iPhone13 /アイフォーン13 /mini Pro MAX おすすめモデルか 比較 違い 発売日などはどうなるの?

iPhone13に関する情報をお伝えしたいと思います。iPhone13が発売される年というのは、2021年となります。
iPhone12の後継モデルになると思われます。iPhone12の後継モデルとして、iPhone12sという名称の機種は恐らく発売されないのではないかと思っています。iPhone12の次はiPhone13になる可能性が非常に高いですね。

iPhone13はどのようなスペックになるのかかなり気にしている人も多いのではないかと思います。

iPhone12が発売されるとiPhone13のスペック情報に人気が集まります。本当にみなさん噂が好きですからね。

まずはiPhone13の予約及び購入に関しての情報をお伝えしたいと思います。

 

iPhone13の予約及び購入




iPhone13はドコモ、au、ソフトバンクから発売されます。この3社はフラッグシップモデルの発売は必ず行いますので、間違いなく発売されるでしょう。
またiPhoneは日本人の所持率が50%を超えており、非常にメリットがあります。そのためAppleも日本市場にはかなりチカラを入れているわけです。
また各社予約販売を行うことが予想されますので、予約購入を是非行ってもらいたいと思います。
こちらに各社の利点メリットをお伝えしておきます。

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か
 ドコモオンラインショップで機種変更などの契約をする人がかなり増えてきました。 オンラインショップを利用する人が増えてきたということは、それだけリアルに行動を起こしてスマホなどを購入することが、面倒だと考える人が増えたこと...
au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...
ソフトバンクオンラインショップ メリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショップの存在...

こちらが各社の利点とメリットとなっています。こちらから確認いただければと思います。
そんな中でもドコモオンラインショップでは機種変更時の事務手数料が無料となっています。そのため利用する人が非常に多いです。ドコモオンラインショップは個人的に見てもかなりメリットのあるサイトです。
以下の価格はすべて税抜きです。

機種変更時ドコモオンラインショップ店頭
XiからXi無料2,000円
FOMAからXi無料3,000円
FOMAからFOMA無料2,000円
新規契約時無料3,000円
MNP無料3,000円

こちらがドコモオンラインショップ以外で購入する時の価格表となっています。ドコモオンラインショップで購入すると非常にメリットがありますので、ぜひ検討いただきたいと思います。
また各社すべてのオンラインショップで頭金が不要です。店舗によっては頭金だけで数万円取られるケースもありますので、頭金がないというだけでもオンラインショップを利用するメリットがあるかと思います。
ネットから購入する人は最近かなり増えてきています。
これはどのキャリアも同じような傾向にあります。店舗に行っても割引などもほぼありません。2019年10月からスマホの割引に関する規制が入ったことにより、スマホの価格は高くなりました。
それに伴いiPhoneも同様に安売りなどは行っていません。

iPhone13に搭載されるCPU


iPhone13に搭載されるCPUというのはA15と呼ばれるCPUになるでしょう。A15はiPhone11から見ると1.7倍程度の能力アップになる見込みです。
iPhone12からX55モデムと呼ばれる5Gモデムが搭載されるようになります。Snapdragonと呼ばれるAndroid系に搭載されているCPUでは5Gがモジュール化されております。そのためコンパクト化などがされているかと思います。
iPhone13で採用されるA15CPUくらいになると、やはりモジュール化されるのでしょうか。そしてコンパクト化され、さらに薄型になる可能性もあります。
iPhoneのCPUは年々向上しているということを知っている人は多いと思いますが、A13と比較すると1.6倍くらい性能がよくなると思われます。

