2020年のiPhoneは6.1インチモデルが2つ発売の予定?

2020年モデルのiPhoneは6.1インチモデルが2つ販売される可能性があります。こちらの絵を見てもらえればわかるかと思いますが、2020年モデルのiPhoneは5つのモデルが登場する可能性があります。その中で6.1インチモデルが2つ販売される可能性がありそうです。

 

iPhone12Proは2つのモデル


iPhone12Proというモデルが6.1インチのモデルとなり、iPhone12ProMAXというモデルが6.7インチのモデルとなる可能性があります。
Proシリーズというのは、2019年モデルでもそうでしたが、トリプルカメラを搭載しているモデルとなります。トリプルカメラというのは、2019年モデルからすると、超広角、広角、望遠の3つのカメラが搭載されているモデルとなっています。
こちらのモデルというのは、基本的には、最もスペックの高いモデルとなっており、5Gにも対応しているモデルとなっています。5Gに対応するモデルは2020年のiPhoneで初めて登場する予定となっており、X55モデムと呼ばれるモデムを搭載する予定になっています。X55モデムというのは、Qualcommから部品として供給されるモデムとなっており、部材コストはかなり高額になると見られております。ただし下りの通信速度は最大で7Gbpsになる見込みとなっており、非常に高速になる見込みです。
iPhone11シリーズでは5Gに対応されませんでしたが、2020年でついに5Gに対応されるということで、iPhone11の購入を見送った人も多いのではないかと思います。そのためiPhone12の販売台数はかなり好調に推移するのではないかと思っています。
ただし問題は価格の問題です。iPhone11の価格はかなり抑えられていましたが、iPhone12になると5Gに対応するということもあり、かなり高額な価格設定になる可能性が高いのです。iPhone12は上記の表を見ても分かる通り、4機種が5Gに対応すると思われます。5Gに対応する機種というのは、かなりメリットがあるのではないかと思っています。

4つのモデルがOLED対応

iPhone12シリーズでは4つのモデルがOLEDいわゆる有機ELに対応すると言われております。有機ELというのは、最近では当たり前の部材となっていますが、やはりまだまだハイスペックモデルにしか搭載されないイメージです。かなりのモデルに対応されていることから、部材の価格はかなり下落しているのではないかとも思いますが、それでも高額な機種に搭載されるイメージが非常に強い部材となっています。
Galaxy SシリーズやNoteシリーズでは継続して有機ELを採用していましたが、他社も同様に有機ELを採用し始めたことから、Galaxyシリーズへの注目度も上がってきました。このように有機ELというのは、先進的なイメージが非常に強いのではないかと思います。
それでもOLEDに4つのモデルが対応されるということで、これら4つのモデルがどちらかというとハイエンドモデルという位置づけになるのではないかと思っています。
またOLEDを採用するということで、最も上位の位置づけになるということで、期待値もかなり高くなるかと思います。

上位モデルではToFカメラが付与される

上位モデルではToFカメラが付与されます。ToFカメラというのは、非常にメリットがあります。ToFというのは、奥行きを検知するカメラとなっており、Galaxy Note10+ではすでに対応されているのです。ToFというのは、カメラというよりもセンサーと思っておけばいいのではないかと思います。写真などを撮影する時のボカシ機能というのは、当たり前に利用している人も多いと思いますが、動画などでのボカシ機能は利用していない人も多いのではないかと思います。
動画などでボカシ機能を利用しようと思うのであれば、ToFが欠かせません。基本的には、ToFというのは、奥行き部分をうまくボカすことで、被写体がかなりきれいに撮影することができるように設定されていると思われます。
このToFが搭載されるのは、上位の2つのモデルだけとなっており、こちらのモデルがProモデルになることは間違いないでしょう。
上位モデルの2つは6.1インチと6.7インチとなっています。かなりの大画面モデルとなります。これら2つのモデルというのは、iPhone11ProとiPhone11ProMAXの後継モデルという位置づけとなっています。
今のところ大きな性能の違いというのは、上位モデルにToFが搭載されるということくらいで、後のモデルでも5Gには対応されますので、ToFをそこまで好まないのであれば、特に意識して購入する必要はないと思います。
iPhone12Proの価格はiPhone11Proの価格から想像すると一番安価なモデルでも10万円を超えることはほぼ間違いないかと思います。価格はかなり高額な価格設定になると思っておいて間違いないかと思います。その理由はなんといっても、5Gへの対応コストです。これがかなりの部材価格を引き上げる結果販売価格に転嫁しなくてはいけないものになっているかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました