当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

iPhone12をアナリストが予想するとこんな感じに 4Gモデルと5Gの混在の可能性も

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

iPhone12に関して有名アナリストがどんなiPhoneになるのか予想しております。
この予想に関しては個人的にはあながちどれも間違っていないのではないかと思っています。
世界的には5Gモデルの発売ということで、かなり期待している人も多いと思いますが、5Gになると部材価格もかなり値上がりするものと思われます。そのため4Gモデルも継続して販売してもらいたいと思う人も多いでしょう。日本でも2020年に5Gに対応するものの、実際のところ5Gの通信エリアはそこまで多くはないと思われます。そのため、日本でも5Gに関してはまだ不要だと思う人もかなり多くいるはずです。
それでは有名アナリストがどのようなiPhone12になるのかを見ていきましょう。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

有名アナリストの予想

アナリスト予想
ミンチークオ(TF証券)4つの新しいiPhone
5.4インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載
6.7インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載
JPモルガン4つの新しいiPhone
5.4インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載 ToFセンサー搭載
6.7インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載 ToFセンサー搭載
ローゼンブラッド証券6つの新しいiPhone
6.1インチLCDディスプレイ
5.4インチOLEDディスプレイ 4G/5G
6.1インチOLEDディスプレイ 4G/5G
6.7インチOLEDディスプレイ 5G

こちらがアナリストによる予想となっています。ローゼンブラッド証券に関しては、4GモデルのiPhoneも予定しているようです。
この中でJPモルガンに関しては以下のようにアナウンスしています。

2H20ラインナップには、5.4インチ(1モデル)、6.1インチ(2モデル)、6.7インチ(1モデル)の画面サイズを持つすべてのOLED電話が含まれ、2019年には画面サイズの範囲が5.8インチから6.5インチに拡大します。 2つのハイエンドモデル(1つは6.1インチ、1つは6.7インチ)、mmWaveサポート、トリプルカメラ、世界に面した3Dセンシングを含み、ローエンドモデル(1つは6.1インチ、1つは5.4インチ)はサブ6 GHzのみのサポートを含みますデュアルカメラ(世界に面した3Dセンシングなし)。

4Gモデルの発売の可能性もゼロではない

先程お伝えしましたが、4Gモデルの発売の可能性もゼロではないということです。4GモデルというのはiPhone11でも採用されています。通信方式に関しては今までと比べても変わりません。せっかく2020年から日本でも4Gから5Gに変わるという時期に4Gの購入は残念ですよね。
基本的には5Gにすべきだと思います。普通の人ならiPhone12を購入した後に、3年近く使う人が多いと思います。3年経過すると5Gの敷設はかなり進んでいるかと思います。その時に5Gが使えないと本当にもったいないと思います。
せっかく5GのiPhoneが出ているなら5Gを購入すべきだと思います。

5G回線はドコモ auが有利 ソフトバンク 楽天は劣勢の状況 エリア拡充はどの程度なにか?
5Gの回線の周波数帯の割当がすでに完了している人も多いと思います。 5Gというのは、超高周波を利用しますが、その割当はどこの会社が有利なのでしょうか。 やはりこの割当でもドコモとauが有利なように総務省が配布をしているのです。 ...

こちらが5Gに関する情報となっていますが、ドコモとauがどうしても5Gは有利のようですね。2020年から開始されるので、非常にメリットがあるかと思います。

phonearena

コメント

タイトルとURLをコピーしました