A13というのは、iPhone11シリーズに搭載されていたCPUとなります。

CPUの速度は1年で1.2倍〜1.3倍向上

かなり期待できるCPUになると思いますね。最近のCPUというのは、毎年1.25倍ずつ良くなっています。
すでにiPhone11でも十分くらいのCPUの能力ですが、年々上昇していくというのは、ある意味当たり前のことなのかもしれません。
実際に量産される前の試作段階では、もっと上のレベルのCPUなども開発しているかと思いますが、試作から量産になると、大量生産となりますので、品質をある程度安定させた状態での製造となります。
CPUの能力が高いほうがiPhoneを動かすスピードが格段に早くなります。アプリの起動や読み込み速度なども飛躍的にあがるため、使い勝手はかなりよくなると思われます。
基本的にCPUの能力というのは、年々上昇していますが、今後上昇のスピードは緩やかになるとも言われております。
iPhoneは他のAndroidスマホと比較しても、基本的に処理能力は高いです。それはベンチマークなどの結果からも言えることで、特にこのAシリーズのCPUの完成度がかなり高いということになります。

A15では、プロセスルールが改善される可能性もあり、さらに省エネになる可能性も出てきています。昨今スマホは年々省エネになってきており、基本的にはA15と呼ばれるCPUというのは、省エネ設計になることは間違いありません。

RAMの容量などはどうなる?


RAMの容量などは、飛躍的に向上すると思われますが、iPhone12の時点で、すでに6GBのRAMが搭載されます。AppleはRAMの容量を飛躍的に向上させるということは、あまりしないかもしれませんが、5G通信がさらに高速化されるということを考えると、iPhone12よりも大容量のRAMになる可能性があるのです。それこそ8GBくらいのRAMの容量は期待したいところですね。8GBというとiPhoneでいうとかなりの大容量です。Android機種ならすでに12GBを搭載するモデルが、2019年の間に発売されたりと、かなりの大容量のRAMを搭載しているモデルの販売も行われております。
逆にいえば、AndroidではRAMの容量はそれなりにないと動作しないということになるのでしょうか。AppleはRAMの容量がそこまで多くはなくても、きっちり動作させるということができるわけです。やはりハードとソフトの両方を開発している会社であるからこそできる技なのかもしれません。
そのことからAppleでは、Androidスマホと比較してもRAMの容量は少なめになっているのです。それでも5Gで一気に通信を行った場合それを一時的に蓄える器としてのRAMの容量というのは、どうしてもいるのではないかと思っています。
そういう意味では5Gはかなりの高速通信となるため、RAMの容量に関しては、どうしてもそれなりに必要になるのではないかと思っています。

iPhone12 /mini /Pro /ProMAX RAM メモリの容量が判明 過去モデルと比較してどうか
iPhone12シリーズの発表が行われました。気になるRAMの容量を紹介したいと思います。 RAMというのは、Appleのホームページでも公表されていないので、公式サイトから調べることはできません。 ツールなどを利用することで、調べるこ...

こちらが過去に販売されていたモデルのRAMの容量となります。このRAMの容量であれば、iPhone13であれば、飛躍的にRAMの容量も向上するのではないかと思っています。RAMの容量が向上するだけで、ゲームなどがかなり快適に動かすことができるようになります。
RAMの容量が飛躍的に伸びていくことを考えるとiPhone13では期待してもいいのかもしれません。

カメラはクアッドカメラのまま?

カメラに関していえば、クアッドカメラのままになる可能性が非常に高いと思われます。iPhone12で初めてToFカメラと呼ばれるカメラが搭載されるわけですが、iPhone12のカメラがそのままレベルアップをした状態でiPhone13には採用されるのではないかと思っています。その理由としては、これ以上カメラの数を増やしても、用途としてかなり難しいからではないかと思っています。やはりカメラを増やすということは、それなりの新しい用途に対応する必要があるのです。
複数のカメラが搭載されたからといって、何か新しいことができるわけではありません。
それこそ50倍くらいのズーム専用のレンズが搭載されると別ですが・・・恐らくAppleはそのようなことはしてこないと思います。
Androidを搭載しているスマホでは50倍のデジタルズームを搭載しているカメラを搭載しているスマホもあるかと思いますが、実際のところはそこまでの対応はしてこないと思います。iPhone12の延長線にiPhone13のカメラというものもやってくると思いますね。
カメラ性能というのは、iPhoneの場合年々上昇しています。


