ドコモの持ち込み初期設定 3000円はお得なのか 高いのか 普通のお客さんはどう見るのか

ドコモショップにて初期設定をする時に持ち込み機種の場合だと、3000円(税抜)の初期設定費用が発生することを知っていますか?

ドコモ 初期設定サポート ショップへの持ち込みで 3000円の費用負担がある
ドコモが初期設定サポートと呼ばれる新しいサービス?を開始します。 この初期設定サポートと呼ばれるサービスというのは、初期設定に関わるサポートをドコモショップで行ってくれるというサービスとなります。 実は今までこのような初期設定に...

こちらに初期設定に関する情報を掲載しておりますが、本当にこの初期設定に関して3000円の支払いがお得なのでしょうか。もったいないと思う人も多いかと思いますが、実際はどうなでしょうか?

 

初期設定サポートが料金メニューに入ることにより、やる人が少なくなる

初期設定サポートを申し込む人が有料化に伴い非常に少なくなると思いませんか?初期設定がわからない人も無料である友人に頼んだりするケースも考えられます。わざわざ店舗に足を運ぶという人も少なくなるのです。または足を運んだところで、有料だとわかれば、必要なしと判断する人もいるのではないかと思っています。このように初期設定サポートというサービスというのは、一定の人を遮断させる効果があります。このサービスを利用する人も居ますが、利用しない人もいるでしょう。利用しないを分けることが可能です。

[box class=”pink_box” title=”初期設定サポートを利用しない人
・高いからもったいない
・元々設定できるので必要ない
・友人などにお願いする[/box]

これらの人に分類されるのではないかと思います。実はこの中で店舗としてありがたいことがあるのです。

高いからもったいないと思っている客の排除が可能となります。

実はこれは高齢者排除という意味も含まれていると言われておりますが、実はそのようなことばかりではありません。仮にこれらの人々をこれからも継続的に無料にしていた場合の弊害を考えてみましょう。

無料にし続けた場合はどうなるのか?

これらの方々を無料にし続けた場合はどうなるのでしょうか。実はこれらの方々には非常に工数が取られるのです。工数が取られるため、本来なら故障や新規契約で来店している人に時間配分を行うことができなくなります。そのため今まで無料で行っていた作業の時間をかなり取られるわけです。

その作業に1日店内の人が3時間取られていたとしましょう。単純にそれ以外の普通の故障などの対応が3時間そちらの作業に取られるため、故障などの本来のお客様の待ち時間が増えるわけです。トータル的に見ると、本来困っているお客様にそれだけの時間を割くことができないということになるのです。
無料にし続けた場合だと、今後も同様の問い合わせや設定作業が継続的にやってくるため、ドコモとしても時間を取られるお客様という位置づけになり、ある意味店員からは煙たがられる存在のお客様ということになります。
しかも通常であれば、そのようなお客様というのは、利益を生んでくれることはありません。単純に初期設定をしてもらいたいというお客様のため、何かそこで売上が発生するわけではないのです。
売上がないお客様に時間だけかけるということは、確実にナンセンスですからね。普通店舗なら嫌がられるお客様といっても過言ではありません。

自店舗で購入したお客様は初期設定サポートの料金は無料

ドコモショップも自店舗で購入したお客様は初期設定サポートというサービスは無料となっています。そのため初期設定というものがよくわからないという人は、ドコモショップで購入することをオススメしたいと思います。ドコモショップで購入するお客様というのは、それだけで売上が上がるわけなので、初期設定サポート分の3000円を差し引いても元が取れるというお客様になるわけです。
これから初めてスマホを持つという人ならドコモショップでの購入がオススメとなります。
ただしネットなどから見ながら自分でそれくらいはできるという人ならこの初期設定サポートというものは不要となるのです。
普通にネットなどで調べ物ができるという人なら現時点ですでにスマホを所持しているような気もしますが・・・それでもやはり不安に感じる人も多いわけですね。
基本的には初期設定サポートではどのようなことをしてもらえるのでしょうか。

初期設定サポートのメニュー内容

初期設定サポートに関するサポート内容は、ドコモ関連の初期設定はしてもらえますが、一番行ってもらいたいのは、AppleIDやGoogleアカウントの初期設定や前利用していたものからの引き継ぎではないかと思います。
スマホというのは、利用するIDに紐付いているため、機種変更などをした場合でもアカウントの引き継ぎなどを行うことができれば、基本的には前とほぼ同じ環境で利用することが可能となります。


こちらアカウントの引き継ぎとなりますが、アカウントの引き継ぎというのは、今まで利用していたIDを次に所持する機種に対して引き継ぐサービスとなっています。実はこれがないとかなり不便です。
逆にいうとこのアカウントの引き継ぎ方法を知っていないと、次回から厳しいと思います。アカウントの引き継ぎ方法などというのは、今後継続的に発生する作業となりますので、初めて初期設定サポートを利用した人も、できれば次回からもできるようにしておきたいところです。
GoogleアカウントやAppleIDを継続して利用することで、基本的にはスマホを使わなくなるまで利用するわけです。電話番号などの移行に関しても基本的にIDに紐付けられているため、電話帳の移行なども行う必要もありません。そのためID関係の移行作業というのは、自分でできるようになっておきたいですね。

オンラインショップを活用し、事務手数料、頭金なしで購入しよう

初期設定サポートを受けないと初期設定できない人にとっては酷なのですが、自分で初期設定ができる人にとっては、ドコモオンラインショップでの購入が非常にメリットがあります。

その理由というのは、ドコモオンラインショップでは機種変更時の事務手数料や頭金と呼ばれるものはありません。そのため通常に購入するよりも安価に購入することが可能となるのです。そういうこともあり、最近はドコモオンラインショップを利用する人が非常に増えているのです。事務手数料というのは、機種変更の場合だと3000円かかります。それが無料になるだけでもかなりメリットがあるでしょう。

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か
 ドコモオンラインショップで機種変更などの契約をする人がかなり増えてきました。 オンラインショップを利用する人が増えてきたということは、それだけリアルに行動を起こしてスマホなどを購入することが、面倒だと考える人が増えたこと...

こちらにドコモオンラインショップのメリットに関しての記事をお伝えしておきたいと思います。間違いなくメリットがあるかと思いますので、機種変更をする場合は、ドコモオンラインショップを活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました