ドコモ ブラックリスト BL 条件 審査 ローン 短期解約 再契約できない 分割審査がおりない
ドコモで契約しようとした時に断れることがあることを知っていますか?普通に契約しようとして断られるなんてありえない?と思っている人も多いでしょう。 実はドコモの契約は断れることも普通にあるのです。 他社であっても未納はいけません。...
ドコモ au ソフトバンク ブラックリスト 短期解約 比較 審査 条件が厳しいのは?
各社から過去の契約を鑑みて、今後契約させないようにするいわゆるブラックリストに入る条件というものをお伝えしたいと思います。 確実にブラックリストに入る条件は他社を含めて未納があるこれが一番の条件ですね。 この未納に関して...
✔ブラックになるとなかなか抜け出せない
✔携帯電話の契約以外もなかなか使えない

携帯電話の契約以外に関してもなかなか厄介です。

基本的には、ブラックリストというのは、本当に怖いものなので、未納などはしないようにしたいですね。

今後も未納にならないようにしていってもらいたいと思います。

それを達成するためには、真面目に毎月支払いをきっちりするということになるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ドコモ公式