こちらiPhone11とそれより前のiPhoneXSMAXとの比較ですが、これら2つのカメラでも違いがわかります。やはり最新のほうがレベルアップしていることは間違い無いかと思いますね。カメラ単体レベルでは、ほぼ間違いなく性能は上がるでしょう。
これもあくまで予想となりますので、実際にはどのようなカメラが搭載されるのかということは、今のところ不明です。
2020年モデルのiPhone12でLiDARスキャナと呼ばれるセンサーが搭載されると言われております。
AndroidスマホではToFというものが搭載されて、奥行きを検知するセンサーです。奥行きを検知することにより、ボカシ撮影などをきれいに撮影することが可能となります。
iPhoneでも同様にLiDARスキャナを搭載することにより、動画撮影時にもボカシ機能などが搭載される見込みです。
動画を撮影するときに被写体以外にボカシを入れるということは、かなり難しいことかもしれませんが、ボカシを入れることにより、さらにきれいな動画撮影を行うことができるようになります。
それができるようになると映画のような撮影も可能になるということなので、かなり期待したいところですね。

こちらはiPhone12ProMAXで撮影した動画となっています。iPhone12ProMAXで撮影した動画は、やはりかなりきれいに撮影できていることがわかるのではないかと思います。

iPhone12シリーズの動画などをアップしている人も多いと思いますが、やはりきれいに撮影できているスマホの一つではないかと思います。

OSもiOS15からスタートに

OSに関してもiOS15からのスタートになるでしょう。現状ではiOS13がiPhone11の始まりでした。そのためiOS14がiPhone12となり、その次ということになりますので、iOS15というのは、iPhone13になると思われます。
基本的にOSというのは、その時に販売されたモデルで最も最適なように作られていると思われますが、過去から販売されているiPhoneにも同じOSが適用されるため、新しいOSが販売されると、テストだけでかなりのテスト項目になるかと思います。
基本的にはOSというのは、iPhoneの使い勝手を左右するため、非常に重要な要素を持っています。
OSへの新機能というのは、まだ不明確な部分はありますが、それでもやはり最新のOSに関しては期待したいところです。最新のiPhoneって期待値だけがどんどん高まっている印象ですね。
OSは年々新しくなりiOSも15からのスタートとなるのです。
OSの進化といえば、iOS13からのダークモードが個人的によかったのですが、それを上回るような進化をしてもらいたいですね。

iOS15はどこまで進化するのでしょうか?それもまた気になる部分だと思います。
MACで新しいOSが出てきましたが、かなりユーザーインターフェイスが変更となりました、iOS14でユーザーインターフェイスの変更がかなり行われたので、おそらくそこまで大きな改造というものはないかと思います。

望遠レンズ

iPhone13に搭載されるラインナップは7Pの望遠レンズになる予定です。
ペリスコープカメラが搭載される予定となっています。
ペリスコープカメラというのは、潜望鏡のようなレンズの仕組みとなっています。
この仕組により、かなりの倍率の写真撮影を行えるようになるということです。
このペリスコープカメラはGeniusというメーカーにより製造される予定になっています。

GSEO

メーカーのURLはこちらです。こちらのメーカーは知っている人もそこまで多くはないかもしれません。台湾のメーカーとなっており、このようなレンズを製造しているメーカーなのです。
望遠カメラは50倍から100倍程度のズームになるのではないかと言われております。

望遠レンズのレベルアップを望む声はかなり大きいのではないかと思います。
望遠レンズがあれば、遠くの場所を近くで撮影することができますので、特に小さなお子さんのいる家庭であれば、学校の行事などのときに望遠カメラがあれば便利でしょう。
それでも昨今学校行事も自粛している傾向にありますので、果たして今のタイミングで望遠カメラが必要なのかと言われると微妙な感じもしますが・・・
ないよりあったほうが絶対いい機能の一つとなっていますので、当然ながらあるに越したことはありませんね。

望遠レンズの性能がかなりアップしているため、iPhone13シリーズではかなり期待したいですが、iPhoneはズーム性能をiPhone12シリーズの時でもあまり上げてきませんでした。そういうことを考えると、どこまで対応してくるのかが気になる部分です。

引用元:appleinsider

iPhone12sを挟んでくる可能性

iPhone12は2020年に発売されることはほぼ間違いないと思います。昨今のiPhoneはsモデルというものがありませんでした。この「s」ですが、以前はiPhone5sやiPhone6sなどのメインとは異なり、「s」というモデルが後から入ってくるのです。
最近はXシリーズなどを色々販売してきましたが、Xを過ぎたあたりでiPhone11となりました。
それならiPhone12があってその次のモデルはiPhone12sでもおかしくないのかもしれませんね。

iPhone12sというモデルが発売されるのであれば、本当にどうなるのことやら・・・といったところではないかと思います。
本当にこのiPhone12sというモデルの発売はあるのでしょうか。
世の中ではiPhone13になる可能性が非常に高いと言われており、iPhone12sを挟んでくることはないかと思っています。

ただiPhone12sが発売されたところで、それはあくまで名称にしか過ぎません。

最近は数字の連番がずっと並んでいる
Sというのは、iPhone4SやiPhone5Sなど過去には発売された経緯はあったものの、iPhone8Sなどは発売されていない。
今後は単純連番になる可能性が非常に高い

単純連番ということであれば、iPhone12の次はiPhone13になるということになります。

指紋認証機能の復活

指紋認証機能の復活にはかなり期待したいところではないかと思っています。
指紋認証というのは、iPhone12ですべてのモデルから排除されました。ただ指紋認証機能というのは、個人的に見ても非常に便利な機能です。
2020年はコロナの影響により、マスクをする人が非常に増えました。
そのためマスクをした状態でFaceIDを起動しても、認証されないということが普通におきたのです。
それはかなり利便性を損ないます。そのため指紋認証機能の復活にはかなり期待したいと思います。
おそらく2019年の終わりくらいからiPhone13の開発が行われているかと思いますが、iPhone13の開発により、指紋認証機能が復活するとかなり売れるモデルになると予想されます。
指紋認証はAndroidでは当たり前の機能なのですが、iPhoneではなくなったしまった機能です。
認証方法の統一することで、OS側での制御などを減らしたりすることもできるので、開発コストを下げることが可能となります。
たださすがに今の時代はコロナなので、不便であることは間違いありません。
指紋認証機能がないと本当に不便なので、本当にこれは復活してもらいたいと思います。
iPhone8のほうが使いがってがよかったなんてことにはならないようにしてもらいたいと思います。

実はそれくらい過去に発売されたモデルの指紋認証機能というのは使いやすかったのです。

指紋認証の復活を望む声は大きい
指紋認証があれば、マスク着用時でも認証解除可能
指紋認証がディスプレイ内蔵ならなおよし

iPhone12が発売されiPhone13と比較した場合どうなのか?

iPhone13まで待つべき iPhone12を買うべきか よくある疑問
iPhone13が2021年に発売される予定となっていることは当たり前のことですが、知っている人も多いでしょう。 iPhoneというのは、基本的に2年に1度しかフルモデルチェンジしません。 ということを考えるとiPhone13の筐体はi...

iPhone12が発表され、次のiPhone13まで待つほうがいいのか、それとも今のタイミングで購入するほうがメリットがあるのか非常に悩ましいところではないかと思います。
私はiPhone12でも十分なような気がしますが、iPhone13まで待ったほうがいいのでは?という声もあり、本当に悩ましいところではないかと思います。

私が考える最大の可能性というのは、FaceID以外の認証です。
FaceIDはマスクをしている人は、ロックの解除がうまくいきません。
そのためFaceIDを利用するタイミングでマスクを取る必要があるのです。それって結構面倒ではないかと思います。

パスコードにより、ロックを解除することも可能となっていますが、パスコードを入力するくらいなら、FaceIDが楽だということをみんな知っているのです。
自宅にいるときはマスクはしていないと思いますので、FaceIDを利用することが可能です。
ただ外出先でiPhoneを触ろうとするのであれば、そのタイミングではFaceIDになってしまいます。最近は本体にロックをする人も多くいるため、iPhoneをロックするということは一般的なことです。
それを解除する方法がパスコードかFaceIDになれば、マスク時は本当に辛いですからね。
iPhone13の開発はおそらく2020年の前半から行われていると思われますので、おそらく指紋認証が搭載してくるのではないかと思っています。

ただiPhoneに指紋認証を入れるとなれば、部材調達から試験など様々な問題をクリアにしていく必要があります。それらの問題をクリアにしていくこともかなり難易度のあがることではないかと思っています。
ただ利便性を考えるなら、早い段階でそれらは改善してもらいたいですね。

1TBのROMの容量になる可能性も

1TBというとてつもない容量のモデルが発売される可能性もあるようです。

1TBというのは、かなりの大容量です。

iPhone13では1TBのROMを搭載し8Kのカメラを搭載する可能性も高い
iPhone12シリーズが発売されておりますが、次に発売されるiPhone13の情報も色々出てきております。 iPhone13はどのような機種になるのか?気になる部分もあります。;今のタイミングでiPhone12を買うのかもしくはiPho...

こちらの記事を見てもらいたいと思いますが、iPhone12が発売されてからの情報となります。1TBという大容量になれば、それこそ動画やアプリ、音楽などはなんでも入ります。持ち運ぶにはもったいないレベルの容量となります。
1TBというと、パソコンと同じレベルではないかと思います。パソコンの容量といってもノートパソコンではなく、デスクトップPCの容量くらいではないかと思います。
デスクトップPCというのは、相当容量も高くなっていますが、まさにそのレベルの容量がiPhoneの大きさに収まるわけです。
ここまでの大容量であれば、かなり期待できるのではないかと思います。

ノートパソコンであれば、128GBや256GBなどがそれなりの容量となっており、SSDと呼ばれるものを採用しています。
SSDを採用しているパソコンでさえ容量のスタンダードはそれくらいなのです。
1TBというのは、どれくらいの容量なのかわかるかと思います。
1GBの映画なら1000本入る大きさなのです。そこまでの容量は本来なら不要なのかもしれません。
ただなかなか整理できない人も多いと思いますので、その容量があれば、数年間利用しても困るということにはなりません。
iPhoneは数年利用する人が大半なので、数年利用することでどんどん容量は埋まってくるのです。それが1TBもの容量があれば、まずうまることはないかと思います。
ただ昨今は外出する人もそこまでは多くないので、外出先で動画を撮影するということや、動画を保存して持ちあるくということも減るのではないかと思います。

それでも大容量は魅力的ですよね。

ソフトボードバッテリー技術の採用

iPhone13ではソフトボードバッテリー技術の搭載 省スペース化で更に薄くなるのか?
iPhone13が2021年にも発売される予定となっていますが、iPhone13miniと呼ばれる機種ではソフトボードバッテリー技術と呼ばれるものを採用し、さらに省スペースになると予想されております。 省スペース化さらにコストも下がるとい...

ソフトボードバッテリー技術と呼ばれるものが採用される見込みです。
これに伴い、コスト削減も図られるようですね。
コスト削減されると販売価格にも影響されることは間違いないでしょう。
とはいうものの、2021年に発売されるiPhone13ですが、価格は据え置きになるでしょう。
それ以外の部材コストが上がるからだと思います。結局スマホの価格の上昇は年々起きているのです。
それはiPhoneに限った話ではありません。

iPhone13のまとめ

iPhone13はどのような機能になるのか、こちらでまとめております。

・A15CPUの搭載
・iOS15の採用
・5Gは地域により、Sub-6対応もしくはミリ波対応モデルに分かれる
・ペリスコープが搭載

iPhone12の時のようにminiの販売の可能性も非常に高いと思います。miniの売れ行きはおそらく1年間継続的に売れ続けると思います。
それはなんといっても本体価格のやすさです。安価なモデルというのは、かなり販売台数を伸ばしていくことができますからね。
日本では収入の割にスマホの価格が非常に高額になっています。そのため高額なスマホを購入する人は年々減っていっているのです。
そのため比較的安価なスマホを購入しようと思う人が非常に増えていることは間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました