Galaxy S20は折りたたみスマホ? Fold2とは異なる若干安価なモデルになって登場

 

Galaxy S20と呼ばれるスマホが2020年2月11日にも発表されると言われております。

折りたたみのスマホというのは、すでにGalaxy Foldと呼ばれる機種が販売されております。


こちらの機種が現在すでに日本市場で出回っているGalaxy Foldとなっており、こちらは横開きの機種となっています。
次に発売されるモデルというのは、縦開きのモデルとなり、価格も10万円そこそことGalaxy Foldと比較するとかなり抑えられているという印象です。

 

Galaxy S20が折りたたみスマホ

2020年2月11日Galaxyシリーズが正式発表されるといわれておりますが、その時にはこの折りたたみスマホも販売される予定となっています。
折りたたみスマホというのは、日本ではauから販売されております。


こちらauから発売されているモデルとなりますが、このような見た目になるわけではありません。
基本的に見た目というのは、縦の折りたたみということになりますので、画面のサイズというのは、そこまで大きくはならないかと思います。
折りたたみスマホというのは、まだ日本でもあまり認知されておらず、世界でもまだ数少ないスマホとなっています。
世界的に見てもまだまだ少なく、技術的にも折りたたみスマホというのは、結構難しそうな感じです。
その理由というのは、有機ELを折りたたむということをわざわざするわけです。画面自体が折りたたみということで、持った時のコンパクト感というのは、かなりありますが、実際のところ折りたたみ感よりも、画面が途切れそうなどという別の不安もあるかと思います。

折りたたみというものは、日本でいうところのガラケーを思い出すような見た目となっています。
ガラケーは、画面部分とボタン部分が分かれているのですが、スマホならそういうことはありません。
基本的には、すべて画面ということになります。そのため使い勝手としてはかなりいいものになるのではないかと思います。

Galaxy S20+やGalaxy S20 ULTRAも登場

Galaxy S20+と呼ばれるモデルやGalaxy S20 ULTRAと呼ばれるモデルの発表もあると言われております。
元々はGalaxy S10の後継モデルとなり、Galaxy S11となると思われていましたが、Galaxy S11という表記は使われず、Galaxy S20になる可能性が高いということです。名称の変更になるということですが、実際のところはGalaxy S10の後継モデルということになりますので、スペック的にはGalaxy S10からの進化と考えればいいかと思います。
ULTRAというモデルは6.9インチという大画面になると予想されており、Galaxy Note10+よりも大画面モデルになります。Galaxy Note10+は6.8インチとなっており、それだけでも十分大きなサイズだと思われておりましたが、ULTRAはそれよりも0.1インチ大きいのです。相当大きな画面を搭載するモデルということになります。
最近はAndroidスマホの大画面化が進んでおりますが、実際のところ大画面ではなくてもいいのでは?とも最近は思います。
iPhoneはiPhone8が売れており、4.7インチというコンパクトサイズです。それくらいのコンパクトサイズでも十分売れるモデルになるのです。
それはiPhoneだからと言われるとそれで終わりですが、Androidはどんどん大画面になっており、コンパクトサイズが減ってきております。
女性の心をつかもうと思うのであれば、コンパクトモデルのスマホも販売していく必要があるのではないかと思います。
Galaxy S10eというモデルの発売も以前はありましたが、今回も同様にGalaxy S20eと呼ばれる若干コンパクトなモデルの販売もあるのでしょうか。
実際のところグローバルで販売されたとしても、日本国内で販売されないとあまり意味がありませんが・・・
本来ならコンパクトモデルに対しても販売してもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました