iPhone12 2020年モデルではバッテリーが小型化され 通信 通話時間も延長

 

iPhoneはさらにバッテリーが小型化され、大容量になる可能性が高いことがわかりました。
iPhone11では史上最長のバッテリーの持ちとアピールされておりますが、それよりもさらにバッテリーの持ちがよくなるということを韓国メディアが報じています。また現行のiPhone11よりも50%小型化されたバッテリー保護回路が搭載されるようです。それに伴いコンパクトかつバッテリーの持ち時間が増えるということで、かなりありがたいのではないかと思います。

 

バッテリー保護回路とは?

バッテリー保護回路というのは、バッテリーいわゆる電池と合わせて利用される部材となっており、バッテリーに対して負担をかけるいわゆる充電や放電などを繰り返すと発熱し、爆発するとも言われております。そのため保護回路というものは、スマホには必ずついています。過充電や過放電にならないように制御しているということになります。その保護回路が小型化されることにより、バッテリーの容量が若干ながらアップされるということになります。非常に細かい部品一つひとつがコンパクトになっており、若干ながらコンパクトになっているということです。こちらはプリント基板と一体化いわゆるモジュール化させることで、小型化を実現しているということです。
最近のスマホ含めてモジュール化はかなり進んでいます。部材の組み立てコストを下げたり、モジュール化することにより、部材のコストを下げたり、いいこともかなり多いわけです。今回はそれをコンパクトにすることにより、バッテリー容量を増やすということを行っており、iPhone12では若干ながらバッテリー容量が増えることになるでしょう。

Galaxy S11も同様の保護回路を搭載

Galaxy S11でも同様の保護回路を搭載する見込みとなっているようです。そのためGalaxy S11もコンパクトでありながら、バッテリー容量がアップする可能性があるということです。
2020年モデルは5Gがスタンダードとなり、バッテリー消費に関してはかなり消費されると思われます。5G通信を行っている間はかなりモデム部分も発熱すると思われます。当然発熱するということは、それだけバッテリー消費される可能性が高いと思われますので、その分少しでもバッテリー容量が多いと、いいかと思います。
今回モジュール化されたことにより、恐らく部材コストも下がったのかもしれませんね。
このような技術というのは、iPhoneだけではなく他のスマホにも展開されると、間違いなくメリットがあるかと思います。基本的には少しでもスマホの中に隙間を空けたいという技術者の努力のたまものではあるかとも思います。
スマホ含めた技術屋というのは、限界まで切り詰めたりすることが好きですからね。

モジュール化やコンパクト化はますます進む

このようにモジュール化やコンパクト化というのはますます進むでしょう。とはいうものの、スマホの画面はどんどん大画面になっているので、そこまで本来なら気にすることはないかもしれません。
それでも大画面化されることにより、隙間部分もかなり出てくるでしょう。その隙間に巨大バッテリーを搭載するということも技術者としては嬉しいことです。ほかには大画面化させることにより、ベゼル部分を極限まで少なくするということも、技術者としてはかなり面白いことだと思いますね。
スマホは一時期かなり小さくコンパクトサイズになりましたが、2019年では大画面化が当たり前になってきました。スタンダードモデルでも6インチクラスのモデルがかなり販売されているのです。ほんの数年前ならベゼルがあり、大画面モデルでも5インチを少し超えるくらいでしたが、それが知らない間に6インチを超える画面サイズになってきたのです。いわゆる男性的なモデルも非常に増えてきたのです。
あまりにも大きいとそれを供給する部材の部品代金もある意味高くなる可能性があるため、価格は下落しませんが、本来ならコンパクトさを追求したモデルにするほうが、価格は高額になりそうなイメージですよね。
それでもiPhoneの場合は大画面モデルのほうが高額です。2020年モデルでは6.7インチというMAXモデルも登場する予定となっており、かなりの大画面です。
今回のようにそれでもバッテリーを少しでも大容量にするためにチカラを注いでいることは間違いないかと思いますね。

引用元:engadget

コメント

タイトルとURLをコピーしました