AirPods EarPodsが2020年のiPhoneでは同梱される可能性がある

2020年に発売される予定のiPhone12ですが、AirPodsかEarPodsのどちらかが同梱されるモデルというものが出てくる可能性があります。
AirPodsの人気はかなりのもので、街中でもかなりの人がイヤフォンをしていますが、AirPodsを持っている人も多いと思います。かなりAirPodsも売れているということになります。また上位モデルにあたるProというAirPodsも発売されましたが、これも予想を遥かに上回る勢いで売れているようです。このように無線のイヤフォンというのは、今かなり売れているのです。

 

iPhoneにはEarPodsが同梱

今iPhoneを購入するとEarPodsが同梱されていると思います。有線でLightningから出力して音楽を聞くものです。最近有線で音楽を聞いている人も非常に少なくなってきたと思いますが、付属品だから使おうではなく、無線でもっと便利なものがあるならそっちを利用しようという流れになっているのです。そのため付属しているものでも利用されないというケースが非常に多くなっているのです。
そのため別に付属されていなくてもいいと思う人が増えてきているのです。また付属するなら安く購入したいと思う人も出てくると思われます。
現在AirPodsは2020年には1億台以上売れるとも販売予想しているのです。とにかく今巷では、AirPodsがかなり流行っているということになります。
そのためEarPodsの代わりにAirPodsを同梱してほしいという声もあるわけです。
実際にEarPodsが使われないのであれば、その差額でAirPodsを購入したいとも思うわけですね。
そういう現状からAirPodsが同梱される可能性があるということが報じられているのです。

AirPodsが同梱されたら?

AirPodsが同梱されるようになると確実に本体の単価があがります。それでもEarPodsが同梱されるくらいならAirPodsが同梱されるほうがいいと思う人の方が多いでしょう。基本的にAirPodsというのは、無線で利用できるため利便性はかなり向上します。今販売されている価格は約18000円ほどとなっています。本体単価はiPhone12ではiPhone11よりも1万〜2万円ほどは販売単価があがるとも言われております。その理由は、5Gに対応するからということになりますが、5Gに対応されるということで、それだけで数万円アップするのです。さらにAirPodsが同梱されることで、さらに単価が上がるとなれば、本体を販売することすら難しくなってくるかもしれません。基本的に日本では廉価版モデルが非常に売れ行きを伸ばしているのです。
iPhone8やiPhoneXRなどが販売から1年や2年ほど過ぎた後にかなり販売台数を伸ばしているという現状があるわけです。基本的に最新のiPhoneは発売直後にはかなりの勢いで売れますが、それ以降はそれほど売れません。それはやはり価格が高いということが、売れない原因の一つかと思います。
AirPodsが同梱されたら、少々高くても購入したいと思う人はいるのかもしれません。同梱されることで、それだけ大量生産できるわけなので、1つあたりの単価は下がります。実質18000円くらいのものが、+1万円ほどで購入できるのであれば、そちらのモデルを購入するかもしれません。
今後iPhoneを購入する時には、AirPods同梱モデルやEarPods同梱モデルもしくは、何も同梱されないモデルという形で販売される可能性もあるということです。
音楽を身近に感じたい人ならイヤフォンは必須かと思いますが、音楽を聞かない人もいるので、それぞれのモデルで価格を分けてもらいたいと思いますね。すでにAirPodsを持っている人なら同梱モデルは不要ですからね。

引用元:engadget

コメント

タイトルとURLをコピーしました